日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:三木城

石山本願寺戦争―続念仏の叛乱

新品価格
¥1,620から
(2014/6/23 18:10時点)


信長に反旗を翻し、籠城していた村重が逃亡・・・
有岡城に幽閉されていた官兵衛が、遂に帰ってき。。。
そして、織田軍は、三木城の兵糧攻めの総仕上げにかかろうとしていました。

兵糧も底を尽きかけたころ・・・
やってきた織田方の使者は地獄から帰ってきた官兵衛でした。

2年も戦ってきた別所長治。。。
叔父の重棟も降伏を薦めます。

「長治さまと御一族がお命を差し出せば、残る家臣は助けると、羽柴さまは仰せでございます。」by官兵衛

賀相は、毛利の援軍がやってくると・・・

しかし、その言葉を遮るように官兵衛が。。。

「毛利は動かぬ! 
 摂津の有岡城の末路は御承知のはず。

 長治さま、家臣を守るのも城主の務め。
 その務めを果たさねば、荒木一族の二の舞になりまするぞ!!」by官兵衛。

あ~、官兵衛・・・まさに地獄の使者です。。。
鬼気迫るってこの事???

kan












「わかり申した。
もはやこれまで。。。」by長治

長治・友之(長治の弟)・賀相(ベンガル)の切腹で、秀吉に堪えてもらうんだけれども、往生際の悪い賀相。
この降伏勧告を良しとせず、潔く自害するのではなく”城に火を放つ!!”って言いだしたもんだからさあ大変。
焼け死んでさらし者になるのを防ぎたかったのでしょうが・・・
そうは問屋が卸してくれません。
城に続いた自分の家を放火したことに激怒した城兵が、殺害して首は安土に届けられたらしいの。。。
結局、さらし者になっちゃったんです。
甥の別所長治の方が、坊ちゃんなりにも、よっぽど強かったですね。

そしてここに・・・2年という長きにわたる三木城の戦い”三木の干殺し”は終わりを告げるのでした。
って、籠城戦って、そんなに長いことかかるのね・・・と、思うものの。。。
そう言えば、一番長かった籠城戦は石山本願寺戦で10年間と言われています。

残るは小寺・・・!!

kan2












別所の三木城も落ちて、アタフタする職政。

次々と逃げていく家臣たち。。。もうどうすることもできません。

「殿も御覚悟を!!」

と、江田が頼むものの、覚悟の全くない小寺の殿様、腹など切らぬ!!と、ごねて・・・
江田も愛想を尽かしてお暇をしてしまいました。

「今まで・・・よくぞこのような主君に仕えてきたものよ・・・
 障害の不覚であった・・・!!」by江田


あ~、良いですね、人間らしいです、政職。
誰だって腹を切りたくはないよね・・・
こんな主君もいて当然だったんじゃないかしら???

おまけに、金目のものをかき集めて御着城を抜け出しました。
混迷を極めた播磨の争乱が、ここに終わったのでした。
って、政職らしいっていうか・・・この情けない播磨のp乱の終わり方が・・・

で・・・
太兵衛に捕まってしまった政職。
政職でないと言い張っているかと思いきや、職隆や官兵衛見るなり恩を着せにかかる殿。

「主君じゃぞ・・・!!」by政職

全部村重のせいにしております。
何にも悪いことしてないんだって。

kan3











「武士らしく・・・腹を召されよ・・・」by官兵衛。
あ~、目力の強さに、政職も泣いてしまいました。

「いやじゃ!!許してくれ~~~!!
 わしには出来ぬ・・・!!」

そこには・・・ゆるしを乞う哀れな主君がいました。
「覚なる上は、致し方ございません。。。
 城主としての務めを果たされよ・・・!!」

kan4












しかし・・・
助けてしまう官兵衛なのでした。

ま、ここでの感じは・・・別所とは違って、手を下す価値もない!!ってところでしょうか?
何処までも小物ってとこですね。。。
あ~、これで御着の殿が出てこなくなると思うと、ちょっと寂しい・・・。

正親町天皇の仲裁によって本願寺と和睦した信長。
佐久間信盛の交渉によって、10年間に及ぶ戦いに終止符が打たれたのです。
蓮如はもう戦いを続けるのもなあ~、と、朝廷に和平交渉を申し込んでいたような節があります。
でもって、紀伊の鷺の森に移ることになるのです。
が・・・この蓮如、スゴイですね。
お坊さんなのに、奥さんが5人もいて、27人の子供が居たそうで、最後の子供は84歳の時の時に生まれたんだとか・・・
なんともスケールの大きな、私たちの思うお坊さんとは一味もふた味も違うお坊さんです。


あ・・・例の人事異動事件です。
そう、最古参に入る佐久間信盛・・・信長に見放されます。。。

kan5












突如、十九箇条に及ぶ折檻状を突きつけ、一切の弁明さえも許さず、織田家より追放してしまいました。

信盛、焦るも策なし・・・!!
兵は光秀が引き取ることになりました。
みんな神経ピリピリです。。。

光秀が一番出世となりました。
それまでは、村重でしたが。。。
信長に魅入られてしまったら、狂気になるのかしら???

秀吉から1万石を遣わされ・・・遂に大名となった官兵衛。


kan6












「藤巴紋」にしたそうですよ。
この大河では、土牢に入っていた時に見た藤の生命力の強さからヒントを得たってことになっています。
が・・・

黒田の家紋は「石餅(石持)」と「藤巴」。


「藤巴」紋は、職隆が仕えた小寺氏の家紋で、室町時代に成立した『見聞諸家紋』にも小寺氏の「藤橘巴」が収録されています。
小寺氏は播磨守護職を世襲した赤松氏の一族で、藤巴紋は赤松氏の巴紋を変化させたものと思われます。
そして、小寺氏の藤巴は橘紋と組み合わせているのが特徴で。。。
黒田氏は主家小寺政職から小寺の名字を名乗ることを許されたとき、藤巴紋も賜ったとも言われています。
こちらの説が本当だとしたら、政職を斬ることのできなかった官兵衛&義に篤い男官兵衛が表現できたように思うんですけどね。。。私はこっち押し。

で・・・もう一つの「石餅」紋は、ともに羽柴秀吉の帷幄にあった竹中半兵衛からもらったものだといわれています。

これから戦いが多くなってきそうな匂いがプンプンです。
佳境に入ってきましたね。これからがとっても楽しみ。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

信長のシェフ コミック 1-9巻セット (芳文社コミックス)

新品価格
¥5,735から
(2014/6/23 18:12時点)


信長のシェフ Blu-ray BOX

新品価格
¥16,632から
(2014/6/23 18:12時点)



NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一

新品価格
¥1,512から
(2014/5/14 20:11時点)


播磨平定の為、官兵衛たちは三木城攻略に取り掛かっていました。
お~!!軍議を引っ張っております、官兵衛。
三木城の周りの要所要所に付城を40ほど築くそうです。
秀吉の大好きな兵糧攻めです!!

kan1












その奇想天外な調略に満足げな秀吉。

って、奇想天外なんだろうか・・・??
それすらもよくわからないのは私が詳しくないからだろうか・・・。

驚異的な速さで付城を作るあたり・・・
この辺ががやっぱり長けてるんでしょうね。
そういうところをぐんぐんぐんって、強調してほしいんです。
迫ってくるような演出で・・・

袋の鼠となった三木城の別所。

荒木村重は、急遽信長に呼び出されていました。

kan2












にっちもさっちもいかなくなっている石山本願寺・・・
おまけに万見仙千代に神吉藤太夫を見逃したことをチクられてしまいました。
でもそこには、その判断に間違いはなかったと、申し開きをする荒木村重がいました。

怒られると思いきや・・・
なんと慮って信じてくれた信長。

「上様の恩為、この村重身、命を賭して働きまする!!!」
あ~、フラグ立ってる、立ってる・・・!!

でも、荒木村重は、本当によく出来た人だったようです。
ここで殿も言っているように、天下を取るためには村重の力が必要だったのかも知れません。
謀反を起こして、早くに死んじゃうからなあ・・・。

そんな村重が、どうして謀反に及ぶのか・・・??
あ~、なんと不憫な。。。
本願寺へ兵糧を運んでいたのは自分の家中の者・・・??

kan3












おまけに・・・当たり前でしたが、誰が門徒で誰が門徒でないのか・・・??
そんなことはわからないので、余計に始末が悪い・・・

上様には釈明は通じない・・・敵わないのでは・・・???という中川清秀。。。
あ~、ピンチです。
どうする??村重!!

そんなこんなが細川藤孝から殿のお耳に入ってしまいました。
信じない信長・・・。それだけ村重を信じていたんでしょうね。

村重との縁続きである明智光秀に真偽を問います。
が・・・寝耳に水のようです。
村重の縁者??聞き逃しそうにすらっと言いましたが・・・
光秀は、自分の娘を村重の嫡男・村次の妻に入れています。
織田家中の中ではどちらも新参者のふたり・・・
もう一つの共通点は、摂津は石山本願寺&丹波は波多野氏どちらも手ごわく・・・どちらも要所なのです。

kan4












確かめさせるために・・・有岡城へ仙千代・光秀を向かわせる信長。

有岡城が謀反を起こせば今までの苦労が水の泡・・・!!
って、宇喜多情報を知らなかった官兵衛ですが。。。
どうよ!!本当に知らなかったんだろうか???
って思っていたら、半兵衛、たおれちゃいました。

kan5












場面代わって、村重が申し開きをしても・・・仙千代は信じてくれません。。。
あくまでも噂なのに・・・追い込まれていく信長。。。
もう一度安土に申し開きを・・・。

と・・・しかし、信長に二度はない。。。かも知れない・・・
毛利と天下をとる???
疑心暗鬼な村重。。。
生き残るためにはどうすればいいのか・・・!!

謀反を止める高山右近!!
って、これは史実みたいです。

なのに・・・きれちゃいました。
「わしは・・・信長を信じることは出来ぬ!!
 天下布武などまやかしだ!!
 わしは信長が作る世など見とうない!!
 これより我らは織田信長を討つ・・・!!」

う~ん、準備の全くない・・・勝てる見込みのない戦いですが・・・
信長に珍重されていた村重・・・まさに突如の謀反です。

可哀想です、村重。。。
中川清秀に炊きつけられたわけですが・・・
彼はこの後、高山右近と信長に下ることになります。
とっても厭らしいんです。

やっぱり正直にまっすぐなだけでは、天下人にはなれないのね。。。
次回の村重が・・・
そして、官兵衛にとっても踏ん張り時がやってきました。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 軍師官兵衛 (NHKシリーズ)

新品価格
¥1,026から
(2014/5/14 20:12時点)

黒田官兵衛歴史読本―大河ドラマ『軍師官兵衛』の主人公波乱に満ちた生涯と (別冊歴史読本 1)

新品価格
¥1,296から
(2014/5/14 20:13時点)

このページのトップヘ