日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

カテゴリ: ダークサイドミステリー

かつて、史上最高の大ヒットを記録した映画「タイタニック」
世界が泣いたその悲劇とは・・・??
20世紀最大級の海難事故・・・氷山との衝突による沈没・・・!?

北アイルランド・ベルファスト・・・
今からおよそ110年前、この地の造船所で、建造中の広大な甲板・・・幅が28mもある豪華客船・・・
その名は、タイタニック・・・!!
全長は269m、総トン数4万6000トン・・・当時、世界最大の客船でした。
建造費は、現在の価値で220億円!!
豪華な客室に加えて、長旅を楽しむためのスポーツジム、プール、スカッシュコート、そしてサウナまで!!
その贅沢な作りは、海の上を行く高級ホテルか高級リゾート地と呼ばれるほどでした。
そして、安全性も高く、浸水を防ぐ15枚の巨大な防水隔壁を持っていました。
操舵室からのスイッチで閉まる電動防水ドアなど、最新の設備が施されていました。
これを世間は不沈船と称賛しました。

1912年4月10日、乗客・乗員2,200人以上を乗せたタイタニックは、大勢の見送りを受け、華々しく初公開に出航しました。
イギリス・サウサンプトンを出発し、北大西洋を横断、17日にアメリカ・ニューヨークに到着する8日間の旅でした。
出発から5日目・・・1912年4月14日夜・・・
タイタニックは、ニューファンドランド沖に差し掛かります。
ここは、北極からの氷山が、多数流れ着く危険な海域でした。
しかも、事故当日は、月明かりもなく、視界も悪い・・・
夜11時40分・・・氷山をよけきれず、船の前方右側が激突!!
船内に水が流れ込みました。
衝突からわずか2時間40分、午前2時20分・・・
不沈船タイタニックは海の中へと消えていきました。
死者・行方不明者は、乗員乗客の3分の2!!
およそ1500人・・・20世紀最大の海難事故と言われます。
多くの人命を犠牲にした災害・・・衝突の原因は、これまでいくつも挙げられてきました。
しかし、近年謎めいた説が話題となっています。

唱えたのは、タイタニックの事故を45年に渡り取材したロビン・ガーディナーです。
彼は、1995年に出版した著書で、驚くべき主張を展開します。

「タイタニックは、わざと事故を起こして沈められた」・・・タイタニック陰謀論です。
疑惑の発端は、1912年、事故原因を追究する査問委員会に置いて船内で怪しい動きがあったことが報告されています。
事故の夜、タイタニックの無線室には先を行く船から氷山の目撃情報がいくつも届いていました。
こうした警告は、ブリッジにいた現場責任者の船長・エドワード・J・スミスへと届きます。
ところが、船長は、氷山に対する支持を出す前に、この警告を別の人物に手渡しました。
その人物とは・・・ブルース・イズメイ・・・タイタニックを運営するイギリスの有名な海運会社ホワイト・スター・ラインの社長です。
記念すべき初公開に乗り込んだイズメイ・・・この後、不審な行動をとったことを証言しています。
氷山の警告を、イズメイは警告などなかったかのように、その紙をポケットにしまい込みました。
社長、船長共に、警告を無視したのです。

タイタニックは、フルスピードの22.5ノット・・・時速42キロで闇夜の海原を突き進んでいったのです。
なぜイズメイは、視界不良という悪条件の中、警告を隠蔽したのか・・・??
なぜ、氷山衝突の危険性を無視したのか・・・??

そのヒントが、査問委員会でイズメイ自身の口から語られています。
「タイタニックにはいくら保険員がかけられていましたか?」by委員長
「500万ドルです」byイズメイ

500万ドルは、今の価値で150億円です。
イズメイは、もしや巨額の保険金を得るためにわざとタイタニックを沈没させたのではないのか??
この陰謀論を主張するが―ディナーは、そこにはさらに手の込んだ極秘工作が仕組まれていたと主張します。

タイタニックはすり替えられていた・・・??
すり替える・・・どういうことなのか??

実は、タイタニックには、先立つこと1年前に完成し、既に就航していた同じ型の豪華客船がありました。
姉妹船・オリンピック号です。
船体の長さも幅もほぼ同じ、客室の数の違いでタイタニック号の方がわずかに大きいのですが・・・外見では区別がつきません。
しかし、一見華やかな豪華客船計画でしたが、実際は、豪華客船が会社を窮地に追い込んでいたのか・・・??
オリンピック号は、建造されてから最初の数か月で過失による海軍の巡洋艦とのひどい衝突事故・・・さらに、スクリューの脱落事故までお越し、船体にかなりひどい損傷を受けていました。
大改造が必要であることが分かったとすれば、その瞬間にタイタニック号として送り出す方がましだという判断がなされた可能性がある。

新品で、150億の保険金をかけたタイタニックと、修理の経費がかさみ会社のお荷物となったオリンピック号・・・窮地を脱するため、イズメイはこの2隻をすり替え、タイタニックが初出航のふりをして、オリンピックを出港させる・・・そして事故に見せかけて、沈めてしまえば・・・??
お荷物船の代わりに保険金150億円が手に入り、手元には第一線で活躍できる新品の豪華客船が残るのです。
さらに、ガーディナーは、この計画には黒幕がいると主張しています。
アメリカ金融業界の帝王・・・巨大財閥の創始者J.P.モルガンです。
ホワイト・スターライト・ライン社は、モルガンの海運会社の子会社でした。
彼は、タイタニックの実質的なオーナーだったのです。
そのモルガンが、初出航に乗る予定だったにもかかわらず、出航直前に急遽キャンセル・・・
彼は、タイタニックの沈没を、予め知っていたのか・・・??

タイタニックと、オリンピックのすり替え疑惑・・・
インターネット上では、すり替えの証拠とされる映像が、いくつも提示されています。

すり替え説・証拠①窓の数
建造中のタイタニックと、完成後のタイタニックを見比べてみると・・・
船の前方を見て見ると窓の数が14、初公開直前の窓の数は16・・・変わっています。
オリンピック号の窓の数は16枚でした。
これは、タイタニックが公開直前にすり替えられたから・・・??

すり替え説・証拠②タイタニックにないはずのものが・・・
1985年、北大西洋の海底3,800mに眠るタイタニックの船体を映した映像の・・・そこに映し出された通路は、プロムナードと呼ばれ客室の横の通路・・・しかし、タイタニックの設計図を見ると、客室と外壁が接していてプロムナードがないのです。
一方、オリンピックにはプロムナードがあるのです。
海底に沈んでいるのはやっぱりオリンピック号??
豪華客船タイタニックの悲劇は、保険金目当てのすり替え詐欺なのか・・・??
世界はこの陰謀に騙されていたのでしょうか??

ドックから初めて海上に出た時のオリンピック号の写真を見て見ると・・・窓が14枚・・・オリンピック号の窓は16枚では・・・??
すり替え説は、タイタニックの窓の数が14枚でから16枚に変わっている=オリンピック号とすり替えたのでは??ではなかったか??
オリンピック号も、タイタニック号も、建設途中で窓が増設されています。
つまり、タイタニックの窓の数が変わっていても、おかしくないのです。

2隻と窓が14枚から増えたのであれば、出航直前のタイタニックが16枚だからと言ってすり替えられたオリンピックだという証拠にはならない・・・

では、プロムナードの謎は・・・??
確かにタイタニックは、オリンピックと同じ階にはプロムナードはありません。
しかし、一つ上の階にはプロムナードがあります。
つまり、海底映像がオリンピックだとは言い切れません。
海底映像には、船の正体がはっきりとわかる証拠が・・・??
建設時、オリンピックは400番ドック、タイタニックは401番ドックでした。
このドック番号が、船の最後尾のスクリュープロペラに刻まれている・・・??
そこには・・・401・・・タイタニックのドック番号が書かれていました。
沈没したのはタイタニックで間違いない・・・??

タイタニックの実質的オーナーJ.P.モルガンが初航海に乗る予定を不自然にキャンセルした疑惑は・・・??
確かにJ.P.モルガンは、タイタニックに乗る予定でしたが、インフルエンザにかかってしまいキャンセルしたようです。
1912年当時、インフルエンザは今よりさらに生死にかかわる深刻な病でした。
陰謀論とは都合のいい事実だけを切り取って、バカげた主張をするものなのです。
研究をせずに、簡単な答えだけをとるのは、とても悲しいことなのです。

それでは、謎は振り出しに・・・
一体なぜ、警告をポケットにしまい込み、なぜ猛スピードで航海したのか・・・??
氷山が原因で舟が沈没する事故なんて、40年近く起きていませんでした。
会社も、乗組員も、だれも氷山を危険視していませんでした。

タイタニックより30年ほど前の1879年、アリゾナ号が氷山に正面衝突!!
船首から約10m潰れたものの死者・沈没はなし・・・自力で港に帰っています。
1890年ドイツ船・ノルマニア号は、氷山が船体の斜めから激突し、しかし、浸水すら起こりませんでした。
氷山との衝突事故では、沈没せず、死者も出ていない・・・
40年もの経験に基づく安全神話が、船舶業界全体を覆っていたのです。
当時の常識は、氷山は見つかってから対応すればいい・・・
それまでは、スピードをキープしていれば良かったのです。

タイタニック運営会社の社長ブルース・イズメイも、初航海中のタイタニックの速度についてこう語っていました。

「今日は昨日よりも良かった
 明日は今日よりも良くする
 火曜日はニューヨークにつくのだ」

タイタニックは、水曜日の朝に到着予定でした。
しかし、イズメイはそれを速めて、火曜日の深夜到着するつもりだったのです。
朝の3時までに入港すれば、タイタニックのニュースが新聞の朝刊に間に合ったのです。

たとえ数時間でも早く到着すれば、会社の宣伝になる・・・
そのためには、氷山の海でスピードを落としている場合ではない!!
40年間沈没事故ゼロと言う神話を過信し、速度を優先した営利目的の企業の論理・・・
それが、タイタニック号の大惨事を招いたのです。

2017年、沈没の新説として話題になった写真があります。
イギリスのベルファスト港で、初航海9日前のタイタニック・・・
船の右舷に、不思議な影のようなものが映っていました。
この小さな影に注目したのは、タイタニック研究家のセナン・モロニーです。
船の外壁にできた隙間から、煙が漏れ出しているのでは・・・??
船内で起きていた火災により、船体はすでに非常に大きな損傷を受けていた・・・??
タイタニックは、出向前から火災が起きてて、右舷の外壁に亀裂が入っていた・・・??
これが、タイタニックがわずかな時間で沈没した理由なのでは・・・??
タイタニック内部火災説です。
タイタニックが出航前から火災が起きてたことは、沈没事故直後の査問委員会でも明らかになっています。

「石炭庫で火災が起きたのですか?」by委員長
「はいそうです」by作業員

これは、倉庫で積み上げた石炭がボイラーに入れる前から燃えていたことを意味しています。
石炭の自然発火現象です。
石炭の自然発火は、石炭の山の内部で燃え続ける・・・
船の石炭庫など、大量の石炭が積まれた場所で、適度な酸素と70度以上の熱と言う条件が揃えばできやすいのです。
タイタニックの場合、石炭庫は船の前より空左右に11部屋づつありました。
ひとつの倉庫の高さは10mほどあり、1カ所に400トンの石炭が積まれていました。
石炭火災を治めるためには、燃えている石炭を隣のボイラー室に・・・優先的にボイラーにくべて燃やし尽くすしかありません。
しかし・・・
「11人の作業員で消火に当たったが、何百トンもの石炭の前では、我々は無力でした」by作業員

消化不可能となった石炭火災・・・
影ができている部分にはボイラー室があり、5番と6番・・・ここで火災が起きていたとされています。
これが、どうしてタイタニックの短時間の沈没と結びつくのでしょうか?
タイタニックが、僅か2時間40分で沈んだ原因は??
従来の主な説では・・・
巨大な防水隔壁は、当時としては破格の15枚・・・船内を16に分けていました。
そして、もし浸水が起きたとしても、4カ所までなら沈没しないよう設計されていたのです。
タイタニックの事故直後、乗員の報告によると、第1区画から第4区画まですさまじい勢いで浸水・・・
この4区画だけなら、設計上沈没はしないはずでした。
ところが実際は、第5、第6区画の外壁にも穴が開いていたため、船の傾きは、想定よりも大きくなっていました。
その為、海水が隔壁の高さを越えて、第5、第6区画に一気に流れ込んだのです。
タイタニックがわずかの時間で沈んでしまったのは、第5、第6区画への水の溢れ・・・オーバーフローが原因ではないのか??
これが多くの専門家たちの考えです。
しかし、モロニーは、第5、第6区画で石炭火災が発生したことこそ、浸水が4区画を越える事態を招き、短時間で沈没した原因だと主張したのです。
モロニーは、査問委員会でのボイラー作業員の証言に注目します。

「隔壁が赤くなり、熱くなっているのが見えました
 塗装も、なにもかもがはがれていました
 ゆがんでいました」

しかも石炭火災が影響を及ぼしたのは、内部の隔壁だけではありませんでした。
タイタニックの石炭庫の隔壁は、船体の外壁と同じだったのです。
これは、非常に大きな設計上の欠陥と言えます。
石炭庫は、直接外壁と接触しています。
石炭火災の熱は、直接外壁にダメージを与えていたのです。
出航前から石炭火災でダメージを受けていた外壁・・・
さらに、内部の隔壁にもゆがみから隙間が・・・
衝突事故が起きる・・・そこから、第5、第6隔壁にまで浸水が起こる・・・
急激にバランス修復の限界を超えたタイタニックは、短時間で沈没してしまったというのです。



タイタニックほどの大きな船は、そう簡単には沈みません。
当時、タイタニックに事故が発生した時、連絡を受けた人々も次の日の昼頃までタイタニックは浮いているはずと想定していました。
しかし、石炭火災による隔壁と外壁の損傷が、タイタニックを非常に早く沈めてしまったのです。
当時、船では日常茶飯事だった石炭火災・・・法令上、火災を起こしたまま出航するのは禁止でした。
しかし、タイタニックのボイラー作業員は、新聞に驚きの証言を語っています。

「会社の役員に、火災のことは黙っていろといわれました
 乗客を不安にさせたくなかったのです」

さらに、出航前には、イギリスの調査団の船内視察を受けることが義務付けられていましたが・・・

「ボイラー室と石炭庫を見せてください」by視察団員
「今、作業していて入れないんですよ」by乗組員

ボイラー室と石炭庫の視察を拒否・・・!!
石炭火災を隠蔽したまま出航するため??
ホワイト・スター・ライン社は、オリンピック号の修理のため大変な財政難でした。
その上、タイタニックの出航が遅れてしまうと、さらに評判が悪くなってしまいます。
だから、火災が起きているということは、絶対に秘密にしなければいけないことだったのです。
ホワイト・スター・ライン社による石炭火災の隠蔽・・・
もし、タイタニックが火災を消化してから出港していたら、あれほどの死者が出ることはなかったのだろうか・・・??

世間から不沈船と言われたタイタニック・・・実際に、その安全設計は、当時の最高レベルでした。
当時は十分だと考えられていたのです。
タイタニックを設計した技師は、想定できるどのようなシナリオでも沈没しない・・・つまり「沈没が非現実的な船」だと考えていました。
例えば、当時の沈没事故で非常に多く想定されていたのは、浅瀬や岩場の乗り上げる座礁・・・
座礁すると、船底に穴が開き、船全体が浸水・・・そのまま沈没してしまうケースです。
しかし、タイタニックは、船底を鉄製の二重構造に設計、外壁に穴が開いても内部まで浸水しない工夫がなされていました。
これは、現代の客船にも共通する発想です。
また、船同士の衝突事故を想定し、防水壁15枚で設計し、時代の先を行く設備を採用・・・
不沈船の噂ももっともな、安全性に優れた船として生まれたのです。
しかし。沈没しないための設備は、一方でもっとも大切な安全面の軽視へつながりました。
当時、世界の海洋ををリードするイギリス商務省の規定では、

”如何なる大きさの船であっても、優れた水密区画と商務省が判断すれば、救命ボートは既定の半分設置すればよい”

船内への浸水対策が優秀なら、救命ボートの数を減らしてもいいと国が定めていたのです。
しかし、運命の1912年4月14日、過去40年無かった常識はずれの事故が発生!!
座礁でも、船の衝突でもない、氷山による沈没・・・それがタイタニックの悲劇なのです。

氷山との衝突によっていくつもの穴があき、そこからの浸水で6つの隔壁区画がダメージを受け、沈没してしまったのです。
氷の塊と擦れるように衝突して、6つもの隔壁区画が浸水するようなシナリオは、誰も想定できなかったのです。
この時タイタニックは、国の規定にのっとり、積んでいた救命ボートの定員は、乗員乗客のほぼ半分・・・
わずか2時間40分で沈没するという混乱の中、助かったのは2,200人のうちわずか700人余りでした。

タイタニックの悲劇の後、世界中から批判を受けた海運業界は、船の運用の考え方を大きく変えました。
1914年、イギリス、アメリカ、フランスなど海運国13か国は、海の安全を守るための国際条約・SOLAS条約を採択します。
乗員乗客全てが乗船できる救命艇を備えることや、流氷の監視の義務化などを定めました。
以来、時代の変化に合わせて60回以上更新し続けています。

また、タイタニックの悲劇は、船の設計においても大きな変化をもたらしました。
船は、沈む可能性があると考えられて設計されています。
客船の場合は、80%~90%以上の生存確率が無ければ認められません。
どれほど高度な安全設計をしても、乗客の生存確率を100%にすることは難しい・・・
安全に100%はありえない・・・その宿命の中、どう人の命を守っていくのか・・・??
タイタニックの悲劇は、人類全体の安全に対する意識を大きく変えたのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング 

タイタニック百年目の真実 [ チャールズ・ペレグリーノ ]

価格:3,080円
(2020/9/18 12:50時点)
感想(0件)

タイタニック<2枚組>〔期間限定出荷〕 【DVD】

価格:1,019円
(2020/9/18 12:51時点)
感想(0件)




新型コロナ騒ぎで根拠のないデマに振り回され、物不足で買い占めの悪循環・・・
感染者に誹謗中傷・・・まるで加害者扱い!!
眼に見えない恐怖で、人類はろくなことをしない・・・!!

文明誕生以来、人類を苦しめ続けてきた感染症・・・
原因不明、訳も分からず死ぬ恐怖の地獄絵図!!
解決できない恐怖に対して、人類は何にすがってきたのか??
病の原因は何??
どうして差別や虐待が・・・??
人類が繰り返す勘違いと悲劇・・・人はどうして見えない恐怖に翻弄されるのか??

コロリは、幕末を中心に日本各地を度々襲った流行り病です。
特に、1858年はコロリが江戸で流行・・・地獄絵図に陥れました。
ある日突然、激しい下痢と嘔吐・・・脱水症状を起こし次々コロリ・・・!!
パニックを起こした庶民は、迷信の薬に飛びつきます。
煎じた黒豆、桑の葉、ミョウガの根・・・さらに、コロリ祭り・・・原因不明の恐怖に怯えた人たちは、疫病退散に一心不乱に祈るしかありませんでした。

コロリ・・・詳しくはコレラ。
肉眼では見えない微生物・・・コレラ菌が引き起こす感染症です。
水の中に潜み、水や魚を飲み食いした人間の腸で増殖し、排せつ物によって再び水に広がっていきます。
驚くべきことに、江戸の庶民は、コロリの原因を目に見えない小さな生き物ではないかと噂していました。
管狐・・・日本古来の伝説上の動物です。
その名の通り、人間の体の細い管をとおり、体内に入り込み命を奪う超マイクロ狐です。

”この度の一日ころりの急病は、くだ狐のわざなるよし評判”

新たな見えない恐怖・・・これを管狐に当てはめたのです。

何が疫病を引き起こしたのか??という場合に、当時の人たちの考え方で説明すると・・・これまでの病気の原因を考えれば、狐が人間にとりついて病気を引き起こしたり、場合によっては死に至らしめるような「狐憑き」という信仰があったので、そんな信仰も踏まえて、疫病も狐が運んできたと考えていました。

さらに・・・
顔は馬、足は人間の赤ん坊、大きさは猫・・・その名も千年モグラ・・・
千年モグラは、雷獣ともよばれる日本古来の妖怪で、天変地異と共に姿を現すので、コロリと結び付けられました。
しかし、この千年モグラも新たな解釈では・・・??
”千年モグラとは、アメリカ狐ともよばれ、日本人をとり殺す!!”
どうして国産の妖怪が、アメリカ産に化けたのか・・・??

感染症 増補版 広がり方と防ぎ方 (中公新書)

新品価格
¥857から
(2020/9/3 15:08時点)



当時は、アメリカのペリー艦隊が、軍事力で江戸幕府を威圧し、鎖国をとかせて4年ほど・・・
日本は、踏み込んできた外国人に不吉な気配を感じていました。
そんな中、1858年5月に長崎に入港したアメリカ船の船員にコレラ患者が発生!!
この感染流行が、西日本から一気に東日本へ拡大したのです。
コレラは外国から持ち込まれ、病気は動物が起こす・・・ならば、原因は外国の動物だと人々は考えたのです。

人間が不安を感じた時に、不安の原因や対処法がわからないときには、眼に見えるようなわかりやすい、据わりの言い原因を求めることによって自分の不安を落ち着かせようという心理のメカニズムがあるのです。

アメリカ狐にイギリス疫兎・・・庶民は見えない恐怖の原因をその時々に世情に合わせ納得しやすいものへと変えていきました。
さらに、退治する方法も考えます。
それが・・・ニホンオオカミでした。
相手が、異国の狐やウサギならば、それを退治してくれるのは日本のオオカミ・・・!!
ニホンオオカミの頭蓋骨は、コレラに効果があるとされ、削って粉にして飲まれたといいます。
”お犬様”ことオオカミは、昔から信仰の対象でした。
かつて、ニホンオオカミの生息地・秩父地方にある三峯神社には、神様の眷族であるオオカミのお札を求め、人々が殺到しました。
コレラが流行した1858年の記録には、”御眷族一万疋”・・・一万枚ものお札がわずか半年の間に下げ渡されたといいます。
しかし、疫病除けのこの信仰は、ニホンオオカミに悲劇を生みました。
疫病退治の薬として頭蓋骨の需要が高まり、ニホンオオカミを乱獲・・・これも、絶滅の原因の一つだと言われています。
見えない恐怖は外国から来たと、直感的に感じ取っていた庶民たち・・・
しかし、人は、不安を解消する納得感を重視すると、解決か遠ざかってしまうものなのです。

現代、飛沫感染を予防するのに有効とされるマスク・・・
1650年・・・鳥??死神??17世紀にヨーロッパの医者がつけていたとされるマスクです。

pesuto
これは、鳥のくちばしのような部分には、汚染された空気を浄化する為に薬草が入れられていました。

眼には悪い空気除けのガラス。

かつてヨーロッパでは、感染症は悪い空気が引き起こすと考えられていました。

その最悪のケースが、14世紀から18世紀まで度々ヨーロッパを襲ったペストです。
突然の発熱から嘔吐・下痢・リンパ節の腫れ・・・
体が黒く変色し、わずか5日ほどで死に至ることから黒死病ともいわれました。
特に、1346~52年のペストの流行は、中央アジアから広がりイタリアに上陸・・・一説には、ヨーロッパ人口のおよそ60%・・・5000万人が死んだと言われています。
市が町を覆いつくす地獄絵図・・・墓での埋葬が追い付かず、死体の山が・・・
目に見えないペストの原因は不明のまま。

一部の裕福な人々は町から逃げ出し、郊外の屋敷に閉じこもりました。
「ステイホーム」です。
ボッカチオは、ペスト流行の原因をこう記しています。

「この疫病がひどいありさまになったのは、人の接触によって病人から健康な人へと感染していったからです
 病人を時々訪ねるだけでも感染して死んでしまい、衣服をはじめ、病人が触ったりしたものは何でもひとたび触るとたちまち感染してしまうのです」

現代では、ペストの原因はペスト菌という細菌だと判明しています。
動物から人間に感染し、広がる仕組みのうち、人々は人間同士でうつることまでは把握していたのです。
でも、という字の人々は微生物と言ったような極小の存在を知りません。
その代わりに、一種の毒のような物質が、作用しているのではないか??と考えました。
その結果、ペストの原因は”神の罰”と人々は考えました。
目に見えない現象は、神の御業と考えるのが自然でした。
しかし、当時の学者たちは、科学的に原因を追究しようとしていたのです。

1348年、ヨーロッパ最高峰のパリ大学医学部で・・・
ペストの毒がどうして発生するのか?研究成果を発表しました。

”ペストは、火星や木星など惑星の不吉な配置、地震などの異常気象、さらには動物の大量の死骸により腐敗した空気、すなわち瘴気によって起きるのだ”

この病気の原因を宇宙から考えるという発想は、紀元前5世紀ごろ、古代ギリシャの世界観にもとがあります。
世界を構成している天体、空気、大地、水・・・
コレラが精密に動いている時は世界は安定している。
ところが、その一部でバランスが崩れると悪い環境が生み出され、汚染物質が発生・・・!!
そうした毒を含んだ空気は、瘴気と呼ばれ、ペストをはじめ、様々な病気の原因となるのだ!!

肉眼では見えない病気の原因を、秩序・バランス・・・という目に見えないものに求める発想・・・
それが、当時の世界観に基づく科学だったのです。
しかし、ペストの不安におびえる庶民には、納得できませんでした。
原因が宇宙の秩序と言われても、ピンときません。
神の罰だとすると、自分達が悪いとなってしまいます。
そんなはずはない・・・

「カトリックが使う井戸や泉に毒物を入れ、ペストの原因となる”瘴気”を発生させた奴がいる!
 ユダヤ人だ!!」

ヨーロッパ、カトリック世界では、国を持たない異教徒ユダヤ人は秩序を乱すものとして長年迫害されてきました。

「ユダヤ人が怪しい・・・」

という疑いこそ、見えない恐怖におびえる庶民が求めた答えだったのです。

「ユダヤ人が井戸に毒を入れているということは、当時の人々にとっては一種の連想チェーンでした
 ペストから遡って連想すると、毒を水に入れる行為まで容易にたどり着いたのです
 ペストの原因は、毒の空気”瘴気”によって広まっている
 その瘴気を生み出しているのは??毒の水だ!!
 毒を入れたのは?それはユダヤ人の陰謀だ
 だから、大量のペスト患者が発生する」

これが、当時の人々にとって納得のいく答えだったのです。

最悪のペスト大流行の時代・・・
1348年3月・・・スペイン・バルセロナで感染が広がるや否や、ユダヤ人が疑われ虐殺が始まりました。
4月にはフランス南部、9月にはスイスと感染が広がるにつれて、迫害が拡大!!
最悪の悲劇が起きたのが、フランスの北東部ストラスブール・・・!!
1349年2月、まだペストの感染が始まってもいないのに、被害を未然に防ごうとユダヤ人狩りを始めたのです。
およそ900人のユダヤ人が、共同墓地に掘った大穴で焼き殺されました。
その後も、虐殺の嵐は吹き荒れ、ヨーロッパで100以上のユダヤ社会が壊滅、1万人以上が犠牲となりました。
見えない恐怖の原因を知りたいという人間の心理は、時に差別という目に見えない心の闇をも引きずり出してしまうのです。
時を同じくして、ハンセン病やロマの人たちに対する迫害も起きています。
自分と異なる人に原因を求めて、恐怖のはけ口にすることが起きていたのです。
ガセの拡散・・・インフォデミック・・・大量の情報が溢れ、混乱が生じたのです。

感染症の世界史 (角川ソフィア文庫)

新品価格
¥1,069から
(2020/9/3 15:09時点)



感染症対策には「手洗い」が有効だと言い出したのは・・・??
今やすっかり常識となった感染症対策の基本・・・手洗い。
手には、目に見えないけれど、たくさんの病原菌がついている・・・
まとめて洗い流そうというものです。
人間の体には、小さな微生物が付着しているとわかったのは、17世紀の事です。
オランダ人科学者・レーウェンフック・・・発明されたばかりの顕微鏡で確かめたのです。
肉眼では見えない微生物が病気の原因ではないのかという新しい説・・・病原体説が生れます。

医学界の主流は、古代ギリシャ以来の瘴気説を19世紀半ばまで採用・・・病気は瘴気、悪い空気が原因としていました。
19世紀半ば・・・オーストリア・ウィーン。
主人公は、医学界の権威・・・ウィーン大学病院の産科医師イグナック・ゼンメルワイス。
当時、産褥熱という病気が、大勢の女性を苦しめていました。
出産直後の母親が、原因不明の高熱で死亡するという謎の病です。
ウィーン大学病院でも、1か月に出産した母親208人のうち36人が産褥熱で死亡・・・。
2割近くが犠牲になっていました。
ある日、ゼンメルワイスは産褥熱の患者を診ていて奇妙なことに気付きました。
ウィーン大学病院には、2つの産科があり、第一産科はゼンメルワイスたち医師や医学生が妊婦を診察、第二産科ではお産になれた助産婦が出産を担当していました。
このうち、第一産科の方が18.2%、第二産科は2.8%・・・第一産科の方が産褥熱での死亡率がはるかに高かったのです。
どうして近代医学をマスターした医師が担当する産科の方が、助産婦たちの産科より死亡率が高いのか・・・??
ゼンメルワイスは調査を開始します。
2つの病棟の気温や湿度、食べ物、飲み物などを比較します。
しかし、大きな差はみられません。
また、両病棟は隣り合っているため”瘴気”が原因であれば、第一産科だけ突出してひどいというのは考えにくい・・・
そこでゼンメルワイスは、第一産科の医師たちと、第二産科の助産婦の行動を観察し、決定的な違いがあることに気付きました。

第一産科の医師たちだけが、死亡した患者を解剖している・・・
死亡患者の解剖が、どのように産褥熱に関係するのか・・・??
突然、ゼンメルワイスの脳裏に、産褥熱の原因がひらめきました。
医師たちが解剖する際に、死体についている”死体粒子”とでもいう物質が、彼らの手に付着したのではないか・・・??
そして、手についた死体粒子が妊婦を診察する際に、彼女たちの産道に付着して病気を起こすのではないか・・・??
ならばこの”死体粒子”を取り除くには、手洗いで流せばいい!!

ゼンメルワイスは、医者たちの第一産科で塩素系の薬品での手洗い、爪などを入念にブラシで洗うように指導しました。
すると驚くべき結果が出ました。
第一産科の産褥熱での死亡率が、第二産科と同じ程度の3.0%にまで激減!!
その後も減り続けたのです。

1861年「産褥熱の原因と概念及びその予防法」とまとめ、出版します。
目に見えない病気の正体をこう語りました。

「産褥熱は”瘴気”からくるものではなく感染で起こるものだ
 したがって、予防可能な病気であり、この病が蔓延する責任は、予防に努めようとしない者にある
 私たち医者が数世紀にわたり墓場に送ってしまった犠牲者の数は、神のみがご存じだ
 こうした認識が、医者にとって痛いほどつらくても、秘密にすることは絶対にできない」byゼンネルワイス
 
ところが・・・ゼンメルワイスの所属する大学や医学界の権威は激怒!! 
目に見えない死体粒子説や手洗い励行の訴えを完全に無視!!

医師たちの失敗が、。患者たちに死をもたらすことは、医学の分野で起こる出来事で最もまずい事柄です。
医学的措置が人に害を及ぼすのですから、突然妊婦殺しの非難に直面した医師たちにとって、愉快な出来事でないことは十分に理解できます。

医学界の仕打ちに対し、ゼンメルワイスは目に見えない「死体粒子」を説明、反論することが出来ませんでした。
その後、精神を病み、4年後の1865年ゼンメルワイス死去・・・46歳でした。

ところが、わずか10年後の1876年。
目に見えない病気の原因が”瘴気”か”病原体”か、長年の論争に終止符が打たれます。
ドイツ医師ロベルト・コッホが、目に見えない原因を解明する為の基本的な考え方・・・”コッホの三原則”を打ち立てたのです。

①病気にかかった動物から原因の可能性のある細菌を見つけ出す
②細菌を取り出し培養
③培養した細菌を健康な動物に接種し、同じ症状が現れれば病気の原因はその細菌

ということになります。
この三原則によって、目に見えない恐怖・・・人類を長年苦しませてきた感染症の原因が、様々な細菌だと特定され始めました。

その後、ゼンネルワイスが主張した手洗いの重要性が科学的にも認められていったことは言うまでもありません。

1918年春・・・第1次世界大戦のさ中のヨーロッパ戦線で、人類にとって新たな感染症となる脅威が発生し始めていました。
それは、スペイン風邪と呼ばれるインフルエンザでした。
戦場では、狭い塹壕に無数の兵士が長い間ひしめき合っていました。
そこで、敵も味方も関係なく、インフルエンザは一気に広がりました。
さらに、兵士たちの移動により、わずか4か月で世界中に拡散!!

しかし、感染症の原因である病原体を突き止め、有効な対策を打つことを学んだ人類は、感染の封じ込めに自信を持っていました。
それが、ワクチン開発によるインフルエンザの封じ込めです。
学者たちは、インフルエンザの患者から、原因と思われる細菌を発見!!
この細菌をもとにワクチンが作られ、人々への接種が積極的に行われました。
ところが・・・ワクチンは、思ったような効果を発揮せず、インフルエンザの猛威は止まりませんでした。

それも当然・・・インフルエンザの原因は、19世紀に確認された最近ではなく、それよりはるかに小さい見えない恐怖・・・人類にとって見えない恐怖のウィルスだったのです。

そのさ中、アメリカ・西海岸のサンフランシスコ・・・1918年9月に最初のインフルエンザ患者が発見されるや感染拡大の兆しを見せていました。
このサンフランシスコの危機に立ち向かったのが、サンフランシスコ市保健委員会委員長のウィリアム・ハスラーです。
ハスラーは、ワクチン接種を推進する一方、他にも対策を講じていきます。
人の接触を減らす
娯楽施設、人が集まりそうな場所、学校、教会での礼拝・・・閉鎖措置をとります。
そして一般市民にはなじみのなかった衣料用マスク!!
10月18日、マスク着用義務化を訴えます。

「公共の場に行く人、そして食料品や衣料品などを扱う職業に従事する者には、マスクの着用を義務付けるべきです」

市議会は、全会一致でマスク着用条例を採択!!
アメリカ初のマスク着用の義務化でした。

一方でハスラーは、新聞の一面広告で、市民の自発的心情に訴えかけます。

「マスクはあなただけではなく、あなたの子供や隣人の命を守るものです」

マスクで感染拡大を防ぐことは、アメリカ社会を守る事・・・ということは、マスクをすることは、遠くヨーロッパで第1次世界大戦を戦っているアメリカ兵の命を守る事・・・市民は、そう考えたのです。
すると街角には、マスクを買い求めると長蛇の列が・・・使命感と愛国心をくすぐられた市民は、マスク義務化が実施される前から市民の99.9%がマスクを着用していたといいます。

「これは、サンフランシスコ市民の持つ注目に値すべき知識レベルの高さと協調精神の証だ」

この結果、10月の第3週には8700人近くだった新規感染者は、次の週には7000人台に減少・・・11月に入ると、新規感染者は2桁にまで激減!!
11月21日、マスク着用条例を解除しました。
閉鎖措置が取られていた学校や娯楽施設も再開、サンフランシスコはインフルエンザに打ち勝ったのです。
ところが、喜びの裏で、大きな落とし穴が・・・
マスク条例が解除される10日前・・・11月11日、第1次世界大戦休戦!!
戦争終了の喜びとともに、前線の兵士のためという使命感から解放された人々は、一気に気が緩みました。
この頃行われたボクシングの試合には、マスクをしていない人が多い・・・まだマスク条例が解除されていないにもかかわらず・・・!!
感染者数の減少という目に見える数字だけを見て、目に見えず潜伏するウィルスの怖さを忘れてしまったのです。
悪い予感は的中し、11月21日、マスク条例を解除した直後から、感染者数が再び上昇を始めました。
12月7日、ハスラーは、マスク着用義務化の再実施を訴えます。

「もう一度市民にマスクを義務付けましょう
 感染拡大を防ぐ切り札はマスクです」

しかし、時にまさにクリスマスシーズンに突入・・・
経済界、市民も、マスクをするとクリスマスが台無しになってしまうと強く反対!!
ハスラーが提案したマスク再着用条例は市議会で否決されました。

戦争が終わったので、以前のように兵士たちをマスクをつけて守ろうという愛国的な目標が無くなってしまいました。
その上、戦争が始まって以来、初めての心から楽しめるホリデーシーズンを迎えていたのです。
市民は、
「インフルエンザに感染するかもしれないけど、それでもクリスマスを楽しみたい」
「もう、マスクなど目にしたくはない」という気持ちだったのです。

結果、サンフランシスコでのインフルエンザの死者は、3500人に上ることとなります。
その4割・・・1453人がマスク着条例解除後の死者でした。

そして、100年後の現在に至るまで、感染症・・・目に見えない恐怖は、人間から正しい判断を奪い、様々な悲劇をんでいます。
エイズやハンセン病への誤った認識、偏見は、感染者や家族への不幸な差別を生み出し、様々な人権侵害を引き起こしてきました。
見えないものに対する恐怖は、いつの時代、どの地域でも、人間の心の弱い部分を露にして更なる悲劇を生みだしかねないのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

感染症プラチナマニュアル2020 [ 岡 秀昭 ]

価格:2,200円
(2020/9/3 15:06時点)
感想(0件)

絵でわかる感染症 with もやしもん (KS絵でわかるシリーズ) [ 岩田 健太郎 ]

価格:2,420円
(2020/9/3 15:07時点)
感想(10件)

世界に衝撃・・・カルロス・ゴーン逃亡!!
厳重な空港セキュリティーを、どうやってすり抜けたのか??
今も謎が多いのですが・・・
航空史上空前の怪事件・・・謎の男にアメリカ空軍やFBIが騙されました。
彼の前に、100%の安全などない!!

1971年、大型ジェット機の登場でアメリカの航空産業が華やかな時代を迎えていました。
11月24日、感謝祭前日・・・
感謝祭とは、アメリカ合衆国では11月、第4木曜の祝日です。
週末にかけて4連休になる州が多く、家族と一緒に過ごす祝日・・・
日本の正月のようなもので、大型連休ムード一色となります。
オレゴン州・ポートランド空港・・・ダン・クーパーという名で、搭乗券を購入した男が飛行機に乗り込んできました。
ダークスーツに、アイロンのかかった白いシャツ、黒いネクタイ、レインコートを羽織り、手には革張りのアタッシュケースを持っていました。
品の良いビジネスマン風の男は、客室最後尾の席につきました。
この男こそ、伝説のハイジャック犯・クーパー(自称)です。
というのが、一般的なハイジャック犯のイメージですが、クーパーは違いました。
常識を超えた鮮やかな手口で翻弄・・・!!

午後2時58分・・・クーパーを乗せたノースウエスト航空305便は、オレゴン州・ポートランドを出発!!
ワシントン州シアトルへ・・・飛行時間はわずか1時間足らずでした。
客室内にいたのは、定員の1/4程度の37名。
ほとんどは、学生やビジネスマンでした。
さらに、3名の客室乗務員がサービスを行っていました。
離陸して間もなく・・・最後尾座席のクーパーは、客室乗務員に声をかけました。

「君、ちょっといいかな? これを・・・」byクーパー

メモを手渡された客室乗務員、フローレンス・シャフナ―は、当時23歳、デートのお誘いと思い、慣れた様子でメモを読まずにしまおうとしました。
ところが・・・

「お嬢さん、メモを読んだ方がいい
 でないと、とんでもないことになる」byクーパー

慌ててメモを開くシャフナ―・・・そこにはなんと、

”私は爆弾を持っている 隣に座ってほしい”

と書かれていました。

「お客様、爆弾なんて冗談でしょ?」byシャフナ―

クーパーは、アタッシュケースを開きました。
そこには、ダイナマイトらしき赤い筒、ワイヤーはバッテリーのようなものに繋がっていました。
本物??偽物??外見だけではわからない・・・!!

「さあ・・・メモを取ってコックピットに伝えてくれ
 5時までに現金で20万ドル用意しろと
 要求に従わなければ、爆弾を爆発させる」byクーパー

身代金20万ドル・・・現在の価値で120万ドル・・・1億3000万円相当でした。
シャフナ―は、クーパーの要求を急いでコックピットへ伝えました。

「管制塔、こちら305便、乗客の一人が当機を乗っ取った 
 犯人は爆発物を所持、20万ドルの金を要求している」byパイロット

午後3時13分、シアトルの管制塔はすぐさま警察へ通報!!
航空機のハイジャックは、州の管轄を越えた犯罪・・・そこで出番となるのが、連邦捜査局FBIです。

FBI・・・シアトル支局の捜査官たちは、305便の着陸予定地・シアトル空港へ急いで出動!!
当時事件を担当したジョン・デトラー29歳・・・。
この時、それまでのハイジャック事件と全く違うことに衝撃を受けました。
それまでのハイジャックは、たいていはキューバ亡命を目指す犯人によるものでした。
しかし、この時初めて多額な身代金を要求するハイジャックが起きたのです。
アメリカでは、1960年代後半からハイジャックが急増。
そのほとんどが、社会主義革命で国交断絶したキューバへの亡命を目的としていました。
航空会社は要求に従い、犯人を送り届ければ被害はありませんでした。
その為、キューバ急行と揶揄されるほど、軽い事件と思われていました。
とはいえ、爆弾の持ち込みという危険な行為・・・空港チェックは・・・??
当時は金属探知機もなく、空港での保安検査もやっていませんでした。
ナイフ、ピストル・・・どんなものでも持ち込めたのです。
事件が起こってからそれに対応し、セキュリティーを強化する・・・という歴史でした。

クーパーは、まだ空港セキュリティーが本格的でない・・・時代の先を行く手口で、いとも簡単に爆弾を持ち込んだのです。
ハイジャックされた305便を運航するノースウエスト航空・・・初めて直面する爆弾の恐怖に、身代金の要求になすすべもなく、従うしかありませんでした。
その上、関係者をさらに戸惑わせたのが、クーパーの意外な振る舞いでした。
客室乗務員たちからの情報では、彼女たちは一切危害を受けていません。
クーパーはずいぶんと礼儀正しく、凶悪犯とは程遠く、むしろビジネスマンのようだったのです。
機内の様子も、平常通りの静かなママ・・・
乗客たちも、まさか最後尾でハイジャックが行われているなど気付いていませんでした。
その上クーパーは、最初の爆弾を見せた客室乗務員のシャフナ―とこんな会話を・・・

「なあ・・・バーボンをもらえるかな?」byクーパー

「え??ええ、どうぞ」byシャフナ―

「ありがとう 
 釣りはとっておいてくれ」byクーパー

「ごめんなさい
 会社の決まりでチップは頂かないことになっているの」byシャフナ―

ハイジャック中に、お酒を頼んでチップまで・・・??
この余裕に、客室乗務員もつられて和気あいあい。
この奇妙な状態について、乗務員たちは事件後の記者会見で証言しています。

「犯人は冷静で好意的でした
 飛行機を乗っ取った以外は暴力も振るっていません
 少し、いら立っていましたが、非情な振る舞いもなく、私にも失礼なことはしていません」

「犯人は、私たち乗務員を信用していたと思います
 私たちが彼の要求を尊重していると彼は信じていました
 なので、私たちも彼の計画を邪魔しようとは思いませんでした」

これこそが、クーパーの恐るべき手口・・・
犯行を起こしやすい状況を、自ら作り上げたのです。
不思議な信頼関係がありました。
クーパーは、ジョークを言ったり、バーボンを飲んでタバコを吸う・・・
まるで乗務員たちの側にいるかのように振る舞っていたのです。

午後5時24分・・・離陸から2時間半が過ぎていました。
身代金の準備が整い・・・305便、シアトル空港へ・・・。
着陸態勢に・・・シアトル空港には、警察、FBIが待ち構えていました。

午後5時・・・シアトル空港は封鎖され、異様なまでに静まり返っていました。
着陸してくるクーパーの飛行機を警察とFBIが、待ち構えます。
過去のハイジャックのデータから見ても、彼を逮捕できないとは考えていませんでした。
過去、ほとんどのハイジャック犯は、警察に突入され捕まっています。
今回も、シアトル空港着陸後が、逮捕のチャンス!!
FBIは、滑走路周辺とターミナルに狙撃手を配置し、万全の包囲網が敷かれました。
クーパーとFBI、いよいよ以上での戦いが幕を開ける・・・!!

午後5時39分・・・遂に、着陸!!
もはやクーパーは、敵陣の真ん中に飛び込んだようなもの・・・
ところが、305便は、狙撃手がいるターミナルから離れた場所に着陸。
さらに、ブラインドが閉まっていて、犯人を狙撃できない・・・!!
客室乗務員たちに降ろさせていたのです。
しかも、305便が止まった場所は、照明が明るく、視界の開けた場所でした。
FBIの突入を防ぐため、周囲を監視しやすいようクーパーがパイロットに指示していました。
続いてクーパーは、飛行機がすぐに離陸できるように給油を開始させます。
何も知らされないままの乗客は、怪訝に思いながらもいつ下りられるのか?と、待ち続けていました。
一方、飛行機へ近づくことが出来ないFBI・・・下手に突入すれば、爆破・・・??

チャンスは、身代金の受け渡しの瞬間!!
クーパーの死角に車を停め、前方の扉から捜査官が身代金を運ぶ航空職員になりすまし、隙をついて取り押さえる作戦です。

午後6時・・・いよいろ決行・・・!!
ところが、クーパーは自分の席から見える位置に停車を指示。
これでは、下手な動きがとれない・・・!!
飛行機から人影が・・・出てきたのは、客室乗務員のティナ・マックロウでした。
クーパーは、受け渡しに客室乗務員を使い、自分は窓から監視して突入を阻止。
見事に出し抜かれました。

操り人形のように客室乗務員を使い、クーパーは思いのままに犯行を進めたのです。
マックロウは、身代金20万ドルの入った袋をクーパーに渡します。
袋に手を入れ、金を確認するクーパー・・・目的の一つを達成し、今日紀元でした。
マックロウはこのチャンスを逃さず、大きな賭けに出ます。
冗談交じりでクーパーにこう切り出しました。

「お金、少しくれる?」byマックロウ

札束を差し出すクーパー・・・そこで、

「ごめんなさい、ノースウエスト航空では、チップは頂かないことになってるの
 でも、乗客は降ろしていい?
 あなたには、乗務員とこの飛行機があるわ」byマックロウ

「わかった、いいだろう」byクーパー

奇妙な信頼関係を利用し、マックロウは乗客の開放を約束させました。

午後6時10分・・・
乗客は解放され、バスでターミナルへ・・・
そこで事情聴収を受け、初めて飛行機が乗っ取られていたことを知らされました。
客室乗務員も、3人のうち、マックロウ以外の2人は解放されました。
残る人質は乗務員4名・・・!!
爆弾の脅威にさらされる人質が減ったことは、FBIにとって好都合でした。
残された乗務員を脱出させれば捜査官が突入できる!!
給油中、コックピットにFBIから無線が入ります。

「応答せよ 
 名案が見つかったぞ
 コックピットの窓ガラスを外して、梯子をかけてやるからそこから逃げるんだ
 全員揃ったら、連絡してくれ、窓を外す
 犯人の野郎だけ、機内に残してやれ」by捜査官

ところが・・・全員揃いません。

「マックロウが・・・あいつの傍から離れないんだ」by機長

「悪いが君には離陸まで傍にいてもらう
 もし、機長と一緒に逃げられでもしたら、かなわないからな」byクーパー

クーパーは、FBIに対して、用心深く先手を打っていました。

「食事を届けるという理由で、彼女をコックピットに呼び寄せることは出来ないのか?」by捜査官

「きゃ・・・それは試したが駄目だった
 これ以上、犯人を刺激したくはない」by機長

FBIもまた、犯人を刺激することを恐れていました。
爆弾を爆発されれば、機内で誰かが死んでしまうかもしれません。
爆弾の危険性が、突入を慎重にしたのです。
誰も負傷者が出ないように、行わなければいけなかった・・・
みな、クーパーの戦略の前に、手も足も出なかったのです。
日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜 - にほんブログ村
午後7時30分・・・
着陸から2時間が経ちました。
給油が終わり、飛行機は4人の人質とクーパーを乗せ再び離陸!!
一体、どこへ向かおうというのか???
FBIは、追跡に最強の協力要請をします。
それこそが、アメリカ空軍でした。

午後6時20分・・・
シアトル空港での給油中、クーパーが次の行先を告げました。

「これからメキシコシティーへ向かってもらう」byクーパー

行先を知ったFBIは追跡のため、最強の助っ人に声をかけました。
それは、アメリカ句軍への協力要請でした。
軍の戦闘機を2機送り込み、その旅客機を追わせました。
なぜなら、クーパーが何をするかわからなかったからです。
可能な限り、旅客機を見ていられる人が必要でした。
空軍の主力戦闘機F-106が追跡することになりました。
最高速度マッハ1.9、クーパーを逃しはしない・・・!!

午後7時39分・・・
クーパーを乗せた飛行機は、メキシコへ向けて飛び立ちました。
F-106戦闘機も離陸・・・旅客機の上と下を飛び、クーパーの動向を監視します。
離陸前・・・クーパーは謎の指示を出していました。

「ランディングギアを出したまま、フラップを15度に下げて飛べ」byクーパー

ランディングギアとは、地上で機体を支えるための車輪です。
飛行時は、格納しておくのが通常でした。
それを出したままにしろという・・・
フラップとは、期待の揚力を高めるための装置で、これを極端に下げて飛べというのです。
この謎の指示は何なのか・・・??

ものすごい抵抗になるため、速度はかなり減速させることが出来ます。
普段は、時速900キロぐらいの飛行速度が、時速200キロぐらいまで落とせるのです。
実際、ハイジャック機は、時速300キロで飛んでいたといいます。
さらにクーパーは、更なる謎の指示を出していました。

「高度3000mを飛べ」byクーパー

通常旅客機は、高度10000mを飛行します。
しかし、高度3000mを維持しろというのです。
通常より低い高度をゆっくりと飛ぶ・・・
子の異様な飛び方によるクーパーの狙いとは・・・??
クーパーは身代金の要求と同時に、驚くべきものを要求していました。
パラシュートです。
高度3000m・・・それは、酸欠にならない高さであり、スカイダイビングを行う一般的な高度でした。

まさか・・・本当にパラシュートで脱出しようというのか・・・??
しかし、民間ジェット旅客機では、パラシュート降下は不可能・・・!!
危険すぎる!!
しかし、クーパーがハイジャックした305便で使われていたのは、ボーイング727という機体で、これには他の飛行機にはない特徴がありました。
エアステア・・・飛行機が出発する時と、目的りについたとき使います。
真ん中から後ろの乗客は、この階段を使って早く下りることが出来るのです。
このエアステアを使えば、翼にぶつかることなくパラシュート降下が可能なのです。
クーパーは計算づくでした。
しかし、ジェット戦闘機に監視されている!!
脱出に成功しても、着地地点に警察が来てしまう!!
ところが・・・305便の余りの低速さに、戦闘機は旅客機を追い越していました。
その都度旋回しなければなりません。
監視の目を離す瞬間が・・・!!
パラシュート降下のチャンス到来!!
客室乗務員のマックロウに、最後の指示を出します。

「コックピットへ行くんだ
 もう、客室には来るな
 絶対にドアを開けるんじゃない」byクーパー

これで、客室にはクーパーただ一人・・・
身代金を体に縛り付け、パラシュートを装着。
自ら操作し、エアステアを降ろします。
ここで初めてクーパーに危機が・・・外は最悪の暴風雨、気温は氷点下7度、眼下は山沿いの森林地帯で、明かり一つありません。
スーツ姿のまま、10キロの金を抱えて飛ぶのは自殺行為でした。
しかし、ここまで綿密に計画をしてきたクーパーが、最後は大博打に出ます。
クーパーは闇夜に消えました。

午後10時15分、305便は給油のためネバダ州リノ空港に一旦着陸、操縦士が客室を確認します。
誰もいない・・・
ここで初めてクーパーが飛び降りたことが発覚したのです。

翌日の11月25日・・・けが人ゼロ、身代金奪取、そしてジェット旅客機からスーツ姿で脱出!!
前代未聞の犯行に、アメリカは驚愕しました。

クーパーは、どこへ消えたのか・・・??
脱出が発覚したのが、給油地のリノ。
この間で飛び降りたなら、推定範囲は1000km以上・・・
クーパーの降下地点を正確に割り出すために、FBIは乗務員たちに聞き取りを開始・・・。
客室乗務員は、エアステアが後方で開いたと思われる時刻を覚えていて報告してくれました。
気圧の変化で客室の突風が吹いたのです。
そこで、はっきりと確証はとれないものの、その直後に通過したエリアがクーパーが飛び降りた場所であろうと結論付けました。

シアトル空港離陸後の午後8時12分、一瞬機体が揺れました。
この揺れが、クーパーがパラシュートで飛び降りた瞬間であると考えられました。
FBIは、すぐさまハイジャック機の飛行ルートから8時12分頃の地点を割り出しました。
第一段階の降下地点から範囲を拡大します。
クーパーが降下したと推測された場所・・・それは、ワシントン州・ウッドランド・・・大自然が広がるカスケード山脈の森林地帯です。
しかも、効果予測範囲は、半径25キロにも及びました。

11月25日・・・大規模な捜索が始まりました。
ヘリコプター4機、捜索隊30名、地元警察も総動員されました。
パラシュートや身代金など、クーパーに関する可能性があるものすべてをさがしました。
しかし、大自然の山脈において広範囲の捜索は難航・・・
その上、12月になると、次第に雪に閉ざされてしまう・・・!!
こうしてクーパーはもちろん、証拠品も見つからないまま暗礁に乗り上げました。

同時に身元の特定も・・・犯行手口から、有力な人物像が挙げられます。
パイロットに的確に指示していたことから、航空関連の会社にいた人物か?
パラシュート降下から、元軍人か、軍でパラシュートに関わっていた人物なのか??
FBIは、退役軍人で、犯罪歴のある問題ある者の中から、パラシュート部隊所属の人物を洗い出しました。
しかし・・・決定的な証拠がありません。

1972年に事件発生!!
クーパーが、再び現れたのか??と、捜査陣は騒然となりました。
デンバーからサンフランシスコに向かうボーイング727が、一人の男にハイジャックされたのです。
犯人は身代金50万ドルを要求、しかも再び離陸したのち、パラシュートで逃亡・・・クーパーと手口がほぼ同じでした。
2日後・・・犯人が捕まりました。
この男がクーパーなのか??
しかし、顔が違うと、客室乗務員が証言しました。
また、事件当日にアリバイもあり、模倣犯でした。
以後、このような模倣犯が大量発生・・・
1972年、パラシュートを要求したハイジャックは15件発生し、全員逮捕されています。

依然、身元さえ判明しないクーパーの犯行は、まさに完全犯罪!!
模倣犯とはレベルが違う・・・一般市民の人気が高まっていきます。
人々は彼をたたえる歌を作り、毎年開催されるパーティーも、40年続きました。
かれの存在は、反体制運動に影響を与え、アメリカ文化の一部となったのです。
その人気は、Tシャツやマグカップ、フライングディスクなど様々な商品が販売されるまでになりました。
さらにクーパーは、小説や映画の題材となり都市伝説の闇のヒーローと成長しました。

こうした風潮を、捜査に当たったFBI捜査官は苦々しく思っています。

「彼のしたことは間違っているし、法を犯したのですから犯罪者です
 だから彼は、国民的ヒーローとしてみなされるべきではないのです」

鮮やか過ぎる犯罪者が闇のヒーローになってしまいました。
今も、私たちの世界を翻弄しています。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

劇場型犯罪・・・
アメリカ西海岸有数の経済都市、観光地として知られるサンフランシスコ・・・
この町を、恐怖のどん底に陥れる殺人鬼が最初の現れたのは、サンフランシスコの北40キロのところにあるヴァレーホ市郊外でした。
1969年・・・アメリカ独立記念日が明けて7月5日になった深夜0時40分・・・
ヴァレーホ市警察の電話交換手が奇妙な電話を受けました。

「二重殺人の報告をしたい
 コロンバス・パークウェイを東に1.6キロ進んだところにある公共駐車場
 茶色い車にガキどもがいる
 ガキどもは9ミリのルガーで撃たれている
 去年も同じようにガキを殺している
 それじゃあ、さようなら」

この電話の40分前・・・確かに事件は起きていました。
郊外の人気のない駐車場で、一人の男が車に近づき・・・2人に10発以上発砲し、やがて無言で立ち去りました。
ダーリーン・フェリン(22歳)死亡、マイク・マジョ―(20歳)は奇跡的に一命をとりとめました。
現場の状況は、確かに電話の内容と同じでした。
事件は翌日、こう報じられました。

”謎のガンマン
 女性が死亡、友人も撃たれる”

さらに、「去年も同じようにガキを殺している」・・・
半年前の1968年12月20日、午後11時10分・・・
7月の現場からおよそ5キロ離れた場所で、若い男女が何者かに射殺される事件が発生していました。
犯人は特定できず、捕まっていない・・・。
深夜人気のない郊外で襲われた二組のカップル・・・
しかし、この二組の間には何らつながりはなく、無差別殺人と考えられました。
こうして、連続してカップルを襲う連続殺人鬼が登場したのです。

最初の犯行声明から3週間後・・・1969年8月1日金曜日。
犯人は、予想外の行動を起こします。
狙われたのは、サンフランシスコ最大の発行部数の新聞社クロニクル。
編集部あてに奇妙な手紙が届きます。
封筒には、”編集者へ至急”と書かれ、差出人の名前はない・・・
しかし、その内容は、衝撃的でした。

”これは殺人者からの手紙だ
 昨年のクリスマスに若者を2人
 そして独立記念日に少女を1人殺したのは俺だ
 犯人であることの証明として、おれと警察しか知らない情報を教えてやろう
 弾薬のブランド名はスーパーX
 弾丸は、10発発射
 少女は体の右側を下に、足は西を向いていた”

警察が公表していない情報が記してありました。
そして・・・差出人の名前の代わりに・・・円に十字を重ねた奇妙なマーク・・・
さらに、もう一枚は、謎の記号の羅列でした。

”同封した暗号文を、君たちの新聞の一面に掲載してほしい
 暗号文には、俺の正体が書いてある
 もし、この暗号文が8月1日金曜日の午後までに掲載されない場合、金曜の夜にひどいやり方で1人殺し、週末も殺しを続ける
 犠牲者の数は、12人以上になるだろう”

サンフランシスコ・クロニクルの元記者ダフィー・ジェニングスは・・・

「この手紙が届いたとき、クロニクルにいた全員が驚いていました
 殺人犯が、直接新聞社に連絡をしてきて、事件の詳細を明かすなんて・・・
 それまでにはほとんどなかったからです」

と言っています。

犯人の要求は、8月1日(金)午後までに、暗号文が掲載されない場合、金曜の夜にさらに殺す
しかし、この日は既に8月1日(金)の午前中・・・
朝刊は配り終え、そもそも夕刊は出していません。
要求にこたえることは不可能でした。
実は、この犯人の手紙は、クロニクルの外に、エグザミナー、タイムズ・ヘラルドにも届いていました。
手紙の文面も、要求も全く同じ!!
エグザミナーとヘラルドは、2紙とも夕刊での掲載が可能でした。
これなら犯人の要求に間に合う・・・しかし、実際は、2社とも対応に苦慮しました。

殺人犯の要求に従うかどうか、各新聞社で議論が行われました。
基本的に、これは脅迫です。
各社の編集者が心配したのが、殺人犯の楊きゅにうに屈して暗号文を掲載することで、他にも同じような脅迫を仕掛けてくる人間が出てくるのではないかということでした。

要求をのめば、新聞社は犯罪者の言いなりという前例になり、掲載しなければ新たな殺人が起きるかもしれない・・・
2紙の対応は分かれました。
エグザミナーは手紙の内容を掲載したが、1面ではなく3面、暗号文は掲載せず。
タイムズ・ヘラルドは、系列の夕刊紙で、要求通り1面トップに暗号文を掲載したのです。

結果・・・1969年8月1日・・・無差別殺人は起きませんでした。

翌日から、各紙は競うように大々的に暗号文を掲載し始めます。
殺人犯のアピールに、メディアが応える・・・劇場型犯罪の始まりでした。
さらに、この危険なやり取りに、警察までが加わろうとします。
ヴァレーホ市警察のスティルツ署長は、手紙の主にメッセージを出します。

「お前が犯人であることを証明する為に、より細かな事実を記した2通目の手紙を送れ」

すると殺人犯は、すぐさま返事をよこします。
しかしそれは、警察に出はなく、最初に暗号を1面掲載したタイムズ・トラベルでした。

”親愛なる編集者へ
 これはゾディアックからの手紙だ”

ゾディアック・・・占星術に使われる言葉です。

”ところで警察は、暗号を目の前にして楽しい時間を過ごせているのかな?
 もしも、過ごせていないとしたら、頑張れと伝えてほしい
 解読することが出来れば、俺を捕まえることが出来るのだから”

まるでスティルツ署長をあざ笑うかのような挑発的な文面・・・
こうしてメディアや警察は、劇場型犯罪の罠にかかっていきました。

1969年8月1日・・・
連続殺人鬼ゾディアックが、地元新聞3社に三分割して送った謎の暗号・・・
その暗号を、それぞれ新聞社が、ゾディアックの要求通りに掲載しました。
すると、暗号解読に挑む市民から電話が殺到!!
今まで郊外でのカップル殺人に無関心だった人々が、ゾディアックからの挑戦状に喰いついてきました。
そんな中、暗号文の記事が掲載されてからわずか1日で解読に成功した者がいました。
高校教師のドナルド・ハーデンです。
CIAなどプロよりも早く、アマチュア市民が解読して見せました。
子供の頃から暗号解読に興味を持っていたハーデン・・・どうやって説いたのでしょうか?

ギリシャ文字・・・天気記号・・・海軍の手旗信号・・・占星術の記号・・・アルファベット・・・

ハーデンは解読に当たり、まず犯人が使用する可能性の高い言葉が何か推測しました。
浮かんだのは、殺す・・・KILLの4文字です。
おそらく犯人は、私は殺人が好きだというような文章から始めていると推測したのです。
すると予測が的中・・・冒頭近くでKILLに当たる記号を見つけます。
そこからパターンを見つけ出し、解読したのです。

ハーデンによって解読された暗号が、新聞に掲載されました。
果たして予告通り、正体が書かれているのか・・・??

”俺は人間を殺すのが好きだ
 なぜなら楽しいからだ

 俺は自分の名前を貴様たちに明かしたりしない
 貴様たちに俺が、死後の奴隷たちを集める行為を邪魔も阻止もされたくないからだ”

ゾディアックの一方的な主張のみで、まんまと騙されました。
こうして市民も、暗号解読という餌によってゾディアックの罠にかかっていきました。
主役、脇役、観客・・・ゾディアックが仕掛ける劇場型犯罪の役者がそろったのです。



暗号騒ぎから1か月半後・・・1969年9月27日。
ゾディアック第三の事件発生・・・
被害者はまたもカップル・・・セシリア・シェパード(22歳)とブライアン・ハートネル(20歳)・・・
女性は死亡、男性は一命をとりとめました。
現場は釣りやボートを楽しめる市民憩いのベリエッサ湖・・・
これまで深夜人気のない場所で犯行を繰り返してきたゾディアック・・・
しかし、今回は、4時過ぎ・・・人目のつきやすい場所に突如現れました。
大学の同級生だった二人は、湖畔でピクニックを楽しんでいました。
そこに、全身黒づくめの男が近づいてきたのです。

「金と車のキーを出せ
 ヒーローになろうなんて思わない方がいい」

冷淡な口調で話す男は、ロープを取り出しました。

「うつぶせに寝るんだ・・・」

2人の両手両足を縛り上げ、そして・・・銃ではなく、何かで男性の背中を刺し、続けて女性にも・・・
2人をめった刺しにしたゾディアックは、最後に異常なアピールをします。

被害者の車のドアにメッセージを残したのです。
駆けつけた警察官たちは、身震いしたといいます。
ゾディアックのマーク・・・書かれていた二つの日付は、ゾディアックの二つの事件が起きたひでした。
そして第三の事件の日付も・・・午後6時30分・・・凶器はナイフで・・・。
瀕死の状態で救助された男性の証言により、ゾディアックの異様な姿が報告されました。
奇妙なコスチュームに、犯行声明・・・次から次へと謎のアピールをするゾディアック・・・
その後、新たな暗号文を新聞社に送り付けてきました。
円に十字のマークと共に、綺麗に配列された340の記号・・・通称Z340。

”この新しい暗号文をお前たちの新聞の一面に掲載してくれないか?
 無視されると、無性に孤独感に襲われてしまうんだ
 孤独過ぎて、俺は、あのことをしてしまうかもしれない”

地元新聞の各社は、ゾディアックの要求通り、すぐさま1面に掲載しました。
この暗号、Z340も、市民の関心を集めたものの、現在まで解読できていません。

1969年10月11日、午後9時30分・・・
多くの人々が行き交うサンフランシスコ市内の大通り・・・タクシーに乗り込んだ一人の男。

「ワシントン通りの交差点まで」

目的地へと到着するや否や運転手に銃口を押しつけ・・・殺害!!
タクシーの運転手ポール・スタイン(29歳)死亡・・・。
撃った男は、財布を抜き取り立ち去りました。
当時サンフランシスコ市の殺人事件の件数は、年間125件・・・3日に1件の割合でした。
警察は、よくあるタクシー強盗だと判断、新聞の扱いも小さかったのです。
しかし・・・事件の3日後、彼らは意外な事実を突き付けられます。
サンフランシスコにある地元新聞の中でも最大手サンフランシスコ・クロニクルに1通の手紙が届きます。

”これはゾディアックからの手紙だ
 昨夜ワシントン通りとメープル通りの間でタクシー運転手を殺害したのは俺だ
 同封したやつの血にまみれたシャツが証拠だ”

これもゾディアックの犯行だったのか・・・??
ゾディアックは、運転手を殺害後、このアピールのためわざわざシャツの一部を切り取っていたのです。
サンフランシスコ市民にとって、この事件で全ての状況が変わりました。
これまでの郊外のカップル襲撃とは異なり、ゾディアックが街なかに現れたのです。
犯人は誰なのか?
次に誰を殺すのか??
ゾディアックは新たな恐怖の波をサンフランシスコ全域で作り出したのです。
さらに、手紙の後半にとんでもない内容が・・・

”学校に通う子供たちは格好のターゲットだ
 いつか朝になったらスクールバスを襲ってやろうと考えている
 前輪を銃で打ち抜いて、子供たちが慌ててバスから降りてくるのを狙い撃ちにしてやる”

スクールバスの襲撃予告・・・!!
子供達がターゲットになった事で、人々はパニックに陥りました。
動揺した市民から警察に対して近所に怪しい男がいる・・・犯人を知っている・・・といった情報が殺到!!
警察は電話対応のため、交換台の当直員を三倍に増やしました。

さらに、危機感を募らせた州の検事総長が、思いもよらない行動に出ます。
ゾディアックに自首を求める嘆願書を発表しました。

”犯人には援助が与えられる
 その権利が保護されることを明確にしておきたい
 
 これ以上の血塗られた惨劇が、繰り返される前に、自首してくるのが最善である”
日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜 - にほんブログ村
ところが、その3日後、ゾディアックは誰も考えつかない前代未聞の要求突き付けてきます。

1969年10月22日午前2時・・・警察の交換台に男から連絡が入ります。

”ゾディアックからの電話だ
 俺が指名する弁護士を、7チャンネルのトークショーに出演させろ
 そうしたら、その番組に電話を入れる”

テレビ番組で弁護士と話をさせろというのです。
そうすれば、話し合いに応えてくれると・・・!!

警察は、直ちにテレビ局に連絡を取りました。
KGOーTVは、朝のトークショーでこの人物を出演させ、生放送すれば間違いなく視聴率がとれる・・・
必然的に収益も上がるとわかっていました。
新聞社と同様、テレビ局もビジネスを優先させ、決定を下しました。
KGO-TVは、朝の番組を取りやめ、2時間の特別番組を組みました。
ゾディアックは、テレビを見ているサンフランシスコ市民に何を伝える気なのか・・・??

午前6時30分・・・緊急特別番組放送開始。
本当に、ゾディアックは電話をかけてくるのか・・・??
待つこと50分!!ついにかかってきました。
弁護士が質問します。

「君のことは何と呼べばいいかな?」
「サム・・・」

サムとは本名か??
サンフランシスコ市民はテレビにくぎ付けとなりました。
男は、警察の逆探知を警戒しているのか・・・??電話をかけてきては突然切るという行為を続けます。

「子供を殺す」と口走る男・・・!!
次第に興奮が抑えられ無くなります。
まとまりのない話は2時間にも及び、計12回の電話が放映されました。
その後、逆探知の結果が判明します。
電話をかけてきたのは、州立病院の患者でした。
本物のゾディアックではなかったのです。
テレビを通じ、皆が偽物に振り回された・・・
連続殺人鬼との危険なやりとりの結果、これほどの大混乱を生み出してしまったのです。

1969年10月・・・サンフランシスコ市民は、ゾディアックの恐怖におびえていました。
郊外のカップル殺人から、スクールバスを襲撃する警告へと変わり、当事者意識が高まったのです。
民衆が体験したことのない恐怖でした。

スクールバス襲撃の手紙を受け、州政府から緊急警告が発令されました。
全てのスクールバスはパトカーで追尾、同情したりするなど、厳重な警戒態勢が敷かれました。
特に異常事態を伺わせるのが、ゾディアックの襲撃に備え、スクールバスの運転手に出された指令です。

バス警報発令・・・
もし、タイヤがパンクしても、バスを走らせ続ける
決して止まってはいけない
信号は、クラクションを鳴らしながら通過する
スクールバスは、人気の多いところに出るまで停止してはならない

子供を預ける親も、警備する警察も、極度の緊張状態を強いられました。
さらにゾディアックは、サンフランシスコ市民に追い打ちをかけます。
1969年11月9日、7通目の手紙がクロニクルに・・・!!
それは、手作り爆弾の設計図でした。
これまでは、ゾディアックの予告に基づき、スクールバスが銃で狙われることに対策をとってきましたが、今度は爆破するという脅迫・・・!!

”もしお前たち警察が、俺が言ったとおりの方法でバスを襲うなんて思っていたら、自分の頭に穴をあけた方がいいぜ
 殺人装置は、もうできあがっているんだよ
 こいつの良いところは、全ての材料が普通の店で手に入るということだ
 それも、何の質問のされずにな”

これを掲載すれば、まさしくサンフランシスコ中がパニックになる!!
クロニクルは、この爆弾設計図については記事にしませんでした。
ところが・・・1970年4月29日・・・爆弾設計図の手紙から5か月後。。。
クロニクルにゾディアックから新たな手紙が届きます。

”俺に爆弾を爆発させたくなければ、バス爆弾のことを報道しろ
 それも、組み立て方まで細かくだ”

この要求を拒絶すれば、ゾディアックは、本当に事件を起こすかもしれない・・・
殺人犯とのやり取りを続けてきた結果、もう引き返せないところまで来ていたのです。

「俺の爆弾が爆発したら、お前たちも楽しんでくれ」

クロニクルは、ゾディアックからの要求をのみ、手作り爆弾の設計図について公表しました。
ところが、その後、スクールバスは襲われることなく、ゾディアックからの手紙も次第に途絶えていきます。
4年後・・・1974年の手紙を最後に、ゾディアックは姿を消しました。

しかし、ゾディアックが始めた劇場型犯罪は、その後も引き継がれていきます。
1994年、ニューヨークで連続殺人事件が発生!!
犯行現場には、ゾディアックのマークのついた手紙が残されていました。
犯人ヘリベルト・セダ(28)は逮捕されましたがゾディアックとは無関係でした。

また、暗号文を真似する犯罪も起きるなど、模倣犯が続出しました。
ゾディアックは、アメリカ社会に深い爪痕を残した・・・
しかし、こうした負の遺産は、大きな教訓をもたらすことになります。

このような劇場型犯罪は、もうアメリカではおこらないだろうといわれています。
ゾディアック事件を経験したメディアは、殺人犯からの電話や手紙に飛びつくことをやめました。
仮にそれが事実だったとしても、殺人犯は自らの何らかの目的を果たすために、テレビや新聞を利用したいだけだと気が付いたからです。
そして、二度と殺人犯の手先になってはいけないと知ったのです。

アメリカを震撼させた劇場型犯罪・ゾディアック事件・・・
警察が容疑者として捜査リストにあげたのは2500人以上、しかし、未だ犯人は捕まっていません。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

殺人鬼ゾディアック??犯罪史上最悪の猟奇事件、その隠された真実 (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ II-3)

新品価格
¥2,970から
(2020/7/30 22:13時点)

ゾディアック ディレクターズカット [Blu-ray]

新品価格
¥600から
(2020/7/30 22:14時点)

ケネディ大統領暗殺事件・・・
犯人とされているのは、リー・ハーベイ・オズワルド(24歳)です。
しかし、24歳の若者が大統領を暗殺して得をする・・・??
もっと得をする人がいるはず・・・!!

陰謀論・・・ある出来事について、一般に理解されている事実や背景とは別に、何らかの謀略が存在することを主張する意見のことです。
陰謀論という言葉が広く使われるようになったのは、ケネディ大統領暗殺事件がきっかけだったといわれています。

「われわれは10年以内に月に行くことを決めた!!
 容易くはなく、大変だから決めたんだ!!」

アメリカは当時、ソビエトとの宇宙開発競争において敗北続きでした。
1957年世界初の人工衛星スプートニク1号、1861年世界初の有人宇宙飛行ガガーリン・・・
相次いでソビエトに先を越されていました。
そんな逆境の中、「我々は月に行く!!」若きケネディは、途方もない夢を描いていました。
ケネディは黒人にも人気があり・・・当時のアメリカ社会の大きな壁である黒人差別・・・とくに南部の州では黒人の公共施設利用を禁止する法律までありましたが、ケネディは、公民権運動の指導者・キング牧師を支援するなど黒人からも愛される大統領でした。

その反面、若さゆえに外交には不安を持たれていました。
共産主義陣営との東西冷戦・・・大きな試練がキューバ危機でした。
ソビエトがキューバに核ミサイル基地を建設開始、アメリカに核戦争の危機が迫っていました。
ケネディは追いつめられながら、23歳も年上のソビエトのフルシチョフ首相を相手に粘り強く交渉し、見事戦争の危機を回避しました。
夢、誠実さ、実力・・・若き指導者ケネディは、アメリカの未来を明るく照らす希望の光でした。

しかし、社会を急速に変えようとするケネディには、反発する勢力も多かったのです。
まずは保守層の多い南部の州です。
1963年11月22日(金)テキサス州ダラス・・・午前11時40分、ケネディ大統領ダラスに到着しました。
待ち受けるのは、かつての南軍の旗!!
黒人奴隷の開放に反発し、南北戦争を戦った南部の誇りを示す旗です。
この日の朝、地元の新聞にはケネディの政策を批判する全面広告が出されています。

「ケネディさん、われわれダラスの自由な思想市民は、あなたによって憲法が無視されていると感じ、われわれの苦情、あなたへの反論、批判を表明する権利がある」

街に貼られたビラには・・・

「この男、アメリカ合衆国に対する反逆罪で指名手配」

国家反逆罪で指名手配し、ソビエトや共産主義と友好的な関係を目指す姿勢に強烈な怒りが向けられていました。

午前11時50分・・・ケネディ大統領は妻のジャクリーンと、テキサス州知事のコナリー夫妻と共に、パレード出発。
ダラスの中心街、全長16キロのコースでケネディーを迎えたのは、意外にも大勢の人でした。
想像以上の市民の歓迎に、気を良くしたコナリー夫人が振り返ってケネディに声をかけました。

「これでもうダラス市民があなたを好きじゃないなんて言えませんね」

「それははっきり言えるね」byケネディ

12時29分、パレードの終わりが近づきます。
エルム通りに入る・・・残りおよそ150m・・・高架下をくぐり、高速道路に乗る予定でした。
ところが・・・12時30分、運命の瞬間がやってきました。

何者かの狙撃!!
弾は2発当たり、その一発は頭を直撃!!
そして午後1時37分・・・当時のアメリカでもっとも信頼されていたニュースキャスターが、全米に信じがたい悲報を伝えました。

「ダラスからの公式発表です
 ケネディ大統領が死去されました
 中部標準時午後1時
 東部標準時の2時です
 今から38分前です」

ケネディ大統領死亡・・・その衝撃は大きすぎました。
なぜケネディが殺されなければならなかったのか?

納得の理由が見つけられない人々は、さらにテレビや新聞で刻々と報じられる見解に翻弄されます。
事件発生から1時間20分後・・・1時50分に容疑者が逮捕されます。
ダラスに住む24歳の青年リー・ハーベイ・オズワルドです。
オズワルドの勤務先は、暗殺現場近くのテキサス州教科書倉庫ビル・・・
その6階で、ライフル銃1丁と空薬きょう3個が見つかりました。
彼はそのビルを抜け出し、映画館にいるところを警察官に取り押さえられました。
24歳・・・無名の若者が、本当にケネディを狙撃したのでしょうか?
本当にアメリカから希望の光を奪ったのか・・・??
犯人の動機は・・・??冷戦構造の中、対立する共産主義の若者が、ケネディを殺した・・・??
ところが・・・事件発生から11時間・・・警察の取調後の1963年11月23日深夜0時5分・・・
オズワルドは記者に向かって・・・

「何が起きているのか本当にわからない
 警察官殺害の罪に問われているということしか話してくれないのです
 だれか法律で私を守ってください

 私がソビエトに住んでいたから連行されているんだ
 身代わりなんだよ!!」

さらに、ケネディ暗殺から2日後最悪のことが・・・
11月24日午前11時21分、ダラス市警察の地下・・・オズワルドの拘置所移送のテレビが生中継時に・・・
オズワルドが暗殺されたのです。
撃ったのは、ダラスでナイトクラブを経営するジャック・ルビーでした。
しかも、ルビーの背景について、マスコミは驚きの報道を・・・
”かつてシカゴ裏社会とのつながりがあり、衝動的に行動する男だといわれている”
厳戒且つ記者の前での銃撃・・・この不可解な事件が疑惑に拍車をかけることとなりました。
ジャック・ルビーによるオズワルドの暗殺をきっかけに、相当多くの陰謀疑惑が語られるようになりました。
これを見た多くの人は当然、深い疑いを持ったのです。
ダラス市警の留置所にいる男が、侵入してきた何者かに暗殺されるなんてありえない・・・!!
仕組まれたことに違いない!!
ルビーがやったことは「口封じ」だ!!と。

口封じなら、その背後には黒幕が・・・??
それは共産主義者??あるいはマフィアか??
さらに翌年、オズワルドの母から爆弾発言が!!

「私の息子は政府の秘密工作員でした!!」

ということは、オズワルドが共産主義者というのは見せかけで、アメリカの政府機関が関与していた・・・??
ケネディ、オズワルド・・・2人を巡って次々と起こる予想外の展開と怪しげな情報の氾濫
疑惑は収まりを見せずに拡大・・・!!

事件から2週間後の12月7日・・・
アメリカ北東部ペンシルバニア州の一般紙に巷で語られる根拠のない噂に釘を刺す一本の記事が出ました。
タイトルは”陰謀論”。

”理性的な人々にとって異常な心理状態の人の行動は、簡単には理解できないものだ
 だからこそ、確かな証拠はないにもかかわらず、ケネディ大統領が殺された理由には陰謀があるはずだと思い込んでしまう
 理性的な人は、おかしな考えに取り憑かれた人間がたったひとりでこれほど大きな罪を犯しうるという現実を、受け入れることが出来ないのだ“

アメリカ国民の感情をドラマチックに揺さぶり続けた希望の光・・・ケネディ・・・
ケネディ暗殺とその後の衝撃の数々で、世間が感じた理不尽な思い、それを納得させるため、人は陰謀論を語るようになったのです。

ケネディ、謎の暗殺から1週間後・・・1963年11月29日。
黒幕はソビエト?キューバ?マフィア?政府機関??
24歳の若者がたった一人で大統領を暗殺するはずがないという陰謀論がささやかれていました。
真相究明のため、ケネディ大統領暗殺に関する大統領特命調査委員会(ウォーレン委員会)が設置されました。
メンバー7人は・・・連邦最高裁判所長官アール・ウォーレンを筆頭に、上院議員2名、下院議員2名、弁護士、元CIA長官・・・という顔ぶれでした。
関係かっく所から資料をすべて提出させ、独自に証人尋問を行い10か月もの調査を行いました。
1964年9月24日、ついにウォーレン委員会が全24巻にも及ぶ報告書を提出。
果たして、全世界が注目した最終結論とは・・・??

「本委員会は、オズワルドがケネディ大統領の暗殺者だったと結論する
 本委員会は、オズワルドは単独で行動したものと結論する
 オズワルドがケネディ大統領暗殺の陰謀に加わっていたという信頼すべき証拠はなかった」

何という期待外れ・・・世間は騒然としました。
根強い疑惑・・・しかし、実は白昼公然と行われたケネディ暗殺は、たくさんの写真や映像で前後の様子がはっきりしています。
パレードのリムジン・・・ケネディの前に座っているのはコナリーテキサス州知事。
コースも明確、ダラス市内、メイン通りの西の端で右折してヒューストン通りに入り、さらにエルム通りを左折・・・この曲がり角にあるのが、オズワルドがいたとされるテキサス州教科書倉庫ビルなのです。
ウォーレン委員会の報告によると、ビルからケネディの乗る車までは約80m・・・ライフル銃が3発発射されています。
うち一発が、ケネディ大統領の喉を貫通したのと同一の弾丸が、コナリー知事をも負傷させました。
もう一発が、ケネディ大統領の頭部の右後方から入り致命的な重傷を負わせました。
しかし、ウォーレン委員会の公式報告に疑問を感じる人たちが指摘するのは、この狙撃について・・・。
1975年、肝心の狙撃の瞬間を映した動画がテレビで公開されました。
偶然撮影された八ミリフィルムビデオ・・・「ザプルーダー・フィルム」です。
撮影をしたのは、ダラスの会社経営者エイブラハム・ザプルーダーです。
エルム通りに面した位置から26秒余りを撮影しています。
映像は事実を映す・・・事件の真相に迫る・・・??
そして人々はこの中にウォーレン委員会報告書とは異なる結論を確認しました。

1991年公開のアメリカ映画「JFK」。
これは、ケネディ暗殺陰謀論を再現させるきっかけとなりました。
ケビン・コスナー演じる地方検事が、ザプルーダー・フィルムを一フレームずつ解析し、陰謀を暴こうとします。
人々は、223フレームから232フレームの部分に注目しました。
223フレームは、ケネディ大統領は喉を押さえています。
つまり、弾丸が喉を撃ち抜いた直後です。
しかし、コナリー知事に弾が当たった様子はない・・・??
ウォーレン委員会の報告では、ケネディ大統領の喉を貫通した後、同一の弾がコナリー知事をも負傷させたとしています。
ところが、ケネディと、コナリー二人を貫通したとすると不自然な弾道に・・・!!

ザプルーダー・フィルムで検証されているもう一つの疑惑が、ケネディの頭部に命中した銃弾について・・・
ウォーレン委員会の報告によると、頭部の右後方から入り、致命的な重傷を負わせたとなっています。
人々は、313から321フレームのケネディの身体全体の動きに注目しました。
ケネディの頭部に銃弾が命中した場面・・・身体が大きく後ろにのけぞっています。
これは前から撃たれた証拠!!
つまり、前方に別の狙撃手がいたのか・・・??
ところが、こうした陰謀論を真っ向から否定しつづけた論客がいます。
まぎれもなくオズワルド一人というのです。
陰謀論が根拠としたフレームを使って全く逆の結論を・・・

2人を同時に傷つけた弾は、道路標識から出てくるときに撃たれました。
コナリーの背広の襟が捲れる瞬間が写っています。
この瞬間、ケネディを貫いた弾がコナリーの背中から胸元をも貫通したのです。
さらに、陰謀論を覆すリムジンの証拠写真があります。
パレードの主役・ケネディよりもコナリーの椅子は低く作られています。
ひとつの銃弾が傷の通りに真っすぐに撃ち抜くことが可能となっています。
さらに、頭部に当たった銃弾は、後ろにのけぞっているのは前から撃たれた証拠と言われていますが・・・
全く逆の証拠もあります。
フィルムを見ると、頭を打たれた瞬間、”血の霧”が右前方に飛んでいるのが分かります。
もし、前から撃たれていれば、左斜め上に飛ぶはず・・・??
同じ映像の同じ個所を見ても、見るポイントや解釈が異なると、正反対の分析になってしまう・・・
事件から半世紀以上たった今でも、ネット上では今も怪しい人物の情報が溢れています。

例えば・・・アンブレラマン・・・青天のダラスで傘をさす男がいました。
彼は、ケネディ狙撃位置の目印として近くに立っていたのか・・・??
バブーシュカ・レディ・・・ケネディ狙撃直後、カメラを構えている女性が・・・組織の記録係・・・??
第二の狙撃手・・・ケネディを前方から撃った幻の狙撃手が写っている・・・??
一般に、事件解明の証拠とされる現場映像の数々・・・しかし、ケネディ暗殺事件の謎に置いては、証拠映像でさえも陰謀論の拡大を加速させてしまうのです。

2018年4月、トランプ大統領はケネディ大統領暗殺事件に関する機密文書について全面公開を見送りました。
トランプ大統領自身が全面公開したかったにもかかわらず、CIAやFBIが反対したせいだとか・・・
現役の大統領でさえ手が出せない闇が、そこにはあるのです。
巨大な力を持った黒幕が・・・??

ケネディ暗殺の陰謀論を拡大させることになったウォーレン委員会報告書・・・
黒幕説についてはこう書かれています。

”オズワルドが、ケネディ大統領暗殺の陰謀に加わっていたという信頼すべき証拠はなかった”

これに反発する人々は、様々な勢力が陰謀に加わったと主張してきました。
その黒幕とは・・・??

①敵対する国外勢力
オズワルドが共産主義者と伝えられたこともあり、冷戦で対立していたソビエトか、アメリカを敵視するキューバが黒幕かとされています。
敵対する国内勢力として・・・
②マフィア説
ケネディ家は、父親の代からマフィアと協力関係にありました。
しかし、ケネディ政権が取締りを強化したためケネディを裏切り者とみていました。
③アメリカ中央情報局・・・CIA
CIAは、ケネディが大統領に就任した当初から、対キューバ政策をめぐり対立していました。
そこでCIAが邪魔なケネディを消した・・・??

陰謀論者は複雑に考え過ぎなのでは・・・??
オズワルドを調べれば、答えはシンプルなのに・・・??
陰謀論者は、オズワルドのことを研究しないまま、「彼は単なる囮で1人で暗殺など不可能だ」というイメージを植え付けたのです。
オズワルドの生い立ちを見て見ると、アメリカとソビエト・・・二つの国家に失望していたことが分かります。
高校時代から共産主義に興味を持ち、19歳でソビエトに亡命。
しかし、ソビエトに馴染めず23歳の時に帰国しました。
それでもアメリカ社会へのいら立ちを抱き続けます。
ケネディと政治的に正反対の軍人を暗殺しようとしたことがありました。

ケネディでなくても良かった・・・??
彼は、アメリカかソビエトに一泡吹かせたかったのでは・・・??

そんなオズワルドにまさかに運命が重なります。
ケネディ暗殺の5週間前、オズワルドはテキサス州教科書倉庫に就職。
そして事件の2日前、パレードが自分の勤務先の前を通ることを知るのです。
オズワルドにとって、これはおぜん立てされた贈り物でした。
暗殺を実現するためには、多少の運が必要なのです。
オズワルド単独犯行説が素直・・・??


それともCIAが関与・・・??
情報を、CIAがその事実を隠している・・・??
ケネディ暗殺に関する文書・15,000点が非公開となっています。
これらが明らかになれば、CIAの何らかの事件への関与が新たに見えてくるかもしれない・・・!!
1963年10月、暗殺の6週間前にCIAがやり取りした電報には、オズワルドの経歴や特徴が3ページにわたって書いてあります。
そして6人のCIA高官が目を通しています。
つまり、暗殺事件の前からオズワルドを監視していたことが伺えます。
この電報は、長い間公開されておらず、初公開は1992年でした。
ところが、CIAは1964年に「資料はすべて提出した」としています。
1964年ウォーレン委員会の証人尋問で、CIA副長官だったR・ヘルムズは宣誓の下、CIAにあるオズワルドをめぐる全ての証拠書類を委員会に提出したかと聞かれ「はい」と回答しました。
しかし、それは嘘・・・CIAは所持していた文書の大部分を隠していました。
CIAは、宣誓証言でウソをついて罪を犯し、司法妨害を行ったのは事実です。
公的な機関のこのような行為は、犯罪を隠している可能性がある・・・??
CIAが隠している情報をすべて出させることで、真相解明が近づくはず・・・??
しかし、そんな陰謀につながる資料を国民が利用できる公文書館に提出するのか・・・??
それが航海されるのを認めるか・・・??
それはありえないでしょう。

あの日以来、半世紀を超えてなお続く議論・・・この先、決定的な証拠は出るのか・・・??
しかし、証拠が提出されたからと言って、真相解明につながるかはわかりません。
情報が公開されたとしても、信頼性のない情報がたくさん出てきてしまえば、それは陰謀論を正当化するだけです。
ケネディ暗殺陰謀論は、たとえ情報が公開されたからといって、事件の真相につながるとは限らないのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

ケネディ大統領演説集 英和対訳 [ ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ ]

価格:1,760円
(2020/6/16 07:49時点)
感想(3件)

勇気ある人々【電子書籍】[ ジョン・F・ケネディ ]

価格:2,420円
(2020/6/16 07:51時点)
感想(0件)

このページのトップヘ