吉田松陰『留魂録』 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)

新品価格
¥1,512から
(2015/4/30 10:18時点)




安政の大獄・・・井伊直弼は、反対派の人々を次々と処罰していきます。
井伊の右腕・間部詮勝の暗殺を企てる吉田寅次郎・・・それが藩のお偉いさんにばれて、再び野山獄へ・・・!!

かなり偏屈になってきた寅次郎・・・。
相変わらず・・・玄瑞や晋作に檄文を送るように文に言ってますが・・・
それって、獄に繋がれてるんだから、送らなかったら良いのにね??と、素直にそう思いますよ。。。
家族で、寅次郎の命が大切なら・・・。

おお・・・井伊直弼は、本当に貧乏くじです。
幕府で・・・お正月に一番最初にお汁粉をいただけるのは、井伊家だそうで。。。
さすが、徳川恩顧な譜代大名です。
後の世が徳川の世ならば、そんな極悪人にされなかっただろうにね。。。

hana1


















梅田雲浜が拷問にあっている中・・・
玄瑞と晋作のもとに、師匠・寅次郎から檄文が届きました。

間部詮勝を討てと・・・!!

晋作は、間部一人を殺したところで何も変わらないと、冷静な判断。
小五郎に釘を刺され、玄瑞も同じ意見でしたが・・・
寅次郎へのその返事は・・・

hana2














「間部老中要撃策、拝読いたしました。
 先生のお覚悟、感激に堪えません。
 しかし今、義の旗を立てて決起することは、容易なことではございませぬ。
 今はどうか、胸中の志をお抑えください。
 時をお待ちください」

ん~、なんて、日本的なお手紙・・・建前と本音がちゃんとできてる。。。
その手紙に絶望する寅次郎。


その頃、伊之助のもとには・・・塾生たちが抗議に訪れていました。
藩の諸悪の根源は、伊之助ではないのか?
塾を潰したのは、伊之助ではないのか??と。

「寅次郎は、投獄されて当然。
 村塾は潰されて当然。
 そうは思わんか・・・??
 野村靖、寺島忠三郎、品川弥二郎・・・
 血気盛んは若者の特権じゃが、君らは一度でも老中暗殺の是非を、自分の頭で考えたか?
 猿でももちいと頭を使うぞ・・・!!

 前原一誠・・・君は日出村の出じゃな・・・。
 君にとって守るべきは、日出村であり、その民ではなかったんか??
 ならば、幕府の老中を暗殺することで、目出村の民がどう飢えから救われる??

 玉置彦介・・・お父上の文之進さまは寅次郎の兵学の師じゃ・・・
 実の息子として、あの天才と比べられるのはさぞかし辛かろう。
 猛々しいことをやってのけようとするのは、お父上に認められたいんか。

 亀太郎、君は魚屋というより素晴らしい絵描きと聞く。
 絵筆を刀に持ち替えて、人を殺すだけの意味が君にはあるんか??
 
 入江九一・・・君が、口数が少ないわけが俺には分るぞ・・・
 君は江戸を見てきた・・・この連中がいかに世間知らずか・・・本当は解っておるはずじゃ・・・

 君らがお祖るるに足らんのは、この中のひとりとして己の本心から動こうとしとる者がおらんからじゃ!!
 まことに何かを成そうとするものは、世間を知り、人を知り、藩という組織の動かし方を知ろうとするもんじゃ!!
 そういう人間が、君らの中から現れた時、藩は君らを初めて恐れ、その声を聞くじゃろう・・・!!」by伊之助。

伊之助の言葉に・・・ぐうの音も出ない塾生たち。。。


その頃玄瑞と晋作のもとへ寅次郎の文が届きました。
憤慨し・・・「絶交するしかない・・・!!」という文が。。。
いや・・・激しい性格なのはわかるのですが・・・なんとも、松陰先生の志をもっと明確に出してくれないと、ただの我儘でやりたい放題になってしまっている・・・。
そんな寅次郎の文に悩まされるふたり・・・。

そして・・・杉家にも、江戸の小五郎から手紙が届くのでした。
そこには・・・塾生たちと寅次郎との手紙を止めさせるようにと書かれていました。

伊之助も、小五郎もみんな・・・寅次郎のことを思っていろいろ動いてくれているのに・・・
杉家の人たちは・・・文は反対なの・・・??
そこらへんの感覚がおかしい・・・って思っちゃうのは私だけ??
藩から・・・硯と筆を没収される寅次郎・・・ここら辺は当たり前だと・・・
だって・・・どこをどう切ってもテロリスト・・・。

hana3














塾生たちに届いた寅次郎からの手紙には・・・
江戸に向かう敬親公を京の伏見で待ち伏せし、そのまま天子様のおられる御所へお連れして、攘夷決行のお許しを願い出る・・・という伏見要駕策でした。

失敗したら死罪・・・それを覚悟の上でやれという・・・

「誰が・・・行く・・・??」

二の足を踏んでしまう塾生たち・・・この頃はやっぱりまだまだ普通の人間だったのね。。。

吊るし柿の差し入れを持ってきた文に・・・「久坂君からの手紙は・・・??」なんて寂しそうに聞く寅次郎・・・。
だってあなた・・・絶交したじゃない・・・。
みんなに手紙を送ってから1か月もたつのに返事が来ない・・・不審がり落ち込む寅次郎・・・

どうして自分の気持ちを・・・志を理解してもらえないのか・・・??
野山獄で、悩み苦しむ寅次郎。。。

誰もいかないので・・・弟・敏三郎が行くと、野山獄にやって来ました。
自分は寅兄を信じる!!味方だ・・・!!と。
自分の声が届かないことが苦しい・・・!!と。。。その寅次郎の想いは、口がきけない自分にはよく分る・・・!!と言っているようでした。

が・・・??寅次郎・・・自分の弟だったら駄目なんかい・・・??

その頃・・・杉家では、寅次郎のために家族の手紙を書きだしました。。。
って、、、呑気ですよ。。。
寅次郎がいる悲壮感、全くなしの杉家なのでした。ほんと、亀さん、よく耐えてるよね~~

決断しようと集まってきた塾生たち・・・
九一は、わが家には男が二人いる・・・という理由だけで伏見要駕策を決行しようとします。
止める弟・・・自分が行くという。
松陰先生との付き合いは、自分の方が長いから・・・
「兄上・・・行かしてつかあさい!!」
とめる妹・すみ。。。

弟・野村靖が脱藩して京へと向かいました。
寅次郎の伏見要駕策を決行するために!!

すみは文を罵ります”うそつき!!”と。
兄上たちが、危険な目に遭っている・・・
「このままじゃ・・・あんたの兄上に殺される!!
 お願い助けて・・・!!」
そりゃあ・・・そうだ。。。
脱藩なんて・・・

そして・・・ここにも・・・
「助けてください!!」by一誠
伊之助に助けを乞う前原一誠がいました。
京都で騒動を起こす前に・・・!!

野山獄に寅次郎を訪ねてきた文・・・
伊之助と共に・・・野村の事を伝えにやってきたのです。
そして・・・藩から追っ手が出たことを知り、入江九一が自首してきたことも。。。

二人とも、策の首謀者は自分だと・・・兄弟とも、岩倉獄に繋がれることになるだろう。。。と。

で、なんで、硯と筆と持ってくんねん・・・!!
「寅兄の字が好きです。」
??そんなん、どうでもいいやろ・・・??
命賭かっとんねん・・・

そして・・・泣きながら・・・寅兄は人を救っている??すごい人だから・・・ただ帰ってきてほしいというのでした。
英雄になんかならんでええから、ただの兄上として。。。

「酷なことを言うのう。。。
 それは、僕の人生ではない。

 文、兄は死にたいんじゃ。
 こねな僕でも、死んで見せれば・・・心を動かして立ち上がる人間もおるじゃろう。
 僕がそうして見せなければ、どれだけ待ったところで志を持った者たちが、決起することは・・・永遠に来ん!!
 僕はもう・・・死ぬことでしか、生きられん・・・!!」

「お前の死に場所は、こねえな所じゃない・・・。
 顔をあげろ!寅次郎!!」by伊之助

「いつになろうと君は、僕を止めることしかできん。
 死ねん人間だからじゃ!!
 君も、久坂たちも。。。
 ”死ぬ覚悟はある、じゃが無駄死にはせん・・・”
 そげなことは嘘じゃ。。。
 ”時が来る!!今ではない!!”
 そう言い続けて、何を成すこともなく人生が終わるんじゃ・・・!!
 声をあげん者の・・・声が届かん者の気持ちは解らん!!
 事を成さん者に、失敗した者の気持ちは解らん!!

 伊之助!!
 いつだって、お前は、はたで見物するだけじゃ・・・。
 おまえなど友ではない。。。!!
 口先だけは立派なことを言うて、何の行動も成すせず・・・。
 そういう人間を、ぼくは最も憎む!!

 ・・・僕も同じじゃ。。。
 僕は僕を憎む!!
 何の役にも立たん!
 世のため、人のために・・・なんも・・・!!

 僕には真心が足りんのじゃ。
 僕の至拠は伝わらん!!
 その証拠に・・・僕はいっつも間違うた。
 僕は何を成した?!
 全て失敗じゃ。
 猛々しいことをすると・・・口では言うといて、何を成すこともできん!!
 ・・・何も成せずに生きることが・・・恐ろしいんじゃ。。。」by寅次郎

牢獄で・・・怒り狂う寅次郎。。。
そこには・・・呆然とする伊之助と・・・泣き崩れる文がいました。

う~ん・・・ほんと、この門下生たちも含めた家族は、寅次郎に対して優しいというか・・・。
この時代・・・命よりも大切なものがあったんだろうか・・・?
なんて思うのですが、それを言うと、幕末に戦った人みんなそうなので・・・。

例えば、試衛館(新選組)のみんなは、多摩の農民なんですが、将軍様の御膝元ということで、何かがあれば馳せ参じる覚悟をもって、農業をしながらも剣術の稽古に励んでいました。
そんな人たちが幕府のために戦う!!そこにはまさに”義”とか”誠”があって・・・
そう思う私には、すぐにピストルに飛びつく坂本龍馬が解んないんですが・・・。
吉田松陰も、このドラマだけを見ていると、駄々っ子のテロリストみたいに見えてしまいます。
「君の志はなんだ??」と、門下生には聞いているのに、その門下生が命を懸けるほどの魅力を寅次郎に感じないというか・・・。

「僕には真心が足りんのじゃ。
 僕の至拠は伝わらん!!」と言っていますが・・・
ドラマ的にお茶の間にも伝わっていませんよ。。。
これでは危険なテロリスト以外の何ものでもないし、実際もそうだったのかもしれません。
個人的には悪者化している井伊直弼が気の毒というか・・・。


ま、この時点で、寅次郎をみんな躍起になって止めていたのも事実なんですが・・・。
ほんと、野山獄につないで取り合わなかったらどうなっていたんだろう・・・??
みんな、優しすぎます。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

新品価格
¥1,620から
(2015/4/30 10:18時点)

感化する力 ―吉田松陰はなぜ、人を魅きつけるのか

新品価格
¥1,620から
(2015/4/30 10:19時点)