日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

国際社会から孤立した国・北朝鮮・・・謎に包まれた独裁国家です。
労働党機関紙は、英雄たる最高指導者を連日称えます。
まるで、時が止まったかのよう・・・
兵士の数は、世界第4位ともいわれ、三世代にわたるキム一族の冷酷な支配が続いています。
国連が厳しい制裁を行う中、どうして体制を維持できているのか・・・??

オランダ・ライデン大学のレムコ・ブロイカー教授によると・・・
北朝鮮の見た目と実態は異なります。
最高指導層の行動原理が象徴的です。
体制にとって最大の目標はキム一族のために金を稼ぐことです。
私の関心ごとは、金の調達方法です。
集めた金は、どこへ行くのか、どれだけ稼ぐのか・・・
北朝鮮は、私に対する告訴状をオランダ政府宛に送りつけました。
「最高指導者の威厳を傷つけた罪」・・・北朝鮮では死罪です。

核開発により、国際的孤立を深めた北朝鮮・・・
合法的な収入源を絶たれた政権は、違法な資金調達に打って出ました。
国連は、2006年以降、10回にわたって、北朝鮮に制裁決議を採択、専門家8人が監視します。
その活動内容は、メンバーの身の安全を確保する為に秘密です。
取材対応が許されたのはひとり・・・国連専門家パネルコーディネーターのヒュー・グリフィス

制裁は一面では大きな打撃を与えています。
石炭も、鉄鉱石も、亜鉛も、合法的に輸出できません。
経済を外国に閉じた国でも、外貨獲得は重要です。
北朝鮮の指導者にとっての問題は、次のどちらを優先するか・・・
核ミサイル開発か、国の経済発展か・・・!!

政権は、爆弾を選択・・・
2005年、核兵器の保有を公式に宣言!!
他国からの攻撃の抑止を名目に、国内の支配体制強化も図ります。

選ばれた者たちの街・・・ピョンヤン・・・
ゴミひとつない道路沿いに、真新しい高層マンションが立ち並びます。
都市に住めるのは、体制に忠誠が認められた一部の上流階級のみです。
地方からは、許可証がないと入れません。

ピョンヤンにある経済研究所のソン・ギュンチュル
外国メディアからの取材に応えることが許されています。

「完全な制裁など不可能
 我が国は、今も貿易で外貨を獲得しています
 制裁したければすればいい
 我々は、前進するのみ
 国の競争力を剣に変え、犠牲を厭わず、勇敢に突き進みます。」

北朝鮮への制裁は、かつてなく厳しいものです。
これほど広範囲に制裁を科された国はないでしょう
でも、効果はありません

北朝鮮から亡命した高官の多くは、政権中枢の隠し資産を預かる秘密機関の存在を指摘しています。
金日成と、その息子・正日が70年代に設置し、幅広い権力を与えた組織です。
キム一族の権力基盤を固め、核開発と、指導者の贅沢な生活を支えるのが任務です。
”39号室”と呼ばれています。

ピョンヤンの南・・・韓国のソウル・・・北朝鮮の元外交官だったコ・ヨンファンは、1991年に脱北。
その後、韓国国家安保戦略研究院の副院長を務めました。

「キム・ジョンイルが、朝鮮労働党の財務部門を「39号室」に改名したと言われています
 3階の9号室にあったからという説・・・設置を命じた日が、3月9日だったからという説もあります
 以来、39号室はキム一族の秘密資金を調達し、管理しています」byコ・ヨンファン

国連は、北朝鮮に対する制裁の履行状況も監視しています。
39号室ほどの組織なら、真っ先に制裁対象になってしかるべきですが・・・
39号室の名前を口にするのは、脱北者だけです。
国連が調査するのは、北朝鮮の銀行やダミー会社で、国外で活動し、稼いだ外貨を本国に送金する組織です。

39号室は、国外では存在しない名で、職員も特定できません。
そんな組織や要員は、制裁対象に特定できません。

アフリカ中央部にあるコンゴ民主共和国・キンシャサ・・・
1980年代から北朝鮮はここで外貨を獲得してきました。
米ドル紙幣を偽造するための印刷機を所有していたのです。
1ドル紙幣の1の文字を消し、100の文字を印刷します。
資金洗浄のからくりは簡単で、まずドルで現地通貨を買います。
これには、地元の闇両替商を使います。
1万ドル相当の札束を渡す際に、偽札を数枚しのばせてあります。
交換して得た現地通貨は、地元の銀行に入金するのです。
正規のドルで引き出せば、資金洗浄は完了です。
そのあと、ピョンヤンに運び、39号室につきます。

秘密裏に活動する39号室の資金集めは、世界各地に広がっています。
カンボジアにある世界遺産アンコールワット・・・毎年、250万人を超す観光客が、1億ドルの外貨を落としていきます。
遺跡の入り口である博物館が出来ました。
3Dでクメール王朝の歴史を紹介するパノラマ絵画が展示の柱です。
全て北朝鮮の画家の絵です。
63人の画家が、1年4か月をかけて完成させました。
博物館も、北朝鮮の人が建設しました。
国連制裁を迂回した北朝鮮は、建設の資金も賄いました。
その見返りに、最初の10年間の収益はすべて北朝鮮に入る・・・その後は、カンボジアと分け合います。
北朝鮮から来た運営会社のTOPは、カメラ取材を断りましたが、入館料だけで年に700万ドルになると話しました。
収益はすぐに倍増する見込みです。
北朝鮮とカンボジアは、数十年前から友好関係を維持してきました。
金日成とシアヌーク国王が親交を結び、経済協力の基盤を築きました。
国連の制裁決議を横目に、今日のビジネスに繋がっています。

博物館が閉まり、夜になると別の扉が開きます。
北朝鮮レストランは、撮影禁止・・・
店内は、常に予約でいっぱいです。
メニューには、レーメンやナマコなどの北朝鮮料理が並びます。
コース料理は、高いもので50ドル・・・カンボジアではかなりの高額です。
客は主に、韓国や中国からの観光客・・・
働く女性の多くは、ピョンヤンで芸術を専攻する学生です。
レストランの上の階で寝泊まりし、数年間敷地を出ることは許されません。
毎晩同じ時間に衣装に着替えショーの出番を待ちます。
北朝鮮レストランは、世界各国に130店・・・そのうち3店がカンボジアにあります。
収益は、年間数百万ドルにのぼると言われていますが、ウェイトレスに報酬はありません。
ドルは、ピョンヤンの秘密の金庫に直行します。

北朝鮮労働者は、世界中に派遣され、EU内・・・例えばポーランドでも働いています。
建築現場では、北朝鮮から来た出稼ぎ部隊がいました。
12時間のシフトを終えた労働者は、夕方バスで宿舎に戻ります。
彼等の行動は、24時間国家保衛省によって監視されています。
それでも、労働者の一人が実態を話してくれました。

「稼ぎに来たのにどんなに働いても全然だめです
 労働環境は悲惨で、自由もない・・・
 狭い部屋に、大勢詰め込まれて暮らしています
 賃金の殆どが国に吸い上げられ、手元に残るのはわずか・・・
 30代だし、故郷に妻子もいる・・・
 収入はないに等しいのに、妻と子を思うと続けざるを得ない
 ほかに選択肢はない」

熟練工をポーランドの造船所や建設現場に派遣して、外貨を稼ぐ北朝鮮・・・
奴隷となる労働者の家族は、人質として本国に残されたままです。
労働者の月収は、1万円ほど・・・
残りはすべてキム一族に吸い上げられます。
北朝鮮は、国際社会の目をかいくぐり、各国に労働者を派遣してきました。
その数、最大で15万人!!
およそ4万人がロシア、そして10万人が中国、さらにクウェート、マレーシア、カンボジア、モンゴル、オマーン、カタール、アラブ首長国連邦、そしてアフリカ諸国・・・
国連の制裁で、本国に送還されるはずでしたが、派遣は今も続いています。
専門家は、北朝鮮が年間10億ドルに達する外貨を、こうして得ているといいます。

そこでどう稼いだ金であろうと、すべて39号室につきます。
39号室は絶対的権限で、金の流れを管理します。

39号室は、どこにあり、どれだけの大金が流れ込んでいるのでしょうか??

韓国・ソウル・・・39号室で働いていたという男性に話を聞いてみると・・・
彼は、中国を拠点に外貨を密輸していましたが、その後亡命・・・重要な任務に就いていたため、北朝鮮から殺害予告を受けています。

「北朝鮮はもう、社会主義計画経済ではありません
 社会主義は、国家が食料と必需品を全国市民に供給するのが決まりです
 しかし、その役割は、既に放棄されています」

39号室と、ピョンヤンの資本主義的な体質を理解するには、歴史を振り返る必要があります。
1991年12月、ソビエト連邦崩壊・・・北朝鮮は、最も重要な貿易相手国を失います。
そして、金正日が指導者の地位についた1994年、飢饉が発生します。
90年代の大飢餓で、多くの北朝鮮国民が餓死しました。
配給システムは崩壊、死者数は100~300万人!!
以来、農村部の住民は、自給自足で凌がざるを得ず、各地に闇市が出現・・・ジャンマダンと呼ばれました。
現在も、多くの闇市が並び、そのうち認可された400の市場は税金も支払っています。
売り買いされるのは、主に中国から来た食品や商品です。

「中国と北朝鮮の国境線は、1000キロ以上にもなるのに、8割近くは有刺鉄線もない
 国境付近の住民は、国の漢詩を逃れ、中国相手に活発に商売している
 この商売が、北朝鮮の闇市の基盤となっています」

北朝鮮政権は、闇市場を取り締まれません。
配給できないのに取り締まれば餓死者が続出します。
こうして経済が崩壊した社会主義国は、資本主義国家へと変質したのです。
2つの経済体制が混在した国へと!!



闇市場で暴利を得ているのが、ピョンヤンの政府高官です。
キム体制も、忠誠心を繋ぎ留め、その利益に預ろうと地下経済を許容しました。
幹部連中は、数年で裕福になりました。
贅沢品を売り、原材料を密輸し、不動産に投資・・・ドンジュ・・・金主と呼ばれています。

「僕にとっては、イデオロギーより金や社会的地位が大事でした
 39号室で働いたのも、それが目的です
 僕ら世代が、経済関連の仕事を好むのは当然です
 上の世代に比べて、富や地位にこだわるのです

 39号室の任務は、党のための資金集めです
 国家保衛省でさえ手出しできません
 外貨獲得という名目のもと、違法行為も即座に許可されました
 
 組織内での僕の肩書は、ある会社の”従業員”ということになっていました
 担当は、輸出業務でした」by元39号室輸出担当

ドイツ・ハンブルク・・・数年前まで、北朝鮮国営の保険会社・KNICがごく普通のアパートに支店を置いていました。
6人の職員が、ヨーロッパの大手保険会社と取引していました。
39号室には外貨保険を担当する部署があります。
その仕事は保険金詐欺です。
例えば、ロシア製の軍用Mi-8ヘリコプターを使った手口です。
老朽化したヘリを選んで再保険をかけます。
英国のロイズのような大手と保険契約を結びます。
最初につきの保険料を・・・例えば5000ドル支払う・・・
その後、ヘリコプターは爆破されるか、火災に見舞われます。
こうして保険金をだまし取るのです。
EUは、2015年、北朝鮮の保険会社を制裁リストに加えました。

「ポンコツの軍用ヘリを大金に変え、多くが勲章をもらいました」

こうした大金を、ピョンヤンに届ける手段とは・・・答えは簡単、外交官特権を使うのです。
39号室の職員の多くは、大使館や領事館で働いています。
北朝鮮の製品を外国に売り、外国製品を本国に送るのが彼らの仕事です。
外交旅券を使えば、札束を詰め込んだスーツケースでもノーチェック!!
金の流れが滞ることはありません。
北朝鮮大使館にとって外交は、二の次でしかありません。
本当の役割は違法に資金を調達することです。
武器や麻薬の密輸だろうと外交旅券には手を出してきません。

ベルリン・・・市の中心部にある北朝鮮大使館は、建物の一部をホステルとして貸出、月に500万近くの家賃収入を得ています。
大使館の敷地を商業目的で使うことは、外交のしきたりはもとより、国連とEUの制裁にも違反しています。
ドイツ当局は、閉鎖を求めていますが、営業は何年も続いています。
制裁の対象には、大使館による営業活動も含まれるでしょう。
軍事訓練や軍需品の提供が、北朝鮮大使館を通じて行われています。
特に、アフリカと中東で活発です。
中でもシリアは北朝鮮と違法な結びつきを強化しています。
北朝鮮軍との協力関係です。
シリアに独裁体制を敷いた先代のハーフェザー・アサド大統領と金日成は、1960年代から友好関係を結んできました。
中東戦争でイスラエルと戦っていたシリアに、北朝鮮は武器や弾薬を供与・・・今も重要な収入源です。
39号室は、かつての海賊さながら、偽の国旗と名前を付けた船を使います。
2012年から17年の間に、北朝鮮の船40隻がスエズ運河を通りました。
国連は、こうした船舶の一隻を2018年に取り押さえました。
積み荷は、特殊タイルとバルブ、化学兵器開発に使われるものでした。
タイルは耐酸性、弾道ミサイル計画にも用いられます。
船荷証券にはシリアの住所が書かれていました。
シリア科学研究調査センターSSRCのダミー会社の住所です。
弾道ミサイルと化学兵器の開発で、シリアの中核となる機関です。
そうして造られた化学兵器を、アサド政権は自国民に向けて使用してきました。
北朝鮮の科学者や技術者の協力が、シリアの化学兵器製作を支えていたのです。
アメリカ軍がシリアの化学兵器施設を爆撃した時、北朝鮮の要員も巻き込まれました。
その存在を、アメリカ軍が知っていたかは不明です。
シリアにおける北朝鮮の影響力は、過少評価されています。
シリアが北朝鮮から武器やミサイルを買えず、化学兵器の援助もなかったら、アサドは内戦に勝てなかったでしょう。

全土で街が破壊されたシリア・・・
悲劇とみるか、ビジネスチャンスと見るか・・・アサド政権は国際社会に対して多額の復興支援を要求しました。
労働力を提供するのは、北朝鮮です。
2019年6月・・・黒い契約が結ばれました。
その手の金が、ベンツなどの購入に充てられます。
何処からか、北朝鮮に流入し、制裁を潜り抜けています。
外貨はもっと重要な分野にも使われています。
優秀なハッカーの育成です。
1980年代に金正日が始めたプログラムで、数学やプログラミングに秀でた子供をハッカーに英才教育するのです。
資金の稼ぎ手としても、彼らは優秀です。
”ワナクライ”などのウィルスは、北朝鮮製だといいます。
史上最大のサイバー攻撃です。
無数のコンピューターが、150か国で使用不可能に・・・アメリカ政府は”ワナクライ”による犯行を、金正恩のサイバー部隊によるものと断定。

「北朝鮮ハッカーの動きをこの10年追ってきました
 以前は韓国の国防省や政府機関が主な標的でしたが、2015年以降、攻撃対象を世界の金融機関に移しています」byサイモン・チョイ

北朝鮮のインターネットアクセスは限られていて、使えるIPアドレスは、1000個ほどしかありません。
北朝鮮ハッカーは、それらを駆使して他国へ攻撃を仕掛けます。
ハッカーの数は、600人から1300人程度とみられています。
金融機関を襲うと自認するのは、北朝鮮の”ラザルス”と背後にロシアがいるとされる”カーバナック”だけです。
被害の8割は、北朝鮮の犯行で、ロシアは2割程度でしょう。

北朝鮮は、中上流階級を対象にした効率的な教育法を生み出しました。
ピョンヤンの中学校では、コンピューター技術者、科学者、エンジニアの卵たちが国の未来を背負って学んでいます。
コンピューターも学びますが、アクセスできるのは、北朝鮮版インターネットのみ・・・検閲されていない世界への接続は、厳禁です。
そうした中、北朝鮮史上初ともいえるデータ漏洩が起きました。

日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜 - にほんブログ村

ピョンヤンの200万件の住所と住民のデータが流出したのです。
コピーを入手した教授は、内容の分析を始めています。

「社会の現実を伝える情報は、今まで手に入らなかった
 ピョンヤンの経済活動を分析し、地図を書くことも可能になりました。
 以前は脱北者の記憶に頼って、建物の位置などを推定していました。
 今は、だれがどのビルで働き、どの企業のどんな部署がどこにあるのかまで分かる・・・」

データによれば、39号室の本部は、ピョンヤンの権力の中枢にあることが分かりました。
朝鮮労働党本部の目と鼻の先です。
6つの部局からなり、ピョンヤンだけでも数千人の職員がいます。
専用の自動車、幼稚園、ゴルフコース、ダチョウ牧場、専用の銀行までありました。
6つの部局はこれまでに、国内にある数百の企業を取り仕切っています。
鉄鉱石、ダイヤモンド鉱山、宝石工場、繊維工場などを運用し、輸出を管理しています。
外貨を稼ぐ企業は他にもあり、強制労働や武器の密輸、保険金詐欺を生業としています。
ルールはひとつ・・・39号室の名前を国外では決して口にしないこと・・・
見えない組織である限り、国連の監視の目は届きません。

あらゆるものを取り扱い、管理職だけで数千人いました。
従業員をあわせれば、数十万人です。
なんにでも手を染めました。
指示はただひとつ・・・”Make Dollars”ドルを稼げ・・・

北朝鮮は、変化を続けています。
貧しい社会主義国は、高度に発達した地下経済を持つ国家へと変貌を遂げました。
貧富の差は、開き続けています。
ピョンヤン市民が繁栄を続ける一方、農業人口の4割は、栄養失調に苦しんでいます。

データが証明したのは、39号室の存在だけではありません。
どの部署の配下のどの企業が外貨を稼ぐかまで証明しました。
キム・ジョンスク製糸工場・・・キム・ジョンウンの祖母の名を冠した工場です。
1600人の従業員の殆どが女性です。
国内産の蚕を使って、年間およそ200トンの絹糸を生産しています。
人手はかかりますが、高級品として高く売れます。
製品はすべて輸出に回りますが、輸出先はどの国なのか、責任者は口を割りません。
制裁は、39号室の収入に大きな影響を与えないでしょう。
製造ラインは365日、止まることはありません。
私が担当する工場では、国家の年間計画に基づき、年間数十万から数百万ドルを政府に納めていました。
そうした傘下の企業が、800~1000社と計算すれば、39号室が得る総収入は、容易に想像がつくでしょう。
繊維製品は、石炭に次いで2番目に重要な輸出製品です。
合弁事業ですることが多く、パートナー国は中国や東南アジアの会社です。

中国・丹東市・・・北朝鮮と国内を結ぶ玄関口は、国連制裁のむなしさを強調する場所でもあります。
国境の検問所には、毎日トラックの長い列ができます。
北朝鮮の輸出の9割は、中国を通過すると専門家は指摘します。
中国側では、繊維工場が立ち並び、北朝鮮からの労働者が数多く働いています。
中国企業は、北朝鮮の労働力を雇うのは、中国人より賃金が安いからです。
法制を担当する女性たちは、昼も夜も働き、敷地内で寝泊まりします。
家族から離れ、何年も監禁される人生です。

ブロイカー教授は、労働問題に詳しい弁護士や、貿易の専門家、データ分析官らと調査団を結成!!
ヨーロッパの服飾ブランドが、北朝鮮労働者を雇う中国企業と取引していないか、調べています。
検査結果には、驚きました。
北の労働者の中国での奴隷労働はもちろん、中国側が、北朝鮮の工場に外注し、製造まで請け負わせていたのです。
世界に名だたる有名ブランドのサプライチェーンに、北朝鮮の奴隷労働ががっちり組み込まれているのです。
製品の9割が、中国以外の場所で生産されているケースもありました。
欧米が、労働環境が適正か監視する工場では製造されていないのです。
正当な製造現場は、1割のみ・・・残りの9割は、北朝鮮で作られています。

ブロイカーのチームは、中国のある衣料品メーカーを詳細に洗いました。
”ヴァンデスト”です。
会社のサイトでは、低コストと豊富な労働力を歌い、国際的ファッションブランドが顧客に名を連ねています。
中国が服を作るための材料を、北朝鮮に送ります。
1か月後、完成した服が、同じコンテナで返送されます。
その衣服が、オランダ、ドイツ、アメリカなどに出荷されます。

2013年~16年にヴァンデスト社は北朝鮮に1000万ドル相当の生地や原材料を送りました。
同じ期間に、ヴァンデスト社は、2500万ドルの完成品を北朝鮮から受け取りました。
輸出先のひとつがアルマーニでした。
ヨーロッパでは、219ユーロで売られています。
これが、北朝鮮製だとは言い切れませんが、可能性は残されています。
アルマーニ社に見解を求めました。

「何年もの間、北朝鮮からの亡命者に証言を聞いてきました。
 強制収容所で輸出用の衣料品を作らされていたと・・・
 欧米の有名ブランド向けです。
 今回初めてデータから官僚機構の関与を立証できました。
 ピョンヤン郊外の州要所で行われる繊維の製造を管理しています。
 欧米の店舗で私たちが買う衣料は、強制収容所で作られたものかも・・・??
 死ぬまで収容所に閉じ込められた人々を働かせて作った・・・
 その恐ろしい現実に、私たちは加担しているんです。」

独裁体制を支える名も知れぬ幾多の労働者たち・・・
彼等の未来を犠牲にして作っているのが、指導部の贅沢な暮らしと、
西側の繁栄です。
金正恩は、常軌を逸した独裁者ではなく、国家を企業のように運営する冷徹なビジネスマンです。
そのビジネスを担うのが、北朝鮮39号室・・・私たちも、無縁ではないのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

「招待所」という名の収容所 北朝鮮による拉致の真実 [ ロバート・S.ボイントン ]

価格:2,970円
(2020/8/3 15:29時点)
感想(0件)

三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録 [ 太永浩 ]

価格:2,420円
(2020/8/3 15:29時点)
感想(1件)

劇場型犯罪・・・
アメリカ西海岸有数の経済都市、観光地として知られるサンフランシスコ・・・
この町を、恐怖のどん底に陥れる殺人鬼が最初の現れたのは、サンフランシスコの北40キロのところにあるヴァレーホ市郊外でした。
1969年・・・アメリカ独立記念日が明けて7月5日になった深夜0時40分・・・
ヴァレーホ市警察の電話交換手が奇妙な電話を受けました。

「二重殺人の報告をしたい
 コロンバス・パークウェイを東に1.6キロ進んだところにある公共駐車場
 茶色い車にガキどもがいる
 ガキどもは9ミリのルガーで撃たれている
 去年も同じようにガキを殺している
 それじゃあ、さようなら」

この電話の40分前・・・確かに事件は起きていました。
郊外の人気のない駐車場で、一人の男が車に近づき・・・2人に10発以上発砲し、やがて無言で立ち去りました。
ダーリーン・フェリン(22歳)死亡、マイク・マジョ―(20歳)は奇跡的に一命をとりとめました。
現場の状況は、確かに電話の内容と同じでした。
事件は翌日、こう報じられました。

”謎のガンマン
 女性が死亡、友人も撃たれる”

さらに、「去年も同じようにガキを殺している」・・・
半年前の1968年12月20日、午後11時10分・・・
7月の現場からおよそ5キロ離れた場所で、若い男女が何者かに射殺される事件が発生していました。
犯人は特定できず、捕まっていない・・・。
深夜人気のない郊外で襲われた二組のカップル・・・
しかし、この二組の間には何らつながりはなく、無差別殺人と考えられました。
こうして、連続してカップルを襲う連続殺人鬼が登場したのです。

最初の犯行声明から3週間後・・・1969年8月1日金曜日。
犯人は、予想外の行動を起こします。
狙われたのは、サンフランシスコ最大の発行部数の新聞社クロニクル。
編集部あてに奇妙な手紙が届きます。
封筒には、”編集者へ至急”と書かれ、差出人の名前はない・・・
しかし、その内容は、衝撃的でした。

”これは殺人者からの手紙だ
 昨年のクリスマスに若者を2人
 そして独立記念日に少女を1人殺したのは俺だ
 犯人であることの証明として、おれと警察しか知らない情報を教えてやろう
 弾薬のブランド名はスーパーX
 弾丸は、10発発射
 少女は体の右側を下に、足は西を向いていた”

警察が公表していない情報が記してありました。
そして・・・差出人の名前の代わりに・・・円に十字を重ねた奇妙なマーク・・・
さらに、もう一枚は、謎の記号の羅列でした。

”同封した暗号文を、君たちの新聞の一面に掲載してほしい
 暗号文には、俺の正体が書いてある
 もし、この暗号文が8月1日金曜日の午後までに掲載されない場合、金曜の夜にひどいやり方で1人殺し、週末も殺しを続ける
 犠牲者の数は、12人以上になるだろう”

サンフランシスコ・クロニクルの元記者ダフィー・ジェニングスは・・・

「この手紙が届いたとき、クロニクルにいた全員が驚いていました
 殺人犯が、直接新聞社に連絡をしてきて、事件の詳細を明かすなんて・・・
 それまでにはほとんどなかったからです」

と言っています。

犯人の要求は、8月1日(金)午後までに、暗号文が掲載されない場合、金曜の夜にさらに殺す
しかし、この日は既に8月1日(金)の午前中・・・
朝刊は配り終え、そもそも夕刊は出していません。
要求にこたえることは不可能でした。
実は、この犯人の手紙は、クロニクルの外に、エグザミナー、タイムズ・ヘラルドにも届いていました。
手紙の文面も、要求も全く同じ!!
エグザミナーとヘラルドは、2紙とも夕刊での掲載が可能でした。
これなら犯人の要求に間に合う・・・しかし、実際は、2社とも対応に苦慮しました。

殺人犯の要求に従うかどうか、各新聞社で議論が行われました。
基本的に、これは脅迫です。
各社の編集者が心配したのが、殺人犯の楊きゅにうに屈して暗号文を掲載することで、他にも同じような脅迫を仕掛けてくる人間が出てくるのではないかということでした。

要求をのめば、新聞社は犯罪者の言いなりという前例になり、掲載しなければ新たな殺人が起きるかもしれない・・・
2紙の対応は分かれました。
エグザミナーは手紙の内容を掲載したが、1面ではなく3面、暗号文は掲載せず。
タイムズ・ヘラルドは、系列の夕刊紙で、要求通り1面トップに暗号文を掲載したのです。

結果・・・1969年8月1日・・・無差別殺人は起きませんでした。

翌日から、各紙は競うように大々的に暗号文を掲載し始めます。
殺人犯のアピールに、メディアが応える・・・劇場型犯罪の始まりでした。
さらに、この危険なやり取りに、警察までが加わろうとします。
ヴァレーホ市警察のスティルツ署長は、手紙の主にメッセージを出します。

「お前が犯人であることを証明する為に、より細かな事実を記した2通目の手紙を送れ」

すると殺人犯は、すぐさま返事をよこします。
しかしそれは、警察に出はなく、最初に暗号を1面掲載したタイムズ・トラベルでした。

”親愛なる編集者へ
 これはゾディアックからの手紙だ”

ゾディアック・・・占星術に使われる言葉です。

”ところで警察は、暗号を目の前にして楽しい時間を過ごせているのかな?
 もしも、過ごせていないとしたら、頑張れと伝えてほしい
 解読することが出来れば、俺を捕まえることが出来るのだから”

まるでスティルツ署長をあざ笑うかのような挑発的な文面・・・
こうしてメディアや警察は、劇場型犯罪の罠にかかっていきました。

1969年8月1日・・・
連続殺人鬼ゾディアックが、地元新聞3社に三分割して送った謎の暗号・・・
その暗号を、それぞれ新聞社が、ゾディアックの要求通りに掲載しました。
すると、暗号解読に挑む市民から電話が殺到!!
今まで郊外でのカップル殺人に無関心だった人々が、ゾディアックからの挑戦状に喰いついてきました。
そんな中、暗号文の記事が掲載されてからわずか1日で解読に成功した者がいました。
高校教師のドナルド・ハーデンです。
CIAなどプロよりも早く、アマチュア市民が解読して見せました。
子供の頃から暗号解読に興味を持っていたハーデン・・・どうやって説いたのでしょうか?

ギリシャ文字・・・天気記号・・・海軍の手旗信号・・・占星術の記号・・・アルファベット・・・

ハーデンは解読に当たり、まず犯人が使用する可能性の高い言葉が何か推測しました。
浮かんだのは、殺す・・・KILLの4文字です。
おそらく犯人は、私は殺人が好きだというような文章から始めていると推測したのです。
すると予測が的中・・・冒頭近くでKILLに当たる記号を見つけます。
そこからパターンを見つけ出し、解読したのです。

ハーデンによって解読された暗号が、新聞に掲載されました。
果たして予告通り、正体が書かれているのか・・・??

”俺は人間を殺すのが好きだ
 なぜなら楽しいからだ

 俺は自分の名前を貴様たちに明かしたりしない
 貴様たちに俺が、死後の奴隷たちを集める行為を邪魔も阻止もされたくないからだ”

ゾディアックの一方的な主張のみで、まんまと騙されました。
こうして市民も、暗号解読という餌によってゾディアックの罠にかかっていきました。
主役、脇役、観客・・・ゾディアックが仕掛ける劇場型犯罪の役者がそろったのです。



暗号騒ぎから1か月半後・・・1969年9月27日。
ゾディアック第三の事件発生・・・
被害者はまたもカップル・・・セシリア・シェパード(22歳)とブライアン・ハートネル(20歳)・・・
女性は死亡、男性は一命をとりとめました。
現場は釣りやボートを楽しめる市民憩いのベリエッサ湖・・・
これまで深夜人気のない場所で犯行を繰り返してきたゾディアック・・・
しかし、今回は、4時過ぎ・・・人目のつきやすい場所に突如現れました。
大学の同級生だった二人は、湖畔でピクニックを楽しんでいました。
そこに、全身黒づくめの男が近づいてきたのです。

「金と車のキーを出せ
 ヒーローになろうなんて思わない方がいい」

冷淡な口調で話す男は、ロープを取り出しました。

「うつぶせに寝るんだ・・・」

2人の両手両足を縛り上げ、そして・・・銃ではなく、何かで男性の背中を刺し、続けて女性にも・・・
2人をめった刺しにしたゾディアックは、最後に異常なアピールをします。

被害者の車のドアにメッセージを残したのです。
駆けつけた警察官たちは、身震いしたといいます。
ゾディアックのマーク・・・書かれていた二つの日付は、ゾディアックの二つの事件が起きたひでした。
そして第三の事件の日付も・・・午後6時30分・・・凶器はナイフで・・・。
瀕死の状態で救助された男性の証言により、ゾディアックの異様な姿が報告されました。
奇妙なコスチュームに、犯行声明・・・次から次へと謎のアピールをするゾディアック・・・
その後、新たな暗号文を新聞社に送り付けてきました。
円に十字のマークと共に、綺麗に配列された340の記号・・・通称Z340。

”この新しい暗号文をお前たちの新聞の一面に掲載してくれないか?
 無視されると、無性に孤独感に襲われてしまうんだ
 孤独過ぎて、俺は、あのことをしてしまうかもしれない”

地元新聞の各社は、ゾディアックの要求通り、すぐさま1面に掲載しました。
この暗号、Z340も、市民の関心を集めたものの、現在まで解読できていません。

1969年10月11日、午後9時30分・・・
多くの人々が行き交うサンフランシスコ市内の大通り・・・タクシーに乗り込んだ一人の男。

「ワシントン通りの交差点まで」

目的地へと到着するや否や運転手に銃口を押しつけ・・・殺害!!
タクシーの運転手ポール・スタイン(29歳)死亡・・・。
撃った男は、財布を抜き取り立ち去りました。
当時サンフランシスコ市の殺人事件の件数は、年間125件・・・3日に1件の割合でした。
警察は、よくあるタクシー強盗だと判断、新聞の扱いも小さかったのです。
しかし・・・事件の3日後、彼らは意外な事実を突き付けられます。
サンフランシスコにある地元新聞の中でも最大手サンフランシスコ・クロニクルに1通の手紙が届きます。

”これはゾディアックからの手紙だ
 昨夜ワシントン通りとメープル通りの間でタクシー運転手を殺害したのは俺だ
 同封したやつの血にまみれたシャツが証拠だ”

これもゾディアックの犯行だったのか・・・??
ゾディアックは、運転手を殺害後、このアピールのためわざわざシャツの一部を切り取っていたのです。
サンフランシスコ市民にとって、この事件で全ての状況が変わりました。
これまでの郊外のカップル襲撃とは異なり、ゾディアックが街なかに現れたのです。
犯人は誰なのか?
次に誰を殺すのか??
ゾディアックは新たな恐怖の波をサンフランシスコ全域で作り出したのです。
さらに、手紙の後半にとんでもない内容が・・・

”学校に通う子供たちは格好のターゲットだ
 いつか朝になったらスクールバスを襲ってやろうと考えている
 前輪を銃で打ち抜いて、子供たちが慌ててバスから降りてくるのを狙い撃ちにしてやる”

スクールバスの襲撃予告・・・!!
子供達がターゲットになった事で、人々はパニックに陥りました。
動揺した市民から警察に対して近所に怪しい男がいる・・・犯人を知っている・・・といった情報が殺到!!
警察は電話対応のため、交換台の当直員を三倍に増やしました。

さらに、危機感を募らせた州の検事総長が、思いもよらない行動に出ます。
ゾディアックに自首を求める嘆願書を発表しました。

”犯人には援助が与えられる
 その権利が保護されることを明確にしておきたい
 
 これ以上の血塗られた惨劇が、繰り返される前に、自首してくるのが最善である”
日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜 - にほんブログ村
ところが、その3日後、ゾディアックは誰も考えつかない前代未聞の要求突き付けてきます。

1969年10月22日午前2時・・・警察の交換台に男から連絡が入ります。

”ゾディアックからの電話だ
 俺が指名する弁護士を、7チャンネルのトークショーに出演させろ
 そうしたら、その番組に電話を入れる”

テレビ番組で弁護士と話をさせろというのです。
そうすれば、話し合いに応えてくれると・・・!!

警察は、直ちにテレビ局に連絡を取りました。
KGOーTVは、朝のトークショーでこの人物を出演させ、生放送すれば間違いなく視聴率がとれる・・・
必然的に収益も上がるとわかっていました。
新聞社と同様、テレビ局もビジネスを優先させ、決定を下しました。
KGO-TVは、朝の番組を取りやめ、2時間の特別番組を組みました。
ゾディアックは、テレビを見ているサンフランシスコ市民に何を伝える気なのか・・・??

午前6時30分・・・緊急特別番組放送開始。
本当に、ゾディアックは電話をかけてくるのか・・・??
待つこと50分!!ついにかかってきました。
弁護士が質問します。

「君のことは何と呼べばいいかな?」
「サム・・・」

サムとは本名か??
サンフランシスコ市民はテレビにくぎ付けとなりました。
男は、警察の逆探知を警戒しているのか・・・??電話をかけてきては突然切るという行為を続けます。

「子供を殺す」と口走る男・・・!!
次第に興奮が抑えられ無くなります。
まとまりのない話は2時間にも及び、計12回の電話が放映されました。
その後、逆探知の結果が判明します。
電話をかけてきたのは、州立病院の患者でした。
本物のゾディアックではなかったのです。
テレビを通じ、皆が偽物に振り回された・・・
連続殺人鬼との危険なやりとりの結果、これほどの大混乱を生み出してしまったのです。

1969年10月・・・サンフランシスコ市民は、ゾディアックの恐怖におびえていました。
郊外のカップル殺人から、スクールバスを襲撃する警告へと変わり、当事者意識が高まったのです。
民衆が体験したことのない恐怖でした。

スクールバス襲撃の手紙を受け、州政府から緊急警告が発令されました。
全てのスクールバスはパトカーで追尾、同情したりするなど、厳重な警戒態勢が敷かれました。
特に異常事態を伺わせるのが、ゾディアックの襲撃に備え、スクールバスの運転手に出された指令です。

バス警報発令・・・
もし、タイヤがパンクしても、バスを走らせ続ける
決して止まってはいけない
信号は、クラクションを鳴らしながら通過する
スクールバスは、人気の多いところに出るまで停止してはならない

子供を預ける親も、警備する警察も、極度の緊張状態を強いられました。
さらにゾディアックは、サンフランシスコ市民に追い打ちをかけます。
1969年11月9日、7通目の手紙がクロニクルに・・・!!
それは、手作り爆弾の設計図でした。
これまでは、ゾディアックの予告に基づき、スクールバスが銃で狙われることに対策をとってきましたが、今度は爆破するという脅迫・・・!!

”もしお前たち警察が、俺が言ったとおりの方法でバスを襲うなんて思っていたら、自分の頭に穴をあけた方がいいぜ
 殺人装置は、もうできあがっているんだよ
 こいつの良いところは、全ての材料が普通の店で手に入るということだ
 それも、何の質問のされずにな”

これを掲載すれば、まさしくサンフランシスコ中がパニックになる!!
クロニクルは、この爆弾設計図については記事にしませんでした。
ところが・・・1970年4月29日・・・爆弾設計図の手紙から5か月後。。。
クロニクルにゾディアックから新たな手紙が届きます。

”俺に爆弾を爆発させたくなければ、バス爆弾のことを報道しろ
 それも、組み立て方まで細かくだ”

この要求を拒絶すれば、ゾディアックは、本当に事件を起こすかもしれない・・・
殺人犯とのやり取りを続けてきた結果、もう引き返せないところまで来ていたのです。

「俺の爆弾が爆発したら、お前たちも楽しんでくれ」

クロニクルは、ゾディアックからの要求をのみ、手作り爆弾の設計図について公表しました。
ところが、その後、スクールバスは襲われることなく、ゾディアックからの手紙も次第に途絶えていきます。
4年後・・・1974年の手紙を最後に、ゾディアックは姿を消しました。

しかし、ゾディアックが始めた劇場型犯罪は、その後も引き継がれていきます。
1994年、ニューヨークで連続殺人事件が発生!!
犯行現場には、ゾディアックのマークのついた手紙が残されていました。
犯人ヘリベルト・セダ(28)は逮捕されましたがゾディアックとは無関係でした。

また、暗号文を真似する犯罪も起きるなど、模倣犯が続出しました。
ゾディアックは、アメリカ社会に深い爪痕を残した・・・
しかし、こうした負の遺産は、大きな教訓をもたらすことになります。

このような劇場型犯罪は、もうアメリカではおこらないだろうといわれています。
ゾディアック事件を経験したメディアは、殺人犯からの電話や手紙に飛びつくことをやめました。
仮にそれが事実だったとしても、殺人犯は自らの何らかの目的を果たすために、テレビや新聞を利用したいだけだと気が付いたからです。
そして、二度と殺人犯の手先になってはいけないと知ったのです。

アメリカを震撼させた劇場型犯罪・ゾディアック事件・・・
警察が容疑者として捜査リストにあげたのは2500人以上、しかし、未だ犯人は捕まっていません。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

殺人鬼ゾディアック??犯罪史上最悪の猟奇事件、その隠された真実 (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ II-3)

新品価格
¥2,970から
(2020/7/30 22:13時点)

ゾディアック ディレクターズカット [Blu-ray]

新品価格
¥600から
(2020/7/30 22:14時点)

幕末の英雄・勝海舟は、この男をこう評しました。

”一奇士なり”と。

奇士とは、並外れた男子を意味する言葉です。
その男の名は、土方歳三!!
新選組副長です。
死後、150年以上たった今なお、土方の生きざまは人々を魅了してやまない!!
幕末動乱の時代、盟友・近藤勇と共に、新選組を結成!!
天下にその名をとどろかせました。
その行状、残忍・酷烈!!
鉄の掟で強力な組織を作り上げた土方を、人々はこう畏れました。
”鬼の副長”と!!
しかし、近藤の死後、土方の印象は真逆に転じます。

鬼か、仏か??

そして・・・1年半に渡る戊辰戦争で、新政府軍に負けた旧幕府軍・・・そんな中、旧幕府軍の一大転機となった戦いがありました。
宇都宮城の戦いです。
この時土方は新政府軍の宇都宮城をわずか6時間で攻め落としました。
土方の挑んだ難攻不落の巨大城郭!!
この後、北を目指した土方の心中とは・・・!!

暗殺、人斬り・・・テロの嵐が吹き荒れた幕末の京都・・・
こうした尊皇攘夷の過激派に対抗して刀で制したのが新選組でした。
局長・近藤勇、そして近藤を支えた副長・土方歳三・・・
注目すべきは、土方が作り上げた新選組の組織編制です。
副長は、局長を補佐するとともに、実務を請け負う実質的トップとなります。
副長の補佐役として隊士たちを統括するのが副長助勤です。
夭折の天才剣士・沖田総司、新選組最強といわれる永倉新八、そして孤高の剣士・斎藤一など、一騎当千の剣士たちが名を連ね、副長助勤として土方を支えていました。
近藤勇は直接、副長助勤に命令しない・・・副長である自分がキーになる組織でした。
即断即決を可能にする新選組の組織編制こそ、土方の考えを反映していました。

将軍家御典医の松本良純が、新選組屯所をたずね、あまりの不衛生さに改善策をアドバイスしました。
その数時間後・・・なんと土方が松本の指示通りに病室はおろか、浴場も見事に整備していたのです。
余りの手際の良さに松も余が驚くと・・・

「兵は拙速を貴ぶとはこのことなるべし」

土方はそう言って笑ったといいます。

また、新選組の戦闘方法にも土方独自の発想がありました。
1867年11月18日に起きた油小路事件・・・
かつての同志・伊東甲子太郎を暗殺した土方たちは、遺体を油小路に遺棄・・・
駆けつけてくる伊東の仲間を一網打尽にする囮として利用しました。
この時駆けつけたのは7人・・・
それに対し、新選組は3、40人で迎え討ったといいます。

こうした戦い方を、武士として卑怯なのではないか??
という見方もあります。
しかし、新選組は当時、京都の治安を守るべき存在でした。
徳川幕府を支えなければいけない存在だったのです。
それは、当然の任務の遂行でした。
どんな手段を使おうが、必ず勝つ!!
それこそが、土方の戦闘哲学でした。

ところが・・・1867年12月9日・・・王政復古の大号令が発せられ、江戸幕府は消滅・・・土方たち新選組の屋台骨が崩れました。
その僅か1か月後・・・旧幕府軍と新政府軍による戦いが・・・
1868年1月3日、鳥羽伏見の戦いが幕を開けました。
新選組を率いて戦いに臨んだ土方は、

「砲戦では勝負がつかん、斬り込め!!」

と、隊士たちを指揮したといいます。
しかし・・・近代兵器に勝る新政府軍の前に、剣に生きる新選組はなすすべなく敗れ去ったのです。
戦えば必ず勝つ!!
これまでの土方の戦闘方法は、鳥羽伏見の大敗によって大きく変わりました。
事実、土方はこう語ったと言われています。

「もはや武器は大砲でなくてはならない
 僕は剣を取り、槍で戦った
 全く無益なことであった」と。

江戸に帰還した土方は、この頃彼は洋装に転じたと言われています。
剣から銃へ・・・鳥羽伏見の敗戦を契機に、土方は新たな戦闘へと大きく踏み出していくのです。

鳥羽伏見の敗戦から2か月後・・・3月6日、甲州勝沼の戦い・・・
江戸に帰った旧幕府軍はここでも新政府軍と戦い新選組は手痛い敗北を喫しました。
連戦連敗の新選組・・・以降、隊士たちは、それぞれの道を歩むこととなります。

日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜 - にほんブログ村

4月25日・・・新選組局長・近藤勇、新政府軍に捕らえられ板橋で斬首・・・享年35。
この頃、土方にも大きな変化がありました。
洋装に身を包んだ土方は、独自の行動に出ました。
近藤の死の14日前・・・4月11日、土方は僅か6人の隊士を連れ旧幕府軍に合流します。
その主力は、勝海舟が決断した江戸無血開城に反対する勢力です。
およそ2500の兵を統率する元歩兵奉行・大鳥圭介!!
大鳥率いる旧幕府軍の中には、伝習隊の姿もありました。
当時珍しい、フランス仕込みの洋式軍隊です。
洋式軍隊の難しさは、当時の階級制度にあります。
戊辰戦争期は、各藩兵力動員を大規模にして銃を持たせていました。
指揮官になる者は、洋学を勉強したものでないとなれませんでした。
江戸時代、洋学を勉強した人たちは下級武士でした。
ところが、身分が上の侍たちは、動員されるが指揮能力がない・・・
近代戦の指揮命令系統と武士階級の格式が逆転してしまいます。
なので、近代戦法に結びつきませんでした。
近代戦法は、身分に関係なく、指揮官のもと兵を自在に動かす指揮命令系統の確立にある!!
それは、土方が組織した新選組にも通じています。
新選組は剣士の集団ではありましたが、近代化する側面を持っていたのかもしれません。

旧幕府軍に合流した土方は、この時全軍の参謀に任じられます。
その理由は・・・
”土方歳三は、元新選組副長であり、機智勇略を兼ね備えた人物である”
新選組の名は、全国に轟き、旧幕府軍にとって守護神ともいえる存在でした。
旧幕府軍は二手に別れ、日光を目指します。
日光にある東照宮は、江戸幕府の開祖・徳川家康を祀る聖地・・・
大鳥たちは、日光で新政府軍に対峙し、東国諸藩を糾合しようと考えていました。
そして・・・日光に至るには、宇都宮城を通過しなければならない・・・
関東屈指の名城・宇都宮城・・・江戸幕府にとって、東国の外様大名に対する北の守りの一大拠点です。
宇都宮城は、近世城郭では珍しく、石垣ではなく土塁に囲まれた城でした。
宇都宮城は、北向きに作られたというのが特徴で、北を防御するようになっていました。
それが、皮肉なことに、戊辰戦争では南東の方向から攻められることになります。
この城をめぐる攻防戦こそ、鳥羽伏見の戦い以降、旧幕府軍初めての勝利となります。
しかも、土方のその後の運命を大きく帰る戦いでもありました。

土方歳三の小姓 降りながら消ゆる雪 [ 土方洋 ]

価格:1,650円
(2020/7/26 20:21時点)
感想(0件)



4月18日、土方率いるおよそ1000人の隊は、大鳥軍に先立ち宇都宮城の近くに迫りました。
その時、宇都宮城が新政府軍の支配下にあることを知ります。
宇都宮城を制していたのは香川敬三・・・この香川こそ、近藤勇を捕らえた人物です。
当時描かれた宇都宮城の絵図が残されています。
宇都宮城は、南北900m、東西850mに及ぶ巨大城郭でした。
香川率いる城兵は、僅か400。
しかし、籠城に徹すれば、その鉄壁の守りは固く、攻め手にとって厳しくなるはずでした。

4月19日、土方ら宇都宮城に進軍。
ところが、新政府軍が奇妙な行動に出ます。
宇都宮城の外へ出撃したのです。
どうして籠城策を取らなかったのか・・・??
後の元帥・陸軍大将・山県有朋は、当時をこう振り返っています。

「各藩にはそれぞれの指揮役がいて、こうした指揮役を統一し、命令し、兵を動かすことなど新政府をもってしてもできなかった」

実は、新政府軍は、各藩の寄せ集めの軍隊で、指揮命令系統が混乱していました。

土方たちは、それを見逃しませんでした。
新選組隊士の日記にこうあります。

「はじめ敵は防御していたが、鉄砲を散々に打ちかけると次第に崩れ、やがて城の中へ逃げ込んだ」

この時、土方たちは、軍を分けました。
精鋭部隊の伝習隊は北の大手門へ・・・土方率いる新選組や桑名藩兵は東南方向へ向かいました。
土方の狙いとは何か・・・??
宇都宮城は、北に向かい防御施設を固めた城です。
そこで近代兵器による攻撃を仕掛け、北側に敵兵力を集中させ、その隙をつき土方隊が城内に白兵戦を仕掛ける・・・
川を防衛ラインとした東南側は、土塁も低く、ウィークポイントでした。
この時土方は、激しい戦場から逃げようとした味方の兵を容赦なく切り捨てたといいます。
戦に臨む土方は、鬼とかしました。
さらに、土方たちの猛攻は続きます。
旧幕府軍が誇る最新式の大砲が威力を発揮!!
砲弾は城内の建物を粉砕!!
敵にとどめを刺したのです。
結果、敵は狼狽して城を捨て、逃げ去った・・・
関東屈指の名城・宇都宮城・・・陥落!!
わずか6時間ほどの戦いだったといいます。
土方にとって、洋装に徹して実力を初めて示すことが出来たのが、宇都宮城の戦いでした。

この戦い以降、土方の名声はさらに高まります。

”土方は、奥羽の各所で勇ましく戦い、衆目を驚かせた
 とりわけ宇都宮城の攻撃は、新政府軍を心底恐れさせた”

戦術家としてその名を天下にとどろかせた土方歳三・・・
更なる戦いを求め、北へ向かったのです。

宇都宮城の戦いの後、土方歳三は北へ向かいました。
戦いの火の手は、東北地方に拡大・・・その震源地となったのが、会津藩と庄内藩です。
東北諸藩は、朝敵となった会津・庄内の斜面を求め、奥羽越列藩同盟を結成・・・
その盟主となったのが、東北の大藩・米沢と仙台です。
この同盟に合流したのが、旧幕府海軍を率いた榎本武揚です。
榎本は、当時、最強と呼ばれた最新鋭の軍艦・開陽など、8隻の艦隊で江戸を脱走。
土方も榎本にあわせるように仙台に向かいました。

1868年9月3日、合流した土方と榎本は、仙台城で開かれた同盟の軍議に参加しました。
軍議の席上、榎本はこう発言したといいます。

「そもそも奥羽の軍勢が弱いのは、誰もが主となり戦をするものがいない故である
 今これを挽回するためには、全軍を指揮する惣督を選ぶべきである
 惣督に相応しいの人は、私が同行した土方歳三をおいては他にいないと思う」

奥羽列列藩同盟の惣督に、土方を推挙したのです。
これを受け土方は言います。

「全軍も惣督として、指揮するためには、軍令を厳しくせねばならぬ
 もしこれを破るようなものがあるときは、大藩の家老と言えどもこの歳三が切り捨てねばならん
 去れば生殺与奪の権利をくださるのなら、全軍の惣督を引き受けますが、その辺りはいかがでしょうか」
 
つまり、土方は、全ての者の命を自分に預けるように要求したのです。
土方のこの言葉に、軍議は紛糾!!
この時、土方は何を思っていたのでしょうか?

奥羽にとどまり戦を続けるために、東北諸藩が一丸とならねばならない
この地で、命がけで戦えば、戦は長引く・・・
されば勝機はある!!
会津は籠城したがために今や劣勢にあれば、庄内は連戦連勝を続けているではないか!!

既に北越戦争で長岡藩は降伏・・・会津藩は、籠城戦を余儀なくされていました。
しかし、最新鋭の武器を配備した庄内藩は、藩外での戦いを続け、連戦連勝の気炎をあげていたのです。

奥羽の足並みがそろわなければ、さすがの庄内も孤立し、いずれは破れる・・・
ならば、旧幕府海軍と共に新天地に向かう??
新たな体制のもと、新政府軍に対抗するという手もあるが・・・

この頃、旧幕府海軍率いる榎本は、先々の計画を立てていたと考えられます。
蝦夷地に渡り新政府軍に対抗しようというものです。
我が方には、最新鋭の軍艦、開陽がある!!
最強の海軍と陸軍が手を結べば、新政府など恐るるに足らず
我らは必ず勝てる!!

奥羽にとどまり戦いを続けるべきか、それとも榎本と共に新天地へと向かうべきか・・・
土方に選択の時が近づいていました。

奥羽越列藩同盟は米沢藩を皮切りに、次々と新政府軍に降伏・・・同盟は瓦解しました。
そして、会津鶴ヶ城も落城・・・!!
土方が、全軍の惣督として指揮を振るうことはありませんでした。

明治と改元した・・・1868年11月5日、土方歳三の姿は、蝦夷地・松前にありました。
土方は、榎本と共に新天地、蝦夷地を目指したのです。
しかし、蝦夷地を治める松前は、新政府にすでに恭順・・・
土方たちの行動を、許すわけはありませんでした。
ここに、松前城をめぐる攻防が始まりました。
土方にとって、宇都宮城以来の城攻めです。

”土方惣督は、陸軍隊・新選組を率いて城の裏へと回り込み、梯子で城壁を登り、城内に突入!!
 敵は気付かず我が軍は、敵に一斉射撃!!
 敵、これ大いに驚き、防御もできず場外へ走り去り、支柱に放火しながら逃走した”

戦略家、土方の面目躍如・・・
土方は1日もかからず城を攻め落とすことに成功しました。
ところが・・・この時、陸軍の援軍として着ていた海軍の開陽が、岩礁に乗り上げ沈没してしまったのです。
土方たち箱館政権の五稜郭は、日本でめずらしい西洋式の城郭・・・
しかし、函館湾から近く、制海権を失えば敵の艦砲射撃の的となります。
以後、土方は五稜郭に寄らず、もっぱら場外での戦闘に従事しました。

この頃、土方の印象は、鬼の副長と呼ばれた京都時代から大きく様変わりしていました。
新選組隊士の日記にこうあります。

”土方は、常に下々に気を遣い、戦の時には先陣をきって進むので、従う兵たちも雄を振るって進軍する
 故に、戦いに敗れることはなかった”

そして、1869年5月11日、海陸を新政府に包囲され太激戦のさ中・・・土方は銃弾を受け戦死。。。
享年35・・・戦場にいた新選組隊士たちに衝撃が走りました。
この時、砲台の守備に就いていた新選組の者たちは、土方の死んだことを聞き、まるで赤子が慈母を失うがごとく、皆悲嘆してやまなかった・・・ああ・・・惜しむべき将なり・・・と。

土方歳三のふるさと東京日野市・・・土方の死から19年後、地元の人々や松本良純の手により、顕彰碑の建立の話が持ち上がりました。

”殉節両雄之碑”と名付けられた石碑は、近藤と土方の偉業を讃えたものです。
はじめ、文字を依頼されたのは、将軍・徳川慶喜でした。
しかし、慶喜はただ涙を流すばかりで返答しませんでした。
結局、その文字は、かつて新選組を庇護した元会津藩主・松平容保の手によるものです。
京での新選組の華々しい戦いが語り継がれる中で、その後の新選組の物語は、史実に埋もれて行ったのです。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

司馬遼太郎の幕末維新(1) 竜馬と土方歳三 (朝日文庫) [ 週刊朝日編集部 ]

価格:726円
(2020/7/26 20:20時点)
感想(2件)

官賊に恭順せず 新撰組土方歳三という生き方 [ 原田 伊織 ]

価格:1,650円
(2020/7/26 20:20時点)
感想(0件)

杉原千畝は、明治33年1月1日、岐阜県八百津町に生れます。
幼いころから成績優秀で、父親からは将来、医者になるように言われていました。
ところが、杉原が興味を持ったのは外国でした。
英語の教師になりたいと思うようになります。
そして18歳になった杉原は・・・
1918年早稲田大学高等師範学校(現教育学部)英語科に入学します。
本格的に英語の勉強しし始めましたが、父の意向に背いての上京だったため、仕送りが無く、たちまち生活費に困ってしまいました。
そんな時、偶然目にした新聞に、外務省の官費留学生募集の広告を見つけます。
それは、3年間の学費と、留学先への渡航費が支給されるというものでした。
学費は最高で年2500円、当時、大学卒の初任給が40円だった時代に、破格の条件でした。
しかし、問題がありました。
中国語・モンゴル語・ロシア語・スペイン語・タイ語・オランダ語・ポルトガル語・トルコ語・・・
募集の中に英語専攻がありませんでした。
それでも、学費が必要な杉原は、諦め切れずに当時人気のスペイン語を選択、猛勉強の末、見事合格しました。
ところが・・・せっかく勉強したスペイン語ではなく、ロシア語を選ばされることに・・・。
この年は、たまたまスペイン語を希望する人が多く、反面、ロシアは革命の混乱などもあってロシア語を選択する者が極端に少なかったのです。
そのため、外務省の担当官は、スペイン語の定員からあぶれた者に、ロシア語を選択するように勧めたのです。

こうして、官費留学生として、ハルビンの日露協会学校に入学。
気持ちを切り替え、ロシア語の専門家になる決意をし、一から必死に学んでいきました。
そこで杉原は、人生の指針となる教えを受けます。
それは、この学校の創設者で、外務大臣などを務めた後藤新平の言葉で、学校のモットーにもなっています。

”人のお世話にならぬよう
 人のお世話をするよう
 そして報いを求めぬよう”

日露協会学校を卒業した杉原は、大正13年、24歳の時に外務省に正式に採用されます。
ハルビン日本総領事館のロシア係として赴任、そこで、ソビエト政権に反対し、亡命してきていた白系ロシア人と交流し、独自の情報網を作り上げていきます。
そんな中、満州事変が起こり、昭和7年、満州国建国。
杉原は、ロシア語の能力を買われ、満州国外交部に引き抜かれます。
その満州国には、懸案事項がありました。
当時、満州国がソ連と共同経営していた北満州鉄道をめぐる問題です。
この鉄道は、両国の紛争の種になっていたこともあって、満州国がソ連の持つ経営権を買い取る方向で交渉が始まりました。
ソ連が提示した譲渡価格は・・・当時の日本円で6億2500万円!!
対して満州国が示した金額が5000万円でした。
交渉は平行線をたどりました。

その状況を打破したのが、満州国側の一員として交渉に参加していた杉原でした。
杉原は、交流を深めていた白系ロシア人からある重大な情報を手に入れます。
ソ連側が交渉のさ中にも関わらず、北満州鉄道の車両を密かにソ連内に運び出していたのです。
ソ連の行為は不当だとして杉原は、それを盾に交渉します。
譲渡金を1億4000万円まで値下げさせたことで、譲渡協定は結ばれました。
この功績により、杉原の外交官としての名声は国内外に一気に広まることになります。

同じ頃、ヨーロッパでは戦争の機運が高まりつつありました。
ドイツではヒトラーが総統となり、全権を掌握し再軍備へと進みます。
ロシア革命後のソ連では、鋼鉄の人と呼ばれたスターリンが独裁体制を固め、ドイツの動きを警戒していました。
そんな中、杉原の新たな赴任先は・・・ヨーロッパのバルト三国の一つリトアニアです。
どうして杉原は、リトアニアに派遣されたのでしょうか?
当時の日本は、モンゴルと満州の国境付近でノモンハン事件と呼ばれるソ連との武力衝突のさ中でした。
杉原が、ソ連に近いリトアニアに派遣されたのは、ノモンハン事件を外交的に解決するための情報を集める目的だったと言われています。
こうして、昭和14年8月28日、家族と共にリトアニアのカウナスに着任・・・39歳でした。

リトアニア着任から9か月たった昭和15年6月・・・
ソ連がリトアニアへの強引な進駐を開始。
カウナスにあった各国の大使館や領事館に対し、8月25日をめどに閉鎖することを求めてきました。
その準備に追われていた7月18日の朝の事・・・窓の外を見た杉原は驚きました。
領事館の鉄柵の向こうに、大勢の人が押し寄せてきていたのです。
杉原はすぐにその中の代表者を呼び、話しを聞くことにしました。
すると・・・

「我々は、ポーランドから逃げてきたユダヤ人です
 どうか日本の通過ビザを交付していただきたい」

当時、ヨーロッパにいたユダヤ人は、ナチスドイツから迫害されていました。
ユダヤ人迫害の歴史は古く、ユダヤ教徒がイエス・キリストを救世主として認めなかったことに端を発します。
それ以来、ユダヤ人はキリスト教を冒涜する存在としてヨーロッパのキリスト教徒から疎まれるようになり、ヒトラーは、その反ユダヤ主義を利用し、明確な敵をつくることによってドイツ国民を一つにしようとユダヤ人を迫害します。
迫害はドイツ国内にとどまらず、占領したポーランドでも行われていました。
そして、ユダヤ人にとって逃げ込んだリトアニアも安全とは言えませんでした。
進駐してきたスターリンも彼らを敵視していたからです。

「一刻も早く遠くに逃げたい!!」
 
そんなユダヤ難民たちに最初に手を差し伸べたのは、カウナスにいたオランダ名誉領事のヤン・ズヴァルテンディクでした。
ズヴァルテンディクは、南米にあるオランダ領のキュラソーやスリナムならビザが無くても入国できる・・・そう考え、独断での入国許可の証明書をユダヤ人たちに与えました。
逃げる先が決まったユダヤ人たちでしたが、問題はそこまでどうやって行くかでした。
ヨーロッパを抜けていくルートはナチスドイツの脅威があって使えません。
残された方法は、シベリア鉄道を使って東から行くルートです。
ただし、シベリア鉄道の終点・ウラジオストクからは日本の通過ビザがないと海を渡ることが出来ません。
その為、多くのユダヤ難民が、カウナスの日本領事館に押し寄せてきたのです。

杉原は、急いで日本の外務省に通過ビザ発給の許可の電報を打ちます。
帰ってきた答えは・・・

「渡航先の入国許可や、渡航費用を持たない者には通過ビザを発給してはならない」

ビザ、発給の規定を厳守するようにというのです。
ユダヤ難民の中には、キュラソーやスリナム以外を希望する者もいて、彼らの多くは入国許可を持っていませんでした。
それに、命からがら逃げてきたユダヤ人たちが、十分な渡航費用を持っているわけもなく・・・
杉原は悩みます。

「少量のビザ発行なら何とかすることもできるが、これだけ大量になると自分の裁量を越えている・・・
 問題が起これば服務規程違反で首になるかもしれない・・・」

そんな時、連日のように領事館の前にたたずむのを見た幼い長男が・・・

「あの人たちは何をしに来たの?
 パパが助けてあげるの??」

杉原は、腹をくくりました。
そして妻・幸子にこう言うのです。

「私は外務省の指示に背いた 
 領事の権限でビザを出すことにしようと思うがいいだろうか
 職務規定違反で外務省も辞めさせられるかもしれない
 それでも、私はやるべきなのだろうか」

「あとで私たちはどうなるかわかりませんけど、ぜひそうしてあげてください」


リトアニアのカウナスに赴任した年の暮れ、杉原はひとりのユダヤ人少年ソリー・ガノールと出会います。
当時11歳だったソリ―は、ユダヤ今日のお祭りで貰った小遣いをポーランドから逃れてきた難民共催のためにすべて寄付しました。
ところが、見たかった映画のお金を残さなかったことをその後後悔していたのです。
杉原は、たまたま訪れたソリ―の叔母の店でその話を聞きました。
そして、僅かな銀貨を差し出し、ソリーに言いました。

「これで映画を見なさい
 私のことを君のおじさんだと思ってくれればいいから・・・」と。

それ以来、ソリー一家と家族ぐるみの付き合いが始まったのです。
この時、ソリーの家にはポーランドから逃げてきたユダヤ人が匿われていました。
そして彼らは杉原にこんな身の上話をしました。

ワルシャワでナチスドイツによる空襲を受け、妻と長女の命をうばわれた
私は命からがらなんとか次女と逃れてきたんだ

そうした厳しい状況を聞き、胸を打たれた杉原は、自分に何かできないかとずっと考えていました。
だから、職を失う覚悟で決めたのです。
ただ・・・その一心で・・・!!

昭和15年7月末・・・
杉原千畝は、リトアニア・カンザスの日本領事館に押し寄せるユダヤ難民を助けるため、独断で日本の通過ビザの発給を始めました。
しかし、日本領事館閉鎖まで1か月・・・時間はあまりありませんでした。

「一人でも多く助けたい!!」

そう考えていた杉原は、朝食を食べ終わるとすぐに執務室に入り、行列を成すユダヤ人一人一人と面会・・・
ビザを発給していきました。
多い日には、1日250通を超えるビザを・・・
愛用の万年筆が折れるまで書き続けました。
やがて、手だけではなく体中が痛み出したといいます。
それでも杉原は休みませんでした。

そんな中、杉原からビザを受け取った最初のユダヤ人たちが日本に着きます。
すると・・・8月16日、外務省から1通の電報が届くのです。
そこには・・・

”カウナス領事館で発給された通過ビザを持参しているものの中には、行先国の入国手続きが済んでいない者がいて上陸を許可できないので、対応に苦慮している
 行先国の入国手続きを完了し、十分な旅費を持っている者でなければ通過ビザを与えないように”

しかし、外務省からの指示通りに発給規定を厳守すれば、助けられないユダヤ人たちが大勢出てしまいます。
そこで杉原は、このままビザの発給を続けるためある策を講じます。
その策とは・・・??
それは、発給規定の厳守を命じた電報を一旦無視するというものでした。
外務省への返事を後回しにし、ビザを発給し続けたのです。
そしてそこに、こんな発給条件を記したスタンプを押していきます。

”本ビザは、ウラジオストク乗船までに本邦以遠の行先国入国許可取り付け並びに乗船券予約を完了すべきことを了知する旨申告せしめ交付せり”

リトアニアを出る時には行先国の入国手続きは済んでいないが、日本に入るまでには入国許可を得させ、行先国までの船の予約を済ませるという条件付きで特別にビザを発給したと・・・。

これもまた、外務省からの電報に対する杉原の対応策の一つでした。
こうして杉原は、領事館を閉鎖するまでの12日間、条件付きビザを発給し続けます。

昭和15年8月分28日、カウナスの日本領事館を閉鎖。
その後、ようやく外務省へ返事を送ります。

”ウラジオストクで日本行きの船に乗るまでに行先国の入国許可を取り付けること、また、日本からの目的地までの乗船券の予約を済ませること、以上の実行を条件にビザの発給をしています”

条件付きでビザを発給したことを伝える杉原の電報が外務省に送られたのが、初めにもらったユダヤ人たちが日本に渡ろうとするとき・・・そのビザが偽造ではなく、杉原がだした正式なものだと証明する事にもなりました。
そして、この電報の最大のポイントは・・・”ビザを発給しています”と、現在進行形で書いたことです。
昭和15年9月3日に外務省から杉原に宛てた電報には・・・

”貴殿の如き取り扱いをなしたる避難民の後始末に窮しておる実状につき
 以後は、往電22号の通り厳重取扱いありたし”

とあります。
以後は厳守してビザを発給するようにと書かれていたのです。
この電報が届いたのは9月3日・・・すでに、8月28日には領事館を閉鎖しているので、これ以後は・・・ということは、杉原がそれまでに発給したビザはすべて有効となった事を意味するのです。

もう一つ大事なことは、当時の日本の規則では、ビザ発給に当たっては十分な旅費を持っていることが必要とされていました。
しかし、具体的な金額を示す基準がありませんでした。
この曖昧さも、杉原に有利に働きました。
杉原の発給したビザの数は、記録によると2140人分・・・通説では、杉原が救ったユダヤ人は6000人ともいわれています。
ビザは、当時は家族全員で1つのパスポートなことも見受けられます。
1通のビザが複数の人を救っていたのです。
リストを見ると、領事館を閉鎖する日が近づくにつれ、1日当たりのビザ発給数が極端に少なくなっています。
これは、ビザを求める人が増えたため、ビザ発給に専念し、数の記録をとることが出来なかったからだと思われます。
こうしたことから、リストに載っている数よりも、杉原が実際に助けたユダヤ人の数が多いと言われているのです。
この時、杉原がユダヤ人を助けていることは、ナチス・ドイツに伝わっていました。
近年の研究で、領事館の事務員グッチェが、ナチスのスパイだったことが分かっており、そこから伝わったのではと考えられています。
まさに、命を狙われてもおかしくない状況で、ユダヤ難民を救った杉原千畝・・・彼は後に、こう語っています。

「全世界に隠然たる勢力を擁するユダヤ民族から永遠の恨みを買ってまで、ビザを拒否しても構わないのか。
 それが果たして国益に叶うことだというのか」

ユダヤ人を救うことは、必ず将来の日本のためになる・・・命のビザは、そういう強い信念のもと発給されたのです。



わかっているだけでも、2140という膨大なビザを一か月にわたって休むことなく発給し続けた杉原千畝・・・
昭和15年8月28日、リトアニア・カウナスの領事館を閉鎖。
ベルリンに向かうことになっていました。
その汽車を待つ間、市内にあるホテルメトロポリスに宿泊していたのですが、ユダヤ人たちがビザを求めてここにもやってきたのです。
しかし、ビザの発給に必要な公印は、すでにベルリンに送ってしまっていました。
そこで杉原は、ビザに準じる日本への渡航許可証を書くことに・・・
公印はなくても、自分のサインだけで書くことが出来たからです。
ホテルをたつその日まで、渡航許可証を発行します。
しかし、とうとうリトアニアを立つ日がやってきました。
すると、杉原を追って駅にまでユダヤ人たちがやってきました。
ドイツのベルリンに向かう汽車に乗った杉原は、その窓から身を乗り出すように手渡されたパスポートに次々と渡航許可証を署名し続けたといいます。
発車の汽笛が鳴ると・・・

「ゆるしてください
 もうこれ以上書くことはできません
 皆さんのご無事を祈っています」by杉原千畝

この言葉を聞いたユダヤ人の一人は・・・

「スギハラ!私たちはあなたを忘れません!
 いつか必ず再会しましょう!!」

そこにいる全てのユダヤ人が、杉原に深く感謝していました。

杉原千畝が発給したビザにより、ユダヤ人たちはウラジオストクから日本の敦賀に上陸できました。
ところが、想定外の問題が発生します。
オランダ領のキュラソーや、スリナム以外のアルゼンチンなどの中南米諸国が、ユダヤ人の入国を拒否するようになっていたのです。
これを受け、外務省はウラジオストク総領事館に対し、渡航先が中南米諸国の場合、日本に向かう船に乗せる許可を出さないように指示しました。
乗船許可を得られなければ、ユダヤ人たちはソ連によって拘束されてしまいます。
そうなれば、命の保証はありません。

ユダヤ人たちが、命の危険にさらされるのをわかって追い返すことなどできない・・・
そういって、外務省の方針に異を唱えた人物がいました。
ウラジオストク総領事代理・根井三郎です。
根井も、杉原と同じ日露協会学校でロシア語を学んだ外交官でした。
根井にとって杉原は、外務省では先輩であり、学校では同窓生でした。
当然、根井も、あの教えを大事にしていました。

”人のお世話にならぬよう
 人のお世話をするよう
 そして報いを求めぬよう”

根井は、杉原からのバトンを受け継ぎ、命のビザを繋ぐため、外務省に電報で抗議します。

「日本の領事が出したビザを行先国が中南米になっているというだけの理由で、一律に船に乗る許可を与えないのは日本が発行したビザの威信をそこなうことになり、面白くない」

根井は、外務省の指示に従わず、ビザを持つすべてのユダヤ人を受け入れ、敦賀港に向かわせたのです。

リトアニアのカウナスからドイツのベルリンについた杉原は、ドイツ大使だった来栖三郎からチェコスロバキアのプラハにある日本総領事館の領事代理を務めるよう命じられました。
外務省外交史料館には、そのプラハで杉原が発給したビザのリストが2通保管されています。
そこには、合計120人の名前が記されており、そのほとんどがユダヤ人でした。
杉原がいたプラハはこの時、ドイツの占領下にあり、ユダヤ人への弾圧が強まっていました。
その現状を見た杉原は、ユダヤ人たちを救いたいと、ここでもビザを発給していたのです。

その時、杉原にビザを発給してもらったジョン・ステシンジャーは、

「プラハの日本総領事館は、すでに長蛇の列ができていた
 中に入ると杉原に、”君は日本語が話せますか”と聞かれました
 その時私はたまたま”ハイ”という日本語を知っていたのでそう答えると、杉原は微笑みながら
 ”よろしい ビザを出しましょう”と、発給してくれました」

と言っています。
きっと杉原は、わかっていたのでしょう。
ジョンが、ハイ以外の日本語を話せないということを・・・。

プラハで発給したビザには、条件を満たしていない者も多く含まれていただろうと言われています。
この時は、杉原はリストにある80人以上の他にも多くの人を救っていたと考えられます。
ジョン・ステシンジャ―一家がプラハをたった後、プラハ郊外にゲットーが築かれ、終戦までにおよそ14万人ものユダヤ人が収容されたと言われています。
そして、そこで働けなくなった者は、アウシュビッツ強制収容所に移送。毒ガスなどで命を失いました。
もし、杉原がプラハにいなければ、ジョンは命を落としていたかもしれません。

昭和20年、第二次世界大戦が、同盟を結んだドイツ、イタリア、日本の敗戦で終結・・・
ルーマニアのブカレストで終戦を迎えた杉原は、その2年後、家族と共にシベリア鉄道で帰国。
外務省を退職すると、商社に勤め、再び海外生活を送ることとなります。
そんな杉原を探している人がいました。
杉原が発給したビザによって命を助けられたユダヤの人々です。
ところが、どんなに探しても、杉原を探し出すことはできません。
一説には、杉原は外国人が発音しやすいように”チウネ”を”センポ”と呼ばせていたといわれています。
ユダヤ人たちは”センポ・スギハラ”を探していたため見つからなかったというのです。

時は過ぎ、昭和43年、68歳になっていた杉原も、また、ユダヤ難民たちの消息が気になり調べ始めていました。
そんな中、日本にあるイスラエル大使館から連絡が入りました。
訪ねて行くと・・・そこには、杉原によって救われたユダヤ人が・・・!!
リトアニア・カウナスの日本領事館で、ビザを求める嘆願をしに来たユダヤ人たちの代表・ニシェリでした。
彼は、イスラエル大使館の参事官となっていたのです。
28年ぶりの再会に、2人は手を取り合い喜んだといいます。
それから17年が経ち、昭和60年・・・イスラエル政府は、杉原の功績をたたえ、日本人で唯一となる「諸国民の中の正義の人」として、イスラエル政府から表彰されます。

そして、その翌年、昭和61年7月31日永眠・・・86年の人生でした。

杉原は、生前こんなことを言っています。

「私のしたことは、外交官として間違った事だったかもしれない
 しかし、私には頼ってきた何千人もの人々を見殺しにすることはできなかった
 大したことをしたわけではない
 当然のことをしただけです」

そして杉原は、それが国益になると考えていました。
その通り、2011年の大震災の際、イスラエルの人々は多大な支援を日本の対して行ってくれました。
当時のイスラエル大使はこう言っています。

「これは恩返しなのです
 我々は、杉原千畝の恩を、決して忘れることはありません」

杉原が、自らの命を懸け、繋いでくれた国と国、人と人との絆・・・これもまた杉原の言っていた国益なのかもしれません。
命のビザを発給し続けた杉原千畝・・・信念を貫き、国も、人種もこえ、まさに正義のために生きた人でした。



↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

六千人の命を救え!外交官・杉原千畝 (心のノンフィクション) [ 白石仁章 ]

価格:1,540円
(2020/7/21 18:50時点)
感想(0件)

杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE [ 唐沢寿明 ]

価格:4,180円
(2020/7/21 18:51時点)
感想(2件)

日本を代表する歌舞伎に、今、変化が訪れています。
大名跡・市川團十郎の復活が予定されています。
襲名興行で予定されているのは平成の天覧歌舞伎で12代目も演じた歌舞伎十八番「勧進帳」。
能をモデルに作られた勧進帳は、松羽目物と呼ばれ、格調の高い舞台が特徴です。
しかし、団十郎家を代表するこの勧進帳を作った男はそれを作ったがゆえに舞台から追われてしまったと言われています。

七代目が選定した歌舞伎十八番・・・勧進帳はその中の一つとして彼が考案した演目です。
しかし、世の中は一気に暗転します。
天保の時代に入ると、天候不順から凶作が続き、各地で一揆が頻発します。
それに対して有効な手立てを打てない幕府は、贅沢禁止を旗印に、庶民の暮らしを締め上げました。
水野忠邦が推し進める天保の改革です。

そして、やり玉にあげられたのが、七代目市川團十郎でした。
彼は、贅沢を助長されていると批判され、江戸所払の処罰を受け、舞台から追放されてしまいました。
その背景には、低い身分に置かれていた歌舞伎役者に対する差別が隠されていました。
天保の改革の直前に、能の「安宅」を歌舞伎化して「勧進帳」を造った七代目・・・
当時の能は、幕府の儀式芸能で、特別な存在でした。
能狂言の役者の身分は、武士の身分に殉じていました。
そこで、武士の恨みを買ってしまったのです。

七代目は所払いにもかかわらず、市川團十郎という大名跡は安泰でした。
七代目の長男が八代目・市川團十郎を引き継ぎ、その重責を担っていきます。
イケメンだった八代目・・・その風貌と粋な演技は江戸の女性たちを虜にします。
しかし、人気絶頂の32歳の時に八代目は自ら命を絶ってしまいます。
直接の原因は今も謎ですが、團十郎という名の重圧が、神経質な彼を苦しめた結果だと言われています。

日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜 - にほんブログ村

そして浮上したのが九代目團十郎の継承問題でした。
多くの愛人を抱えていた七代目には、七人の息子がいました。
しかし、次男、三男は役者を志すも大成せず、四男は夭折していました。
結果、白羽の矢が立ったのは、五男の権十郎。
しかし、権十郎には問題がありました。
実は権三郎は、生まれて間もなく河原崎家に養子に出されていたのです。
河原崎家は代々芝居小屋を営んでいました。
團十郎家と太いつながりを結べば、家業の隆盛に繋がると考えた河原崎家は、生後間もない権十郎をもらい受け、役者として大切に育て上げていたのです。
兄八代目の突然の死により運命を大きく変えることとなった河原崎権十郎。

まさに、時代は大きく動きました。
戊辰戦争を経て、文明開化の時代になります。
権十郎は、明治7年に正式に九代目市川團十郎を襲名します。
37歳・・・しかし、兄のような華やかさに恵まれていない彼には、これと言った当たり役はなく地味な感じの役者でした。

しかし、そんな九代目に目をつけたのが、新富座・守田勘弥。
相応しい役さえ与えれば・・・九代目は必ず光る!!
そう確信していた勘弥に、絶好の機会が訪れます。
明治10年に勃発した西南戦争・・・情報を入手した勘弥は、その舞台裏を描く本を書かせます。
そして主役西郷に、九代目團十郎を起用・・・大当たりをとったのです。

直前の出来事をその服装で演じるということは、それまでにないことでした。
疎実そのままを演じてみせる生々しさ・・・
名優への階段を一歩登った九代目・・・彼はまた、歌舞伎役者の身分にも変化をもたらします。
明治20年3月・・・九代目團十郎は、時の伊藤内閣で外相を務める井上馨に呼び出されます。
井上は、鳥居坂にある自宅に天皇を招き、茶会を開く計画があることを打ち明け、その余興として歌舞伎を披露してくれないかと依頼してきたのです。
父の追放も経験・・・蔑まれてきた歌舞伎役者の地位を高めたいと考えていた九代目にとって願ってもない申し出でした。
一方、明治政府にとっては、差し迫った理由が存在しました。
当時、最大の懸案事項であった不平等条約の改正を図るための国際会議を間近に控えており、日本が西洋に負けない文明国であることを証明する必要があったのです。

日本と西洋の文化の一番の違いは、演劇の役割です。
西洋では外国の賓客を招くときに、素敵なシアターに連れて行き素晴らしい劇を見せる・・・
これが、最高級のおもてなしです。
それに対して、日本の歌舞伎は庶民の娯楽でした。
武士などが観に行くのは、禁止されていました。
演劇の位置づけの違いが、そのまま西洋から見ると日本の文化文明の低さに関わる・・・!!
歌舞伎を底上げして、日本の文化文明の評価を高めようとしたのです。
4日間の予定で組まれた天覧歌舞伎・・・3日目には、諸外国の公使も招かれていました。
井上馨の私邸に天皇がやってきました。
この時、九代目が真っ先に披露した演目が、父が考案した「勧進帳」でした。
能由来の格調高い舞台で、明治天皇をもてなしました。
結果、天皇からは珍しきものを見て満足だったというお褒めの言葉を受けます。
緊張の余り、4日間で体重が6キロ以上落ちたという九代目・・・
歌舞伎役者が背負ってきた負の歴史に終止符を打った彼は、それ以来、新しい時代の歌舞伎を造ることに邁進します。
天皇には勧進帳を披露した九代目、しかし、当時彼がもっぱら力を入れていたのが十八番と呼ばれた伝統演劇ではなく、活歴と呼ばれていた新作歌舞伎でした。
旧来の歌舞伎は、歴史上の事件を扱う時は・・・
鎌倉時代の人が江戸時代の衣装を着ていたり・・・”嘘”の部分がたくさんありました。
本当にそうであった装束を着たり、建物を再現する・・・できるだけ史実に即した形の”歴史劇”を活歴と呼びました。
自分が生きた明治時代ならではの新しい歌舞伎を創ろうとしたのです。
自ら取材にも赴いたという九代目・・・彼はその著書の中で活歴をこう述べています。

「芝居をする一大用心は、自分がする役の当時の精神を飲み込むことが大切なり」

しかし、史実に即して描くだけに展開は地味・・・
細やかな心理描写の多い活歴は、これまで歌舞伎を支えてきた庶民からは難解とされ、九代目がメインを張る新富座の経営は傾いていきます。



一方で、明治20年代後半・・・施錠は混迷していました。
西南戦争の戦費を補うためのデフレ政策の結果、各地で騒乱が・・・
当時盛んだった自由民権運動は、さらに盛り上がっていきました。

そんな中、ユニークなヒーローが西から登場!!
軽快な「オッペケペー」節を引っさげて、大坂の寄席に登場した川上音二郎。
やがて音二郎は、書生芝居と題した演劇活動も開始。
上京すると、江戸時代以来歌舞伎の牙城と知られた中村座に登場しました。
そして、自由民権運動の闘士・板垣退助が暴漢に襲われた事件を下敷きにした「板垣君遭難実記」を大ヒットさせたのです。
それを九代目團十郎が見学にやって決ました。
場内は意外な人物の登場に騒然となりました。
しかし、研究熱心な九代目にとっては、当然の行動・・・
どうして音二郎は受けるのか・・・??
それをじかに感じたいと足を運んだのです。
芝居が始まる前、九代目は音二郎を楽屋に尋ねています。

「今日はお前さんの芝居を見て勉強させてもらうぜ」by九代目

「九代目、こんな機会をいただいて、音二郎、感激でございます
 是非、あなたの弟子にしてくれませんか?」

歌舞伎好きで九代目に憧れていた音二郎・・・
そんな音二郎に対して自らの信じる道を進むように激励しました。
しかし、舞台が始まると九代目の表情から余裕が消えました。
音二郎一座の熱演に、心から驚いたのです。

暴漢と板垣が刃物を間にして取っ組み合いになる・・・
格闘する・・・役者同士が本気で戦っていました。
やがて2人は政治的な議論を始めました。
取っ組み合いをしながらお互いの意見を戦わしていました。
それがお客さんには迫力がすごいと人気が出たのです。

何という荒っぽい芝居だ・・・!!
しかし、客の受けは想像以上に熱く、この熱気は正直羨ましくもある・・・
だが、荒唐無稽な芝居は、我が芝居の目指すところではない・・・!!
自分は我が道を行こう!!
九代目は、当時彼がホームグラウンドとしていた歌舞伎座で、粛々と自分が信じる新しい時代の歌舞伎・活歴に取り組みました。
明治22年に完成した歌舞伎座・・・堂々たる西洋建築のこの劇場は、誕生以来経営が傾いた新富座に代わって歌舞伎の殿堂となっていました。
しかし、九代目が取り組む活歴は、相変らずの不人気で、客席には閑古鳥が鳴いていました。
明治27年7月、日清戦争勃発・・・
九代目の激励を受け、さらに自信を深めた音二郎は、明治政府初の対外戦争も即座に舞台化しました。
浅草座にかけた「壮絶快絶 日清戦争」です。
音二郎扮する日本人記者が大活躍する芝居も大当たり!!
ロングランを記録しました。
その人気ぶりに、天下の歌舞伎座も動きました。
なんと、翌明治28年の5月興行・・・予定していた九代目の出演をキャンセル・・・代わりに音二郎一座を招へいすると発表したのです。

歌舞伎座に音二郎があがる・・・!!

その衝撃的な知らせを受けた九代目は激しく動揺しました。

活歴の新作を続けるべきか??
既存の演目に回帰する・・・??

九代目團十郎に選択が迫られました。

明治28年4月、日本は日清戦争に勝利しました。
しかし、その後に起きた三国干渉の結果、日本が遼東半島の領有権を放棄させられると、日清戦争劇のブームは急速にしぼんでいきました。
そこで歌舞伎座幹部は、再び九代目に出演をオファーします。
それに対し九代目は、こう答えました。

「書生芝居が上がった舞台に、立ちたくはない
 カンナできれいさっぱり削り直してくれ」

間に入った人がなんとかとりなし、舞台を綺麗に拭くことでしぶしぶ了承。
明治28年11月、九代目は歌舞伎座に戻りました。
しかし、歌舞伎座の舞台に立った九代目が演じ始めたのは活歴ではありませんでした。
九代目が下した選択・・・それは、既存の演目に回帰・・・歌舞伎十八番の「暫」では團十郎家伝統の荒事を久し振りに披露して喝采を浴びています。

活歴を一通りやって、自分がかつて排斥したものの魅力、価値を・・・
”嘘”でもって真実を表現することに行きつきました。
團十郎は回り道をして、最後に古典の世界に戻ってきたのです。

続く明治29年の4月興行・・・九代目の人気に気を良くした歌舞伎座幹部は、十八番の一つ「助六」をやってほしいとオファーします。
しかし、九代目は頑として首を縦に振りませんでした。
すでに59歳・・・流石に助六は無理だと断ったのです。
華やかな吉原を舞台に粋で鯔背な江戸っ子が、仇討や恋に火花を散らす助六・・・
代々の團十郎が伝えてきた世話物の代表作を老いた自分が演じ、その価値を損ねてはいけないと九代目は考えたのです。

困った歌舞伎座幹部が説得を依頼した男は、傾いた新富座の経営から身を引き当時歌舞伎座のアドバイザーだった守田勘弥です。

「芸に 年は関係ないんじゃないか 
 また 今、お前さんがしないとお手本がなくなっちまうぜ
 もちろん お前さんの代で助六はやめるというなら話は別だが
 もしもこの先も続けてほしいなら やったほうがいい」by勘弥

自分を世に送り出した男の言葉に動かされた九代目は、助六を演じます。
そして59歳には決して見えない若々しい演技を披露したのです。
守田勘弥の息子で後に人間国宝となる七代目・坂東三津五郎は、この時に見た助六の感想をこう述べています。

「九代目の助六というものは、たいしたものでした
 形 科 調子と 
 実に申し分のない助六でした」by三津五郎

色気、風情、勇ましさにあふれたその芝居は、33日間、連続大入り満員という大当たりをとりました。
こうして歌舞伎史上最高の名優が誕生したのです。

九代目は晩年、神奈川県茅ケ崎に立てた別荘で、ほとんどの時間を過ごしました。
そこで良きライバルであった五代目尾上菊五郎の息子をはじめ、次代を担う後身の指導に当たりました。
明治35年、その別荘の近くに居を構えた男がいます。
妻・禎奴と共にパリ万博で活躍し、凱旋帰国した川上音二郎です。
九代目の別荘を訪れた音二郎・・・音二郎は九代目を尊敬し、九代目は音二郎を認めていたのです。

多くの人に慕われ続けた九代目市川團十郎・・・
浅草浅草寺には、九代目を顕彰した「暫」の像が立っています。
大正8年に建立されたこの像は、戦争中、金属の不足を補うために供出されてしまいました。
戦後、この像を復元させたのは、12代目市川團十郎です。
そして、その息子が今、13代目市川團十郎です。

歌舞伎とは、何事かに打ち込むことを表す歌舞く精神から来たものです。
新時代の歌舞伎を模索し、打ち込む新しい團十郎に、今、期待が高まっています。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

七代目市川團十郎の史的研究 [ 木村涼 ]

価格:7,700円
(2020/7/19 18:23時点)
感想(0件)

八代目市川團十郎 気高く咲いた江戸の花 [ 木村 涼 ]

価格:3,080円
(2020/7/19 18:24時点)
感想(0件)

このページのトップヘ