日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:アメリカ

図解 池上彰の経済「超」入門

新品価格
¥1,080から
(2014/10/14 13:31時点)



第2次世界大戦後、世界各地で紛争が起き・・・アメリカは多額のお金を使うことになります。
お金を世界中にばらまいてしまったのです。

朝鮮戦争・ベトナム戦争の勃発・・・最盛期には、50万の兵士が南ベトナムに送られました。
そして、毎日大量の爆弾を北ベトナムへ・・・!!
とてつもないお金を使ってしまいました。

おまけに南米の反政府ゲリラが・・・腐敗した独裁政権を支援します。
アフリカでもソ連側に入らないように・・・アメリカ側につくならたとえ独裁政権であろうと援助をする・・・
アメリカの仲間であれば・・・と、お金を世界中にばらまいたのです。

アメリカの持っていた金の量が急激に減ってきました。
1949年には245億ドルあった金塊が、1970年には111億ドルとなってしまいました。

はじめ、アメリカ本土にある金の価値の方が、世界中にあるドルより高かったのですが、アメリカがドルをばらまいた結果、世界中に出回っているドルのお金の量が、アメリカ本国が持っている菌よりはるかに多くなってしまったのです。

アメリカに金が無くなってしまう・・・

アメリカは居直って・・・「交換できない!!」
1971年ニクソン大統領がホワイトハウスから交換しないと宣言したのです。

「アメリカはドルを守らなければならない!!
 世界中の通貨を安定させるため、ドルと金との交換を禁止することにした!!」

これをニクソン・ショックと言います。
ドルをいつでも金に変えることができるから、ドルには信用がありました。
ただの紙切れになってしまう可能性のあるドル・・・しかし、これに変わるものがなかったので、世界のお金として使われることになったのですが・・・ドルの価値がどんどん下がっていってしまいました。
金1オンス=35ドルで交換だったものが、38ドルとなったのです。

どうする??

改めて「1ドルいくら」ということを、決めなおそうということになりました。

「固定相場制を決めなおそう!!」ということで、ワシントンのスミソニアン博物館に世界の代表が集まりました。
これをスミソニアン体制と言います。

結果、1ドル=308円になりました。
これも長続きせず・・・固定しておくわけにはいかなくなって・・・変動相場制となり・・・外国為替市場が誕生するのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。



にほんブログ村


社会・経済 ブログランキングへ

日銀を知れば経済がわかる (平凡社新書 464)

新品価格
¥799から
(2014/10/14 13:32時点)



スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編

新品価格
¥1,620から
(2014/10/14 13:32時点)





シェールガス革命で世界は激変する

新品価格
¥1,575から
(2014/3/12 13:42時点)


世界エネルギー革命!!
激突3大国・・・天然ガス売り込み合戦。

舞台となるのは日本。
セールス国は、アメリカ・カタール・ロシアです。

今、日本で起きているエネルギー問題は・・・原発。。。
原発が停止したことによって、おもに火力発電となっています。
しかし、火力発電による価格高騰で、私たちの生活にも・・・!!!
火力発電の燃料となっているのが・・・石油16%、石炭40%、LNG44%です。
これらは、海外に頼っています。
アベノミクスで・・・円安⇒輸入品の値上がり⇒エネルギー価格の高騰となってきています。
私たちの暮らしに・・・公共料金の値上がりに繋がりそうですが。。。
しかし、この状況が一変するかもしれません。

天然ガスが、これまでより安く買えるようになるかもしれないのです。
アメリカのシェール革命。
これまで人類が見つけて掘りだせたのはたった2%。。。
シェールガス・シェールオイルは世界の資源埋蔵量の80%を占めているのです。
2013年5月にアメリカのシェールガスが日本に輸出認可されました。
2017年から輸入開始の見通しです。

カタールは・・・契約見直ししてくれるかも???
アメリカは、シェール革命前にカタールからの天然ガスの輸入を増やしていました。
カタールは5兆円以上かけて液化プラントを次々と新設、輸出力を強化していました。
アメリカが最大の顧客となるはずだったのに。。。
最大の得意先を無くしてしまったのです。
そこで、ヨーロッパに売り込みを始めました。
ヨーロッパは、それまでロシアからパイプラインを使って買っていました。
そのために、ヨーロッパはロシアの顔色を伺っていたのですが、それも無くなり。。。
日本にも安く売ってくれるかも???

産直パイプラインのロシア。
ヨーロッパが市場だったロシア。。。
東アジアに注目し始めました。
そのセールスポイントはパイプライン。
もともと天然ガスの輸出入では気体⇔液体のプロセスが・・・コストが必要ですが、パイプラインではその必要がないのでコストが安く済みます。
ロシアと日本は距離が近いので・・・
パイプラインでの供給が可能なのです。
プーチン大統領は、北方領土問題をどうにか解決して、日本に天然ガスを売り込みたいのです。
しかし・・・ウクライナのヤルコビッチ大統領の国外脱出に伴い、ロシアがクリミア半島で事実上の実効支配を始めました。
これに、アメリカ・ヨーロッパは猛反対!!
これによって、日本のエネルギー政策が一変するかもしれません。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

シェール革命後の世界勢力図

新品価格
¥1,575から
(2014/3/12 13:42時点)

池上彰教授の東工大講義 学校では教えない「社会人のための現代史」

新品価格
¥1,575から
(2014/3/12 13:43時点)

チェ・ゲバラ伝

新品価格
¥1,470から
(2013/11/7 10:35時点)


困っている人を・・・虐げられている人を見過ごせなかった男・・・チェ・ゲバラです。

「もし私たちが、出来もしないことに挑む理想主義者だと言われるならば、何千回でも答えよう。
 私たちには・・・できる。」


この写真は、20世紀において最も複製された写真のひとつと言われています。

che














1960年3月5日、写真家アルベルト・コルグが集会に詰めかけた招集を見ようとした瞬間をとらえたものです。

1928年6月14日、チェ・ゲバラ・・・本名エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナは、アルゼンチンにあるロサリオで生まれます。

実業家の父、政治家の娘である母のもと、経済的に満ち足りた暮らしをしていましたが。。。
2才の時喘息性気管支炎となります。
頻繁に起こる発作の為に、満足に学校に通えませんでした。
母のもと、家にある3000冊の本を読み、勉強に励みます。
19歳の時、国立ブエノスアイレス大学医学部に進学。
自分と同じように病気で苦しんでいる人を助けようと医師を目指します。

しかし、このエリート人生に迷いを感じていました。

「僕は、薬学研究所にも病院にも試験にもうんざりしていた。。。」

23歳の時、医者の友人とラテンアメリカに”行き当たりばったりの旅”に出ました。
わずかな資金とバイクで貧乏旅行!!

今までの生活とかけ離れたものでした。
貧しい人々の暮らしの中、薬も買えないという貧しい人々の現実。。。
ラテンアメリカには貧困が蔓延していました。

1950年代のラテンアメリカ諸国は、貧富の差が問題となっていて、大地主・政治家などがぜいたくな生活をし、大部分の人たちは、驚くほどの安い賃金で労働を強いられていたのです。
こんな不平等な中、生活している人々に心を寄せていくゲバラ。
25歳の時に2回目の旅に出ます。

ボリビア・・・南米の中でも特に貧しい国で、革命が起こっていました。
平等な社会を目指して・・・クーデターを起こしていたのです。

グアテマラ・・・本格的な革命が起こっていました。
1950年アルベンス政権発足。
それまでは国土の70%を大地主(人口の2%)が独占していました。
その土地を政府が安く買い上げ農民に公平に分ける・・・
労働者寄りの大統領のもとで、農地改革を進めていました。

しかし・・・
1954年6月、政権打倒の為に、となりの国が軍事行動に出ました。
その背後にいたのは、アメリカ合衆国・・・。
当時、アメリカの大企業が中米やカリブ海諸国の多くの土地を所有していたからです。
大損害を被ったアメリカが、グアテマラに!!!

「僕は銃を取るつもりです。
 正義を勝ち取るための武装です。
 アメリカ人に他人の家に土足で勝手には入れないことを分らせてやるために戦います。」

しかし、アメリカに尻込みしたアルベンス大統領は・・・
1954年6月27日国外逃亡!!

改革派政権は崩壊してしまいました。
外国人であるゲバラは出国するしかありませんでした。

向かったのはメキシコ。
ラテンアメリカ各地から革命を志す者や亡命者が集まる国だったのです。


戦場で使った医療器具

カリブ海に浮かぶキューバ共和国。
面積は日本の半部ほど。。。
この国の至るところにゲバラの写真が。。。
キューバ革命を起こし、キューバの英雄となった男です。

日銭を稼いで暮らしていたゲバラ。。。
メキシコで出会ったのが、フィデル・カストロでした。
キューバに革命を起こそうとしているリーダーでした。

当時のキューバでは、サトウキビの輸出が大きな問題となっていました。
その利益のほとんどを、地主とアメリカ企業が独占していたのです。
ごくわずかの富裕層・・・搾取される貧困層・・・。
国内には不満が溢れだして来ていました。
カストロは、裕福な階層出身の弁護士でした。
目指したのは、貧しい人々の救済でした。
1953年7月若者を率いて兵舎を襲撃!!
戦いには敗れ、メキシコに逃れたものの、人々にとっては革命の希望の星となっている男でした。

カストロはゲバラに熱く語ります。
「キューバをアメリカ人どもの侵略と搾取と抑圧から解放するには武器を取って戦う以外に道はない!!」
熱意に燃えるカストロに打たれ、ともに戦うことを誓うのでした。
貧困をなくす戦いに命を賭ける・・・!!

1956年11月一隻の小さなヨットがメキシコからキューバを目指しました。
そこにはカストロ率いる82人の兵士がいました。
ゲバラも軍医として参加、目指すは首都・ハバナの反対のシエラ・マエストラ。。。
ここで現地の同志と合流する計画です。

しかし・・・予想外のキューバ政府軍の待ち伏せ。
カストロたち革命軍はバラバラに・・・!!

ゲバラの前には、医薬品と弾薬が・・・
私は医者なのか?革命の戦士なのか?
「私は弾薬を拾い上げ、サトウキビ畑へと走った!!」

医師ではなく、戦死の道を選んだのでした。

生き残った兵士はわずか12人。
作戦は明らかに失敗でした。
しかしカストロは・・・
「大丈夫!我々は勝てる!!」

カストロたちを殲滅すべくシエラ・マエストラにやってきたのは政府軍2万人。

ゲリラ戦で迎え撃つとき・・・
カストロはゲバラに・・・
「戦いで負傷した兵士は、たとえ敵であっても傷の手当てをして釈放せよ」
ゲバラは反対します。
貴重な医薬品・・・政府軍の為に使えば革命軍の不利になる。。。と。
しかし、カストロの意見は正解でした。
人の役に立つこと、人として正しいことをやりながら戦っていきます。

「ゲリラ戦士は道徳的規範でなくてはならない」

その命を救おうとする姿勢に周辺住民から支援が起こりだしたのです。

「彼らなら信じられる!!」

戦いの最中、医療のない村で診療所を作り貧しい農民たちの治療を始めました。
教育も施します。
ゲバラは困っている人を決して見捨てない!!と、カストロも記憶にとどめています。
人々の共感を集めていく革命軍は、半年後には400人となっていました。

1958年12月29日、ゲバラは300の兵を率いてサンタクララへ!!
迎え撃つ政府軍は6000。
ゲバラは政府軍の装甲車を転覆させることに成功!!
政府軍を混乱に陥れ、サンタクララを掌握。

革命軍の勢いに・・・1959年1月1日、キューバ大統領が国外へ逃亡。
民衆の大観衆に迎えられ、1月3日には首都ハバナに到達。
カストロ32歳、ゲバラ30歳の時・・・ふたりの夢見たキューバ解放でした。

1959年2月カストロは首相に就任。
そのもとでキューバの新しい時代が始まりました。
ゲバラもアルゼンチンには戻らず、キューバ市民権を取ります。
31歳で国立銀行総裁・翌年に工業大臣に就任。
農地改革も行われ、土地を国有化、農民に分配。
アメリカを排除する・・・息のかかっていない政策を打ち出していきます。
経済発展の道を作っていきます。

休日も一市民として汗を流すゲバラ。
「自分ができるんだから、みんなの頑張ろう!!」
目指すべき生き方は、新しい人間。。。他人の為に進んで働く生き方でした。
自分達の手で世界を変えよう。
結婚し、4人の父親となるゲバラ。
しかし、その平穏はつかの間だったのです。

1962年10月キューバ危機。。。
東西冷戦の真っただ中、アメリカを中心とする資本主義陣営とソビエトを中心とする社会主義陣営が世界を真っ二つにしていました。東西冷戦です。
アメリカ本土まで140キロのキューバ。。。
アメリカと敵対するカストロは、ソビエトに接近します。
キューバ国内に核ミサイルが配備されました。
これに対しアメリカはキューバの海域に軍艦を派遣。
全面核戦争???

世界が緊張します。
注目を浴びることとなるキューバ。
ゲバラは1964年の国連総会で、力でねじ伏せる大国・アメリカ合衆国を公然と批判します。

gebara















1965年2月アジア・アフリカ会議でも・・・その国たちに貧困を与えている欧米列強諸国に対して批判していきます。
アジア・アフリカから称賛されるゲバラ。。。
しかし、その中で彼が批判した途上国から搾取する社会主義国家とは・・・
あんにソビエトの事でした。

ソビエトにつくことでキューバを守ろうとしているカストロ。
キューバに帰国したゲバラ。。。
しかし、その7日後、ゲバラは姿を消し、新たな革命の地を目指しました。
大臣の地位も、キューバ市民権も捨てて・・・
新しい人間となるために。。。

カストロのもとには”別れの手紙”が残ったのでした。

世界を変えるためにカストロと決別したゲバラ。。。
1965年4月・・・36歳の時に向かったのは、コンゴ民主共和国・・・当時激しい内戦の最中でした。
部族間の対立に加え、元宗主国ベルギー、ソビエト、アメリカが加わって・・・事態は泥沼化していました。
ゲバラが支持したのは革命軍でした。
あくまで世界中の貧しい人々を救わねばならない、と考えていました。
ゲリラ戦士として最前線に立つのが自分の使命と信じていたのです。
しかし・・・革命軍とは馴染むことができず。。。
理想とは真逆の兵士たち。。。
失意の中コンゴを去ります。

「私は一体誰だったのか・・・」

1966年7月キューバへ帰国。
1年3か月ぶりでした。
世界から危険人物とされていたゲバラの帰国は極秘でした。

子どもたちに残した最後の手紙には・・・
「世界のどこかで誰かが不正な目にあっている時、
 痛みを感じることができるようになりなさい。
 これが革命家において最も美しい資質です。
 子供たちよ。いつもお前たちに会いたいと思っている。」

1966年11月革命の地、ボリビアへ入国。
ゲバラは現地の仲間と共に軍事政権に戦いを挑みます。
しかし、アメリカの支援をうける政府に苦戦。。。
ボリビアの民衆も、ゲバラに味方することはありませんでした。
1967年10月8日、1年近い戦いののち、政府軍に捕えられ・・・翌日。。。

gebara2























チェ・ゲバラ銃殺・・・39歳でした。

遺体は見せしめとして地元の住民たちに公開されます。
最期の言葉は・・・自分を処刑する怯える兵士に。。。

「撃て、怖れるな!俺はただの男にすぎない!!」

でした。

1997年ボリビア政府によって隠されていたゲバラの遺骨がキューバへと渡されました。
30年ぶりの帰還でカストロは・・・

「チェの思想が実現していたら、世界は違ったものになっていただろう。
 戦士は死ぬ。だが、思想は死なない。」

死してなお受け継がれるその思想。。。

「私たちにはできる。」

池上彰の現代史講義はこちら
田原総一朗の仰天歴史塾~戦後復興と日米安保・吉田茂と岸信介~はこちら
「ジョン・F・ケネディ “弱さを力に変えたジャック”」はこちら

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。 


にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ

チェ コレクターズ・エディション (2枚組) [Blu-ray]

新品価格
¥4,587から
(2013/11/7 10:35時点)

1/6 リアルマスターピース コレクティブル フィギュア/ チェ・ゲバラ

新品価格
¥27,440から
(2013/11/7 10:36時点)

戦争の20世紀

【総額2500円以上送料無料】アメリカVSロシア 冷戦時代とその遺産/ウォルター・ラフィーバー/平田雅己/伊藤裕子

価格:3,360円
(2013/5/15 18:11時点)
感想(0件)



第2次世界大戦中、連合国としてともに戦ったアメリカとソ連。。。
戦後処理や復興政策の違いで対立していくようになります。

ソ連は、ナチスドイツから解放された東ドイツで勢力を広め、東欧諸国はソ連の指導下で社会主義圏を形成。

tetu.png

これに対し、イギリスの首相チャーチルは、“鉄のカーテン”が下されているとソ連を非難します。それと共に、アメリカも対立していきます。

第2次世界大戦中の連合国の異質な存在だった大国ソ連。
ソ連・・・ソビエト社会主義共和国連邦です。
1917年のロシア革命により誕生したソビエト政権を経て、1922年に成立しました。

ソ連が力をつけていく中で、自由主義の代表となってきたアメリカが、経済的にも軍事的にも対抗していくようになります。
宇宙競争をはじめ、あらゆる面で対立していくようになります。
冷たい戦争=冷戦と呼ばれています。

帝国主義のような支配下に置いて植民地化にする(市場と原料を求める)領土を広げることではなく、経済・イデオロギー・・・すべてにおいて違うお互いへの危機感が、“小国が大国によって分断されてしまう”・・・という構図を招くのです。


第2次世界大戦から4年後の1949年NATO(北大西洋条約機構:アメリカを中心とする反ソ軍事同盟)結成。
その6年後、1955年には、ワルシャワ条約機構(ソ連と東欧諸国の8か国による軍事同盟)結成。
世界は、アメリカを中心とする資本主義国家とソ連を中心とする社会主義国家に二分されるようになります。
静かに睨みあうアメリカとソ連・・・
そこで起こったのは・・・朝鮮戦争。

第2次世界大戦後の朝鮮半島は、38度線で南北に分け、ソ連とアメリカが占領。
3年後の1948年にアメリカ占領地域で大韓民国成立。(大統領:李承晩)
同じく1948年にソ連占領地域に朝鮮民主主義人民共和国(首相:金日成)が成立します。

朝鮮は、もともと1910年に日本の植民地となりました。
太平洋戦争が終わり日本の支配が無くなり・・・朝鮮半島をどうするのか?
というときに・・・話し合いの結果、朝鮮を独立国家にすることが決まっていましたが・・・

敗戦間直の1945年8月8日に日ソ中立条約を破り、ソ連が対日参戦します。
満州国・朝鮮に侵攻しました。
1945年2月ヤルタ協定で米・ソ・英の間で密約されたことです。
朝鮮をどんどんソ連が制圧していく・・・これにあせったアメリカは、二つに分けて統治しよう・・・将来的には一つに・・・。

話し合いをしても決着はつかずに、それぞれの主義をもった国が登場してしまいました。
数年後・・・アメリカもソ連も撤退し・・・
半島統一の為に戦い北朝鮮・金日成に対し、ソ連のスターリンは・・・
アメリカとの戦争を危惧して許可しません。
しかし1950年・・・ついに許可をします。

なぜスターリンは北朝鮮の韓国侵攻を許したのか?
①ソ連が核開発に成功
②1949年中華人民共和国成立
③1950年アチソン演説(アメリカ不介入)
1950年、アメリカのアチソン国務長官が行った演説で・・・
アチソン・ライン(不後退防衛線)というのを示します。
これは日本やフィリピンを含むアメリカが責任を持つ郡司防衛ラインのことです。
そこに朝鮮半島は含まれていなかったのです。
必ずしもアメリカの朝鮮戦闘介入を否定したものではなかったのですが・・・


1950年6月北朝鮮が韓国に侵攻。
その数日後、アメリカが参戦。
予想外のことが起こった北朝鮮・・・
アメリカは国連を利用して、アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・トルコ・・・国連軍を構成します。
実際はアメリカ軍が主体でしたが・・・。

中国は、人民解放軍を使ってまたもや南下してきます。
丁度38度線で膠着状態になってしまいました。

tyou.png

大国の思惑によって民族が分断された瞬間でした。
同じ民族同士が血を流し・・・今もまだ国が・・・民族が分断されています。

これは、世界大戦につながる可能性がありました。
マッカーサーは、満州地域を空襲しようとか、原爆を落とそう・・・と、提案していましたが・・・トルーマン大統領は、38度線を守れればいいのでは???
と、意見が相違し、マッカーサーは解任されました。
この時アメリカが攻撃していれば、第3次世界大戦が勃発していたかもしれません。


ベトナム戦争は・・・
ベトナムは、フランスや日本に1945年まで占領されていましたが・・・

1945年9月2日革命家ホー=チ=ミンが、ベトナム民主共和国建国を宣言。
しかし、フランスが戻ってきます。
南部の肥沃な地域が欲しかったようです。
傀儡政権を南政権に作ります。
しかし、インドシナ戦争に負けることとなるフランス。
ベトナム撤退などを定めた条約を・・・
1954年ジュネーブ休戦協定が結ばれます。
統一国家をつくっていこうとなっていましたが、これをアメリカが容認しませんでした。
もし南ベトナムを含むベトナム全土が共産主義になってしまったら???
カンボジア・ラオス・・・他の国々が、共産主義になってしまうことを恐れたのです。

フランスに勝利をおさめながらも、北緯17度で南北に分断・・・

beto.png

ベトナム戦争はどのようにして始まったのでしょうか?
アメリカは、もともと支援だけ・・・
北ベトナムが南へ南へと・・・進んできたので、なし崩しに始まってしまいました。
始まったのはいつか分からない・・・というのがベトナム戦争の特徴ですが、1965年に北爆し、本格的な軍事介入が始まりました。
アメリカが南ベトナムを支援し、北ベトナムの爆撃を開始・・・北ベトナムにはソ連と中国がつき、南北の争いは激化していきます。

どんどんアメリカ兵、韓国兵・・・
共産主義化を防ごうとします。
ジャングルを丸裸に!!
枯葉剤をまいて・・・泥沼の戦争を始めます。

勝ったのは、北ベトナム・・・
アメリカは撤退し、北ベトナムの政府が誕生します。
アメリカは、大量の兵を投入しながら、敗れることになったのです。

大国の思惑で始まった戦争でしたが、そこには新しい形の戦いが・・・

ベトナムの民族自決・・・独立戦争でもあり、大国・アメリカとも戦っていく!!
アメリカ・日本でも反戦運動が起き、アメリカ・ソ連・中国などの大国の思惑も外れたものになっていきます。


当時の社会では、社会主義・・・共産主義化・・・などを持っていたソ連と、自由主義のアメリカ・・・今では考えられないイデオロギーの戦いがそこにはありました。


なぜ冷戦下で戦争が起きたのか?
戦争とは、大国の思惑によって引き起こされます。
大国が大きく変わらなければ、これからも連鎖していく・・・
その連鎖はなかなか止めることは出来ません。

20世紀は、大国の思惑と、戦争を支持した民衆の悲劇の時代でした。

池上彰の現代史講義~東西冷戦とベルリンの壁崩壊~はこちら

ブロークンアローはこちら

↓ランキングに参加しています。黒ハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ

【総額2500円以上送料無料】ポスト冷戦時代のロシア外交/伊東孝之/林忠行

価格:7,140円
(2013/5/15 18:12時点)
感想(0件)


冷戦下・アメリカの対中東戦略 [ ジョージ・レンツォウスキー ]

価格:4,200円
(2013/5/15 18:12時点)
感想(0件)


池上彰 世界を行く2011 ~アメリカ・シェールガス大国の現場~
【送料無料】 ニュース年鑑 2011 / 池上彰 イケガミアキラ 【単行本】
【送料無料】 ニュース年鑑 2011 / 池上彰 イケガミアキラ 【単行本】
一面の草原地帯に大きな機械が・・・。
そこは、新しい天然ガスを取り出すための井戸を掘っている場所です。
革命を起こした天然ガスの採掘現場です。
従来の天然ガスとは違う新しいシェールガスを地下から掘り出すための井戸を掘っているのです。

シェールガスと従来の天然ガスの違いは?

従来のガスは、地上から穴を掘れば必然的に出てくるものです。
シェールガスは、シェール層の中に薄く閉じ込められているガスの事です。
シェール層とは?
シェールとは、頁岩の事です。ミルフィーユ状のところに薄くたまっているのです。

今までは、ガスがあることは解っていましたが、取り出すことが出来ませんでした。
ところが、最近取り出す技術が開発されました。

この新しい技術とは・・・
一旦穴を掘って、シェール層までたどり着いたら、
シェール層に沿って掘る技術と水圧でひび割れを作る技術を使って採掘するのです。

アメリカのREX社が運営しています。


垂直に掘ること2.5キロメートル。その後、シェール層に沿って1.5キロメートル。パイプをどんどん繋いでいきます。
一つの井戸を掘るのに使用するパイプは約450本。
ドリルの先にはダイヤモンドがついています。

これには、日本で最初にシェールガス開発に着手した住友商事も出資しています。
シェールガスの魅力は・・・。
従来の天然ガスは、あると思って掘っても実は無かったり、少ししか出なかったり・・・ということが多々あります。大変ハイリスクな事業と言われています。

しかしシェールガスは、地層に広くガスが分散しているので、どこを掘っても空井戸がないというところが投資をしやすく魅力的なのです。

おまけに、シェールガスの埋蔵量が大変大きなものだと分かってきました。
このガスをLNGとして日本に輸出する可能性も十分に出てきました。
アメリカ政府の許可が出つつあるという状況です。

では、シェールガスはどのくらいあるのでしょうか?
ペンシルバニア州・ニューヨーク州・オハイオ州・ウエストバージニア州・・・日本の本州と同じくらいの埋蔵量があります。
その他にも、埋蔵が確認されている場所が沢山あります。アメリカは、シェールガス大国なのです。

今世界では、エネルギー革命が起きつつあります。

池上彰の現代史講義・第一集 DVD全9巻<分割払い>【smtb-S】
池上彰の現代史講義・第一集 DVD全9巻<分割払い>【smtb-S】
↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

このページのトップヘ