日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:三条実美

楫取素彦 吉田松陰が夢をたくした男

新品価格
¥1,404から
(2015/10/19 20:30時点)



バタバタしていてなかなか感想が書けません。
と、思っていましたが・・・この回の感想は・・・う~ん。。。

間違いなく、”大河ではないな・・・”って感じでしょうか?

玄瑞の忘れ形見の秀次郎が、杉家にやってきました。
京都でいた頃とは全く違う聞かん坊に変身しています。
ま、杉家に来て反抗してるんじゃないの??なんて思いつつ。。。
久坂家の跡取りとして美和が育てるべきだと品川弥二郎が連れてきたのでした。

亀は、自分ならよその女に産ませたような子は育てられんと武家の嫁失格なことを言ってますよ。。。
ここら辺が、時代と合ってないなあ・・・って思うんですよね。
封建社会という時代の中で、しっかりと女性でありながら主張する朝ドラの主人公の方が、共感できますよ。

しつけも何もなっていない秀次郎を、しつける美和です。

hana2











秀次郎は、ちょっとの間こちらにいると連れてこられたようですが・・・
もっと真剣に子供と話し合えばいいのにねえ・・・。

なんだかお話も、朝ドラみたいになってきました。

hana

















字をおしえて・・・

秀次郎がとってもかわいくて・・・
そのやんちゃさに、文之進も手を焼いてます。
そんなことは、朝ドラでやってほしいなあ・・・というほんわかした大河に仕上がってました。


その頃、素彦は、村人たちと共に荒れ地の開墾に勤しんでます。
木戸孝允は・・・アメリカとの交渉に行き詰まっていました。
「こねな時・・・あの人(素彦)が居ってくれれば・・・」by孝允

さつまいもからスイーツを作る寿。
あ~、スイーツは、庶民にはなかなかハードルが高いでしょう。
砂糖も高価で少ないしね。。。

秀次郎が行方不明になったり、そんなこんながあって・・・
せっかく美和をお母様と呼べるようになったのに、おかあちゃんのもとへ帰るという回でした。

明治2年~7年頃のことと思われます。
この頃の政治は・・・箱館戦争で土方が戦死。
藩知事家臣を士族と称し、農工商民を平民とする。
版籍奉還に勅許下り、廃藩置県に岩倉具視を中心とする遣欧使節団派遣。
徴兵制公布され、使節団が帰ってきて、征韓論争がなされていた・・・
とか、そんなこんなな時代です。

木戸孝允がバタバタしていましたが・・・それって使節団のことですよ。。。
明治の立役者・大久保の影すらありませんしね。
そんな、歴史をやってくれないなんて・・・これはまさに、朝ドラでしょう。
そう、朝ドラなら、政治を抜きにしてくれても全くNo problemなんですけどね。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

手島仁の「群馬学」講座-人物100話

新品価格
¥1,620から
(2015/10/19 20:30時点)

【花燃ゆ限定パッケージ】絹せんべい

新品価格
¥540から
(2015/10/19 20:31時点)

図解 幕末・明治維新 歴史がおもしろいシリーズ



 いよいよ薩長同盟ですが・・・ちゃんとやってくれるのかしら??

高杉晋作の挙兵!!
藩内では、恭順派は一掃され、幕府との対決に向けて舵を切ることとなります。

美和は・・・とりあえず、前回守役となったわけですが・・・
なんか、今までやっていなかったのに、
「だんなさま・・・」と語りかけで始まるようになっています。

hana5













あの頃を思い出します・・・と、子守をしながら掃除をしながら・・・奥では孟子を暗唱しています。
なんだか子守唄なんですって・・・。
興丸・・・偏らないでね。。。

で・・・都美姫は、美和に話があって参ったという。。。
でも・・・どうして正室が、子守のもとへ参るのか・・・??
でもって・・・なにを承ったのか・・・??
小姓を決めるんだって・・・美和が・・・

で・・・今、どこにいるのか?伊之助は・・・
三条実美に・・・一藩で朝廷に刃向かうと言います。
朝廷に背くのに・・・「尊皇の義を貫く所存にございます」by伊之助なのだそうだ。
いきなり龍馬登場!!

hana












伊之助では「物足らん」らしいよ。

なんで奥を通るのか??
そんなに狭いのか??
若殿に会いに晋作がやってきます。
今や長州藩きっての噂の男・・・その男を知っている美和。
なんだか少女漫画の主人公にやけに絡んでくるハンサムくん⇒みんな羨ましいみたいな展開、止めてください。
「文。」by晋作
「美和でございます。」by美和
×2・・・ラブラブシーンも必要ないわ。。。
もっと緊張で逼迫しているだろうに・・・。

晋作も・・・龍馬も・・・長州と薩摩が手を結ぶことを画策しているようです。

そんな軍議は女子供のいないところでするんじゃないの??
銀姫も、興丸も、美和も・・・必要ないんじゃ・・・
そう・・・みんなフレームに入れる必要ないのよ・・・。
おまけに・・・藩の事を考えている晋作に対して・・・

「高杉さんは平気なんですね。
 あのとき、京で・・・みんな逝ってしまったというのに。。。
 もう、きれいさっぱり忘れて、次の一手でございますか。
 さっすが長州一の英雄」by美和

ウザいです。ウザい・・・ウザかった。。。これからもウザい・・・??
で・・・若殿の前で文句を並べ、晋作が芸妓のもとにいることも気に入らない美和。。。
それも、おかしいんでないかい??
一体誰が好きなんでしょう。。。美和。。。。

あ・・・桂小五郎登場!!
そうそう、薩長同盟には、伊之助じゃなくってこの人が必要なのよ。
大村益次郎も名前が出てきましたね。
出してくれるんだ。

いろいろ龍馬に武器を手配してもらっています。
薩長同盟が成されれば・・・武器が手に入るのです。
ドラマではただ・・・薩摩名義で買うということでしたが、長州はこの時武器が不足していました。
薩摩に頭を下げても欲しかったというのが本当だと思うのですが・・・
かなり高飛車な長州です。
それを美和に何で報告すんのだ・・・

「薩長同盟・・・同意できんのか。。。」by伊之助
「はい・・・」by美和

美和に聞くのもおかしいでしょう。
もう・・・どうでもいい話。。。

椋梨藤太の最期も話し始めました。
「どうか・・・同じ罪を犯さぬよう。。。
 私と共に捕まった11人は、何の罪もない。
 私一人を罰せよ。
 全ては私の独断・・・私一人を斬首せよ。」

って・・・自分のやったことに信念を持っていた椋梨さんは、罪とは思ってなかったんじゃないかな・・・??

「最後の望みは叶えてやろうと・・・」by伊之助

でも・・・とっても良く出来た伊之助は、許してくれるんだそうだ。。。
それもなぁ・・・。
志でしょ??
そりゃあ、許すことで前に踏み出せるのは確かでしょうが、みんな、志を持ってるわよ。

hana2




だから・・・命かけてるんだよ・・・。





でもって・・・父上がついに亡くなってしまいました。
野辺送りもおわり・・・って、父上の死に目には会わないのね。。。
伊之助の処刑の時には何もかもほって出たのに・・・。

下関では・・・西郷さんにすっぽかされた桂&伊之助。
怒って退席したものの、丁寧に分析し・・・なんでもっと早くから出てなかったんだろう。。。
そうしたらもっと話がカチッとしたのに。。。

桂さんもまよっている薩長同盟・・・
美和に意見を求める若殿・・・
「此度の同盟・・・お前はどう思う?」by元徳
これも変、それも変、たぶん変、きっと変。全部変・・・。
 
で・・・なんだかんだと龍馬のおかげで薩長同盟成立!!

奥では興丸の小姓が決まったようです。
その中に、椋梨家の人間の名が・・・
許してあげて偉いでしょう?感がたっぷりの顔つきでした。

そしていよいよ第二次長州征討へ・・・!!

やりたい放題の美和ですが・・・薩長同盟も結んでくれるのかと思ったわ・・・。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ 
 

オールカラーでわかりやすい!幕末・明治維新

グローバル幕末史 幕末日本人は世界をどう見ていたか

新品価格
¥1,836から
(2015/9/7 14:08時点)

怨霊になった天皇 (小学館文庫)

新品価格
¥637から
(2015/7/1 14:35時点)



なんと、”花燃ゆ”のTOPに、「英雄たちの選択~久坂玄瑞&禁門の変版~」の紹介が出ていますよ。。。
私、英雄たちの選択も、このブログで紹介していますが、あの番組・・・「幕末男子の育て方」を見る方は、カチコチ過ぎてみないような気がする。。。
私は歴史好きが集まっていて好きですけどね。

おまけに大奥編って・・・
長州藩なので”奥”というのが正しいのですが、”大奥”って付けば見るんじゃないか感が出ていて馬鹿にされているようです。。。

っと、余計なお話はここまでで・・・今回は何でこんな題なんでしょう?
「母になるために」です。

八月十八日の政変で・・・七卿落ち。
おまけに、玄瑞の浮気を告白されての今回です。

七卿のご飯を作るために女性たちはご飯を作っているので、奇兵隊のご飯を作ってほしいと女幹事・文に頼む前原一誠。

ちなみに、鳥羽伏見の戦いのときの兵糧は・・・
幕府軍はいわゆる昔からあるような煎った米や味噌、餅・・・忍者が袋から出してきそうなものでしたが、長州藩は最新の武器だったでしょう”パン”でした。
そんなパンを兵糧にした奇兵隊だったのですが・・・
おまけに、江戸じゃあるまいし、男女の比率はどこでも1対1じゃないの???
飯炊き女って・・・武家の女性がやるものではないでしょう??
文は必要でしょうか??


長州藩は。。。新発派と割拠派に分かれて喧嘩してます。
いきなり出てきたこの言葉・・・いつの間にそんな派に分かれたん・・・??
そこまでパカッと二つには分れてないと思うのですが・・・。

久米次郎を養子にもらいたいと、伊之助に申し出る玄瑞・・・。
そんな伊之助にまたもや愚痴る文。。。

新発か割拠か・・・そんなことを言っていたのかよく判んないんだけれども、晋作が「来島をどうにかしろ」と言われていたのは事実です。

hana3










寿は久米次郎を養子に出すのは反対のよう・・・。

hana













お・・・なんと、文、三条実美と話してます・・・。
なんでも、お水か欲しかったのだとか・・・。
いや~、いくら緊急事態でも、この時代、公家が一般人と話すのは穢れだろう・・・??

で、京都で玄瑞が歩いていると・・・なんとも礼儀正しい沖田総司登場!!
名乗ってるよ・・・。


hana2















で・・・ピンチに晋作&九一&稔麿登場!!まるで少年漫画のようです。
”ザシャア・・・”と、車田文字で紹介してください。

う~ん・・・何とも緊張感のない対峙です。
晋作さん、ホントなら、ピストルだした時点で、抜刀で総ちゃんに腕切り落とされてますよ。
っていうより、私の大好きな新選組は、名乗りもせずに暗闇で奇襲するはず・・・。
名乗ったからにはきっと晋作をほっとかなかったんじゃないかな・・・総ちゃん。
そんなショックの私を置いておいて、四天王はこれからの活躍に誓いを立てるのでした。


そして文は三条実美好物の八つ橋を作って披露するのだ。。。
そんなシーン・・・要らん。。。
そして、伊之助に玄瑞を愚痴るシーンも・・・

養子の事も、出してもらう伊之助に対して愚痴ることはないんじゃないの??
養子・・・死ぬかも??ってことを、文は心配しているのですが。。。
先日の入江九一も、自分が死んだ場合は弟が・・・とか、稔麿も妹に婿をとるように・・・とか、言いつけてましたよね。
武家としては、お家の存続が第一です。
そう、あの吉田家も、杉家から養子として寅次郎をもらって・・・そして先日は梅太郎の子にお家を復興させて喜んでいたじゃないの・・・??
それは、武家にとって普通の事だと思うんです。
なので、久米次郎を養子に・・・と考えるのは、普通の事だと思うのです。

そして・・・小田村夫妻に久米次郎をいただきたいとやってきた文・・・。
そこでもう一人の姉妹・艶についての話が・・・あくまで姉・千代については黙殺なんですね。。。
それとも知らないのか・・・??
ちなみに・・・この千代が松陰の手紙を大事にとっておいてくれていたのだそうです。
でもって、こちらの子も、吉田家の養子となっています。
そんなこんなもまったっく触れずの事なんですね・・・。

いろいろブーブーと書いてしまいましたが、だんだんと寿が良いキャラになってきましたね。
そう、古いかもしれませんが、それが江戸時代の・・・明治維新の女だと思うんですよね。

藩命で長崎に向かうことを言いつけられた伊之助。
それは高杉脱藩の責めを追っての事でした。
ちなみに晋作は、野山獄行き!!

そんな椋梨の考えを・・・また立ち聞きする文なのです。

立ち聞きあかんやろ・・・。
なんでそこにおるねん・・・。
ちなみに家族は、「そこはフィクションやから・・・」と言いますが、それではねえ・・・。

ほんと、NHKが出している”花燃ゆ”の人物相関図、よ~く見て見ました。
幕府側や朝廷側がすっぽり抜けています。
この時点で抜けているのはおかしいんじゃないの・・・??

koumei












私のなかでの孝明天皇は、もちろん八重の桜のこの人のままです。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ


明治維新の極秘計画 「堀川政略」と「ウラ天皇」 (落合秘史)

新品価格
¥1,944から
(2015/7/1 14:35時点)

幕末維新史の定説を斬る (講談社文庫)

新品価格
¥788から
(2015/7/1 14:36時点)

長州藩 [ 時空旅人編集部 ]

価格:1,620円
(2015/6/29 05:25時点)
感想(0件)



あ~、テンションあがりませんね・・・この題・・・。
ほんと、こんなのは昼ドラでやってほしい。。。

前回・・・壊滅的に負けてしまった長州・・・敗戦の責任を負ったまま・・・京都へと向かう玄瑞がいました。
攘夷実行に奔走する玄瑞。
お・・・桂さんもいる。。。
でも・・・最重要人物・孝明天皇いないわ・・・。

hana











・・・そんなことを教えてもらっていなかった文・・・。
またもや、晋作の妻・雅からの情報でした。
ま・・・そこが一番可哀想だな・・・。信頼してもらえていないというか・・・。

そして・・・辰路は薩摩藩のスパイとして、玄瑞の情報を探ります。

なんと・・・ひとりで旅立った玄瑞のもとへ・・・長州の志士たちが京都へやってきました。
そして、みんな・・・大きな歴史の渦に巻き込まれていくのです。

みんなが戦いに協力する中、敏三郎も奇兵隊に参加すると言い出しました。
晋作が誘ったのです。
って、玄瑞よりも頼りになるよ・・・晋作。。。

hana2











さすがに・・・「せわあない」では済まない母。。。

が・・・結局、敏三郎は奇兵隊に参加します。
もちろん史実でも志願はしていますが・・・本当だったのかなあ。。。
そんな敏三郎を文が送っていきます。


玄瑞は、三条実美らに働きかけ・・・尊王攘夷派をまとめ御上による大和行幸を実現させようとしていました。
晋作は・・・下関で砲台を造り・・・調練を行っていました。

下関に着いた敏三郎と文。

そこで京で一大事が起きたことを晋作の口からきくのでした。

「久坂を助けに・・・!!」

そう・・・八月十八日の政変ですね。
お・・・薩摩の旗、会津の旗に萌えるわ・・・。

って・・・この八月十八日の政変・・・重要ポイントですが、本当にややこしくて・・・
よーく考えないと理解しにくいんですが・・・
このやり取りをやってくれないのね・・・。

hana5












天子様に銃を向けてはならないと、伊之助に踏みとどまることを命じられる奇兵隊・・・。
すでに、七卿をこちらに迎えて再起を図るというのですが・・・
玄瑞は責任もので切腹かも?と、心配するとか、晋作が奇兵隊総督を免じられこの危機に藩の政に参加するように言いつけられるのですが・・・。

こんな一言で済ませて良いのか・・・。
「七卿落ち」のシーンは無いのか・・・??
待ってるんですけど・・・。

敏三郎を置いて、萩に帰る文がそこにはいました。

hana3










お・・・京では・・・来島又兵衛も登場してきました。
玄瑞にとっての鬼門さんです。

杉家では、敏三郎の手紙に喜んでますが・・・

もっと七卿落ちを・・・!!

最後の決断の時・・・
ここで本当の幕末ドラマを!!
おにぎりや男女のあれこれではなく・・・ここをやってほしかった。

史実とされているのは・・・
妙法院の中で一番大きな建物である宸殿上段の間に着座した七卿・・・
協議の末、長州に落ち延びて再起を図ることを決めました。
苦渋の決断を締めくくるかのように、玄瑞は即興の今様を歌います。
その歌は、「七卿都落舞歌」と題され名作と呼ばれているのです。
すんごいドラマチックなんですが・・・ドラマ的にもしびれるほどの絶好のシチュエーションなんですが・・・。
やってくれません。

長州藩士・阿久根に利用され捨てられた辰路と傷心の玄瑞。。。
辰路の苦労話・・・必要ですか??
神社のおみくじの話必要ですか??
七卿落ちは・・・??

hana4










ふたりのねんごろシーン・・・要らないんですが。。。

「俺はサイテーじゃ・・・」by玄瑞。

サイテーなのは、こんなことを書いてる脚本なんじゃ・・・
やってくれよ!!「七卿都落舞歌」!!
久坂玄瑞、一世一代の見せ場だったんだから・・・!!


で・・・いきなり久米次郎養子の話を手紙でよこしてくる玄瑞。。。
帰ってきたのに京都に戻るという玄瑞。

妻として迎える文は・・・一言相談してくれてもいいのに・・・みたいなことを愚痴っとります。

「俺を見んな・・・京の女と情を通じた。。。」by玄瑞。

やっぱり・・・副題はこの事だったんだ・・・。

悔いる玄瑞がそこにはいました。

って・・・お国の事は??
松陰先生は、私事より国事を大事にしたんだよ
ほんとう吃驚。

個人的には、京に集まった志士たちは、女遊びも盛んだったといいます。
ま、土方歳三がモテてモテて仕方がないと、実家の手紙に書いたのは有名ですが、玄瑞もモテモテだったといいます。
あのお顔の局長・近藤さんもモテモテだった。。。というか、そんなカッコいい男と粋な女が集まっていたんだと思うのです。

ま、玄瑞が文を愛していたか?はよく判りませんが・・・
辰路とのことは、どこまで後ろめたさを感じていたのかは分かんないですよね。
時代が時代ですからね・・・だいたい、遊郭が公然とあった時代です。
個人的には、全く感じていなかったんじゃないかとさえ思えます。
文的には・・・ここで知ってしまうということは、後々”子供がいた”という事実のインパクトも無くなっちゃうんじゃないかと、これからの筋書きに心配を感じます。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

  

吉田松陰と長州の志士たち

価格:579円
(2015/6/29 05:25時点)
感想(0件)


奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新 [ 落合莞爾 ]

価格:1,944円
(2015/6/29 05:26時点)
感想(0件)



感化する力 ―吉田松陰はなぜ、人を魅きつけるのか

新品価格
¥1,620から
(2015/5/27 17:12時点)


「松陰、復活」??なんと、気になる副題ですが・・・。
こんなんでいいのか・・・??って思っちゃいますが、どうでしょう??

前回、長州藩を背負って立つ覚悟を見せた玄瑞・・・。
お蔭で、攘夷に方向転換しようとする長州藩なのですが・・・
ここら辺、今まで思想も分らないcheapな玄瑞とそんなに関わりのなさそうに見える周布様・・・
なんで藩存続の大事を、こんなにも簡単に変えてしまうのか・・・??
話が読めない私です。

実際の周布政之助は、財政再建、軍制改革、殖産興業・・・いろいろ改革派として頑張って、桂小五郎や高杉晋作を重用しています。
つまり・・・前回いきなり玄瑞が「長州藩を背負って立つ覚悟です!!」と、啖呵を切りましたが、そこに来るまでには、周布政之助とのパイプもしっかりしていたので・・・=いきなりの親密な関係ではないのです。

攘夷を殿に訴える周布政之助・・・そうせい候もそうせい候だし・・・破約攘夷へと舵を切ることになった長州藩なのでした。

でもって・・・久坂の謹慎も解かれます。
個人的にはこんなに簡単に、謹慎にしたり、解いたり・・・??ですが、そこらへんは藩が混乱していたからなのかなあ・・・。

晋作も上海から色んな意味で、お土産を持って帰ってきました。

hana2















カバン・ハンカチ・鉄砲・・・
そう・・・藩に黙って軍艦一隻買って帰ってきたのです。

上海から帰ってきた晋作は、諸外国の脅威を感じているのか、攘夷!!攘夷!!攘夷!!と、そうせい候に進言しましたが・・・。
国内にいた玄瑞や稔麿とはちょっと考え方が違ってきたみたい。
足元を固めるべきか?攘夷を進めるべきか??
伊之助も攘夷に向けて発進したようです。

芸妓の辰路・・・長州藩士・久坂玄瑞が気になるようす・・・。

hana3

















辰路の仲立ちで三条実美に会えたようです。。。
三条実美の・・・口の中にあるおできを治してあげる玄瑞・・・。
さすが、医者・・・??

って、既にこんなふうに三条実美に接近できるなんて・・・それもまたなんでこうなったのか・・・。
ここら辺はごちゃごちゃして分りにくいので、もっと政治的に教えてほしいところです。
それとも、そんなこと気になるのはわたしだけ・・・??

伊之助は、玄瑞の”破約攘夷”を徹底させるために、長州領内・・・支藩を奔走中!!
しかし、なかなか受け入れてはもらえません。。。

hana4












その頃・・・松下村塾では子供たちがお勉強をし始めていました。
そのお世話をする杉家の人々。。。
みんな、松陰の本を読みたいのだという。。。

兄の言葉をみんなに伝えることが。。。
兄が許されるということ・・・というけれど、そんな許されていない感、全くなかったんですけど。。。
伊之助も動いてくれたので、山鹿流吉田家再興が叶うことに。。。

藩士ひとりひとりに話し合いを設ける伊之助・・・

辰路・・・玄瑞に旦那様になってくれるように申し入れます・・・
勤王の志士のために!!と、名を挙げたいというのですが・・・。
甲斐性はないと断る玄瑞です・・・が、実際の玄瑞はモテモテです。

そんな辰路・・・芸妓ではなく普通の恰好をして、いつものお座敷へと・・・そこには長州を探る男がいました。
薩摩藩士かな・・・??
さすが京女、腹黒いわ~~~!!


おお・・・
もう、焼き討ちはじめようとしています。
さすがテロリスト!!
おまけに言いだしっぺは伊藤利助・・・そう、伊藤博文・・・初代内閣総理大臣なんですけど・・・。

計画が狂っているので気に入った晋作・・・。
賛成しかねると行かないという玄瑞に、絶対参加を強要する晋作です。

ここは、もっとカッコよくかけたんじゃないかと思っています。
少年漫画みたいにね。
だって、反発しあっていても心の底では信頼して繋がっている余韻を味わいたいのよ・・・。
なのに、叫んでばっかりのふたり。。。
もっと、ニヤッってしても良かったんじゃないかしら・・・??

本当はね・・・玄瑞は、無謀な計画を実行するよりも、同志団結し、藩を動かし、正々堂々と攘夷を実行したかったみたいで・・・
そこは危ないふたり・・・斬るか斬られるかの激論を交わしたのです。

hana1












でも・・・そこはやっぱり絶対参加!!
玄瑞も寅次郎の亡霊に付きまとわれてるみたいで・・・結局参加。。。

ところで・・・井上門多は・・・??
この焼き討ち事件には、結構重要ポストとして居るはずなんですけど。。。
発案者は伊藤博文みたいな感じに描かれていましたが。
もしかして・・・松下村塾メンバーじゃないからドラマではハブられてんの・・・??

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村


幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

世外井上馨 近代数寄者の魁 (宮帯茶人ブックレット)

新品価格
¥1,944から
(2015/5/27 17:09時点)

攘夷の幕末史 (講談社現代新書)

新品価格
¥778から
(2015/5/27 17:11時点)

このページのトップヘ