戦国時代100の大ウソ

新品価格
¥596から
(2014/6/19 15:37時点)


え~??
「半兵衛の遺言」なの???
「過酷・・・荒木一族の運命」とかじゃなくって???
半兵衛とだし・・・キーマンなふたりなのに、何も同じ回で死ななくってもいいのになあ・・・
そう言えば、前にもこんなつめこみがあったような気がする~

天正7年11月・・・
有岡城落城・・・官兵衛は、家臣たちの手で救出されました。

髪も髭もキリスト状態の官兵衛・・・
助け出されたものの、まさに虫の息。。。

kan1












その頃有岡城では・・・
織田に捕えられ・・・荒木の者は、京へと連行されるのでした。

kan5












そして官兵衛が生きているとの知らせは、秀吉にも・・・
一刻も早く信長にも伝えなければ・・・。

kan3












「黒田官兵衛、決して裏切ってはおりませぬ!!
 何とぞ官兵衛のことをお許し願いたい・・・」by秀吉

って何を許すの・・・??

kan4












そして、なんと粋な計らい・・・松寿丸との再会。。。

官兵衛が生きていたことに”あっちゃー”と思っていた信長。。。
そう、あの信長様が・・・
『信長公記』によると、官兵衛の生還を知った信長は、思わず嘆息
「官兵衛にあわせる顔がない・・・」と呟いたといわれています

ホント、人たらし、上手いわ・・・秀吉。

「半兵衛め・・・わしを謀ったな。。。
 さすが稀代の軍師、死してなおこの信長を手玉にとったか・・・
 官兵衛・・・許せ・・・」

と、労うために有馬温泉で治療に励むように指示したのでした。
さすが、後ろめたさMax・・・。
療養してもなおPTSDに悩まされる官兵衛・・・
殿の体が元に戻らない場合は、手と足となって戦う覚悟をする家臣たち。。。
やっぱり命を賭ける男同士は信頼が一番よね。

12月13日・・・信長による前代未聞の成敗が行われました。
見せしめとして・・・荒木一族とその重臣を捕え、尼崎で・・・家臣の妻ら122名を磔串刺し、銃殺刑。。。
残った500名を家4軒に押し込めて火を放ったのでした。
そう、尼崎・・・でやった・・・村重に対する怒りが・・・尋常ではない怒りが爆発した信長なのでした。

さらに16日。。。
女子供であるにもかかわらず、妻子36名を京都市中を引き回しの上、六条河原で斬首刑に処します。
そこには気高きだしの姿もありました。
一族郎党は、草の根分けてでも、根絶やしにする!!

『信長公記』にはだしのことを・・・
処刑に際し、車より降りる時には、帯を締め直し髪も高々と結い直し、
小袖の襟を押しのけて、尋常に斬られた。
見物の衆人はその立派な死に際を褒め称えた。。。とあります。

kan6












荒木だしをはじめ一族の最期でした。

尼崎城を捨てて逃げ出した村重の行方は、ようとしてわからなかった・・・
と、ナレーションしていますが。。。

花隈城に移り、最後の抵抗を試みたようです。
が・・・既に一族を見殺しにした彼に味方する者など殆どなく・・・
結局彼は毛利を頼って落ち延びていったと思われます。

で・・・一人生き延びる村重なのです。。。
ホント、戦国武将の妻として立派な最期を遂げたのにね・・・だしは。。。

ところで・・・有馬温泉で療養しても一向に治らない官兵衛・・・。
「もうや~めた・・・!!」
と、リハビリも投げ出しがち。。。
そんな官兵衛に右近からの死者が・・・それは、だしの処刑でした。。。

で・・・官兵衛はやっぱりPTSDに悩まされていました。

そんな折、一足早く、九郎右衛門が松寿丸と姫路に帰るという。。。

その松寿丸からやる気のないパパ兵衛にプレゼントが・・・!!

kan7












なんと、それは・・・
半兵衛の軍配だったのです。

kan8












自分の命が長くないことを知っていた半兵衛・・・
受け継ぐ軍師は官兵衛しかいないと思っていました。
つまり、松寿丸を助けたのも、人情・・・といってはそれで終わりですが、軍略的にもmastな選択でした。

もし松寿を殺していたなら・・・
官兵衛が生きていたとして、

①信長への怒りがMax
②姫路が混乱する
③稀代の軍師・半兵衛の認めた男が敵にまわる・・・

と、いいこと全くなし

自分の命がもう長くないと思っていた半兵衛は、今までも官兵衛を軍師にするように教えてきました。
自分の後を継げる男は官兵衛しかいない!!と思っていたのに、松寿を殺すことで官兵衛を失ってしまうのです。

ということで、女の私としては”年端もいかない子供が殺されるのは可哀想・・・”・・・誰だって、殺されたら可哀想か・・・
ですが、”大仕事”という意味でも、完璧な作戦でした。
今後の官兵衛の働き・・・中国大返しも見えてきましたよ。

ホント、この軍配の件、カッコいいです。
稀代の軍師の・・・自分の命である軍配を受け継いだ官兵衛、身の引き締まる思いだったでしょう。

お仕事しよう~!!と、姫路城に戻った官兵衛・・・

「皆も知ってのとおり、わしは以前のようには動けぬ。。。」

「殿!!我らにお任せくださりませ!!」by家臣団。
あ~、ここもいいですね。。。少年漫画的で。
今まで敵を信用して策略にはまっていた官兵衛ですが・・・
当時は”どれだけ寝返らせることができるか!!”ということが、最大の軍略だったといいます。
つまり、”信用に足る男か”ということが必要なんだそうです。
なので、”信頼されていること”が第一だったみたい。


kan9












ひとり・・・半兵衛のお墓参りをする官兵衛・・・
感慨深げに何を思う???

お???官兵衛、何だか顔が違うよ。
ひとまわり大きな男になって帰ってきましたね。
なんだか軍師の顔になってきました。
今までのあまちゃん官兵衛は、ここに来るまでに布石だったのでしょうか?
土牢に入ってからの官兵衛、鬼気迫るものがあります。

ジャニーズもびっくりです。
ホント、いい俳優さんになりましたね。

これからの官兵衛、楽しみになってきました。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)

新品価格
¥514から
(2014/6/19 15:37時点)

戦国時代最強図鑑

新品価格
¥596から
(2014/6/19 15:38時点)