日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:ギリシャ

池上彰の「世界が変わる!」 [ 池上彰 ]

価格:1,296円
(2014/12/30 07:51時点)
感想(4件)



ユーロは共通通貨です。
お金はそれぞれの国独自のモノですが・・・。
いくつもの国が同じ通貨を使おうとしたのです。

2011年~13年にかけて、大変なユーロ危機がありました。
ユーロの価値が落ちてしまったのです。
ユーロに変わる世界の信用できる国のお金・・・世界中の投資家が円を買いました。
それによって激しい円高となり=日本経済が落ち込む結果となりました。
ユーロ危機になると日本経済が大打撃を受ける・・・。

EU諸国は、海外からモノを輸入する力が失われ・・・中国から欧州向けの輸出が減りました。
中国は日本からモノを買って加工して欧州に売っていたので・・・日本から中国への輸出も減ってしまったのです。

東南アジア各国も欧州に大量の品物を輸出しています。
アジア諸国も日本から部品などを輸入してそれを欧州に売っています。
結果的に、日本はアジアへの輸出も減ったのです。
ユーロ危機の結果・・・日本経済も大打撃を受けたのです。

このユーロ危機は、ギリシャから始まりました。
2009年10月、ギリシャで政権交代がありました。
その結果、”国家財政の粉飾決算”が明るみに・・・。
国家レベルで赤字を隠していたのです。

ギリシャの財政赤字はどのくらいの比率かというと・・・
GDPの4%・・・と発表していたものが、実際は、13%近くであることが解ったのです。
その後・・・EUとして調べた結果・・・13.6%であることが解りました。
格付け会社がランクを下げていきます。

ギリシャの国債を誰も買ってくれない・・・
年利が30%超の金利をつけないと売りに出せなくなりました。
ギリシャの財政破たんとなってしまいました。
ギリシャの信用はがた落ち・・・
ユーロを使っている他の国が「ギリシャを救済しよう」ということになります。
ヨーロッパの中で経済力があるのはドイツ・フランス・・・
が、お金を出して、ギリシャの国債をみんなが買える仕組みを作りました。
金利が下がって・・・ギリシャが借金をできるようになりました。
ギリシャでは・・・年金制度が手厚く、60歳まで働かなくても辞めた時の満額もらえていました。。。
ギリシャは国家公務員の数が多く・・・年金を治めるのが嫌な国。。。
大勢の人が脱税をしていました。

ドイツやフランスが指示し・・・年金を大幅に削減しようとします。
激しい反対運動が起きました。
これがヨーロッパの”北と南”の対立に発展していきます。
次々と南部の国が経済危機に陥る中・・・北部が何故助けないといけないのか??
南北対立が激しくなっていくのです。

PIGS・・・P(ポルトガル)・I(アイルランド)・G(ギリシャ)・S(スペイン)が財政状態が悪かったのです。
現在はPIIGSとなり・・・イタリアが入りました。
南ヨーロッパ・ラテン系の国々で、財政状態が非常に不安定となったのです。

民族性・・・文化・・・いろいろ違います。
ヨーロッパは、北の方・・・寒い方に行けばいくほどまじめで良く働く国なのです。

ギリシャには経済支援を行うことになり、スペインの支援も終わりました。
が・・・スペインの失業率は26.7%。
若者に関しては、5割失業している?という状態が続いています。

ヨーロッパを一つの国にしようという大きな理想のもとで進められてきたEUへの道が岐路に立たされています。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

これで世の中わかる!ニュースの基礎の基礎 [ 池上彰 ]

価格:699円
(2014/12/30 07:53時点)
感想(5件)

池上彰の「日本の教育」がよくわかる本-【電子書籍】

価格:556円
(2014/12/30 07:53時点)
感想(1件)

知らないと恥をかく世界の大問題4 日本が対峙する大国の思惑 角川SSC新書

新品価格
¥840から
(2013/5/30 16:38時点)



ギリシャ共和国・・・面積は日本の1/3、人口は1132万人、首都はアテネです。
2009年10月発足したパパンドレウ政権が、財政赤字の大幅修正を発表。
以降、ギリシャ財政は危機に陥りEUやIMFが支援を行ってきました。

アテネで有名なのが・・・アクロポリス・パルテノン神殿。。。
5000年の歴史を持つギリシャは、色々な発祥の地として有名でした。

例えば・・・マラソン発祥の地。
ペルシャ軍との”マラソンの戦い”で勝利をおさめたことを伝えるために兵士がアテネまで走ったことに由来します。
3000以上の島がありますが、そのうち最大の島はクレタ島。
ここはオリーブ発祥の地で・・・最古のオリーブの木も現存しています。
オリーブオイルは、ギリシャ料理には欠かせません。
そして・・・哲学の発祥の地で・・・議論するのも大好きです。

エピダウロスは・・・医療の発祥の地で・・・2500年前から治療が行われていました。
アテネから離れてはいますが、薬草が豊富にあったこの地が医療に最適だったと思われます。
患者を寝かせていたベッドを「クリーニ」とよんだのが・・・クリニックの語源となったのです。
劇場や運動場もあり癒されます。

ギリシャの古代劇場が語源とされるのは・・・
舞台の客席側の半円部分をギリシャ語で「オルケストラ」といい、そこから「オーケストラ」という言葉が生まれました。

経済危機は・・・増税・年金カット・公務員改革・・・いろいろ行っていますが・・・。
なかなか進んでいません。
4月の失業率は22.5%、職業安定所に足を運ぶ人が後を絶ちません。
不動産価値も下がる一方で・・・アテネに2000件あった不動産会社は400件にまで激減しました。

歴史ある美しいギリシャ・・・。
ギリシャはEUを抜けたくないし、EUも抜けてもらいたくないと思っています。
それはギリシャが抜けると・・・次は???
となるので、せっかくのユーロがバラバラになってしまうからです。
ギリシャがEUに入りたかったのは・・・
観光客が来やすくなって、借金がしやすくなるということだったのです。

日本は、ギリシャの事を反面教師としながら財政赤字について真面目に考えなければなりません。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村
 
社会・経済 ブログランキングへ

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)

聞かないマスコミ 答えない政治家

新品価格
¥1,050から
(2013/5/30 16:41時点)

池上彰の世界を見に行く・今さら聞けない円高です。

去年、円高で損をした人がいます。

日本ハムのダルビッシュです。あせあせ(飛び散る汗)

2006年に松坂がレッドソックスへ行った時、西武には5111万ドル、約60億円支払われました。が、2011年のダルビッシュは、円高だったので、5170万ドルと、松坂より高かったにも関わらず、日本ハムには40億3300万円しか支払われないのです・・・。ってことは、損をしたのはダルではなく、日本ハムなのね・・・。ま、ここまで来ると、凡人にはわからない金額ですが。

では、もっと庶民的に・・・。円高なのにガソリンが安くならないのは?
原油価格は2009年11月で78ドル/1バレルだったのに、2011年11月には97ドル/1バレルと、高騰しているから。円高のお陰で値上がりしないで済んでいるという状況です。

では、通貨のおさらいを。

世界三大通過は、ドル・ユーロ・円で、流通量の7割を占めています。これは、国際通貨と呼ばれ、国際的に信用が高く、貿易などで使われる通貨のことです。その中でも、最も力があるのがドルで、基軸通貨といわれています。

この基軸通貨、第二次世界大戦まではポンドでした。なぜ、ドルになったのか?それは、世界で唯一戦場になる事のなかったアメリカに、世界中の金が集まってきました。兌換性からも、そして、軍事力からも信用が高くなったからなのです。

では、世界経済的には・・・。

揺れるユーロ。

ギリシャは、2009年の政権交代をきっかけに、国の粉飾決算が判明。ギリシャはユーロに参加したかったので、赤字を隠していました。財政危機に陥ったギリシャ、国債の利息は益々増えていき・・・益々返せない悪循環に陥っています。

そうして、「ユーロって大丈夫?」投資家の不安は広がります。
その火は、ポルトガル・アイルランド・イタリア・・・。各国に飛び火しました。

しかし、イタリアは大国なので、かなり深刻です。よく言われるのが・・・

P・・・ポルトガル
I・・・イタリア
I・・・アイルランド
G・・・ギリシャ
S・・・スペイン

この国が、財政危機が深刻化している国です。発端はギリシャでしたが、ユーロ圏第三位の経済規模を持つイタリアに飛び火したのが、余計に深刻化を招き、ユーロ圏の存続の危機に陥っています。
スペルは違いますが、「豚のよう」と、皮肉ったものです。

イタリア・・・世界第8位の大国は、今どうなっているのでしょう?

観光客は来るものの、世界的不況でお客も買い控え、地元の人たちの商店街にはシャッターが目立ちます。ブランド志向のイタリアでも1ユーロショップが流行っています。それは、化粧品でさえも・・・。
しかし、それは、中国製品ではなく、殆どがユーロ圏で製造されたものです。なんとか、頑張っています。

しかし、農村部では、イタリアからの独立を主張し、独自通貨の発行を試みる村が出てきています。

失業率は8.5%、しかし、25才未満の失業率は29.2%。これが華やかに見えるイタリア経済の真実なのです。

国が抱える問題は山積みで、
  イタリアの国会議員   953人/人口  6000万人
  日本の国会議員     722人/人口1億3000万人

脱税は多く、金持ちほどやっていて、GDPの27%は、税申告されていないといわれています。

イタリアの抱える最大の問題は、国債。
GDP比は、
  ドイツは87%、イタリアは129%、日本は212.7%です。日本が大問題にならないのは、殆どが日本人(銀行や郵便局)が持っているからです。外国人が持っているのは8.2%。それに比べて、イタリアは、51.2%も外国人が持っています。それが、問題なのです。

最近では、イタリアの富裕層を中心に購入者が増加、わずか1日で半年分の売り上げを記録しました。
その為、7%あった利回りも、一時5%にまで回復しました。

では、このイタリアの国家破綻の危機は、日本にとってどんな影響があるのでしょうか?

ちなみに、最近のデフォルトした国は・・・。
1998年  ベネズエラ、ロシア、ウクライナ
1999年  パキスタン
2001年  アルゼンチン
2003年  ウルグアイ
2008年  エクアドル      がしています。

ロシアやパキスタンなんて、核開発しなければいいのにね・・・。

イタリアやギリシャの国債の多くは、ドイツ、フランス、ベルギーが持っています。破綻をした場合、このあたりが大損をして、銀行が破綻→企業が倒産→中国の輸出産業が打撃→東南アジアが打撃→日本のものも売れなくなる・・・。

ということで、世界経済がもっと冷え込むことになります・・・。

ユーロは、ヨーロッパ全体を一つの国にしようという理想から始まりました。第一次世界大戦、第二次世界大戦、戦争をなくそうとEUが出来、それがユーロに・・・。急いで理想に突っ走ってしまった結果が今といえるでしょう。今年はどれだけ回復できるのでしょうか?

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村


ヨーロッパの真ん中で、独自通貨を貫く国があります。それは、スイス。面積4万平方㎞(九州とほぼ同じ)人口770万人です。小国ながら、誰もが知る金融立国です。ここに、円高時代を賢く生き抜くヒントが・・・?

スイスがEU,ユーロに参加しない理由は、永世中立国だからです。永世中立国とは、どのような戦争でも中立の立場をとる、どのグループにも属さない国。それは経済もまた然りで、国連加入は、2002年です。

永世中立国といっても、非武装の絶対的な平和ではなく、武装立国で、国民皆兵となり、30歳以下の人は毎年2週間徴兵されます。

スイスだけスイスフランなので、交通の要所、駅には必ず両替所があります。そこでは、スイス国鉄の定期を持っていると手数料ナシで両替してくれます。その数、150以上、殆どの国の通貨に換えてくれます。

また、直接民主主義の国でもあるので、駅に投票所があります。月に1回のペースで、投票が行われています。

金融立国のスイス、チューリヒの金融街には、もちろん、UBIとCREDIT SUISSEが。私達がいつも言う「スイス銀行」という銀行はなく、それは、個人の資産をお金を預かって運用するプライベートバンクの総称です。中小規模の銀行が多数存在しています。そうしてこのプライベートバンクが、富裕層向けの資産運用を行っています。

このプライベートバンクの特徴は・・・
①最低預金額が1000万円
②匿名で口座が開設できる
③高い守秘義務        です。

世界中のお金持ちの信用を得ているため、世界の預金額の23%が集まっています。その結果が、スイスフランの信用へとつながり、スイスフランは「金よりかたい」非難通貨といわれています。

スイスフラン高のため、スイス人は土日になるとユーロ圏の国に買い出しに行きます。ハムやソーセージなどの加工食品はスイスの半額、日用品も3分の1で買えるそうです。

スイス政府は、スイスフランが」高騰した場合、(1ユーロ=1,2スイスフラン)無制限にユーロを買うという無制限介入宣言をしました。これに投資家が反応して、スイスフランは上がらなくなりました。言うだけ作戦です。

これを日本がしようとすると、アメリカなどから「為替はマーケットに任せるべきだ」と、批判を受けるのですが・・・。スイスは、どこの国とも連合を組まないからできる。いろんな国の意見は聞かなくていい!というしたたかな国なのです。

スイスの世界最大規模の銀行USBグループ、UBS通貨アナリストのトーマスさんによると・・・

2012年のユーロ危機の展開は・・・。
ギリシャは結局借金を返せずに破綻・・・。ヨーロッパ中が不景気に。
USBとしては、顧客から預かった資産を安全に運用しなければならないが、ユーロ危機が起きている中で、どのように安全に管理し、増やそうとしているのか。。。。

$やユーロ以外、例えば、オーストラリア$、スカンジナビア、円をアドバイスするそうです。
スイス国内の人には、スイスフランのままをお勧めします。
円高なのに円を買う?投資家達にこの考えがなくならない限り、円高は続きます。$もユーロも不安となれば、3大通貨の3番目、円に非難してきます。日本円は”雨宿り通貨”と呼ばれています。

今後世界を変えていく通貨としては、中国の人民元。「中国でしか使えない」訳ではなく、世界の中で人民元決済の貿易額は・・・。
2009年          36億元
2010年        5063億元
2011年(~10月)1兆6969億円   普通はドルで貿易決済するのですが、すごい勢いです。

ベトナム、ミャンマー、ラオス、ナイジェリア・・・人も物も、中国の流入は止められません。ドルが揺らいでいる今、人民元で取引したいというニーズは増えています。今は、ドル取引が主流ですが、貿易相手が中国ならば、人民元のほうがスムーズに行えます。人民元は、アジアの基軸通貨になりつつあります。

この人民元、本来だと人民元高になるところですが、中国政府が為替介入をして1日の変動を±0.5%以内に抑えているのです。そうでないと、マグロがまだまだ高騰してしまいます。

つまり、通貨というのは、経済力を背景にしていますが、その向うには政治力、国民の覚悟が存在するのです。また、それによって、経済力が決まってくるといえるでしょう。私達国民全体の力が必要です。先ずは、経済ニュースに関心を持つのが一番でしょう。

先送りできない日本  ”第二の焼け跡”からの再出発 (角川oneテーマ21) [新書] / 池上 彰 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)
先送りできない日本 ”第二の焼け跡”からの再出発 (角川oneテーマ21) [新書] / 池...


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

今回は、「ユーロ」の未来予測でした。

10月19日、ギリシャの首都アテネに全国の労働者が集まりました。集めたのは、ギリシャ最大の労働組合・ギリシャ公務員組合連合の事務局長・イリアス・イリオプロスの呼びかけによるものでした。

巨額の財政赤字に苦しむギリシャ。国際社会は、多額の資金援助を申し出ましたが、ギリシャは大規模な労働者のリストラを要求されていました。

反発した人が、国会議事堂に集結、ギリシャ史上最大の50万人に膨れ上がりました。48時間に及ぶデモは、暴動という最悪の結果に終わりました。

ギリシャの混乱は、ヨーロッパ全土に波及し、そしてそれは世界へと・・・。

このギリシャを資金面で支え続けているのは、ドイツですが、何かにつけて対立しています。その激しい対立の影には、ヒトラーの姿が。。。?

そう、今、ヨーロッパの混乱を複雑にしているのは、ドイツがギリシャにお金を貸しているからなのです。この対照的な位置づけにある二大主役にスポットをあてます。

まず、国力には桁違いの差がありました。2人はアリとキリギリスの関係でした。そのキリギリスの実態とは?

驚きの実態として、医療保険を騙し取っている人々がいます。小さな島をモデルにすると、これは事実で、不正受給者は島民3万人のうち607人、月にしてひとり7万6千円を受給しています。
この市民の不正が、国を圧迫しているのです。

次に、公務員天国です。100万人、これは労働者の25%に当たります。
ちなみに、電話局の給与明細は・・・
基本給17万1千円。以外に、30項目の手当がつき、計、38万2千円。これは、民間企業の平均給与の3.5倍に当たります。この手当てには、バスのエンジンをかけただけで手当てとか、子供の塾代を出すところもありました。携帯は使いたい放題は当たり前でした。

EU,IMFからの支援条件は・・・。
  給与の削減・賞与の廃止
  年金受給の削減
  3万人を1年以内に削減

でした。これには警察官のデモまでできる始末。

ギリシャの債務残高は、
  3300億ユーロ(約35兆円)これは、対GDP比157,7%になります。

ギリシャへの金融支援(EU.IMF)は
  第一次支援策 1100億ユーロ(約12兆円)
  第二次支援策 1590億ユーロ(約17兆円)を追加しました。

このうち国別負担は・・・
  ドイツ  約28%
  フランス 約21%
  イタリア 約18%
  スペイン 約12%
ドイツは、第一次2兆3400億、第二次2兆3200億と、とても思い負担です。が、イタリアやスペインまで負担しているという恐ろしい状況です。つまり、財政危機から他人を救うために、財政危機に陥るユーロ圏の人々がいるのです。

しかし、ドイツにはこういうことをやらなければならない状況がありました。それは、歴史を振り返ってみるとわかります。

1952年 ECSC(石炭鉄鋼共同体)発足
1967年 ECで、関税同盟などに発展
それを経済強化するために、
1993年 EU発足(12カ国)
      単一通貨ユーロの創設を明記
1999年 11カ国でスタート(現17カ国)

では、なぜ単一通貨を造ろうとしたのか?
  為替リスクをなくすため
  両替を減らすため・・・色々ありますが。

①ドルに対抗する通貨を作るため
②統一ドイツを封じ込めるため  でした。

ベルリンの壁が崩壊し、ドイツが統一を機に東欧へ勢力拡大しないか、ヨーロッパの国が恐れたことが、ユーロ導入の最大の要因でした。

もし、統一ドイツが出現することがなれば、今でもユーロは誕生していなかったのかもしれません。

しかし、当時はまだ、ドイツに対するアレルギーが強く残っていました。経済的理由からではなく、政治的理由だったのです。

経済的な条件が整っていないのにやったので、今のような問題が起きたのです。

70年前の悲劇・・・ナチスドイツはギリシャにも侵攻しました。30万以上の犠牲者を出しました。ドイツがギリシャに支援を惜しまない理由は、そういった消えない罪の意識からでした。

でも、悪夢から66年、ドイツの若者達はあの戦争を知りません。

2001年 ギリシャがユーロに加盟したことで、通貨の信用が格段に上がります。
ドラクマの国債の金利は13~14%でしたが、ユーロの国債の金利は3~4%だったのです。低い金利で借金ができるようになりました。

ギリシャはアテネオリンピックを1兆円を超える借金で開催しました。これは、ユーロの信頼のおかげです。あれから7年・・・借金まみれの国が残ったのでした。

考え方がまるで違う者同士が、同じユーロを使うなんて、本当は無理なのかも知れません・・・。

未来予測は・・・。
「単一ユーロ消滅」です。 
政治の都合だけで単一通貨に突っ切った、それに対する経済の側からの大いなる襲撃がどんどん高じてきて、どう見ても続かないところに来ているのです。

そうなると、世界中がリーマンショックの比ではなくなるでしょう。大混乱に陥る可能性があります。

ユーロの消滅をどうしても回避したいなら・・・
ユーロ圏をメジャー・マイナーの二つに分けることです。
調子が悪くなった人はマイナーリーグに行って、調整し、また戻ってくる。こうするならば、ユーロ消滅を回避できるかもしれません。

経済って難しいです・・・。(TmT)

いつも書いてしまうのですが、やはり、勝てば官軍でしょうか?
いつも日本の戦争責任と比較する時、ドイツは沢山の賠償金を払っている!!って、言っているように思いましたが、それは私の勘違いでしょうか?

でも、歴史は勝者の歴史。今は、連合軍(国際連合だし)の作った社会だから、彼らの歴史なのでしょう。やっぱり日本は敗者か・・・。でも、勝者になるためには戦争が必要なのなら、敗者で十分ですよね。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このページのトップヘ