日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:中川清秀

歴史雑学BOOK 図解 戦国ミステリー 合戦と武将50の謎 (ローレンスムック 歴史雑学BOOK)

新品価格
¥1,080から
(2016/2/26 22:29時点)



滋賀県長浜市にある賤ヶ岳・・・
今から430年前の1583年、賤ヶ岳の戦いが繰り広げられました。
戦ったのは・・・織田信長亡き後天下をとろうとした羽柴秀吉と、織田家存続のための忠義を誓った柴田勝家でした。

1582年6月2日・・・本能寺の変・・・天下統一目前にして織田信長が明智光秀の謀反によって無念の死を遂げます。
その後、群雄割拠で天下取りの野望を強く抱いていたのは、織田家家臣・足軽から成り上がった羽柴秀吉でした。秀吉は天下取りに邁進します。
賤ヶ岳の戦いの発端は・・・清須会議でした。
信長の後継者を決める会議・・・主な出席者は、秀吉のほかに・・・羽柴秀吉、家老・丹羽長秀、家老・池田恒興、筆頭家老・柴田勝家・・・・
勝家は、織田家存続のために、信長の三男・織田信孝を後継者に・・・しかし、事前の裏工作で、丹羽長秀と池田恒興を取り込んだ秀吉は、まだ3歳だった信長の孫・三法師を後継者としたのです。

織田家での立場を有利にした家康に対し、筆頭家老としてのメンツをつぶされた勝家・・・
二人はやがての戦の準備を始めていきます。
秀吉は、巧みな交渉術で、織田信雄、丹羽長秀、池田恒興、羽柴秀長、中川清秀、蒲生氏郷、細川忠興を取り込んでいき、着実に勢力を広げていく秀吉。

勝家は、一旦北陸に戻り、陣営拡大を図るものの交渉がままなりません。
味方は織田信孝、滝川一益、前田利家、佐久間盛政・・・。

12月7日、秀吉は琵琶湖北部にある長浜に先制攻撃をかけます。
長浜城は、勝家の養子・柴田勝豊が守っていましたが、戦となった際には勝家軍の最前線基地となる重要な城でした。
どうしても落としておきたい秀吉は、勝家親子の仲の悪さを利用し、勝豊を調略してしまいました。
12月20日、雪深くなる越前の間に、勝家の包囲網を調略しにかかります。
まずは織田信孝、しかし、このまま戦えば、主君である織田家に謀反を起こすことに・・・??

信孝が、安土城に入ることになっていた三法師を抱え込んで岐阜においていて、手放さなかった・・・
ことを理由にして攻めた!!と、大義名分を作りました。
そして、信孝と不仲だった信雄を利用し、自らの正当性を主張します。
追いつめられた信孝は、父・信長の家臣たちを頼りますが、そのほとんどは、すでに秀吉に懐柔されていました。
信孝はやむなく降伏し、三法師を渡し、岐阜城に蟄居します。
一方三法師を手にした秀吉は、利用し始めました。
三法師が入る予定だった安土城・・・戦で焼失していた安土城再建に向けての仮の館の建設を提案します。
「安土城を築くための木を切らせてほしい。」
これに対し勝家は、
「三法師様の為ならば、喜んで受けよう。」と、快諾します。
が・・・木の伐採の本当の理由は・・・??
近江、越前にかけて木を切らせ・・・切った材木を放置!!切株を勝家の方に向けて・・・道をふさぐ障害物としました。

1583年2月16日、秀吉は勝家が築いた包囲網を崩そうと、滝川一益に兵を向けます。
しかし、一益は””引くも滝川、進むも滝川””の名将!!
攻守ともに得意としていました。
準備万端にした秀吉は、数万の兵をもって三方から敵陣に攻め込みますが・・・
伊勢亀山城の守りは固く、苦戦を強いられます。
そんな中、一人立ち向かう男が・・・25歳の男・米田是政です!!
是政が三の丸に火を放ち、敵兵を城に閉じ込めると、戦況は一転!!
秀吉軍は鶴嘴で石垣を崩し、本丸へ・・・!!
その是政の奮闘ぶりに城は陥落寸前!!


この状況に危機感を覚えた勝家は、ついに出陣します。
3月9日、越前を発った勝家軍は・・・未だ溶けぬ雪をかき分けて南へ・・・!!
3月12日、柳ケ瀬に到着します。
ここに陣取って、秀吉との決戦に備えます!!

一方勝家出陣の知らせを受けた秀吉は、陥落寸前の亀山城に少しの兵を残し、勝家との戦に向かいます。
3月17日、柳ケ瀬から12キロ離れた木之本に陣取ります。
秀吉軍4万VS勝家軍2万の激突!!1か月以上に及ぶ戦いが始まりました。


標高421mの賤ヶ岳に本陣を置いた羽柴秀吉と柴田勝家は、戦を有利にするために、お互いに得意の布陣をします。
柴田勝家軍は、秀吉軍の半分の兵力しかなく、圧倒的に不利でした。
なので、得意の山岳戦に持ち込もうと、深い場所に陣を構え、長期戦を狙いました。
尾根に沿って横並びに配備し、敵が谷間に入ってきたら攻撃する!!
そして、少しずつ敵を倒していく方法です。

これに対して秀吉は、得意の平地戦に持ち込もうと、本陣、賤ヶ岳、余呉湖湖畔に横3段の部隊を配置しました。山から下りてきた勝家軍を平地で迎え撃ち、突破されてもその次の部隊で撃破するというものでした。
兵力で圧倒的な秀吉は、短期戦を狙っていたのです。

勝家の陣営に発砲して挑発する秀吉!!
長期戦に持ち込みたい勝家は応じません!!
戦が思うように動かないため、敵陣の様子を偵察しようとして高台に上った秀吉は驚きます。
想像以上に勝家軍の体制が巧妙だったのです。
短期戦は困難だ・・・秀吉は長期戦へと変えます。
柔軟な秀吉・・・整備を急がしたのが、陣城と呼ばれる砦です。
城内には武器、武具の保管場所や厩、台所、傷の治療場までありました。
この戦では、勝家も多くの砦を作りましたがそのほとんどが簡単なもので・・・それに対し、秀吉の築いたものは堀も深く、随所で屈折する守りの堅いものでした。

両軍が築いた砦は、戦国史上最多の20ヶ所以上!!
にらみ合いが続くこと1か月近く・・・膠着状態を破ったのは、勝家軍でした。
秀吉が近江に去ったことで息を吹き返した滝川一益が、北伊勢で挙兵します。
これに乗じて岐阜で蟄居していた織田信孝も兵を挙げました。
両軍で秀吉を挟み撃ちにしようとしたのですが・・・
秀吉はこの挑発に乗りました。
4月17日総兵力の2万の兵を率いて信孝のいる岐阜城を攻めたのです。
秀吉が本陣を離れた!!と、勝家に伝わります。
真っ先に動いたのは、勝頼の甥で鬼玄蕃の異名をとる佐久間盛政でした。
攻め込むなら秀吉のいない今しかない!!
と、秀吉に奇襲をかけたい!!と、申し入れました。
奇襲部隊が秀吉軍に気づかれないように奥まで入り込み、すきをついて攻撃を仕掛ける!!

4月20日午前2時!!
盛政は8000の兵を率いて出陣!!
あまり秀吉軍の守りの薄い余呉湖西岸ぞいを進軍していきます。
空が白み始めた頃・・・秀吉軍の大岩山砦を攻撃!!
虚を突かれた秀吉軍は戦うも午前10時・・・遂に陥落!!
およそ1000人の兵は討ち取られてしまいました。

盛政隊の猛攻に恐れをなしたのか隣の岩崎山砦の兵は、一戦も交えることなく敗走!!
これにより盛政は二つ目の砦も陥落させます。
柴田勝家に勝機が見えたその時・・・!!
深追いはいけない・・・それが鉄則!!勝頼は撤退をするように言いますが、盛政は勝家の命令を無視し、敵陣深くに留まり続けます。

岐阜に向かっていたはずの秀吉軍が・・・戻ってきました。
途中で大雨に遭い、吉備川と長良川が氾濫したために、大垣で足止めを食らっていたのです。
そう・・・まるで、天が秀吉に味方しているかのように・・・!!
4月20日正午、盛政の奇襲攻撃を聞いた秀吉は叫びました。
「我、勝てり!!」

秀吉は大垣から本陣のある木之本までのおよそ5kmを、わずか5時間で駆け抜けました。
世にいう”美濃大返し”です。
舗装されてもいない山道を時速10km以上!!
総重量30キロの具足をつけての奇蹟の移動でした。
どうして美濃大返しは可能だったのでしょうか?
槍をもって具足でつけての時速10kmは無理なので、身軽になって走ります。
当時はお貸し具足というのがあり、長浜城にあるそれを使って手ぶらの兵たちにその武具を使わせたようです。
また、この美濃大返しを可能にした立役者が秀吉の側近・23歳だった石田三成です。
兵站部として緻密な計画を立て・・・人員・装備の調達や輸送を管理していました。
沿道の民家に握り飯や替え馬などを用意させていたようです。
全てを手配し、マネージメントしたのが三成だったのです。
美濃大返しで高い評価を得た三成は、秀吉の重臣として天下統一へと向かうこととなります。
4月20日午後4時、秀吉は、機関の準備が整うと、すぐに大垣を出発!!
秀吉隊・1万5千の激走大移動!!
5時間後木之本へ到着した秀吉軍・・・大岩山で野営をしていた佐久間盛政は、赤々と灯る無数のたいまつに秀吉の帰還を知り驚愕します。
そして真夜中・・・盛政は闇夜に紛れるように撤退を開始します。
この時を待っていたかのように、秀吉は総攻撃を命じます。
50キロも走ってきて・・・敵も疲弊しきっているに違いない!!
攻撃は明日だ・・・!!と思っている盛政のスキを突いたのです。

逃げる盛政隊を追いつめる秀吉軍!!
一斉に敵軍に攻め込んでいきます。
最前線で活躍したのが、若武者・・・のちの賤ヶ岳七本槍です。
一番首を上げたのは、23歳の福島正則です。
そのほかにも、肥後の虎・22歳の加藤清正、片桐勝元、糟屋武則、平野長泰、脇坂安治、加藤嘉明・・・。
みな、20代から30代・・・若くて体力があったことで、過酷な移動に耐え活躍できたのです。
この戦で武功を上げた7人は、秀吉の天下取りを支えていくこととなります。

七本槍の猛攻の前に、必死の抵抗もむなしく・・・戦場となった余呉湖湖畔は修羅の場と化し、湖は両軍の血で真っ赤に染まったといいます。
撤退しながらも応戦する盛政、次々と討ち取られていく中でも勝負を捨てません。
前田隊と合流するまでは・・・!!
体制を整えて反撃に出るために・・・!!
しかし、その一縷の望みも、前田隊の突然の戦線離脱によって消え去ります。

柴田勝家からすると裏切りとなりますが、織田家家臣と言う意味では同格です。
大将と運命を共にするのではなく、勝ち馬に乗るのが当然なのですが・・・
利家は、親父殿と呼んでいた勝家についていましたが、秀吉とは幼いころから苦楽を共にしてきた親友でした。
どちらに着くか・・・??その決断に、中立を保つために戦場を退いたとも、秀吉との間に戦を前に土壇場で兵を引くという密約をしていたともいわれています。
利家の戦線離脱に、盛政隊は前後から秀吉軍の猛攻を受け、4月21日正午盛政隊総崩れ・・・。

盛政隊が崩れると、勝家本隊でも脱走者が続出し、残った兵はわずか3000だったといいます。
勝家は残りの兵で、最後の一戦交えようとしますが、家臣たちの説得に止む無く越前への撤退を始めました。
こうして賤ヶ岳の戦いは、秀吉の圧勝に終わりました。
秀吉が美濃から帰ってきて、わずか1日も経っていませんでした。
秀吉軍の中には、勝家の助命嘆願を願うものもいましたが、秀吉は
「池辺に毒蛇を放ち、庭前に虎を飼うようなものだ。」と、受け入れませんでした。

4月24日、越前に戻った柴田勝家は、秀吉軍の追撃を受ける中、お市の方とともに自害!!
城内にあった火薬に火を放ち、天守ごとと吹き飛ばす壮絶な死。。。

賤ヶ岳の戦い・・・秀吉にとっては、天下取りの最大の戦いでした。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

誰も書かなかった 清須会議の謎 (中経の文庫)

新品価格
¥617から
(2016/2/26 22:31時点)

秀吉家臣団の内幕 天下人をめぐる群像劇 (ソフトバンク新書)

新品価格
¥821から
(2016/2/26 22:32時点)

へうげもの 古田織部伝―数寄の天下を獲った武将

新品価格
¥1,944から
(2015/10/21 15:10時点)



日本の文化に革命を起こしたのは古田織部。
”へうげもの”と呼ばれ、一世を風靡しました。
天下を目指す信長、秀吉、家康に仕えます。

織部が人生最大の選択をしたのは・・・大坂の陣の直前でした。

古田織部は、岐阜県美濃国山口城主の子として生まれました。
濃尾平野の広がる・・・戦国時代には、天下をめざし武将たちが闘っていた場所で、代々織田家に仕えていました。
織部は、桶狭間の戦いで勢いに乗る信長の直属の家臣団に加えられました。
信長が天下統一をめざし、中国を攻略しようとしていた頃・・・腹心・荒木村重が謀反を起こします。
ここで信長は、荒木の右腕・中川清秀のもとに織部を送り込みます。
調略のために・・・!!
織部は見事、中川を説得・・・信長の危機を救います。

武将としての能力としては、刀で手柄を立てるような記録はなく、説得工作・・・調略、事前の裏工作に長けていたようです。
そんな彼を表舞台に・・・!!
数寄と呼ばれた茶の湯です。
死と隣り合わせの生活をしている武将たちには、現実を忘れることのできる唯一の世界でした。
その流行と共に、中国伝来の貴重な茶道具は、一国に匹敵るる価値を持って行きます。
それにいち早く注目したのは信長。。。
名物狩りと呼ばれ、高価な唐物を買い集め、褒章として家臣たちに与えていきます。
家臣たちを統制し、士気を鼓舞するために、茶の湯を利用し始めたのです。=茶の湯御政道。

この茶道として頭角を現していたのが千利休。
織部の数寄の師匠となって、多大な影響を与えました。
利休は信長亡き後、秀吉のブレーンとなり、一大イベントを仕掛けていきます。
黄金の茶室を作って後押しする傍ら・・・もう一つの美・・・侘びの世界を追求し始めます。

利休に傾倒していた織部は、ここで数寄の才能を発揮していきます。
侘びとは全く違うもの・・・

yaburebukuro
織部愛用の茶道具・・・「水差し・破袋」
ここに、強く反映されています。
”大きなひび割れも、一種の趣・・・”
傷のない茶碗も、一旦割ってつなぎ合わせる・・・「十文字」。。。
ゆがんだ茶碗・・・
ひょうきんな織部の美意識は、新しい流行となっていきます。
完全な茶碗は物足りないと嫌い、新しい美を追求していきます。

1591年・・・天下人となった秀吉が、独自の美を追求する利休と対立し・・・利休切腹。
命乞いをすることもなく死への旅路に向かう利休・・・

織部は、細川忠行と共に利休を見送りました。
織部は利休の死後、秀吉に取り立てられていきます。
秀吉のお伽衆に抜擢、”数寄の和尚”に任命され、才能を発揮していきます。

織部焼き・・・今までとはまったっく違う斬新なデザインと絵付け・・・
日常的な食器まで流行っていたようです。
傾奇者が出てきていたこの時代、今までの概念をぶち破ろうよいう意識が高まってきていました。
織部の数寄はその時代に合っていたようです。
慶長時代に生きた織部は、慶長の息吹がエネルギーの原点となっていたようです。
常に面白くなければ・・・!!これまでにない画期的なものを・・・!!

ひょうげを武器に新しい価値観をもたらした織部は、数寄の天下人となっていきます。
織部による美の革新・・・
東北の雄・伊達政宗、豊臣家重臣・浅野長政、信長の実弟・織田有楽、豊臣秀頼、毛利秀元、黒田如水・・・茶会を通じて、全国の武将たちとのネットワークが広がっていきます。

そのネットワークに目をつけたのが天下を狙う徳川家康です。
関ヶ原の戦いを前に、根回しをしていたのでした。

常陸の佐竹義宣は、石田三成と親しくその動向に注意を払う必要がありました。
織部を佐竹のもとに送り込み・・・茶の湯で織部と師弟関係にあった佐竹は、師の説得を受け入れて家康に人質を差し出すのです。
こうして家康は、織部を使って説得に成功し・・・関ヶ原に勝利していきます。
家康自身が数寄にのめり込むことはありませんでしたが、その力を十分に知っていたのです。

豊臣から徳川へ・・・時代が大きく動きます。
江戸幕府をひらいた家康は、その基礎を盤石なものにしていくために、織部を利用していきます。
織部は、秀忠の茶の湯の指南役となり、秀忠と諸大名との茶会を仕切って。。。
徳川政権の内部へと入り込んでいく織部・・・確固たる地位を築き上げていきます。
数寄の道に生きたい・・・しかし、あまりに忙しく・・・それもできなくなってきました。

1611年、家康は秀忠を江戸に置いたまま、京都・二条城を拠点に豊臣家弱体に進んでいきます。
二条城に諸大名を集め・・・誓詞を書かせたのです。
”反逆の企てあるべからず”と、幕府の命令に背かないように・・・!!
豊臣家と徳川家の衝突は、もう避けられなくなっていました。

織部はこの頃、息子・九郎八を豊臣秀頼の小姓として仕えさせていました。
身の安定のために徳川につくか?豊臣に尽くすのか?
織部は70歳となっていました。

①徳川方につくか??
生き残れるものの、自分のやりたい数寄は出来ない・・・!!

②豊臣方につくか??
もともと抜擢してくれたのは秀吉。。。
おまけに秀頼の小姓は息子。。。
大恩に報いる道ではないのか・・・??

aooribe織部の屋敷から発掘された「青織部角皿」。
これには、豊臣への思い・・・丁寧な筆使いで桐の文様が書かれていました。

織部はこの皿に、豊臣家の繁栄を願っていたのでしょうか??

③和平交渉策
当時大坂城には、織田有楽、片桐且元ら数寄を通じて交流を深める重臣たちがいました。

そして、秀頼の妻は秀忠の娘。。。
人間関係を生かすという策です。

両家による天下・・・新しい世界を作る・・・??


1612年8月、織部は江戸城に赴きます。
二代将軍・秀忠との接見に臨みます。
そこに伴ったのは、数寄の盟友・片桐且元でした。

片桐は、秀頼の守役のひとりで、豊臣家の重臣。徳川とのパイプ役を担っていました。
第三の道・和平交渉をしようとしていたようです。
7か月に及び江戸に滞在し、秀忠や幕閣達と茶会を行います。
推測されるのは、和平のための根回し。。。
しかし、織部の和平交渉は挫折。
秀吉が建立した方広寺の鐘に刻まれた文字が問題・・・「国家安康」に、家康がケチをつけたのです。
方広寺鐘銘事件・・・鐘銘を起草した清韓禅師は蟄居謹慎を命じられました。

言いがかりとも取れる家康の行動に・・・
なんと、織部は、清韓禅師を茶会に招いてもてなしたのです。
茶の湯に権威や権力は関係ない・・・家康の怒りを恐れることなく、茶人としての信念を貫いたのだろうか・・・??

豊臣家は大坂城内に浪人を集め・・・徳川と対決の姿勢を見せていました。
方広寺鐘銘事件から4か月後・・・大坂の陣が勃発!!
1615年、大坂城落城!!豊臣家は滅亡します。


時を同じくして、織部は幽閉されていました。
処罰の内容は、大坂方との内通です。
大坂城落城からひと月後・・・織部は息子と共に切腹を命じられます。
事件の真相は明らかではありませんが、一切の弁明をしなかったと伝えられています。
破調の美を世に刻みつけた古田織部。
6月11日・・・その生涯を閉じたのです。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

へうげもの(1) (モーニング KC)

新品価格
¥566から
(2015/10/21 15:10時点)

歴史雑学BOOK 図解 前田慶次と古田織部 (ローレンスムック 歴史雑学BOOK)

新品価格
¥1,080から
(2015/10/21 15:11時点)

反逆(上) (講談社文庫)

新品価格
¥637から
(2014/5/21 11:01時点)


村重が・・・ついに謀反を起こした???
天正6年(1578年)7月。。。その説得に向かったのは、秀吉と光秀でした。

kan1












でもすでに村重は戦支度をしていました。
って・・・こんなに説得に行ったりしてたのかなあ???

「織田信長のつくる新しい世などまやかしだ!!
 女子供であろうが敵とみなせば容赦なく皆殺しにし、味方ですら使用済みとなれば切り捨てて顧みることがない!!
 そのような信長のやり方に、ほとほと愛想が尽きた・・・!!!!!」

滅びの道・・・裏切りの道へと突き進んでいく村重。
そこには複雑な光秀の表情もありました。
安土城に・・・秀吉&光秀が帰ってきましたが・・・こちらの殿も聞く耳持ちません。
聞かないまでも、もう結果は解っていたのでしょう。
そしてすでに決断も・・・

播磨・平井山にある秀吉の本陣では、半兵衛が臥せっていました。
ピリピリの中・・・御着の殿・政職も裏切ったとの知らせが・・・!!
大殿が会いに行くも・・・こちらも会ってくれません。。。

「思案のしどころじゃのう・・・」by政職。・・・いつ言ってくれるのか、ドキドキでした。

御着の殿は裏切ったとなれば、人質になっている松寿丸はどうなるの???


荒木村重と中川清秀・高山右近との関係が”口”で説明されてます。。。
これで何が解るの???っていうほど難しくって、人間味のないお話が斗真&美玲の間で交わされてますが・・・
みなさん解りました???
ここらへんのところ、わかりにくいのに、もっとわかりやすく描いてほしいんですよね。
・・・信長も弟を罠にはめて殺してしまったことにちょっと触れているのですが。。。
この大河が始まった時にやってましたよね、この件も。。。
知らない人には全くわからないような表現をどうしてするのでしょう???
女性を取り込むためには、謀略とか戦いとかマイナスイメージ・・・なんて考えているのでしょうか???

高山右近については、中川清秀と従兄弟だし、これから村重を裏切って、信長の家臣となるわけですから。。。
あやふやなポジションのままではなくって、ここできっちりポジションを確立してほしいんです。


所代わって・・・黒田家では、松寿丸を助けるべく、御着を説得しょうと官兵衛が頑張ります。
家臣は信長に忠誠を誓うべく御着を討とうとしていたのに。。。

殿に会いに行った官兵衛。

kan2












久しぶりに会った殿は・・・官兵衛を毛利につけようとさせます。
尼子のように見捨てないためにも立ち上がったのだ・・・!!と。

織田につくように説得する官兵衛ですが。。。
殿はすでに荒木村重と約束を交わしてしまっていました。

う~ん・・・甘いな、官兵衛。。。
何度も言っていますが・・・当時は、主君は主君たるべき人で・・・家臣は主君を選ぶことができました。
だって、命を賭けるんだから・・・変な人についたら死んじゃうでしょう???

なので、政職なんか、こっちから願い下げて当然の殿なんですが・・・
ってこき下ろしていますが、政職は、私にとっては今回の大河のぴか一キャラです。


命を捨てる覚悟で村重を説得に・・・有岡城へ向かおうとする官兵衛。
しかし、半兵衛はそれに反対・・・。
「あまりにも危ない・・・」

官兵衛に軍師の後を継がせようと思っていた引き留める半兵衛ですが。。。
ついに折れたのでした。

kan3












家臣たちに何も言わず、単身で乗り込む官兵衛。。。
謀ったのは半兵衛・・・。

もはや手遅れという村重に、まだ間に合うという官兵衛。。。
なんだか思い出話をし始めました。
村重に助けられた話を。。。

「あの時のあなたには夢があった・・・!」

あ~、策をろうじるのではなくって、情に訴えるの???官兵衛!!
と思っていたら遂に村重が・・・

「もうやめろ・・・!!
 おことが哀れに思えてきた・・・!!」

そう・・・官兵衛こそ御着の小寺政職に謀られていたのです。

”官兵衛がそちらに行くので殺してくれ!!”と。

主に裏切られた官兵衛です。。。
官兵衛の首を、毛利への手土産にしようとしたのです。

官兵衛は村重からは、信長を見限るように誘われます。

「お断りいたす。。。
 某、断じて裏切りは致しませぬ・・・!!」

kan4












「おことこそ裏切られたのだぞ!!!
 そのように人の好いことで、この乱世、生き残れぬわ・・・!!」


ほんとそうです。
甘いよ・・・官兵衛。。。

そして・・・幽閉生活が始まるのでした。

どうして殺されなかったのか???
今までの感じだと、”友達だから”路線で行くんでしょうか???
ひとつには、”だし”が命乞いをしたと言われています。
そしてもう一つは、村重がキリシタンだったから。とも。。。


今までの戦いのシーンがほとんどない戦国時代。
主役が幽閉されたらもっとなくなるんじゃないの・・・??


ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

高山右近 キリシタン大名への新視点

新品価格
¥3,780から
(2014/5/21 13:15時点)

一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史(SEIBIDO MOOK)

新品価格
¥1,404から
(2014/5/21 13:16時点)

このページのトップヘ