日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:三内丸山遺跡

秋田県と青森県の県境に広がる白神山地・・・
平成5年、1993年に登録された日本初の世界自然遺産のひとつです。
人間の影響をほとんど受けていない世界最大級のブナの森は、神々の住む森として、アニメ映画「もののけ姫」のモデルとなったともいわれています。
美しく澄んだコバルトブルーの青池・・・神が宿っているような厳かで清らかな自然がそこにはあります。
しかし、今から1万年以上前、ここに縄文人が暮らしていたことはあまり知られていません。
白神山地の東の玄関口・青森県中津軽郡西目屋村・・・ここで、20003年~大規模な発掘調査が行われました。

縄文遺跡のある青森県中津軽郡西目屋村・・・およそ1400人の小さな村です。
ここに建設されたのが、県内最大の津軽ダムです。
総貯水容量は、東京ドームの113.6杯分で、1億4090万㎡です。
津軽白神湖と名付けられたそのダム湖の向こうには、白神山地が広がります。
4月から10月まで運行されている水陸両用バスに乗って、ダム湖を周遊すれば、ダム湖の上から雄大な景色を望む事ができます。

その津軽ダムの底に眠るのは、白神山地東麓縄文遺跡群です。
現在確認することができる遺跡は、ダムの水量が少ない時にだけ見える竪穴住居の柱の跡です。
しかし、もともと心美は18もの縄文遺跡が存在していました。
そのうち17の遺跡の本格的な発掘調査が津軽ダムの建設に伴って開始され、12年に及ぶ調査で発掘されたのは、段ボール箱1万5千個分の遺物でした。

そしてすべての発掘調査が終わった翌年、遺跡群はダムの底へと沈んだのです。
出土した遺物の多くは、青森県埋蔵文化財調査センターに保管されています。
その中に保管されている出土品は膨大です、縄文時代草創期から晩期まで、縄文時代各時期の遺物が出土しています。
一説に、縄文時代は1万3千年以上あったとされ、6つの時期(草創期・早期・前期・中期・後期・晩期)に分けられています。
白神山地からは、すべての遺物が出土しているのです。
中でも最も古いものが、草創期の隆起線文土器の破片です。
隆起線文土器は、粘土ひもを張り付けた縞模様が特徴の土器で、1万2000年以上前に作られた器です。

また、もっとも新しい縄文時代晩期は大型遮光器土偶で、3000年前のものです。
こうした調査の結果、草創期から晩期までが発掘された白神山地の東麓には、縄文時代全般にわたって人々が暮らし続けていたことがわかったのです。
このような縄文遺跡は、他に類を見なく、考古学上きわめて貴重な遺跡・・・大発見でした。

白神山地東麓縄文遺跡群の中に、捨て場があります。
調査の結果、クリ・クルミ・トチの実などの殻が大量に出土、ツキノワグマやカモシカの骨も・・・!!
そして不思議な土器まで出土・・・人と獣の顔が一緒についた土器です。
どうしてこのような土器を作ったのでしょうか?
獲物となる動物を作ったもので、縄文人たちは自然の中に食料を求めていました。
命をいただくことを・・・ツキノワグマへの畏敬の念を込めて、土器を作ったのではないか??と思われます。

彼等がそこに住み続けたのは、獣・木の実などの食料、水・・・
白神山地の麓は、自然の恵みに満ちた場所だったのです。
そして周りの集落がなかったので、自然の恵みを独占できたのです。

縄文人たちは、白神山地から流れる岩木川で、アユ・イワナ・カジカ・ウグイ・・・川魚をとって食べていたようです。
これもまた、白神山地の恵みです。
しかし、ニシン、ホシザメなどの海の魚も発見されています。
さらに、赤貝などのの海でとれる二枚貝でつけられた文様の土器も発見されます。
skら神産地の東の麓から日本海までは約30km・・・
道中は険しい山道で、そう簡単には行き来できないような感じですが・・・どのようにして海の魚や貝を手に入れていたのでしょうか?
縄文人は山の中に住んでいても、山に籠っていたわけでもなければ、自給自足だけで生活していたわけでもありません。
海の人と交流をもって生活していたのです。
二枚貝で模様をつけたの土器は、早期のもので、白神山地の縄文人たちは少なくとも7000年以上も前から海辺の人と交流し、様々な産物を物々交換で得ていました。
さらに・・・クボガイ蓋の化石・・・クボガイは、巻貝の一種で、こぶりながら濃厚・・・
白神山地の人々も食べていたようですが、フタが発見されたということは、むき身にした貝を干して運んだのではなくて、生きたまま海辺から運んで食べていたことがわかります。

経済行動ではなく、人間同士の交流が具体的に見えてきます。

遺跡から新潟県産のヒスイや、長野県の黒曜石の壮士食品が出土したことから、縄文人たちの行動範囲がかなり広かったことがわかります。
日常に使う道具も遠方から入手しています。
石斧もその一つです。
白神山地東麓縄文文化遺跡群から出土したものは、完成品ばかり・・・。
製作途中での失敗作が出土していないのです。
完成品がたくさん出る・・・つまり、ここでは作っていないのです。
石斧は、すべて完成品として運ばれてきたものなのです。
白神山地周辺では、石斧を作るのに適した石が採れません。
良質の石の産地は、北海道や下北半島・・・産地で作られて出来上がったものを使う・・・
そんな合理的な生き方をしていたのです。

他の地域の人々と交流し、豊かな生活をしていた縄文人たち・・・
彼等は、社会性とコミュニケーション能力を持ち、文字が残っていないために証拠はありませんが、言葉を持っていたようです。
さらに、数の概念を持っていて、足し算や引き算だけでなく、掛け算や割り算も使いこなしていました。
それを裏付けるのが、秋田県の大湯環状列石から出土した土版です。

doban











①から⑥までを表す穴があけられていて、計算のための道具では??といわれています。

さらに、青森にある三内丸山遺跡では、縄文人が数を使いこなしていた痕跡があります。
大型掘立柱建物は、柱の間隔が全て4.2mになっています。
縄文時代に長さの尺度があったことを示す証拠です。
その長さの基準は、35cm・・・縄文人たちは、35cmを一つの尺度と考えていました。
他にも35cmの倍数を使った建物が見つかっていて、35cmは縄文尺と呼ばれています。
35cmの意味は・・・??縄文人たちの肘から手首までが35cmだったとも考えられています。

縄文の名付け親は日本人ではありません。
1877年に大森貝塚を発見したアメリカの動物学者エドワード・S・モースです。
モースは、縄目文様の土器を”Cord Marked Pottery”=縄の跡がついた焼き物と呼び、それが日本語で縄文土器と訳されたことが始まりでした。

縄目文様をつけた理由は滑り止めともいわれていますが・・・
縄目文様のないものも多く、ハッキリとはわかっていません。
しかし、土器がつくられるようになったことで、煮炊きができるようになり、彼らの食事が格段に豊かになりました。
その他にも、土器は儀式の道具として用いられたり、子供の棺として使われたりと、用途は多様で、縄文人たちの生活は、土器と共にありました。
縄文時代全般にわたって生活していた白神山地でも、様々な土器が発見されています。
掌におさまるような小さな土器・・・前期~中期に作られたミニチュア土器は、祭壇のお供え用?子供用に作ったおもちゃではないか?と考えられています。
後期から晩期に作られた注口土器は、注ぎ口が男性器を模したものになっています。
しかも、同じようなものがいくつも発見されています。
どうして・・・??
土器は女性が作るもので、遊び心からできたものだと思われます。
その遊び心が・・・人面付き土器・・・その表情は仏様のように穏やかです。
そして性器つけたことで、土器を人間的に扱っているのです。
土器を擬人化して楽しんでいた女性たち・・・
しかし、この世紀をつけるのは特定期しかなく、流行り廃りがあったようです。
当時の女性も流行には敏感だったのです。

暮らしに大切な土器は、壊れることも日常茶飯事・・・
縄文人たちは、修理をしながら大切に使っていました。
そして、その修理には、接着剤を使っていました。
アスファルトを使って修復した土器も出土しています。
天然アスファルトは、石油の成分などが地熱によって蒸発し、その残留物が化学変化を起こしてできた物質で、粘着性が強く、冷えると石のように固まるため、縄文人たちは接着剤として日常的に使っていました。
このアスファルトは、日本海側でしか採れません。・・・山形県、秋田県、青森県、北海道かた採ってきて、土器、土偶、を修復していました。
あとは、石鏃をアスファルトを使って柄にくっつけていました。
天然アスファルトと共に、縄文人たちが重宝していたのが漆です。
様々な木の漆器はもちろん、前面に漆を塗った土器も出土しています。
縄文人たちは、漆に防水、防菌の効果があることを知っていたのだと思われます。
また、遺跡からは朱色の漆が塗られた櫛も発見されています。
もともとは鮮やかな色合いで・・・当時、櫛は髪飾りとして使われていました。
作るのは、漆はかぶれるので、漆を採る集団、漆器を作る集団が存在していました。
縄文人たちは、特技を生かした分担・・・今でいう職業があったのです。
そしてひも状の針葉樹の木の皮を縦横交互に編んだポシェットのような籠、5500年前のものが発見されています。
発見された当時、そこにはクルミの殻が一つ入っていました。
縄文人たちは、様々な道具を編み出して、生活を豊かにしていたのです。

縄文時代の遺物といえば・・・土偶です。
姿や大きさはさまざまですが、女性の姿をかたどっていて、妊婦が多いのが特徴です。
縄文人たちの祈りの道具といわれ、祈りの造形といわれていますが、明確な根拠があるわけではなく、その制作目的は今もって謎です。
造形美に優れたものも多く、国宝に指定されているものもあります。
白神山地からも多くの土偶が出土し、その数は500点以上です。

土偶の中には犬もあります。
多くの縄文人たちは犬と暮らし、私たちと同じように心を通わせていました。
しかし、ペットではなく狩りを一緒にする生活のパートナーでした。
縄文犬は、体高約40cmで、脚が太く短く、身体がしっかりしていて、現在の柴犬や狐のような感じでした。
そんな縄文犬・・・青森県七戸町三ツ森貝塚から発見された縄文犬は、骨がすべてそろっています。
人の手によって手厚く埋葬されていました。
骨折の跡もあるのですが、治っているので手当をしてもらっていたと考えられます。
このような縄文犬の骨は、全国各地から発見されていて、中には人の骨と一緒に埋葬されていたものもありました。
縄文人にとって犬は大切な家族であり、良きパートナーだったのです。

温帯性の落葉広葉樹・・・ブナがここに生え始めたのは、氷河期が終わり日本が温暖になってきた約8000年前・・・
それからまた悠久の時を経て、広大な森となったのです。
白神山地の麓に縄文人たちが暮らし始めたのは1万2000年前・・・。
縄文人たちは、ブナの木が生える4000年前から白神山地の麓で暮らしていたのです。
ブナの森の誕生を目撃し、その成長と共に生きてきた縄文人たち・・・。

彼等はブナの森の形成にどのように携わってきたのでしょうか?
狩猟、採集などの自然に身をゆだねるしかなかったと考えられていた縄文人たちですが、自然をコントロールするすべを持っていたのでは・・・??といわれています。

青森市にある三内丸山遺跡・・・多い時には200人ほどが暮らしていたとされる縄文時代中期の集落跡ですが、この周りにはクリの林があったとされています。
そして遺跡から出土したクリの実を遺伝子分析したところ、その遺伝子構造がほとんど同じでした。
大粒で糖度の高いものばかりでした。
三内丸山遺跡の周りのクリの林は、縄文人たちによって人工的に作られた林であったと思われます。
彼等は、甘くて大きいクリの実のなる木を集落の周りで栽培し、食料用として確保していたのです。

彼等はどうすれば自然のものをうまく使えるか、常に考えていました。
大豆や小豆の原種も栽培しようとしていました。
自然を利用する技術が高かったのです。

ブナの森に対しては・・・??
多くの命を育むのに最適の場所で、多様な哺乳類と鳥類が生息しています。
さらには2000種を超える昆虫類が今も生息しています。
もちろん、木の実や山の幸も豊富で、東北地方の日本海側は、有史以来、干ばつや冷害による飢饉に何度も襲われてきましたが、白神山地周辺では餓死者がほとんど出なかったといわれています。

そこに暮らす者にとって、ブナの森はまさに命の森・・・
この生育に縄文人たちが一役買っていたということはないのでしょうか??
人間がブナの森を作ることはありません。
縄文人たちは自然を支配しようとしているのではなく、あくまでも感謝する・・・
自然に生まれたブナの森を、縄文人たちは侵すことなく見守り続けたのです。

自然への感謝を忘れずに共に生きる・・・それが白神山地に暮らして来た縄文人たちからのメッセージだったのです。
大自然の中に身を置き、敬意を払いながら共存し、遠くの人々と交易しながらないものを補い合い、情報を交換して生き抜いてきた縄文人たち・・・
残された遺跡や遺物を見ると、縄文人たちの生活は豊かで力強く、想像力に富んだものでした。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

日本の世界遺産 15遺産★新品DVD12枚組/高画質ハイビジョンマスター!

価格:3,450円
(2019/11/11 20:15時点)
感想(0件)

【新品】世界自然遺産 DVD15枚組 アジア ヨーロッパ アフリカ オセアニア 北アメリカ 白神山地 キナバル自然公園 ドニャーナ国立公園 バイカル湖 スレバルナ自然保護区 キリマンジャロ国立公園 ニオコロ-コバ国立公園 グレート・バリア・リーフ イエローストーン国立公園

価格:5,800円
(2019/11/11 20:16時点)
感想(0件)

縄文時代の不思議と謎 (じっぴコンパクト新書) [ 山田康弘 ]

価格:1,058円
(2019/1/16 18:10時点)
感想(0件)



青森市にある三内丸山遺跡・・・その広さは、約42ヘクタール・・・東京ドームの9個分です。
国内最大規模の集落跡です。
日本人のルーツである縄文人はどんな生活を送っていたのでしょうか??

1万5000年前から2800年前を縄文時代と言います。
そんな時代(約3800年前)に生きていた縄文人の骨が、北海道礼文島から発見されています。
これから縄文人の顔が復元されました。

kao顔は四角く、目は垂れています。
眉間は出っ張っていて、鼻は高かったようです。
上下の葉のかみ合わせがピタリと合っていました。

身長は・・・
男性が平均158㎝で、女性の平均は153㎝と、小柄だったと言われています。
縄文人たちはどんな暮らしをしていたのでしょうか??

毛皮を着て獣を追いかけて転々としていた・・・??
これは、旧石器時代です。
旧石器時代に続いた氷河期が終わり、温暖な気候の中、家を建てて定住した生活を送っていました。
植物から布を作り、衣類には刺繍が施されていました。

三内丸山遺跡は、縄文前期から後期・・・5500年前~4000年前の物で、1500年もの間永続的に住居を構え、ここで生活していました。
茅葺の竪穴式住居で、直径は4m以内、6帖一間、真ん中に土間、炉の跡があります。
植物を使って編んだ敷物、板、土器、石皿も場所を決めて壁際近くに置かれていました。
三内丸山遺跡では、住居の中で調理をしていた可能性があります。
炉の上の棚は・・・燻製を作っていたと考えられます。
煙が木材をいぶすことで、家の耐久性が増しました。
竪穴式住居の寿命は10年~30年。
4~5人が住むような家族的なものから、大型竪穴式住居までありました。
長さ32m、幅10m・・・300人が収容できる遺跡最大の竪穴式住居です。
集落の中央付近にあったことから、集会所、共同作業所、共同住宅であったと考えられています。

縄文時代は、定住が始まったため、コミュニティが大きくなっていました。
5~10家族ほどの集落があったと考えられ、村社会も形成されていたのです。

富山県小竹貝塚から出土した50歳以上の縄文人骨・・・
大腿骨は大きく変形し、周辺の骨には長期間強く圧迫した跡が・・・これは、大腿骨が骨折し、上手く治らなかったので膝を曲げて足を縛っていたためにできた溝だとされています。
そうした状況にもかかわらず、50歳ぐらいまで生きていたことは、家族や集落の人が支えて生きていたことがわかります。

北海道高砂・入江貝塚では、20歳前後の縄文人骨・・・
骨が細くて歩けないほど・・・子供の頃の小児麻痺だったと思われます。
この人物を面倒を見る環境があったと推測されます。
介護は縄文人の中に芽生えていたのです。

縄文人はどこから来たのか・・・??
我々ホモ・サピエンスが誕生したのは、20万年前のアフリカだとされています。
その後、進化した彼らは、6万年前にアフリカを旅立ち、各地の人類と交わって様々な種族へ・・・
そんな彼らが日本にやってきたのは、4~3万年前の旧石器時代です。

今考えられているルートは3つで・・・
当時はユーラシア大陸と繋がっていました。
人類はそこを歩いてある種族は
①北方ルート・・・サハリンから北海道へ
②東方ルート・・・朝鮮半島から九州北部へ
③南方ルート・・・船を使って南西諸島・東南アジアから九州南部へ

縄文人の特徴から東南アジア人・・・と思われてきましたが・・・
2017年福島県三貫地貝塚で3000年前の縄文人骨が発見されました。
奥歯のDNAが細かく分析できた結果、東南アジアとはかけ離れた遺伝子を持っていました。
現在の説は・・・??

縄文人は、東南アジア系が進化したのではなく、3つの種族がまじりあい独自に進化したアジアでも徳庶な種族ではないか??
そのためか、アジアでも特異な顔だと言われています。

そんな縄文人は独自の文化を築いていきます。
まずは縄文土器・・・
日本で生まれ独自の進化を遂げたものだと考えられています。
最古のものは、青森県大平山元Ⅰ遺跡から出土した16000年前の無文土器で、縄文時代の草創期には縄の文様はありませんでした。
文様が施されるようになるのは、人々が本格的に定住を始めた前期で、三内丸山遺跡ではその土器が多く発見されています。
縄目の模様を中心とした土器から、年度を張り付けた文様に変わっていっています。
模様の種類も100種類以上あります。
どうして文様をつけるようになったのか?何のためなのかはわかっていません。
土器づくりは主に女性の仕事で、鍋などとして日常的に使われていました。
しかし、生活が安定してきた中期には、生活には不便そうな装飾過多な土器が増えてきます。
その一つが火焔型土器です。
火焔型土器は新潟県を中心とする一部でしか発見されていません。
土器には地域性があるのです。
それぞれの地域に、時代によって独特の様式の土器が発達しました。
土器のデザインではなく、地域を主張するアイデンティティだったのです。
模様は単なる装飾ではなく、縄文人の世界観、哲学、思想を表現したものです。
儀礼用の繊細な土器と、日常用の素朴な土器も作っていました。

その暮らしは・・・??
目が覚めると、夜に灰をかぶせておいた火種を起こし、近くの川から汲んできた水を土器に入れ炉でお湯を沸かし、女性たちが子供達と一緒に食事の支度を始めます。
縄文人たちの食べていたものとは・・・??
食糧集め、狩りなどは男性の仕事で、森ではどんぐり、栗、クルミなどの木の実。。。
温暖な縄文時代には、広葉樹の森が増えて、木の実が増え主食となりました。
彼等は草食系でした。
動物性たんぱく質は・・・貝や魚、森での狩りは冬・・・。
冬はぢょく量不足になるので、動物を執ることで不足する主食を補いました。
そして、冬は動物が脂肪を蓄えていたので、栄養があり旬だったのです。

日本各地の発掘調査では・・・陸上動物60種、魚類70種、貝類300種にわたりました。
木の実などををはじめ陸上動物や魚介類などバリエーション豊かな食材を・・・現代人の8割に当たるカロリーを摂取していました。
そして、縄文人の狩りにはルールがありました。
縄文人は、自然と節度ある付き合い方をしており、絶滅するような狩りはしていません。
野ウサギやムササビなどの小動物が多く、食料や毛皮として無駄なく利用していました。
食材もさることながら調理法も様々で、それを可能にしたのは土器でした。
煮込んだり、あく抜きをしたり・・・人間の食べられる食材の範囲が格段に広がりました。
衛生環境も向上し、生活の安全に広く貢献しました。
縄文人たちは、魚や肉を燻製にして保存食にし、貝類は煮てから干して加工品にするように保存食にもしていました。
シカやイノシシのミンチ肉をベースに、卵を加えて混ぜ合わせ石の上で焼いたハンバーグ、木の実をすりつぶし、粉末状にしてはちみつや水を混ぜて縄文クッキーも作っていました。
栗の木を管理したり、小豆や大豆など豆類も栽培していました。
野生の豆から大きなものを選び大地に巻いて繰り返し・・・人間が栽培するに適したマメにして行ったと考えられます。

三内丸山遺跡で際立って目立っているのが大型堀立柱建物。
地面に穴を掘り柱を立てて作った建物で、柱の穴は直径約2メートル、深さ約2メートル。
4.2m間隔で、栗の巨木が立てられていた大型の高床式建物だったと考えられています。
その高さ15メートル・・・上からは八甲田山、陸奥湾が望めます。
何のために作られたのでしょうか??
ここは縄文時代は海の近くでした。
河口近くの丘の上に立っています。
当時、この上からは海岸線が一望でき、海からやってくる際には目印となりました。
柱の配列から縄文人の二至二分の意識が伺えます。
二至二分は、夏至・冬至・春分・秋分のことで、建物の長軸の延長線上に立てば夏至の日の日の出を、反対側に立つと当時の日の入りを見ることができます。
ここから縄文人には1年の感覚があったと考えられます。
狩猟採集、栽培を行い、命を繋いできた縄文人・・・四季の移り変わりを知ることは何より大切なことでした。

1992年青森の三内丸山遺跡からヒスイを丸く加工した大珠が出土。
これを分析すると、新潟県糸魚川で採取されたものだとわかりました。
およそ700キロ離れた場所で作られたものがどうして青森で・・・??
日本各地に張り巡らされた交易ネットワークの存在を具体的に示してくれています。
移動や運搬は・・・??
陸路は徒歩で、海や川などは丸木舟を使ったと考えられています。
ヒスイ以外にも黒曜石も交易品の一つでした。
交易によって生まれた広いネットワークは、情報交換としても重要でした。
そのため縄文人は、日本語に通じる言葉を使っていたと思われます。
自然が奏でる音を言葉で表したオノマトペもその一つです。
言葉を用い、他の人たちと情報交換をし、生活を豊かにしていきました。

三内丸山遺跡では、土偶は全国最多の2000個以上が出土しています。
そのうちの1958点が重要文化財です。
土偶は時代が進むにつれて、手足、顔立ちがはっきりしてきます。
縄文人の豊かな想像力によってつくられていきた土偶は、どこかが欠けた状態で発見されています。
縄文人が意図的に壊した・・・??
衣料が発達していなかった縄文時代、些細な病気やケガが命取りとなりました。
そのため、平均寿命は40歳・・・。
15歳まで生きるのは半数だと言われています。
そんな縄文人が頼ったのが呪術でした。
その祭祀や儀式のときに欠かせないのが土偶でした。
壊すことによって得られる効果を期待・・・土偶の一部をあえて壊すことで、自身の回復を祈ったのです。

三内丸山遺跡の入り口・・・村へ続く道の両脇から縄文人の墓が見つかっています。
その多くは穴を掘って埋める土葬・・・土坑墓と呼ばれるもので、子供は特別でした。
三内丸山遺跡は大人の墓地と子供の墓地がわかれていて・・・
亡くなった子供は土器に入れて埋葬しました。
また、赤ちゃんの骨の入った土器が竪穴式住居の入り口や母親が座っていた席の下に埋められていることもあり・・・一説には土器を女性の体に見立て、再び母体に戻ってきてほしいという願いが込められていたのではないか??と言われています。

幼児の手形を押して焼いた陶板も見つかっています。
1歳以内の乳幼児のもので・・・
祝って作られたとも、亡くなった子を偲んで作られたともいわれています。
理由ははっきりとさいませんが、子を思う親の気持ちは今と変わらないことが小さな手形からわかります。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

【店内全品5倍】『ホツマツタヱ』を読み解く 日本の古代文字が語る縄文時代/池田満【3000円以上送料無料】

価格:3,672円
(2019/1/16 18:11時点)
感想(0件)

【送料無料】 縄文時代の社会複雑化と儀礼祭祀 / 谷口康浩 【本】

価格:7,020円
(2019/1/16 18:11時点)
感想(0件)

このページのトップヘ