日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:吉田松陰

2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」続・完全読本 (NIKKO MOOK)

新品価格
¥1,080から
(2015/9/1 15:49時点)


ご無沙汰していました。
夏休み明けの夏バテになってしまったようです。
かなり遅れていますが、第33回の「花となるために」です。
そう言えば、「母になるために」なんて題の時もありましたが、何が花になるんだろう・・・??

お・・・なんだ?梅兄がお殿様にあって政治状況や戦況話してるじゃないの??
この時点で、美和がお殿様に会う必要性ってどこに・・・??
まるくおさまったのも全部美和のおかげだと・・・都美姫に言われビックリする梅兄。。。ってどうよ??
でもね、梅兄・・・都美姫様にも報告って・・・奥に報告する必要があるのかなあなんてしつこく思ってしまうのでした。

歴史的には・・・
功山寺で挙兵した高杉晋作⇒長州藩内が保守派から討幕派へうつって・・・内戦は終結です。

椋梨は、殿にお目通りを!!と、都美姫様に願い出るも断られてしまうのです。
こんなことまで都美姫がやるのかなあ・・・。
で・・・美和に送らせるのだ。。。
なんて情があるのかないのか・・・厳しいんだ・・・そう・・・城から椋梨を追い出したのは美和なのです。・・・と。


「私の兄をおとしめ、夫を追い詰め、多くの方のお命を奪った・・・。
 それほどまでして椋梨様が守らねばならぬものとは何だったんでございますか」by美和

「政とは、変わらぬ営みを守ることじゃ・・・それだけに過ぎん。
 ひたすら生きた」by椋梨

「久坂も同じでございました」??そうかい??

 椋梨様からどれほど幼くおぼつかない姿に見えようと・・・同じように政に志を抱き、その道を生きたのでございます。」by美和
??それ・・・本当か??

おかしいやろう・・・??

政とは変わらぬ営み・・・それは、300年も続いた江戸幕府が証明しています。
その江戸幕府を壊そうとしたテロリストなんですけど・・・
ま、同じように”志”を抱いていたのかも知れませんが、この大河では全く思想的なことをやってくれていないので、何が、どう、志なのかが全く解りません。
もしかして・・・唯一叫んでいる「草莽崛起」??

「何も持たぬということが、私には力でございました。
 おごらず、ただ目の前の者をうやまい、出会う人たちから学び・・・」by美和

敬って学んでいたら、そんなムッとした主人公じゃないんじゃないの??なんて思いながら観てしまったのでした。

hana













で・・・興丸誕生なのです。
なんの脈絡もない・・・。

で・・・政局はどこへやら・・・姫が自ら興丸をお風呂に入れたりお世話をしたい・・・などという話に。。。
守役は美和にしてほしいと頼む銀姫です。
あ~~そんな話はどうでもいいか・・・

野山獄からは政治犯が次々と釈放されていきます。
伊之助もね。
その情報もすぐに美和のもとへ。

政治も元に戻ったので・・・萩に戻ることはないかも・・・??
調子の悪い父のためにお宿下がりをしてほしいと言ってくる亀。

家族を捨ててまで奥に入った美和。
なんでそんなこんなで悩んで話になるのか・・・??
長州藩に命を捧げてるんじゃないの??

美鶴に椋梨様が捕えられたと行方を知らせに来たのは寿でした。
どうしてこうも惨い演出するのかなあ・・・
と思いながら・・・
「憧れておりました。」by寿
なんですが、そんなこと言うと、いい人ぶってるように聞こえちゃうんですよね。
実際、椋梨家は落ちぶれていくわけだし・・・
ま、美鶴さま、凛としてカッコ良かったですよ。


萩から山口へ・・・
と思っていたら、父を見舞うように銀姫様からありがたいお言葉が・・・!!
なのに、里心がついて帰れなくなったら嫌だから帰らない・・・なんてことを銀姫様に言うのです。
なんだか・・・男たちは外で命のやり取りやってるよ・・・。

すったもんだで帰ってきた美和こと文・・・。
あの・・・さっき出てきたカッコいい梅兄はどこへやら・・・いつもの野良仕事ってのもおかしいよね。。。
で・・・父と最後の時を過ごす文なのでした。

でもね・・・家に戻ってこようと思っていたとか、父上の娘に・・・だとか、言っている訳ですが、この戦争になっている時期、よく考えると親子の別れをできた人も少ないだろうし、畳の上で死ねた人も少なかったんじゃないかと思います。
ちなみに・・・会津戦争の時は、官軍によって遺体の埋葬許可が下りなかった・・・っていうか、埋葬したら罰せられたんですよ。

本当に平和な杉家だなあ・・・と、つくづく思うのでした。

で・・・興丸をほったらかしで行方不明で探されていた美和。
どう考えてもお世継ぎ様のお守失格です。

が・・・これからずっとついていると言って、何事もなかったかのように守役に任ぜられるのでした。
しかも、廊下で・・・!!

廊下で任ぜられるのがどうか??とも思うけど、やっぱり行方不明になっていた人がお世継ぎ様のお守ってのはおかしいでしょう??

で・・・幕府との戦に備えて山口へ!!
と、ナレーションが入るのです。
高杉は長崎に向かい、伊之助は大宰府を目指すそうですが・・・何をしに行くのか全く解りません。
「旦那様にこれからです!!」と、報告する美和でした。

こんなことで久坂玄瑞を出さないでほしいわ・・・。
いつも伊之助の後を追いかけて、旦那様を敬っている欠片も見せないのにね。。。

ちなみに、今回勿体なかったのは梅兄ですね。
本当にいろいろと事を成した重要人物なら、もっと出してあげて欲しいものです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

「花燃ゆ」が100倍楽しくなる 杉文と楫取素彦の生涯

新品価格
¥1,382から
(2015/9/1 15:50時点)

杉家の女たち~吉田松陰の母と3人の妹~ 【2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」のヒロイン・文をはじめとした4人の女たちの物語】

新品価格
¥1,404から
(2015/9/1 15:50時点)

もう一つの「幕末史」 [ 半藤一利 ]

価格:1,512円
(2015/8/10 18:12時点)
感想(0件)



「お世継ぎ騒動」か・・・なんだかね、三代将軍の大奥ぐらいなら良かったんでしょうが・・・
この当時、お世継ぎどころか藩の存続も危うくなってきているのに、呑気な方々です。

私・・・幕末大好きなんですが、いつも大河を見るときは、当時のことをもっと細かく検証・・・出来ないけど勉強しながら見るんですよね。
でも、ここまで来ると勉強する気も起きないわ・・・。

ちなみにこの時代は・・・
いろんな失策から前回周布政之助が切腹し、攘夷派が勢いを無くし・・・保守派の力が・・・椋梨藤太らの粛清が始まりました。
高杉晋作や桂小五郎にも暗殺命令が・・・!!

なのに、奥ではおはぎを作るお話。
なんと、おはぎづくりはお家安泰を願う奥の大切の儀式なのだという。
へそを曲げる銀姫。。。
で・・・ここで出てきたのがやっぱり美和。
みんなで一生懸命おはぎを作り・・・元徳様は。。。
「これは姫のおはぎではない・・・」と、哀しそう。。。
「うまい!!」
う~ん、こんな茶番で良いのか??
こんなことしてて藩の大事は回避されるのか・・・??

「じゃが・・・わしはまずいおはぎも好きなんじゃ・・・」
元徳様は銀姫に好意を持っていてくれて・・・銀姫も好意をもってい・・・。
そうじゃない
元徳様は悪くないんだけれども、暢気すぎるんだよ・・・脚本が・・・!!

椋梨に高杉の行方を詰問される伊之助。。。
10月27日の松陰の命日に、お墓参りをする高杉を捕える計画です。
でもって・・・鞠が美和に教えてくれました。

???

だからって美和に何ができるんだ・・・!!
雅に手紙を書く美和。
使いを出すことは出来ない!!と、断られるも・・・って、検閲されるとか思わないんだろうか・・・。
そこに美鶴登場!!
一応悪役なんですよね。
こちらの方が正統派な気もしますが、意地悪く・・・高杉晋作に関わるものを見張っているとか、27日までだとか・・・吹き込んでくれちゃってます。

で・・・勝ったら望みの物を与えるという銀姫に独楽で勝負!!
「雑巾がけでもしておれ!!」ということで、一蹴されるも、いろいろ話を聞いてくれ・・・って、手を貸すだろうか??
今の長州藩は、幕府への恭順です。
なので、反対の意見を述べることはできない・・・というか、姫も恭順派のはず・・・。
で・・・倒されたと知っている幕府なので、討幕!!と思うかもしれないけれど、幕府が倒れるなんて誰も思っていなかったんだから、恭順の方が正統派というか・・・

と思っていたら、伊之助が投獄されちゃいました。
それをまたもや教えてくれる鞠。。。
一体誰がどういった立ち位置なのか??まったく解らず。

で・・・今度は羊羹を作ろうと言い出す美和。
新しい菓子を作って、元徳様を喜ばせて・・・ふたりの間を取り持ちお世継ぎも・・・
と言い出しましたが、史実ではこの時点ですでに銀姫は懐妊しています。

hana












なんだか観ているのがつらくなってきました。

これ以上人が死ぬのを見たくない・・・みたいなことを言っている美和ですが、この話の流れのどこからそんな言葉が出てくるのか・・・全く取ってつけたようでゲンナリ。。。

御前様に羊羹の褒美として兄の墓前に羊羹を供えたいという美和。
呑気に羊羹を見ている杉家の人々に・・・いきなりやってきた役人は、羊羹を調べる!!
密書があるのでは??との事でしたが、やるなら重箱の中の三本とも調べたらいいのにね。。。
なんと、この役人、武井壮じゃないの・・・。なんだか・・・武井壮さん上手ですが、視聴率もここまで来ると奇をてらったにしか見えないわ。。。

で・・・とうの晋作は、なんと、伊之助のいる野山獄へ・・・
って、こんなことに来たら絶対捕まるだろう・・・。
だって、見張られてるんでしょ??晋作の知り合いたちは・・・。

赤子の祝いにと銀姫様名義で晋作の妻・雅に羊羹を送り、その中に手紙をとのことですが・・・
銀姫様からのお祝いなので、誰も調べることは出来なかったという結果ですが・・・ちょっと待って??
見張られている高杉家の人たちが、いつ、晋作に渡せるっていうんだ・・・
ざるだよ、ざる・・・まさにご都合主義な大河に・・・寂しさを感じてしまった・・・。
それでもヒロイン・美和のおかげで日本の新しい夜明けが始まるみたい・・・。
晋作、これだけ狙われているんだから、逃げる感は絶対に持っていると思うの。。。
誰に助けてもらわなくっても逃げられるというか・・・逃がすんなら、お龍や幾松位の事をしてほしいわ。。。

野山獄で、狂うぞ~~!!と、決起している伊之助と晋作ですが、伊之助は狂ったとこ見たことないし、晋作さんに至っては、その活躍を全く画いてくれないんだから・・・。

そして・・・父に縁を切られる晋作。。。
またもや放浪。。。

そして・・・元徳様の羊羹を作り忘れた・・・こりゃ参った!!テヘッと、笑う美和と銀姫様・・・って、ほんと、少女漫画みたいな発想もなんだかcheap。。。
元徳様はおいでになって・・・ふたりは仲睦まじく・・・って、羊羹もおはぎも関係ないじゃん・・・。

嘘を真にするためには、大きな嘘以外は全て細かく本物を使う。。。みたいなことを宮崎駿さんが言っていました。
例えば、トトロもポニョも、そんな馬鹿な!!なキャラクターです。でも、居るってみんな信じてるでしょう??
他の事は全て本物にして手を抜かない!!だから、大きな嘘も真実に見えてくるのだと言っていたと思う。。。

別にフィクションが悪いって言っているんじゃないの・・・私。
きっちりと史実を書いてくれた上でのフィクションがないと・・・な、感じなんですよ。
ちなみに長男・元昭が生まれるのは、翌年の2月7日です。

品川弥二郎に襲われる高杉ですが・・・晋作さん、免許皆伝です。
弥二郎、命拾いしましたね。

高杉が萩から逃れたのは、奥から情報が漏れたせいだとなんでかピンポイントで当てる椋梨藤太。
だから・・・そこまで優秀なら、晋作に関わる人を見張ってたんだからその時点で捕えるよね。。。
誰が犯人なのか・・・美和??
それを止めたのは銀姫様。

hana2















「御前様・・・子ができました。」
と、この子供ができたことで全てはうやむや・・・だから、情報漏えいの事も不問に・・・ということ??
「つまらぬことでお世継ぎ誕生にさわることがございませぬよう・・・」と、美和を助けてくれました。
これはおはぎのおかげなんだって。
「奥のしきたりとは・・・まことにありがたきものじゃ・・・」by都美姫


って。。。しきたり・・・って言う割には、銀姫様ははしたない御姫様だし、仕える人も品格に欠けると思います。
あ~、なんだか辛口批評になってきて辛いです。
だって、女性のドロドロ・・・嫌いなんだもん。。。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

「幕末」に殺された女たち [ 菊地明 ]

価格:864円
(2015/8/10 18:12時点)
感想(0件)

「幕末大名」失敗の研究 [ 瀧澤中 ]

価格:799円
(2015/8/10 18:13時点)
感想(1件)

奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新 (落合秘史)

新品価格
¥1,944から
(2015/7/4 14:37時点)



赤禰武人・・・長州の奇兵隊第三代総督をつとめた男・・・
「不忠不義の至り」と断罪されて刑死しました。
冤罪だという声もあるにはありましたが・・・長く捨て置かれてきました。

kane
こちらが本人です。

akane


花燃ゆでは、阿部亮平さんが演じてくれています。

こんなに笑っていますが、実は、いわゆる奇兵隊の闇を一人で背負ってくれています。




柱島の島医師・松崎三宅の次男に生まれたといわれています。
15歳の時に妙円寺の僧侶・月性に学び、月性の紹介で浦靱負の郷校である克己堂で学びます。

1856年、15歳の時に短期間でしたが松下村塾で学びました。
その後、長州藩重臣浦家の家老・赤禰雅平の養子となり、陪審ながら武士の身分を手に入れ・・・梅田雲浜の望南塾に入塾します。

安政の大獄で捕縛されるものの、釈放され帰郷。
その後、吉田松陰らに相談し江戸において雲浜の救出を試みるが失敗、藩から謹慎処分を受けています。
1862年4月に謹慎が解かれると、松下村塾メンバーと共に尊王攘夷活動に・・・。
英国公使館焼き討ち、下関戦争に参加、その後、第三代奇兵隊総督となります。

1864年の第一次長州征伐のあと、藩内の幕府に俗論党(椋梨藤太・恭順派)VS正義派(奇兵隊などの主戦論派)の融和を図ろうとしますが、それが二重スパイの疑いをかけられることとなり、いろいろあって高杉らと対立するのでした。
ようやく奇兵隊を残すこととなったのに、高杉晋作またもやの暴走!!

武人は、同志から俗論派のスパイ、裏切り者と疑われ・・・そのせいで脱藩して大坂に逃走!!
その後も、一人で長州藩を何とかしようと頑張りますが、長州藩士に捕縛されて・・・
山口に送られるも、一度も詮議されることなく・・・
「奇兵隊総督当時に、馬関戦争に於いて敵前逃亡した罪」によって斬首され、首級は、出合河原に晒され・・・むごい最期を遂げるのです。

武人の獄衣の背には・・・

「真は誠に偽りに似 偽りは以って真に似たり」

と書かれてありました。

その死に山縣狂介(有朋)が関わっていたという説もあるのですが・・・この花燃ゆではどう描かれるのでしょうか??
もしかして描かれない???

奇兵隊は、上下の関係のないフラットな集団みたいな感じがします。
が・・・本当はそんなことは全くなく・・・
変な言い方になりますが、武士という”くくり”のない集団。。。
粛清に粛清を重ねた新選組の方が、当時の荒くれ者を管理するのには当たり前な感じがします。

もしかすると、闇の部分はこの赤禰武人が全部持って行ったのかもしれません。。。


奇兵隊150年 奔走する幕末最強集団はこちら

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰、龍馬、晋作の実像 (集英社新書)

新品価格
¥821から
(2015/7/4 14:37時点)

吉田松陰と高杉晋作の志 (ベスト新書)

新品価格
¥864から
(2015/7/4 14:39時点)


「志」が人と時代を動かす! 吉田松陰の人間山脈 (青春新書インテリジェンス)

新品価格
¥961から
(2015/5/29 21:17時点)


松下村塾メンバーの中で・・・高杉晋作・久坂玄瑞・吉田稔麿と共に「松下村塾の四天王」といわれる男、入江九一です。


kuiti















要潤さんが演じてくれています。
が・・・この「よ」の写真を出して良かったのか・・・??

だって九一は・・・寡黙で・・・「誠に才知これあり、忠義の志厚く感心のもの」と松陰から高く評価された男だったから。。。こんなおちゃらけていいの・・・??

萩藩の足軽・入江家の長男として萩で生まれた九一は・・・13歳で藩の下役に就きます。
松下村塾に足を突っ込んだのは、21歳の時。。。弟の和作(野村靖)も松陰の門下生でした。

松陰が獄に投じられると、松陰の指示を受けて弟一緒に奔走します。
が、松陰の”老中・間部詮勝暗殺計画”の実行隊として・・・藩に投獄されてしまいました。

kuiti3













松陰死後も獄にとらわれ続けますが、玄瑞の指導で勉学に励みます。
釈放されたあと・・・玄瑞のもと、村塾メンバーの中心となっていきます。
その後、藩から尊王攘夷の志を賞賛され、士分の待遇へ昇格。姓も許されます。

その年、晋作の「奇兵隊」創設に加わり、参謀となり、その後も国事に奔走し・・・
1864(元治元)年、萩藩の復権を目指した「禁門の変(蛤御門の変)」では上京藩士の幹部として活動、参謀を務めましたが、戦の中で重傷を負い、公家の鷹司邸で自刃。満27歳でした。

kuiti2
志士として・・・その後の活動が期待されていたのに、志半ばで無念の死を遂げた志士のひとりです。

これから中心メンバーとして目立ってくるのかしら??
でないと、玄瑞と一緒に死んじゃうから・・・出番が・・・!!


と、もっと目立ってもいいキャラクターの入江九一なのです。
ドラマでは、まだ・・・いえいえ、全く存在感なしなんですけど・・・。
なので、今後、どんなふうにお話に絡んでくるのか気になりますね。


楽しみにして待ちましょう。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

吉田松陰門下生の遺文―襖の下から幕末志士の手紙が出た

中古価格
¥1,290から
(2015/5/29 21:18時点)

松下村塾の人びと―近世私塾の人間形成

新品価格
¥7,020から
(2015/5/29 21:19時点)

吉田稔麿 松陰の志を継いだ男 (角川選書)

新品価格
¥1,836から
(2015/5/27 05:44時点)



吉田稔麿・・・普通の人にはあんまり馴染みはないかもしれませんが・・・
新選組好きにはたまらない宿敵です。

tosimaro

この人も、とがったイメージがありますが・・・
「花燃ゆ」ではかわいい瀬戸康史くんが演じてくれています。

個人的には(↓)こちらの狂気な稔麿さんのイメージが強いのですが、ま、こちらはマンガ・アニメですから・・・。


tosimaro2















実際には瀬戸君の方がホントなのかもしれません。

名は栄太郎⇒23歳の時に稔麿と改名しました。
高杉晋作、久坂玄瑞、そして吉田稔麿を称して松陰門下の三秀(入江九一を入れて松下村塾 四天王)と呼ばれています。


吉田稔麿は、萩藩松本村新道に足軽・吉田清内の嫡子として生まれました。
安政3年11月、松陰主宰の松下村塾で最初の塾生である増野徳民に連れられ、松下村塾の門を叩き、門下生となります。
なので、松下村塾初期メンバーの一人です。

松陰は・・・特に親愛の情を示した稔麿には「無逸」という字(あざな)を付け、同じく「無」がつく字を付けられた増野徳民、松浦松洞と共に「三無生」とも言われています。
無駄口を利かず、謹直重厚な人物でした。

松陰は稔麿を「足下の質は非常なり」「才気鋭敏にして陰頑なり」「久坂玄瑞の才能は自由自在で妨げるものは何もない。高杉晋作は陽頑、つまり頑固さが表に出るが、稔麿の陰頑というのは、心に秘めた強い意志を持っている。それは人により安易に動かされるものではない」と高く評価したといいます。

ドラマでもそうでしたが・・・松陰に下獄の命が下されると、家族・親族一門を守るために師の元を離れました。松陰が江戸送りになるときも、合わせる顔がないと・・・隣家の塀の穴から見送ったとの逸話が残されています。

松陰死後も、暫く志士としての活動を控えていたものの、脱藩、京で行なわれた松陰の慰霊祭にも参加するようになります。

文久3年(1863年)6月、高杉晋作の創設した奇兵隊に参加。
7月には「屠勇隊」を創設。
8月の朝陽丸事件(幕府の軍艦を襲撃)では始末を任され、烏帽子・直垂姿で船に乗り込み、説得に成功します。

彼の名前が轟くのは・・・元治元年(1864年)6月5日の池田屋事件。
池田屋の会合には稔麿も出席していましたが、一度屯所に戻るために席を外します。
 しばらくして戻ると新撰組が池田屋の周辺を取り囲んでいて・・・吉田は奮闘の末、討ち死にするのでした。

 最近の説では、長州藩邸に戻っていた吉田が脱出者から異変を聞き、池田屋に向かおうとするも加賀藩邸前で会津藩兵多数に遭遇し討ち死にした、とも・・・
池田屋で襲撃を受け、事態を長州藩邸に知らせに走ったが門は開けられる事無く、門前で自刃したという話もあります。
稔麿の最期については諸説ありますが、それだけ魅力的な人物だったのでしょう。

ドラマとしては、今はあんまり出番はないですが・・・また帰ってきますよ。
お楽しみに。。。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

池田屋事変始末記 吉田稔麿の最期 (新人物文庫)

「志」が人と時代を動かす! 吉田松陰の人間山脈 (青春新書インテリジェンス)

新品価格
¥961から
(2015/5/27 05:45時点)

このページのトップヘ