日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:建武の新政

1333年、100年以上続いた武家政権鎌倉幕府が滅亡しました。
幕府を倒したのは、北関東を拠点にしていた武士・新田義貞でした。
義貞の倒幕で、時代は大きく転換します。
倒幕後、政治の実権を握った後醍醐天皇は、建武の新政という天皇親政を実現します。
これが、南北朝時代といわれる日本史上まれにみる動乱の時代を呼び込むこととなるのです。

太平記・・・太平記の中で、新田義貞は後に室町幕府を開く足利尊氏のライバルとして熾烈な戦いを繰り広げています。
しかし・・・当時の義貞の立場に疑問が・・・??
実力の時代を切り開いた新田義貞の真の姿とは・・・??

新田氏が治めたのは、現在の群馬県太田市。
かつて新田荘と呼ばれたこの地には、井の文字が多く使われ、たくさんの水源があったことが分かります。
今も市内で湧き出す地下水・・・多くの水源は、新田荘を潤し、豊かな実りをもたらしました。
これにより新田氏は、北関東で大いに力を蓄えていきました。

新田義貞が生れたのは、今からおよそ700年前の1300年頃といわれています。
当時、鎌倉幕府の実権を握っていた北条氏の権力はゆるぎないものに見えました。
ところが・・・近畿地方で異変が起こります。
1331年、後醍醐天皇が政の実権を幕府から取り戻そうと河内の土豪・楠木正成らを動かし倒幕の狼煙をあげたのです。
義貞は、幕府軍の一員として制圧に向かいました。
しかし、ゲリラ戦を展開する楠木達後醍醐方に苦戦を強いられ、戦いは長期を呈しました。
戦のさ中、義貞は新田荘に帰郷します。
一説には、この時後醍醐方から倒幕の指令を受けていたともいわれています。

一方、畿内で苦戦する幕府は、戦費調達のため裕福な新田荘に臨時の税を課し、2人の使者を取り立てに向かわせます。
この時、事件が起こりました。
義貞は、なんと幕府の使者の一人を斬首・・・もう一人を拘束してしまいました。

鎌倉幕府は、盤石で最盛期を迎えていました。
強い鎌倉幕府に対して、新田義貞は戦争をしかけていくのです。
これは、非常に大きな選択でした。
戦が続く畿内でも、大きな衝撃でした。
幕府方の有力者・足利高氏が後醍醐方に寝返り、鎌倉幕府の京都監視機関・六波羅探題を攻め落としたのです。
新田荘の義貞も、これに呼応するかのように反幕府で挙兵!!
挙兵の地とされるのが、旧新田荘・生品神社・・・
古くから地元の信仰を集めてきたこの神社には、義貞が挙兵の際に幟を立てたといわれる巨木が保存されています。
この時、神社に集まった義貞軍は、わずか150騎・・・義貞はこの少数で鎌倉幕府に戦いを挑もうというのか・・・??

義貞は幕府本拠地・鎌倉への進軍を開始しました。
途中、鎌倉を脱出した足利高氏の息子・千壽王も合流。
大軍勢となった義貞率いる反幕府軍は、鎌倉で北条方と激突します。
義貞は、一族に犠牲を出しながらも奮戦し、北条氏の多くを自刃に追い込みます。
1333年5月・・・鎌倉幕府は、義貞の攻撃によって滅亡しました。
これまで無名の存在だった新田義貞は、この勝利で足利高氏とならぶ、倒幕の功労者として都でその名を知られることとなります。

義貞や高氏の働きで鎌倉幕府を倒した後醍醐天皇は、幕府も院政も否定し、天皇自身への権限集中を実行しました。
1334年、年号が建武に変更されたことからこの政治体制は建武の新政といわれています。
義貞は、倒幕の恩賞として播磨の国司に就任し、新田一族の多くが都の警察に相当する武者所の要職につきました。
さらに新田氏は、北陸地方、越前・越後の国司などにも任命され、後醍醐政権の中枢を担うこととなります。

もう一人の倒幕の功労者・足利高氏は、更なる地位を築いていました。
武蔵・常陸・下総など東国の国司に任じられただけでなく、天皇の諱・尊治から”尊”の字をもらい尊氏へと名を改めます。
全国の武士への指揮権も与えられた尊氏は、後醍醐政権の侍大将ともいうべき地位に登りました。

鎌倉幕府滅亡の2年後、東国で北条氏残党による反乱がおこり、尊氏は鎮圧に向かいます。
ところが、乱の終息後も、尊氏は鎌倉を動こうとしない・・・
天皇の上洛命令にも従わないという不可解な行動に出ます。
その背景にはったのは、倒幕の恩賞への不満とも、征夷大将軍や幕府をめぐる考えの相違ともいわれています。
後醍醐天皇は尊氏の行動を反抗と受け取り、討伐を決意します。
その大将に指名されたのは義貞でした。
義貞の負けられない戦いが始まります。

太平記では、義貞も尊氏も、源氏の嫡流とされ、2人で武家の棟梁を争ったと書かれています。
しかし、近年の研究では、同格のライバル関係ではなかったという説が提唱されています。
足利家は格が高く、幕府でも重要視されていました。
新田は無位無官・・・同じ一族の上下縦の関係でした。
新田にとって足利を打倒する・・・それは下克上的な状況でした。
後醍醐につくのか、足利につくのか・・・大きな分かれ目でした。

義貞は、鎌倉に向かって出陣しました。
しかし、尊氏の反撃に撤退を余儀なくされ、逆に京都を奪われてしまいます。
後醍醐天皇は京都を逃れ、比叡山山麓の東坂本・・・現在の滋賀県大津市の日吉大社に籠りました。
義貞らは、東北からの援軍を受け反撃!!
尊氏を九州に追い落とすことに成功します。
しかし、わずか3か月後・・・
1336年5月、西国の武士たちを引き連れて大軍勢で攻め上ってきた尊氏に、義貞は惨敗・・・。
再び尊氏に京都を奪われ、またもや後醍醐天皇と共に比叡山に撤退することとなりました。

琵琶湖を望む比叡山東山麓・・・京都を尊氏に追われた後醍醐天皇は、ここ近江国・東坂本の日吉大社に籠ったと伝わっています。
古来、天皇家の崇拝を受けてきた日吉大社は、比叡山延暦寺と共通の境内を所有していました。
織田信長、明智光秀に延暦寺が焼き払われたとき、日吉大社も灰塵に帰しました。
義貞、尊氏は、共に散発的な戦いを繰り返しますが、双方戦局を打開できずにいました。
季節は秋から冬に向かおうとしていました。
膠着状態を打開しようと尊氏は一計を案じます。
密かに後醍醐天皇に使者を送り、和睦を持ちかけたのです。

後醍醐天皇は、尊氏からの申し出を誰に諮ることもなく、受け入れることに決めました。
後醍醐方の指揮官でありながら、義貞はこの謀を知らされることはありませんでした。
新田一族の武将・堀口貞満は、鎌倉討伐戦以来、義貞と戦い続けてきていました。
不穏なうわさを聞きつけて、天皇のもとに向かいました。
そこで目にしたのは、今まさに京都に向かおうとしている後醍醐天皇でした。
堀口は、涙ながらに義貞始め新田一族の忠誠を訴えます。
そこに、3千余りの兵を率いて義貞も駆け付けます。
尊氏との和睦を決めた後醍醐天皇・・・
一族の想いを語る堀口・・・
両者の間で義貞は、厳しい選択を強いられます。

堀口の言い分は至極最も・・・帝が尊氏と和睦するのは命がけで忠誠を尽くして来た我らに対する裏切りに他ならない・・・このままでは、一族の結束が保たれない・・・
あくまでも、武家の棟梁を勝ち取るために、尊氏と戦い続けなくてはいけない・・・鎌倉倒幕以来の決戦で、新田は多くの命を失ってきたが、ここは残った者たちを戦い続ける・・・??

しかし、このまま帝が尊氏方に行けば、我らは朝敵・・・賊軍となってしまう・・・。
帝と一緒に山を下り、尊氏に服従を誓う・・・??

義貞が鎌倉討伐のために、ふるさと新田荘を出てから3年が経とうとしていました。
後醍醐天皇は、独断で尊氏との和睦を決めていました。
多くの兵を従えた義貞に気おされたのか、口を開いたのは後醍醐天皇でした。

「義貞よ・・・尊氏と和睦するのは一時の謀にすぎず、巻き返す時が来るのを待つつもりなのだ
 事前に知らせなかったのは、事情が漏れることを恐れたに過ぎない・・・
 だが、堀口の恨みを聞いて、自分が誤っていたことに気が付いた
 義貞を朝敵にするつもりはない・・・
 こうなったからには、皇太子に位を譲るので、共に北陸へ向かい、体制を整えて再び朝廷のために働いて欲しい」

義貞は、これを聞き、覚悟を決めました。
後醍醐とはなれ、北陸に・・・尊氏と戦い続けることを選んだのです。
義貞は、北を目指しました。
冬がすぐそこまで来ていました。

一旦、尊氏方に下った後醍醐も、その年の暮れには、京都から吉野に脱出!!
京都と吉野、それぞれに朝廷が立ちました。
南北朝の始まりです。
皇太子を立てて北陸へ向かった義貞は、尊氏方の激しい追撃を受け苦戦していました。

1337年3月・・・越前国・敦賀の戦で、皇太子を尊氏側に奪い取られ苦境に陥った義貞・・・
しかし、義貞は戦いをやめませんでした。
尊氏方の追撃をかわしながらも、各地の兵を糾合し、地盤を固めようとしていました。
どうして義貞は、南朝の後醍醐と合流しなかったのでしょうか?
それは、北陸を拠点にして北関東・北陸で地盤を固め、後醍醐の吉野方、あるいは足利軍団に対抗する勢力を形成しようとしたのではないか・・・??
実力があれば交渉ができる・・・!!
北陸を固めることが、新田にとっては一番重要だったのです。

1338年7月2日・・・義貞が北陸に下って2年近く・・・尊氏からの執拗な攻撃は続いていました。
義貞は、尊氏方が立てこもる城の視察に50騎の兵を連れて向かいました。
しかし、その途中、敵方300騎と遭遇・・・攻めたてられた義貞は、泥田に落とされ、あえなく命を落としました。
義貞が最期を迎えたといわれる地は、現在では公園として整備され、その一角にはささやかな祠が建てられています。
新田義貞は、新田荘を出て以来、清らかな水に満たされたふるさとの地を一度も踏むことなく、その生涯を終えました。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング 

室町・戦国天皇列伝 後醍醐天皇から後陽成天皇まで 久水俊和/編 石原比伊呂/編

価格:3,520円
(2020/6/4 09:51時点)
感想(0件)

【中古】 日本史英雄たちの家紋 後醍醐天皇から、坂本竜馬、夏目漱石まで 別冊歴史読本48/新人物往来社(その他) 【中古】afb

価格:880円
(2020/6/4 09:52時点)
感想(0件)

鎌倉時代終焉後のおよそ60年間、二つの朝廷が並び立つという日本史上類を見ない状態が起こりました。
南北朝時代・・・それはまさに動乱の日々でした。
およそ60年続いた南北朝時代は複雑な時代です。

1333年 建武の新政
1339年 後醍醐天皇崩御
1350年 観応の擾乱
1351年 正平の一統
1367年 足利義満三代将軍就任
1392年 南北朝合一

南北朝時代の軍記物「太平記絵巻」には宴で上半身裸で踊っている者、酒を煽りいい感じの者・・・これは、建武の新政のキーパーソン第96代後醍醐天皇が開いた無礼講といわれる宴です。
身分の上下など一切なくして飲み、歌いましょうということですが、真の目的は鎌倉幕府を倒幕する見方を集めることでした。
倒幕した理由は・・・??

「我が子に皇位を継がせることは出来ぬのか・・・??」

後醍醐天皇は、我が子を天皇にしたかったのですが、出来ない理由がりました。
それが両統迭立です。
その始まりは鎌倉時代の事・・・
きっかけは、第88代後嵯峨天皇が皇位継承を誰にするか明確にしないまま崩御したことにありました。
そして皇位継承者の後深草と亀山の相続争いとなりました。
持明院統第89代後深草天皇と大覚寺統第90代亀山天皇・・・から交互に即位する両統迭立となり、以後それが踏襲されていました。
後醍醐天皇は大覚寺統の天皇なので、次は持明院統からの天皇と決まっていたのです。
しかし、自分の子を天皇に即位させたい後醍醐天皇はこの両統迭立を廃止したかったのです。
そのためには、承久の乱以降、皇位継承に介入することになってきた鎌倉幕府を倒すことが必要だったのです。
くわえて、幕府による武士中心の政治ではなく、天皇中心の政治に戻すことを考えていました。
両統迭立を撤廃し、自分の子孫に皇位継承させ、天皇中心の政治に戻すために、後醍醐天皇は倒幕の狼煙を上げたのです。
ところが・・・その計画が二度も幕府にバレ、後醍醐天皇は隠岐へと流されてしまいます(1332年)。

後醍醐天皇の皇子・護良親王が各地に倒幕を命じ、吉野で挙兵したのはその8か月後のことでした。
すると、幕府への反乱勢力が次々と立ち上がるのです。
当時の鎌倉幕府に不満を持っていた人々はたくさんいました。
北条氏が日本の大半の所領を治め、その他の武士の所領が少なかったのです。
隠岐に流された翌年、後醍醐天皇は隠岐を脱出することに成功し、三度目の倒幕の狼煙を上げます。
この時、鎌倉幕府が鎮圧軍として関東から京都の派遣したのが、分裂のもう一人のキーパーソン・足利高氏です。
高氏は、一度は後醍醐天皇側と戦いますが、突如天皇方に寝返り、幕府に反旗を翻します。
自分と共に討伐軍の大将として派遣されていた北条一門の有力大名である名越高家が射殺されたことが、足利高氏が後醍醐に味方した理由の一つでした。
形勢が不利だと幕府を見限り天皇方に・・・そして倒幕の呼びかけに応じた武士たちをまとめ、六波羅探題を攻め落とします。
これによって天皇方が優勢に・・・
さらに、尊氏同様幕府から寝返った新田義貞ら反乱軍が鎌倉に入り、幕府軍を撃破!!
鎌倉幕府は滅亡します。

その年の6月のこと・・・武家から政権を奪還した後醍醐天皇は、京都に帰り元号を建武と改め、再び天皇による政治を始めます。
これが建武の新政です。
こうして、朝廷主導による政治に戻した後醍醐天皇ですが、その3年後、朝廷は南北に分かれてしまいます。

後醍醐天皇の政治は府独裁的でした。
天皇は鎌倉時代から武士が持つ所領を白紙に戻します。
その上で、個別安堵法を発布。
土地の所有権は、天皇が許可しない限り無効とするとしたのです。
すると、所領安堵の許可を求める武士たちが京都に殺到・・・都は大混乱となります。

二条河原落書には・・・
”この頃 都に流行るもの 夜討 強盗 謀綸旨”
綸旨とは天皇が出す命令の事で、後醍醐天皇のせいで治安が悪化し、偽の綸旨が出回るなど、世の中が混乱したことを批判しています。
朝廷ファーストだった後醍醐天皇は・・・
公家には十分に恩賞を与えるものの、武士たちには少ししか与えませんでした。
武士たちは大きな不満を抱きます。
後世、この時代の政治を「物狂いの沙汰」といっています。

武士を蔑ろにした後醍醐天皇の政治・・・不満分子が幕夏したのは1335年のことでした。
天皇中心の政治に不満を抱く旧幕府の残党が鎌倉を占拠します。
これを鎮圧すべく、願い出たのが足利尊氏でした。

「征夷大将軍に任じていただき、鎌倉へ向かわせてはもらえませんでしょうか」by尊氏

しかし後醍醐天皇は許しません。
天皇中心の政治に戻した後醍醐天皇にとって、征夷大将軍という役職など邪魔でした。
高氏は後醍醐天皇の許可なく鎌倉に向かい、反乱軍を鎮圧。
その後も天皇の帰郷命令を無視します。
まだまだ反乱分子が潜伏していたのです。
尊氏は旧幕府の残党を掃討してから京都に戻るつもりだったのです。

そんな尊氏の考えも露知らない後醍醐天皇は、新田義貞に足利尊氏追討命令を出します。
これによって鎌倉幕府を共に倒した後醍醐天皇と袂を分かち朝敵となってしまった尊氏は進撃して来た新田軍を竹之下の戦いで撃破!!
敗走する新田軍を追って京都に入るも、天皇方の北畠顕家の軍に敗北。
九州へと逃れていくのです。
しかし、九州で立て直した足利尊氏は、1336年、多々良浜で天皇方の大軍を破ると京都を目指します。
そして湊川の戦で新田軍と再び相まみえ勝利しました。

京都へと逃げ帰った新田軍は、後醍醐天皇が比叡山に立てこもります。
こうして、後醍醐天皇がいなくなった京都に足利尊氏が入り、持明院統の光明天皇を擁立。
その一方で、次は大覚寺統から天皇を出すことを条件に比叡山に籠っていた後醍醐天皇と和睦します。
これを受け、後醍醐天皇は天皇の正当性を示す三種の神器を新たに即位した光明天皇側に引き渡すのですが・・・
2か月後、御醍醐天皇は京都を脱出。
吉野につくと・・・
「今日の御所に渡した神器は偽物じゃ!!
 真の神器は朕のもとにある・・・!!」と。
自分こそが、正当な天皇であると宣言し、新しい王朝・・・南朝を設立します。
どうして朝廷が南北に分裂してしまったのか・・・??
それは、後醍醐天皇が「建武の新政」に失敗し、足利尊氏と対立したためです。
こうして朝廷は、南朝と北朝に分裂、二人の天皇が並び立つという日本史上類を見ない南北朝時代が幕を開けました。
これ以後、南朝と北朝は違う元号を使うことに・・・南朝は延元、北朝は建武と・・・。

遂に幕を開けた南北朝時代・・・
後醍醐天皇は吉野に追いやられる形で南朝を開くのですが、勢力は吉野周辺と九州、東国の一部にすぎませんでした。
後醍醐天皇は、京の都を取り戻すべく、味方の武士たちに京都に攻め入るように命じます。
しかし、天皇の側近だった北畠顕家が、1338年和泉国で討死していました。
また新田義貞も越前国で雑兵の矢を受け、「最早これまで」と、1338年に自害。
有力な武将を次々と失った南朝は、急速に力を失っていきました。

そこで後醍醐天皇は、自分の王子たちを陸奥や遠江に派遣しますが、これも失敗!!
1339年、我が子護良親王を皇太子とした翌日の8月16日、失意のうちに後醍醐天皇崩御。

「太平記」にはその最後の様子が記されています。
足利方を悉く滅亡させよと命じ、苦しい息を吐きながらも、朕の体は南の吉野で骨になるが、魂は北の京の都奪還の執念を持ち続けるといい残しました。

こうして南朝を立てた後醍醐天皇が崩御したことで、尊氏が後ろ盾となっていた北朝が俄然有利となっていきます。

後醍醐天皇が亡くなる前の年・・・
1338年、足利尊氏が征夷大将軍に就任します。
京都で室町幕府を開きました。
尊氏は弟・直義と政務を分担して、幕政を運営していました。

南北朝の対立は、実質的には南朝と北朝方の室町幕府との対立でした。
そのため、幕府の内紛が南北朝時代をより複雑にしていきます。
1347年、南朝方の運勢が九州で勢力を拡大、九州における幕府の拠点を次々と落としていきます。
これに呼応するかのように、父・後醍醐天皇の遺志を継いで即位した後村上天皇は、北朝方の幕府を倒そうと画策します。
京都に近い摂津国でも南朝方が挙兵しました。
それを鎮圧すべく、尊氏は側近の高師直を討伐軍の大将として出陣させます。
戦を得意とした師直は、見事四条畷の戦いに勝利すると、勢いそのままに南朝に兵を差し向け、皇居や公家の邸宅、寺社にまで火を放つのです。
この時、後村上天皇ら南朝は吉野を脱出し、賀名生へと逃げのびています。

一方、幕府の方でも師直に不満を抱くものがいました。
幕府の政務全般を担っていた弟の直義です。

「見境なく火をつけるとは、なんという狼藉・・・」

そんな直義の不満を余所に、この軍功によって師直の幕府での影響力は強まり、直義を凌ぐほどに・・・
おまけに、直義の養子である直冬が、師直に冷遇されていたのです。
直義の不満はついに爆発!!
「高師直を討つ!!」
これに呼応したのは、師直に不満を抱いていた各地の武士たちで、次々に挙兵します。
世にいう観応の擾乱の始まりでした。
挙兵した直義は、兄・尊氏もびっくりな策を講じます。
突然京都を脱出し、宿敵である南朝に出向きます。
そして、南朝に降伏し、和睦を申し入れます。
南朝勢力を味方につけるためでした。
この時、直義が出した和睦の条件は、南朝と北朝から天皇を交互に出し合う「両統迭立」に戻すというものでした。
しかしこれは、自分の子孫に跡を継がせるという後醍醐天皇の意思に反する事・・・
南朝には受け入れがたい条件でした。
その一方で、これを受け入れれば、直義に味方する武士たちが戦力になり、南朝復活のきっかけになるのでは・・・??
そこで南朝は、和睦の条件をうやむやにしたまま、南朝の戦力回復のために、足利直義の降伏を受け入れるのです。
この直義降伏によって、南朝有利と見た武士たちが南朝側についたことで、南朝の思惑通り、南朝は息を吹き返します。
1月・・・直義は石清水八幡宮を占拠し、大軍で京都に向かうと師直討伐の準備を始めます。
そして2月17日、摂津国・打出浜で直義軍は師直を擁護する兄・尊氏軍と激突。
尊氏軍を完膚なきまでに叩き潰すのです。
その3日後・・・直義は尊氏と和睦・・・高師直に資格を差し向け、斬殺したといいます。
こうして直義は尊氏の嫡男・義詮の補佐役として幕府の要職に復帰。
表面上は平穏をとし戻したかのように見えた幕府ですが、水面化では家臣たちが尊氏派と直義派に分かれて激しく争っていました。
そんな中、直義は義詮との関係がうまくいかず、幕府内で孤立していきます。
すると突如政務からの引退を表明。
北陸へと逃亡してしまいました。
この直義の行動が、再び南北朝に大きな波紋を呼びます。

南北朝時代が始まって15年・・・朝廷が一時的に一つになった時がありました。
1351年正平の一統です。
当時室町幕府は尊氏派と直義派に分裂していました。
孤立を深めた直義は北陸に逃げてしまいました。
九州では南朝方が勢力を拡大、幕府方の城を次々と攻略していました。
尊氏は焦ります。

「九州では我が軍が劣勢・・・ 
 やがて京の都までその手は伸びて来るだろう
 しかし、北へと逃げた弟・直義もなんとかせねばならん」

考えた末に出した答えは、直義を優先させた驚きなものでした。
南朝に降伏して和睦する!!
この時、尊氏が出した和睦の条件の一つが、元号を南朝の「正平」に統一すること。
そして北朝三代崇高天皇と皇太子・直仁親王が廃止され三種の神器も南朝に没収・・・その他北朝が行った叙位・任官も否定され、両朝分裂前に戻されたのです。
幕府が支持する北朝にとって圧倒的不利な条件での和睦・・・
直義のしていた南朝との講和・・・尊氏は南朝と和睦することで、直義を幕府に戻そうとしていました。
尊氏が南朝に降伏したことで、南朝が勝利となり南北朝が統一・・・これが正平の一統です。

しかし・・・再度分裂してしまいます。
南朝の有力武士が加わった尊氏軍が、北陸から鎌倉に向かった直義を捕らえて幽閉・・・。
その直後、直義は謎の死を遂げます。
さらに、尊氏が京都を離れているうちに、南朝が和睦を破って京都に侵攻・・・尊氏の嫡男である義詮を追い出し、三種の神器を奪い取ってしまいます。
天皇中心の世にしたい南朝方にとって、幕府の存在は認めることができなかったのです。
その後、京都はすぐに幕府の手に戻りますが、北朝の三人の上皇(光厳・光明・崇光)と皇太子が南朝に連れ去られます。
そこで、幕府を預かる義詮は、三種の神器のないまま、光厳上皇の第二皇子を後光厳天皇として即位させ北朝を復活。
こうして南朝が尊氏との和睦を破ったため、南北朝は再び分裂したのです。

1358年、足利尊氏死去・・・南北朝の混乱は、尊氏の代では終わりませんでした。

疫病を退散させる目的で、平安時代に始まったとされる祇園祭・・・
その壮麗な祭りの見どころは、山鉾の巡幸です。
今のように山鉾を巡幸しながらお囃子を鳴らしながら京都を練り歩くようになったのは南北朝時代といわれています。
町ごとに工夫を凝らした山鉾は、町衆の経済力を示すももであり、町内の団結を強める役割を果たしていました。
南北朝の分裂によって幾度も焼かれた京の町・・・
戦いは全国に飛び火し、世情は不安定に・・・人々は団結し、自ら身を守るしかありませんでした。
それは農民たちも同じで、惣という農民組織を作り団結、役人相手に年貢の交渉も始めます。
14世紀は、社会経済的にも重要視され、この頃から惣村という現在の農村の原型・村が形成されていきました。
南北朝時代が始まって20年以上が経っていました。
尊氏の死後、二代将軍には息子・義詮が・・・
義詮は南朝討伐を試みるも、混乱は続きます。

1367年、足利義満三代将軍就任。
南朝と幕府の本格的な和睦交渉を受け、後村上天皇は北朝と和睦して争いを収めるために綸旨を出します。
しかし・・・綸旨の中に、”北朝が降参すれば”と書かれていたため、義詮は激怒、和睦は実現しませんでした。
そしてその時、義詮はなくなります。
その後を継いで三代将軍に就任したのが義満・・・この義満こそが、南北朝時代に終止符を打つキーパーソンです。
義詮が亡くなった翌年、幕府との交渉に前向きだった後村上天皇が崩御・・・
和睦に反対していた長慶天皇が即位します。
この長慶天皇は、武力によって南北朝合一を果たそうとしていました。
室町幕府も、義詮が急死し、義満が後を継ぐ者のまだ11歳の少年でした。
義満が推さなかったために幕府は不安定になり、南北朝合一どころではなくなってしまったのです。
将軍義満が成長するまでは幕府も和睦どころではありません。
そして・・・南北朝時代が始まって47年・・・
南朝の長慶天皇が譲位し、後亀山天皇が即位します。
軍事的な体力が残っていなかったこともあり、南朝方の軍事活動は極端に減っていきます。
一方26歳となった足利義満は、各地の有力守護たちを討ち、将軍としての権力を拡大していきます。
南朝は最早脅威ではありませんでしたが、その存在は無視できません。
南朝が幕府に反旗を翻す勢力の受け入れ口になっていたからです。

「余に背く者たちを絶つには、南朝をなんとかせねばならぬな」

そこで義満は、和睦し南朝を取り込むことを考えます。
1391年、北朝方の室町幕府の軍勢が、九州の南朝最後の拠点を攻略。
ここに九州における南北朝の戦いがようやく終わりました。
その翌年の1392年、南北朝の和睦を考えていた義満は、南朝にこう呼びかけます。

「三種の神器を差し出して頂ければ、両統迭立を復活させましょう」

これ以上争いが続くことを望んでいなかった後亀山天皇はこれに応じます。
10月5日・・・天皇は僅かな臣下を連れて京都に向かい、北朝の後小松天皇に三種の神器を譲渡・・・
ついに南北朝合一・・・およそ60年に続いた南北朝時代に終止符が打たれたのです。
この時の合一の条件は・・・
①南朝が「三種の神器」を北朝に譲渡
②国衙領は南朝が、長講堂領は北朝が支配
③今後、皇位は南朝と北朝が交互に
でした。

ところがこれに反し、これ以後北朝の系統が続くのです。
どうして南北朝合一の条件は守られなかったのでしょうか?
南朝との和睦交渉に、北朝はほとんど関与していませんでした。
幕府が勝手に行いました。
そのため、北朝が和睦の条件を聞いたのは合一後のことでした。
蚊帳の外におかれていた北朝は、幕府による事後報告を守る必要がないと考えたのです。
また、将軍義満も、もともと守る気がなく南朝をだましていたのでは・・・??とも言われますが・・・
しかし、両統迭立を破った時は、義満は亡くなった(1408年)後です。
南朝は敗北し、子孫が天皇として残ることはありませんでした。
北朝も大幅に弱体化し、足利幕府の強力な保護がなければやっていけなくなりました。
勝者は・・・室町幕府ということになります。
後醍醐天皇が足利尊氏と対立し、吉野に新しい王朝・南朝を設立してから60年・・・多くの人が血を流し、何度も町は焼かれ、人々は不安に駆られ続けました。
今から700年前、日本あった動乱の日々でした。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

図解観応の擾乱と南北朝動乱/水野大樹【1000円以上送料無料】

価格:1,870円
(2019/12/9 21:02時点)
感想(0件)

皇子たちの南北朝 後醍醐天皇の分身

価格:1,026円
(2019/12/9 21:04時点)
感想(0件)

【中古】 楠木正成と悪党 南北朝時代を読みなおす ちくま新書/海津一朗(著者) 【中古】afb

価格:437円
(2018/3/12 16:15時点)
感想(0件)


鎌倉幕府の滅亡から南北朝時代に至る歴史を描いた軍記物「太平記」。
楠木正成の生涯は、ここに書かれた晩年の5年以外はほとんどわかっていません。
正成は鎌倉幕府を滅亡させ、後醍醐天皇の建武の新政を実現させる原動力となった人物でした。
その戦い方は型破りなものでした。
当時の常識からは考えられない戦いで、僅かな手勢で大軍を翻弄します。

「知謀を用いれば、幕府軍など恐るるに足らない。」

まさに、戦の天才でした。
しかし、本人がどのような思いを抱き、何のために戦っていたのか?それは謎です。
突然、歴史の表舞台に登場して活躍しますが、実像は何もわかっていません。

かくたる資料の残っていない楠木正成・・・どのような立場の人間だったのでしょうか?
かつて正成は悪党と呼ばれる鎌倉幕府と対立した武装集団だと考えられてきました。
しかし近年、鎌倉幕府に仕える御家人のひとりとされています。
それではどうして幕府を倒そうとしたのでしょうか?

正成は、鎌倉時代末期の1294年?に、河内国に生まれています。
正成とゆかりのある河内長野の観心寺・・・少年時代この建物で、学問を学んでいたといいます。

この頃、人々の暮らしは困窮していました。
きっかけは2度にわたる元寇・・・御家人たちは、重い負担に耐え戦ったにもかかわらず、ほとんど恩賞を得ることはできませんでした。
その影響が、社会全体に広がっていました。
鎌倉幕府の執権・北条孝時は、政治に興味がなく、田楽、闘犬に興味を持っていました。
鎌倉幕府は、東国の武士を中心とした武家政権です。
組織の末端にいて、正成は、恩恵を受けていなかったのでは??
西国の武士である正成は、東国中心の幕府に不満を持っていたのではないか??
正成は、武士であるとともに土地の利を生かして商売をしていたようです。
河内は川と川に挟まれ、交易が便利なところでした。
運送業の元締めをやっていたと思われます。
城を持ち、兵士がたくさんいる鎌倉武士とは全く違う武士だったのです。
この頃、交易は人々にとって重要な収入源となっていました。
しかし、鎌倉幕府は関所を設け、税金を取ろうとしました。
幕府に対する人々の不満は募っていきます。
そんな中、打倒鎌倉幕府と挙兵したのは後醍醐天皇でした。
1331年、正成38歳の時、建武の新政!!
天皇が直接国を支配する体制を復活させるのが狙いでした。
謎だった正成の生涯も、ここからの5年間は多くの資料が残されることとなります。
河内周辺で名が知れ渡っていた正成は、天皇に呼び出されます。
この時、正成は
「天下統一を目指すには、武力と知謀の2つが必要です。
 知謀を用いれば、武力に強いだけの幕府軍など遅るるに足らないでしょう。」と言ったとか。
正成は、地域に閉じこもらず、京都(六波羅探題)に頻繁に出入りしました。
その中で、天下の動静をいち早くわかっていたのです。
「鎌倉幕府はもう長くはない・・・」と。
鎌倉幕府から寝返り、後醍醐天皇にかけてもおかしくはありませんでした。

幕府への不満を自分だけでなく、畿内・西国の武士や民衆がもっている・・・
そういう人たちが、正当に評価される新しい社会を望んでいたのです。

後醍醐天皇が挙兵したのは京都にある笠置山。
鎌倉軍はこれを取り囲むように・・・正成はその背後をつくかのように、地元赤坂城で挙兵しました。
しかし、2週間後には後醍醐天皇のいた笠置山が陥落!!
大軍が赤坂城へ・・・!!
対する正成の手勢は僅か500!!
幕府方はつぶやきます。
「哀れな敵の有様や。
 こんなにわか作りの城では一日も持つまいよ。
 楠木の首をとって恩賞に預ろう。」
それでも正成の軍は奮闘、相手を寄せ付けません。
そこで幕府軍は、城を包囲し、兵糧攻めに・・・十分な食料を蓄えることができていなかった正成・・・ついに、自ら城に火を放ちます。
しかし、これも正成の計略でした。
自害したと見せかけ、再起するための時間を稼ごうとしたのです。
かつて、後醍醐天皇に正成はこう宣言していました。
「合戦の一時の勝ち負けを重視なさらず、たとえ負けてもこの正成が生きている限り、天皇の御運は必ず開くと思っていただきたい。」

1332年・・・赤坂城の戦いから1年・・・再び楠木正成が歴史の表舞台に・・・!!
そして、ありとあらゆる戦術で鎌倉幕府軍を翻弄し、戦の天才を見せつけます。

戦術①偽装工作
正成の最初の狙いは、赤坂城の奪還でした。
目をつけたのが兵糧部隊でした。
正成は兵糧部隊を襲うと、俵に武器を隠し、相手から奪った武具を味方につけさせ、城から見えるところで兵糧部隊が襲われているふりを演じさせました。
城にいた軍は、味方が襲われていると救援に・・・偽の兵糧部隊は城内に・・・
兵糧部隊は、隠してあった武具で城内をかく乱!!
正成はあっという間に赤坂城を奪い返しました。
その後、周辺地域を制圧した正成は、1333年鎌倉幕府の出先機関・六波羅探題のある京都へ・・・。
知らせを受けた鎌倉幕府は精鋭部隊500騎を出します。
正成軍2000・・・。
相手の数の少なさを知った部下たちは真っ向勝負を主張します。
しかし、正成は・・・
「わずかな軍勢で攻めて来るからには、生きて帰ろうとは思っていないはずだ。
 そんな相手と戦ったら、味方の大半は必ず討たれる・・・。」
正成はすぐさま撤退。

戦術②心理作戦
夜・・・幕府軍のいる山々に何万ものかがり火が・・・緊張が走ります。
「正成の大軍に取り囲まれている・・・」
しかし、せめては来ませんでした。
翌日の夜、またもや何万ものかがり火が・・・。
さらに次の夜も・・・眠ること出来ない幕府軍は、疲労がたまり撤退していきました。
このかがり火は、正成は地元の農民5000人を動員して演出したものでした。

「優れた武将は、戦わずして勝つ」

苛立ちを募らせた鎌倉幕府は、正成を討つために大軍を送り込んできました。
正成は、金剛山にある千早城に立て籠ることに・・・
攻め寄せる幕府軍2万5000!!
これに対し、正成軍は僅か1000!!
1333年、40歳の時、千早城の攻・・・。
ここで正成は、今までの常識とはかけ離れたゲリラ戦を展開します。

戦術③ゲリラ戦
これまでの戦いは、「我こそは・・・」と名乗りをあげて一騎打ちをするのが常でした。
が、正成は真っ向勝負をしようとはしませんでした。
敵が攻め寄せてくると、弓で大量の矢を浴びせかけます。
相手が城にのぼろうとすると、丸太、岩を落とします。
更には、煮立った油や糞尿までも浴びせました。

自分の戦力は素人の戦力・・・素人が一番強いのがゲリラ戦だとわかっていたのです。
ゲリラは山岳地帯・・・身を隠しながら、敵の動きを封じて叩く!!
複雑な地形や道を選び、そこに敵を誘い入れ叩く!!
相手が警戒して敵が近づかなくなると・・・

「それなら相手を騙して目を覚まさせてやる!!」

戦術④だまし討ち
正成は夜中に大量の藁人形を城の外に出します。
城内の兵が打って出たと思った幕府軍は、猛烈な勢いで襲い掛かります。
しかし、そこに・・・大量の岩が・・・。
幕府軍は、止む無く兵糧攻めにすることに・・・。
ところが、一向に効果が出ません。
正成は、兵糧攻めに対して、万全の準備をしていたのです。

戦術⑤兵糧攻めへの対応
まず、水は城内に300の水桶を用意し、金剛山の隠された水源から十分に確保していました。
食糧は、山の抜け道を利用し、周辺の村々から調達していました。
やがて驚くべき事態が・・・幕府軍の方が飢え始めます。
正成が近隣の住民たちに幕府軍の補給部隊を襲わせたのです。
幕府軍の兵士たちは、戦意を失い、戦場を離れる者もあらわれました。
千早城の攻防が始まってから3か月・・・幕府は大軍を送り込みながら、僅か1000人の城を落とせずにいました。
この噂は、諸国を駆け巡り、幕府の権威を一気に失墜させることに・・・。
そして、幕府の有力御家人だった足利尊氏が反旗を翻し、京都の六波羅探題に・・・。
同じく、有力御家人だった新田義貞が鎌倉を攻めます。
こうして、鎌倉幕府は滅亡したのです。

鎌倉幕府が滅亡したのち、後醍醐天皇による天皇主導による政治が復活しました。
建武の新政です。
しかし、まもなく共に鎌倉幕府を倒した足利尊氏が後醍醐天皇に反乱を起こします。
この時、楠木正成は後醍醐天皇側につき、足利尊氏と対峙することに・・・。
どうして正成は、尊氏と対立する道を・・・??
正成は、下級武士であったにもかかわらず、河内・摂津を授かりました。
さらに、新政権の中枢を担うという破格の待遇でした。

「こうしてめでたく幕府に勝てたのは、お前が私の味方として戦ってくれたからだ。
 心から礼を言う。」by後醍醐天皇

「我々の力ではなく、全て天皇の徳によるものでございます。」by楠木正成

正成は、戦いで亡くなった味方を弔うために、慰霊碑を立てたといわれています。
さらに、敵の兵を弔うための慰霊碑も・・・。
しかも、味方の慰霊碑よりも大きいものにしました。

1334年建武の新政が始まりました。
後醍醐天皇は、綸旨を次々とだし、社会の改革を進めようとします。
しかし・・・それは、人々の期待を裏切るものでした。
一刻も早く天皇の権威復活を目指す後醍醐天皇は、天皇の暮らす内裏を造営・・・
その費用を賄うために、農民に従来より重い年貢を課すことに・・・。

「幕府が滅亡して暮らしが楽になると喜んでいましたが、今は昔より重い年貢や労役に苦しんでいます。
 自分たちの暮らしはどうなるのでしょうか?」

討幕に加わった武士たちも不満を募らせていきます。
公家に対して恩賞が手厚かったのに対して、武士への恩賞は僅かでした。
そして、従来所有の土地に対しても新たに綸旨が必要ででした。
結局、武士たちは、綸旨を求め天皇の元へ殺到!!
政府は混乱し、一度認められた土地が没収されることも・・・。
こうした中、社会は乱れ、御所の近くに落首が立てられるほど・・・。

この頃都にハヤル物 夜討 強盗 謀綸旨

後醍醐天皇自身が、手段は構わないので天皇の権威を再構築しようと綸旨を乱発し、結果的には綸旨の権威を失わせ・・・それは、天皇自身の政治的権威を失墜させることとなったのです。

1335年、正成42歳の時に、足利尊氏が、武士たちの不満を背景に後醍醐天皇に反旗を翻しました。
そして、京へと攻め上っていきます。
後醍醐天皇は、すぐに綸旨を出しました。

「足利尊氏たちが、反逆を企てているので、征伐されるべきである。」by後醍醐天皇

正成は、後醍醐天皇の言葉に従って、尊氏軍を迎え討つことに・・・!!
正成と一緒に戦った人たちは、家来ではなく仲間で、一方的に命令することはできません。
個人で判断できるなら、尊氏につくという選択もあったでしょうが、それは仲間を裏切る形となってしまうので、正成にはできませんでした。
尊氏は、与えられた時代の中で、自分の立場をよくわかっていました。
正成は、時代の中で何が自分に要求されているのか・・・社会との関係でものを考えるのではなく、自分との関係でものを考えていました。 
後醍醐天皇に反旗を翻した足利尊氏、あくまで天皇の味方をする楠木正成・・・二人の戦いが始まりました。
そして、正成は尊氏を追いつめます。
正成はあえてとどめを刺しませんでした。
九州へ落ち延びていく尊氏・・・。

楠木正成最後の戦いとなった湊川の戦い・・・
足利尊氏軍35,000に対し、楠木正成軍700!!
それは、死ぬことを覚悟した戦いでした。
どうして死ぬことを選んだのでしょうか?
尊氏を撃退した時、正成は不思議な光景を見ます。
敗走する尊氏軍に味方が追従していたのです。
戦いに勝利した正成は、後醍醐天皇の一つの策を進言します。
正成と共に後醍醐天皇に従っていた新田義貞を討ち取ったうえで、足利尊氏を召し出し和睦せよというのです。

「尊氏は、西国の武士たちを味方につけ、一月後には京都へ攻め上がってくるでしょう。
 その時は、彼らの進撃を止めるすべはありません。
 天皇の武士でさえ、尊氏について行ってしまいました。
 これを見て、天皇の徳のなさを思い知って下さい。」by正成

正成は、天皇に武士から尊敬を集める尊氏を、是非味方につける必要があると訴えます。
正成は、足利尊氏を人間的に評価していました。
だから、足利と組めと・・・足利を呼び戻し政権にいれれば、なんとか持ちこたえて、崩壊を免れると考えていたのです。
しかし、正成の進言が受け入れられることはありませんでした。
正成の予測通り・・・
1336年、正成43歳の時に尊氏が西国の武士を味方につけて、再び挙兵!!
この時、新田義貞の軍が兵庫で尊氏を迎え討つことに・・・。
そして、正成にも新田軍と戦うことを命じられます。
それではk地目がないと感じた正成は、別の案を提案します。

「尊氏軍は、これまでにない雲霞のごとき大軍でありましょう。
 そのため、新田を京都へ呼び戻し、天皇は比叡山へお移り下さい。
 そして、尊氏軍を空の京都へ誘い込んで、兵糧攻めにし、南北から挟み撃ちにすれば、勝利出来ましょう。」

しかし、天皇の側近の一人が言い放ちます。

「戦いもせぬうちに都を捨てて、比叡山に逃れることは、天皇の権威失墜につながる。
 これまでのこちらは大軍を退けてきた。
 それは武士の戦略によるものではなく、ひとえに天皇の御運が天命にかなっているからである。」と。

正成は、最後にこう言い残しました。

「この上は、異論を申すまでもありません。
 天皇は大敵を打ち破る策を立て、勝ち戦に導くというお考えではなく、討ち死にせよとのご命令なのですね。」

正成は、討幕戦の主力でありながら、尊氏が兵を進める際には新田義貞が総大将・・・。
その点で、排除されているという孤立感がありました。

1336年5月25日、正成は、湊川で尊氏軍と激突!!
3万5000の尊氏軍に対し、正成軍は僅か700!!
圧倒的な兵力の差にも関わらず、6時間もの間戦い続けたといいます。
そして正成は、生き残った70名ほどの部下と共に、民家に逃げ込みました。
最期の時・・・正成は共に戦い続けてきた弟に尋ねます。

「生まれ変わったら、何を望む?」

「七度生まれ変わっても、同じ人間に生まれ、朝敵を滅ぼしたい。」

「その望みは同じだ。
 すぐさま生まれ変わって、この願いを遂げよう。」

二人は、お互いを刺し合い果てました。
正成、43歳でした。

楠木正成、最期の戦いとなった湊川の戦い・・・
その直前、正成は共に戦いたいという正行に、地元・河内に帰るように命じました。
桜井の別れです。

「一族の誰でも生き残っている間は、命を投げ出して戦い、後代に名誉を残しなさい。
 それが、お前にできる親孝行だ。」

正成の死後、後醍醐天皇は奈良の吉野に逃れました。
これに対し、尊氏は京都で別の天皇を擁立。
二人の天皇が並び立つ、南北朝時代が始まります。
対立が続く中・・・南朝の後醍醐天皇崩御(1339年)。
そこに現れ、南朝のために力を尽くした武将がいました。
正成の息子・正行でした。

武家と天皇の狭間で死んでいった楠木正成・・・
その後の時代の移り変わりを、どんな思いで見つめていたのでしょうか?


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

経営と未来予知 楠木正成の経営術 (たちばなビジネスコレクション) [ 深見東州 ]

価格:1,404円
(2018/3/12 16:16時点)
感想(0件)

予告する論文 建武の新政と現代日本との奇妙な符号【電子書籍】[ 上里剛士 ]

価格:972円
(2018/3/12 16:16時点)
感想(0件)

足利尊氏 激動の生涯とゆかりの人々 (戎光祥中世史論集)

新品価格
¥3,888から
(2016/4/18 13:37時点)


朝廷に弓を引いた・・・逆賊と言われた男・足利尊氏!!
室町幕府初代将軍です。
二度の裏切りによって大悪人のレッテルを張られてしまいました。

鎌倉幕府三代将軍源実朝が暗殺された後・・・幕府は実権を握った北条氏を中心として有力御家人たちが動かしていくようになりました。
開府から100年余り・・・足利尊氏は源氏直系の家柄・・・幕府筆頭の御家人・足利貞氏の子として生まれました。
15歳で元服し・・・当時の執権・北条高時から”高”の一文字をもらい高氏としました。
北条氏と足利氏は代々婚姻による深いつながりがありました。
足利氏の当主は、北条氏から正室を迎えていたのです。
つまり・・・足利家の代々の当主も北条の血が流れていました。

そして高氏もまた北条久時の娘・登子と結婚。
1330年には嫡男・義詮が誕生します。
翌年、父・貞氏の死によって当主となった高氏。。。27歳でした。

太平記によると・・・この時代は、天下国家は乱れに乱れ一日として安穏な日はなく、民の多くが天寿を全うすることが出来なかった。。。とあります。
富と権力をほしいままにした北条高時によって、政治は乱れていたのです。
幕府に対する不安が高まる中事件が・・・!!
京都の後醍醐天皇が、討幕をかかげて挙兵します。
幕府は朝廷軍討伐のために近畿に大軍勢を・・・!!
高氏も、幕府軍対象の一人として出陣することになりました。

天皇家の復権を目指した後醍醐天皇の軍勢は、山城国・笠置山に立てこもりました。
高氏たちは大軍勢で臨みますが・・・大将・楠木正成が立ちはだかります。
正成は、地方で一党を構える新興の武士の棟梁で、鎌倉幕府への不満から後醍醐天皇の呼びかけに応じ参戦していました。
正成の戦術は・・・敵に岩や大木を落としたり、熱湯をかけたり・・・奇想天外なもので、高氏率いる幕府軍は一時苦戦を強いられますが・・・圧倒的な数で反撃し、乱を鎮圧しました。
追いつめられた楠木正成は、城に火を放って姿を消し、後醍醐天皇は幕府軍に捕らえられ、隠岐に流されて幽閉の身となりました。

ところが・・・1333年後醍醐天皇、隠岐を脱出!!
再び兵を挙げます!!
北条氏はこれを討つべく高氏に出陣を命じます。
天皇討伐に西へと向かう高氏・・・心は揺れ動いていました。
高氏、一度目の裏切り・・・
所領であった丹波国で神社に立ち寄り、家臣たちに尋ねます。
「朝廷ではなく、幕府を討つべきなのだろうか・・・??」
「一同、高氏さまのそのご決断を、今か今かとお待ちしていました!!」
「今こそ、北条を討つべし!!」
高氏は、幕府を裏切って朝廷につくことを決断したのでした。
どうして幕府に反旗を翻したのでしょうか??
一度目の出陣の際、父・貞氏の喪中で出陣を控えたいと申し出たのですが、認められませんでした。
そのうえ、今回の出陣では、妻と子を人質として残すように命じられました。
”梅松論”には、これを恨みに思って裏切ったと書かれています。

高氏は源氏の代表・・・北条は一目置いていて、かなりの干渉をされていました。
しかし、人質に取ることは当たり前の時代・・・鎌倉幕府が倒れそうなこと・・・後醍醐天皇の隠岐脱出や楠木正成を簡単に治められない・・・幕府の弱体化で北条氏打倒が可能だと判断したようです。
幕府側につく武士は少なかったのか・・・??
表立って反旗を翻す人はないにしても、命を懸けて楠木正成を討つものなどいなかったのです。
そんな武士が全国に広がっていたことを高氏は感じていたのです。
幕府のエリート化が進み、一般の武士は、幕府に軽んじられていました。
そんな時代だったのです。
北条氏を倒し、足利氏が支配する鎌倉幕府を造る・・・そんな感じに思っていました。
打倒北条!!
後醍醐天皇のもとへ使者を送り、鎌倉幕府討幕の許しをえます。
そして、全国の武士に密書を送ります。

この呼びかけに幕府に対し不満を抱いていた御家人たちが集結!!
3000騎だった高氏の軍勢は、5万騎に!!
1333年5月7日、今日に入った高氏は、六波羅探題を攻略!!その翌日には、高氏に呼応した関東の武士・新田義貞が鎌倉に攻め込み、追い詰められた北条高時以下一族郎党は、鎌倉の山奥で集団自決しました。
高氏が謀反の意を表明してからわずか1か月のことでした。
ここに、150年近く続いた鎌倉幕府は滅亡!!
この時、天皇や上皇は洛外に避難しており、京都は無政府状態に!!
高氏は幕府軍が去った六波羅に独自の奉行所を儲け、混乱回避に努めます。

手柄を立てた者たちに、恩賞を約束する証明書を発行!!
新しい幕府のリーダーとして政治を立て直そうとしたのですが・・・そこに後醍醐天皇が立ちはだかります。
京に戻った後醍醐天皇は、建武の新政・・・朝廷を中心とする新しい政治を始めます。
高氏は討幕の功労者として30カ所の所領を与えられ、天皇の諱から一字与えられ”高氏”から”尊氏”へ!!
しかし高氏は、政権内の要職にはつけません。。。
後醍醐天皇が目指していたのは、平安時代の天皇を中心とした国を治める朝廷を目指していたのです。
天皇に権力を集中させる独裁政治でした。
後醍醐天皇は、鎌倉時代の土地の所有関係をなくし、天皇自らが決定するとします。
しかし、これが大きな問題となりました。
この時代の武士の精神は”一所懸命”。。。武家政権下では、幕府と武士の間には”御恩と奉公”があり、武士たちは戦で働く代わりに所領を保障されていたのです。
幕府の恩賞となる土地が無くなるかもしれない・・・
武士たちは、土地の支配権の確認のために京都に殺到!!混乱を招きました。

鎌倉幕府を引き継ぐことなどできなかったのです。
しかし、後醍醐天皇に従順に働いていた尊氏でしたが・・・。
再び武家政権を・・・と、尊氏のもとに人々が集まり始めました。


尊氏二度目の裏切り・・・
1335年7月、尊氏が31歳の時、北条高時の子・時行が鎌倉幕府再興を目指し挙兵!!
鎌倉を占拠したのです。
この時、鎌倉を守っていたのは尊氏が最も信頼してた弟・直義でしたが、北条時行に敗北し、尊氏に助けを求めます。
尊氏は、後醍醐天皇に、反乱を鎮圧するために鎌倉に出陣したいと・・・征夷大将軍の官位を求めましたが許されませんでした。
というのも、後醍醐天皇は、武士に政権を与えることは絶対にしないと考えていたからです。
武士政権の否定が後醍醐天皇の理念だったのです。
尊氏は、弟のために天皇の許可を得ないまま都を出発し、わずか2週間で鎌倉を奪還しました。
反乱を鎮圧すれば、功績が認められると思っていたのです。
そして旧幕府軍の反乱を鎮圧した後も、帰京命令を無視して鎌倉に留まったのです。
ちなみに、帰京を止めたのは直義だと言われています。
直義は、武士として建武政権に見切りをつけていたようです。
さらに・・・征夷大将軍を勝手に名乗り、武士たちに恩賞を与え始めました。
この尊氏の暴走に激怒した後醍醐天皇は、尊氏討伐を命じるのでした。

朝敵となってしまった尊氏・・・尊氏は苦悩します。
「今回の事態は、決して自分の望むところではない」
尊氏は、天皇に恭順の意を示すために、元結を切り落とします。
そして、鎌倉の寺に引きこもり、戦いを放棄しました。

1335年11月、朝廷軍が尊氏討伐のために鎌倉に進軍。
尊氏のいない軍の指揮を執ったのは直義でしたが、三河・駿河で敗北し、壊滅寸前!!
直義は箱根山を要害として立てこもると、兄・尊氏に出陣を求めます。

武士は永遠に公家に使われるだけのものになってしまう・・・!!

立ち上がる尊氏!!
朝廷軍と戦うことを決意し、2000に兵とともに箱根へ。。。
討伐軍を撃破し、快進撃を続け、京都に攻め入り、朝廷軍を制圧します。
しかし、2週間後・・・朝廷を支持する奥州武士団に敗北し、都を追われてしまいます。
摂津国では楠木正成に敗北し・・・追いつめられる尊氏!!
しかし・・・武士達は負けた尊氏についていきます。。。

朝廷軍に敗れ、九州に敗走した足利軍でしたが、尊氏は挽回の布石を打っていました。
”建武の新政によって後醍醐天皇に取り上げられた土地を返還する”という文を全国の武士に送っていました。
おまけに朝敵では負けるので、後醍醐天皇と敵対関係にあった光厳上皇に院宣を要請します。

後醍醐天皇VS光厳上皇となるのです。
これで朝敵となることはなくなりました。

官軍となり、土地を保障してくれるという尊氏のもとへ、武士たちが集まってきます。

1336年4月、大船団を率いて九州を出発し京を目指します。
5月、摂津国に上陸すると、楠木正成軍と対立!!”湊川の戦い”です。
尊氏軍の猛攻に、楠木正成軍は散り散りに・・・もはやこれまで!!敗戦を覚悟した正成は、戦場で命を絶ちました。
開戦からわずか6時間・・・尊氏の圧勝に終わりました。
後醍醐天皇は、吉野に逃れます。
京都奪還に成功した尊氏は、上皇の弟・光明天皇を擁立。
1336年11月、室町幕府創設。
尊氏は、幕府を京都に移すことにこだわりました。

それは・・・土地が生命線と言ってきたものの・・・お金なしでは成り立たなくなっていたからです。
お金が集まるのは京都・・・経済的利権を握りたかったのです。
室町幕府は征夷大将軍である尊氏が軍事面を、弟の直義が政務を務める二頭体制で始まったのです。

武士政権を蘇らせた尊氏でしたが、将軍という地位よりも望んだのが”隠居”でした。
政務を直義に譲り、出家したかったのです。
しかし、弟が政務を取り仕切るのを快く思わなかったのが・・・高師直です。
政権構想を巡り、直義と対立するようになった師直。
直義は尊氏に師直の罷免を要求し、尊氏はそれを承諾しました。
師直は怒り、将軍邸に抗議に行きます。”観応の擾乱”です。

すると尊氏は、弟・直義を罷免し、溺愛していた義詮に政権を譲ることにしました。
尊氏と直義の対立・・・ついには・・・戦いとなり、結果は尊氏の勝利に終わりました。
直義は鎌倉の寺に幽閉され、その後、謎の死を遂げるのです。
人々は、尊氏が暗殺したと噂しました。

その後の幕府は・・・240年にわたり、足利政権が続くこととなるのです。
公家文化に武士文化が融合して、生け花、茶の湯、能楽・・・今に至る日本の伝統文化が確立されていきます。
これは、幕府を京都に置いた尊氏の大きな功績といえます。

1358年、動乱の世を生き残るために、裏切り者をの汚名を着、生きた男は、54年の生涯を閉じるのでした。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

足利尊氏と直義―京の夢、鎌倉の夢 (歴史文化ライブラリー)

新品価格
¥1,836から
(2016/4/18 13:37時点)

皇子たちの南北朝―後醍醐天皇の分身 (中公文庫)

新品価格
¥1,008から
(2016/4/18 13:38時点)

建武政権――後醍醐天皇の時代 (講談社学術文庫)

新品価格
¥950から
(2015/3/25 08:07時点)




神奈川県藤沢市にある清浄光寺には・・・
異形と呼ばれた天皇の肖像画があります。
頭上に中国皇帝の冠、両手には密教の法具、袈裟を身に着けています。
このような天皇の肖像は全く存在しません。

godaigo

この天皇こそ、後醍醐天皇です。

これは、後醍醐天皇が崩御されてから35日目の抱擁の際に開眼されました。
後醍醐天皇が生きている時の姿・・・そのものであると言っていいといえます。




1333年、後醍醐天皇は、鎌倉幕府を打倒し、足利尊氏、楠木正成を従えて、天皇中心の政治・・・建武の新政を成し遂げました。

”朕が新儀は、未来の先例たるべし”

わずか3年で終わった建武の新政・・・世界最先端の新しい中国の政治システムを日本に取り入れようとしていたことが解ってきました。

古の世に・・・天皇中心の国造りを推し進めた聖徳太子・・・後醍醐天皇の理想は、この天皇中心の国造りを推し進めることでしたが・・・
それを妨げていたのは・・・150年続く鎌倉幕府。
武士が軍事力を元に朝廷と同じような権力を持っていました。

当時の鎌倉幕府執権は北条高時。
闘犬や田楽にうつつをぬかし、政務を顧みない毎日を送っていました。
当時、朝廷は、この幕府の証人が無ければ、皇位継承もままならない状態でした。

後醍醐天皇は・・・鎌倉幕府の事を・・・
「関東は戎夷なり 天下管領然るべからず」
と評しています。

masasige
1331年、ついに後醍醐天皇は、討幕の狼煙をあげます。
楠木正成・名和長年などの新興勢力がつきます。
足利尊氏、新田義貞などの鎌倉幕府に不満を抱いていた有力武士たちも参加していきます。
1333年・・・鎌倉幕府の打倒に成功します。
天皇中心の政治を確立します。これを建武の新政といいます。

”今後、綸旨のないままに土地の権利を主張するものがいれば、勅断(天皇の裁断)によってこれを捕えてよい”

綸旨とは・・・天皇の意志を直接伝える文書の事で・・・
後醍醐天皇は、幕府が行ってきた土地の管理を天皇が直接行うとしたのです。
このような綸旨は、武士の恩賞や税の催促にまでおよび・・・天皇の絶対化を成そうとしていたのです。


朝廷内の組織改革にも取り組みます。
これまでの政治体制は・・・世襲の公家が・・・太政官・中央八省・・・行ってきました。
しかし、天皇は、直属機関を設置します。
恩賞方・武者所・記録所・雑訴決断所・・・討幕に功績をあげた武士を登用するという異例の人事を行います。
河内の一豪族だった楠木正成を抜擢・・・要職に就け、摂津・河内を与えます。

”官銭を造り、須く天下に頒つべし”
10世紀以降途絶えていた通貨を作らせたのです。

中国では、皇帝が度量衡をすべて統一して制定するという考え方がありました。
これは、世界最先端のシステムで、日本でもそれを取り入れようとしていたのです。
当時、中国はモンゴルの元・・・
貨幣の鋳造によって東アジアの経済を活性化させ、皇帝による専制政治を盤石化していました。
さらに・・・紙幣まで流通させていたのです。
後醍醐天皇も、日本初の貨幣を作ろうと考えていたようですが・・・
天皇中心のこの政治は、混乱を招きます。
土地を安堵してもらおうという綸旨を求めて、全国の武士が天皇の元へ殺到します。
政務に滞りが・・・安堵しても後から没収ということも・・・。
そんな中・・・落書が・・・

「このごろ都にはやる物
     夜討 強盗 謀綸旨」

都の混乱は、頂点に達していました。

takauji
そして・・・武士の期待を一身に集めていたのが・・・足利尊氏。
幕府に於いて、北条氏に次いで高い家格だったから・・・
鎌倉にいた尊氏は・・・武士たちの不安を取り除くべく、天皇の許可なく土地を恩賞として与えはじめました。

都でこれを伝え聞いた後醍醐天皇は・・・”逆鱗!!”


1335年11月・・・遂に後醍醐天皇VS 足利尊氏。
最初は負けていた後醍醐天皇も、楠木正成たちの活躍によって都を奪還します。
足利軍は、九州にまで逃げ落ちます。が・・・その4か月後、九州で軍勢を立て直した足利尊氏が攻め上ってきました。
動揺した後醍醐天皇!!どうする??

京を一時撤退して京で兵糧攻めにする??
当時の戦いでは、遠征・長期戦・大規模戦の増加によって「食料の確保」が最大の課題となっていました。
つまり、兵糧攻めで敵を弱らせるのが、新しい戦い方になってきていました。
楠木正成は、この兵糧攻めによって足利軍を壊滅させようとしていました。

一戦も交えないまま京を逃れてもいいのか??
絶対的な天皇を否定するのか??
迎撃する??
その頃、足利尊氏は、九州に落ちのびる間にも援軍を催促していました。
院宣・・・後醍醐天皇の敵対する光厳上皇の権威を持ちだして、それを大義名分としたのです。
九州を味方につけていく尊氏。。。

和睦する??

どうする??後醍醐天皇??

1336年5月25日・・・
兵庫・湊川に陣を張った後醍醐天皇の軍勢・・・しかし、そこに現れた足利軍・・・海上には大船団が・・・陸上には雲霞のような軍勢が現れたのです。
どうして尊氏はこれだけたくさんの軍勢を集めることができたのでしょうか??
尊氏は、院宣に加え、武士たちを結集させる策・・・
後醍醐天皇に没収された所領の返す約束をしていたのです。
武士が最も望んだものは・・・土地の安堵。。。
それを約束することで、加勢した兵たちの士気を高め。。。
これによって後醍醐天皇の軍勢は・・・壮絶なまでの戦いをすることになり・・・尊氏の大勝利に終わるのです。

敗戦の報を受けた後醍醐天皇は、比叡山へ逃亡!!
京はあっけなく尊氏の手に落ちるのです。
そして尊氏は、光厳上皇の弟・光明天皇を即位させ・・・室町幕府を開くのです。

天皇を追われた後醍醐天皇は・・・足利軍に捕えられ・・・
京で幽閉されることになるのです。

しかし、皇位を奪われた後醍醐天皇の戦いは終わることはありませんでした。
1336年12月・・・幽閉されていた公家の邸宅から、女装して脱出!!
向ったのは・・・現在の奈良県吉野山。
この地で、後醍醐天皇は新たな朝廷を立ち上げ、ここに・・・南北朝の動乱が始まったのです。

再起を図るために・・・新しい軍勢を獲得するために、皇子たちを各地に派遣、地方から火の手をあげようとしますが・・・。
皇子たち・・・新田義貞、北畠顕家・・・信頼していた家臣たちが次々と破れていきます。
後醍醐天皇自身も病に・・・
1339年8月16日、後醍醐天皇崩御。

「太平記」の後醍醐天皇は・・・右手に剣・・・死の間際まで戦うことを信念としていました。
吉野山にある後醍醐天皇の陵墓・・・歴代天皇の陵墓のほとんどが南向きなのに対し、後醍醐天皇の陵墓は、都のある北を向いています。
死の間際・・・後醍醐天皇が残した言葉・・・

「玉骨は たとひ南山(吉野)の苔に埋もるとも 魂魄は常に 北闕(京)の天を望まん」

天皇中心の政治を求めて、始終戦い続けた後醍醐天皇は、後の世に大きな影響を与えていくことになるのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。
 

にほんブログ村

皇子たちの南北朝―後醍醐天皇の分身 (中公文庫)

新品価格
¥1,008から
(2015/3/25 08:06時点)


闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉 (角川ソフィア文庫)

新品価格
¥802から
(2015/3/25 08:07時点)






このページのトップヘ