ご無沙汰していました。
久し振りの大河レビューになります。
去年の「いだてん」面白かったですが、どちらかというと男版朝ドラのような感じがして楽しく拝見しました。
って、今年の「麒麟がくる」を厳しく見るわけではないですけどね??

みなさん見て見てどうでしたか??
あまりにも鮮やかな色彩にビックリ!!した方が多かったみたいですが、実は私も同じです。
もしかしたら、草木は今よりも栄養もあったから色が鮮やかだったかもしれませんが、着物はなあ・・・と思う私です。
さて??1年間どんな感想になるのやら??
楽しみです~~!!

さて・・・時代は??
天正2年(1574年)・・・光秀は19歳です。
時代は、京都での戦乱に次ぐ戦乱で足利幕府が弱体化した室町末期、争いは各地に伝染していきました。
舞台は京都から四十里の美濃国・・・ここから物語が始まります。

綺麗に豊かな作物が実っている明智荘。

キリリとした一人の青年・・・彼がこの物語の主人公、明智十兵衛光秀です!!

OPはいい感じにレトロ感です。
やっぱり大河は王道でないと安心できないもう既に年寄りか?な私です。


kirin5











明智荘が、野盗に襲われるところから始まりました。
野盗は15騎!!
地の利を生かして倒す判断をし、迎え討ちます。

キリッと判断する光秀、農民の土地を思いやる光秀、そして何より強い、強い!!
なんともリーダーです。
が・・・なんとか村人は守れたものの、放火され、米俵を奪取され・・・そして野盗の置き土産は”鉄砲傷”!!
見たこともない鉄砲に興味を覚える光秀。

kirin













叔父・光安に、村の現状を訴えますが、叔父も解っているようで・・・

「この明智の里は、美濃の国教にある故野盗に狙われやすい。
 他国からもすぐ攻め込まれる。
 それゆえ、殿も何かとご配慮下さっている。」

と言っているものの・・・明智だけでは国境は守れないと反論する光秀!!
まだまだ若いだけあって、血気盛んな正義感の強い青年です。

稲葉山城下に向かった光秀・・・鷹狩りに行く殿(斎藤道三)を待ってに話を聞いてもらうためです。
で・・・道三の息子・斎藤高政に会います。
高政=のちの龍興ですね??
この二人は幼なじみです。
会いたければ城に入ればいいのに・・・と言ってくれる高政に、叔父に怒られるから偶然を装って会うつもり・・・と遠慮するものの、結局城の中へ・・・。
そこで、道三の妻・小見の方が病気であることを小耳に挟みます。

殿は、高政に目の前にあるサンゴの数をどれだけあるのか聞きました。
「1500か、1600・・・」と答えた高政に対し光秀は、

「2000を少々超えるかと。
 数珠ならば一連で108個、20人分として2160個となります。」

名を聞かれ、明智十兵衛ですと答える光秀。

そこで、高政の幼なじみであったことを思い出します。
四書五経をわずか2年で読み終えたことも・・・。
「お前は七年もかかったのに・・・」と言われて「六年です!!」という高政。

なんだか、このやり取り、本当に性格が出ているというか・・・今までのピッタリの感じが出ています。
斎藤道三は油売りから下剋上で成り上がったのだから、お金の算段は得意でしょうし、龍興のコンプレックスもいい感じで導かれそうです。

昨日来た野盗に肝を冷やしたこと・・・鉄砲です!!

kirin3














殿は鉄砲のことを知っていました。
美濃の外で作られた鉄砲を見て見たい!!
美濃から出てみたい!!
これから何度もくる野盗・・・野盗は美濃の外を知っている、鉄砲を知っている、しかし、我々はそれを知らない・・・だから、外を見て見たい!!
堺を見て見たい!!
この美濃のために・・・!!

理論立てて殿にお願いします。

「どうか、旅をさせていただきたいのです・・・!!」

旅には金がかかるがその金はどうする??そのたびに出すことで自分にどれだけの得があるのか?という殿・・・
流石、道三です。
汚くのし上がった感が出ていますね。
あ~、モッくんの綺麗なお顔からはまだそんな感じが出ていませんが・・・これから蝮感が出てくるのかしらね??
私的には、モッくんの昭和天皇が大好きです~~!!

syouwa











邪心のない綺麗な昭和天皇から、邪心の塊の蝮の道三に・・・楽しみです~~!!

得になること・・・
鉄砲を買ってくるという光秀ですが、道三の心には響きません。
「小見の方のために京都から名医を連れてくる」と頑張ります。
やっとお金を出してくれるようです。
そして、そんな頭の回転の速い光秀のことを頭に捕らえた道三でした。
いいですね、蝮ってだけでなく、奥方に優しい一面と、光秀の才能を見抜く一面・・・ただの蝮ではなさそうです~~!!

家に帰って母上に旅に出ると告げる光秀、母に相談もせずに決めたことを謝ります。
そして家の者たちは、光秀が旅に出るのを心配し用意をするのでした。
それは、光秀の父も同じでした。
土岐一族として都にあがったこと、大事にされていたこと・・・土岐源氏の誉として生きていく心得を母に聞き、心に念じて出発・・・!!

旅の途中でいろいろ経験する光秀・・・広い世の中に希望を持って・・・!!
鉄砲のこと、堺のことを収集します。
堺の刀は宗次郎・・・!!

比叡山では僧兵が「ここを通りたければ一人15文をおいていけ!」と、無法地帯です。
野盗にも襲われ、人買いも見てしまいました。

堺に入った光秀・・・町の様子にビックリです!!
カラフルで活気のある堺!!
化粧をした男子、見たこともないお菓子、大道芸人・・・全然違う~~!!
さぞ豊かな街に映った事でしょう。

宗次郎の店にやってきた光秀。
斎藤山城守のために、鉄砲を売ってほしいと頼みます。

成り上がりの田舎大名には売れない・・・??

そこへやってきたのは誰・・・??
大塚明夫~~!!
じゃなかった宗次郎~~!!
お店にいた三淵藤英(細川藤孝の兄です~~!!こんなところにもう出会いが!!)が、鉄砲の試し打ちを始めました。
試し撃ちをした感想は・・・??
弓矢なら次々撃てるが、鉄砲は1回うつと次まで時間がかかる・・・戦には不向きと判断しました。

が・・・光秀は欲しいというものの、人気商品なので2月、3月かかるという・・・。

美濃ならば山奥だから狸でも撃てばよかろう~~~!!

などと馬鹿にされてしまいましたが・・・??
そこへ誰??吉田剛太郎登場!!

kirin4














剛太郎さん、私の中では信長のイメージが強いんですが・・・今回は松永久秀ですよ~~!!
って、とっても似合っているわ~~!!
既に松永久秀!!

松永久秀は、斎藤道三が大好きらしい。
やっぱり成り上がり者は成り上がりが好きなのかしら??
尊敬しているそうです~~!!
でも、怪しいですよ~~!!
損な怪しい男に「お金を持ってる」って言っちゃったわ!!
おまけに飲みにまで誘われて・・・なんだか怪しいでしょ~~??
でも、久秀が何も知らない光秀のために京都のあれやこれやを教えてくれます。
おお!!まさに、剛太郎劇場!!
京都のふんぞり返っている人よりも、道三の方を尊敬すると言い出します。
あまりに褒めるので、不満を爆発させる光秀!!
しゃべってストレス発散する光秀。

「ケチなのか・・・!!」by久秀

論語で政を語り出した光秀・・・
懐には大金が・・・!!
意気投合した二人ですが・・・??

次の日の朝・・・懐にあった大金は無くなっていました。
が・・・枕元には鉄砲が・・・!!
書置きをして出ていっていた久秀の仕業でした。
喜んで飛び上がる光秀!!
鉄砲を片手に颯爽と宿を後にします。

名医を探して京都に来たものの・・・戦いに次ぐ戦いで・・・そこは廃墟のようになってしまって・・・貧しい者たちの巣窟となっていました。
将軍様も近江に逃げ、名医もいないという・・・
そこで、六角堂の望月東庵がいるかも・・・??と話を聞くのです。
東庵のもとへ行った光秀ですが、出てきたのは駒という少女でした。
薬を支払うお金もないという・・・
かくかくしかじかで、美濃に来て診てもらいたいと願います。

お金に困っていると思われる東庵・・・駒は、美濃に行けばいくらくれるのか??聞きます。
「100貫ぐらい??」
「・・・相応の・・・」
と、東庵のもとへ・・・。

近所の子供・お梅とすごろくをしている東庵・・・
医者といっても道具も薬も、何もなさそうです。

お金では動かないという東庵。
自分は名医でもない、名医なら御所の周りにという。

貧乏で薬を買うお金もないし、名医にもなれない・・・という駒に、話しだします。

東庵は、ある時から御公家や大名の脈を取るのはやめようと決めました。
具合が悪いから診てくれと言われ、病人を残して出かけた・・・。
見事な一室に通されたものの、病人はいない・・・
連れていかれた中庭には・・・そこに犬が一匹いたのです。


「大事な犬ゆえ、金はいくらでも出す。

 それで申し上げた。
 犬に打つ鍼は、ありませぬ。
 以後、二度とお呼びはかかるまいと思うたけれど、それでよいと。」

「わかりました・・・」

光秀は、幼くして亡くした父のことを思い出します。

「大事なのは一つ・・・ただ一つ・・・誇りを失わぬことだ」と。

お気持ち、腑に落ちました。と、帰ろうとしたとき・・・悲鳴が!!


火事が・・・!!盗賊の仕業でした。

お梅が建物の中に取り残されてしまった・・・!!
水を被って火の中に飛び込む光秀・・・!!
柱に足を挟まれて動けなくなっていた梅・・・挟まれた足を気遣いながら、なんとか助け出します。

kirin2














気は失っているものの、生きていた梅・・・
その処置からも、東庵が名医であることが伺えます。

助けててくれた光秀に、駒が話し出しました。
自分は先生に拾われたことを・・・
そして、自分の両親も戦の火事で亡くなったこと、自分もお梅と一緒だったと・・・

その時助け出してくれた人の大きな手は覚えている・・・
大きな手の人はこう言いました。

いつか、戦が終わる。

戦のない世の中になる。

そういう世を作れる人が、きっと出てくる。

その人は、麒麟を連れてくるんだ。

麒麟というのは、穏やかな国にやってくる不思議な生き物だよ、って。

それを呼べる人が、必ず現れる。

麒麟が来る世の中を・・・。

だから、もう少しの辛抱だ。

と。


「何処にも麒麟はいない・・・何かを変えなければ・・・誰かが!!
 美濃にも京にも麒麟は来ない・・・!!」by光秀

そして・・・家も焼けてしまったので、美濃にでも行くと言い出した東庵でした。

美濃に帰れることとなった光秀。

その頃、尾張の織田信秀が、隣国美濃に攻め込む構えを見せていました。

ということで、いよいよ明智光秀が始まりました~~!!
第1回、いい感じでした。
とんとん拍子でご都合主義的なと言われるかもしれないですが、戦国時代はやっぱり冒険活劇!!
麒麟が何たるかも紹介してくれて、ストンとすんなり心に入る作品だったと思います。

今回の大河を見て、明智光秀を誰がやってるのかな??って思ったんですが、あんまり思い出せません。
個人的には”江”の市村正親さんぐらいしか思い出せません。
ちなみにこの時の信長は豊川悦司さんですが・・・覚えていません。
”真田丸”の吉田剛太郎信長に蹴られていたのは、岩下尚史光秀ですが、覚えていません・・・。
いろいろな作品での明智光秀を見て見ましたが、みんなインパクトないんですよね・・・。
どうして市村正親さんを覚えているのか??
それは、「え~~??この年で~~!!」と、あまりにもインパクトがありすぎたからです。
ま、信長さんよりは年上ですけどね??

ということで、明智光秀・・・戦国を描くうえで絶対必要なのに、演じた役者さんもほとんど覚えていないという・・・
この大河には期待しかない・・・!!

↓ランキングに参加しています
↓応援してくれるとうれしいです

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

麒麟がくる 前編(1) (NHK大河ドラマガイド) [ 池端 俊策 ]

価格:1,210円
(2020/1/23 12:54時点)
感想(6件)

麒麟がくる 明智光秀とその時代【1000円以上送料無料】

価格:1,100円
(2020/1/23 12:54時点)
感想(0件)