日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:投資銀行

そうだったのか!アメリカ [ 池上彰 ]

価格:761円
(2014/11/4 15:36時点)
感想(38件)



2008年アメリカの大手投資銀行・リーマン・ブラザーズが経営破たんしました。

サブプライムローンによる債権の証券化とはどういうことなのでしょうか?

サブプライムローンとは、普通なら借金が出来ないような人にも高い金利でお金を貸しましょうということです。
これまでマイホームを諦めていた人たちが、次々に住宅ローンを借りて家を建て始めました。

「マイホームを持ちたい」「土地を買いたい」という需要が生まれ、土地の値段が上がります。
その土地を担保にお金を借りるとき、これまでより多くのお金を借りることができるようになりました。
”住宅ブーム”が起きます。

住宅金融会社がローンを貸し出すと・・・住宅金融会社は、”債権”を得ることができます。
債権とは、貸したお金を返してもらえる権利のことです。
アメリカの場合は、リスク管理の仕組みがしっかりしていて・・・
自分が持っているとリスクになるので、その権利を高値で売ってしまえばいいという考え方です。
そうすれば、借金を返してもらえなくなるというリスクが無くなるのです。


リスク管理、リスクコントロールのために・・・ここで出てくるのが投資銀行です。
投資銀行に、この債権を売ります。
債権とお金がぐるぐる回って・・・住宅ブームが起きました。
弾けてから明らかになったのが・・・住宅金融会社が住宅ローンを貸す間にブローカーが存在しました。
歩合制となっていて・・・1件づつローンを貸し付ける契約が成立したら、手数料が貰えるのです。
となると・・・誰でもいいから契約を結んでしまえば、手数料が貰えるということになってしまったのです。

アメリカは、中米や南米から大勢の移民・・・ラティーノが入って来ていて、英語が話せないアメリカ人が猛烈な勢いで増えてきています。
マイホームを持ちたいと思う人たちに、契約をさせます。
が・・・英語が読めません。
後の祭りとなってしまうのですが、ここに一大住宅ブームが起きたのでした。


投資銀行がリスクを背負いこんで・・・そのリスクを・・・小口に分けて、大勢の人に分けます。
つまり、債権の証券化となるのです。
元になっているのは金利の高いサブプライムローン。。。
となると、銀行に預金している金利よりも、証券の方が金利が高くなるのです。
ということで、この証券を買う人がたくさん出てきました。
住宅金融会社から買った時に払ったお金を取り戻すことができるのです。

リスクを他人に押し付けることで。。。

その債権の証券を扱う投資銀行も出てきます。
ただし・・・サブプライムローンをもとにした証券はリスクがあるので、優良な企業の社債と混ぜて販売します。
これなら間違いなく紙くずにならない???
と、全く新しい商品を作りだしたのです。
前より安全ということになって、前より高い値段で売ることができるのです。
そこで登場するのが格付会社です。

格付会社はもともと大陸横断鉄道を作る頃に誕生しました。
当時は駅馬車の時代、蒸気機関車が出来て大陸横断鉄道を作ることになりました。
でも、アメリカ人はまだピンとこなかったので、大陸横断鉄道の社債を買ってくれません。
そこで、第三者からのお墨付きが欲しい!!ということで、格付会社が必要となってきて・・・お墨付きをもらえると「AAA」なのです。

最上級がAAA⇒AA+⇒AA⇒AA-⇒A+⇒A⇒A-⇒BBB・・・
と続いていきます。
そして、AAAがつくと、まず、紙くずになることはないとされるのです。

格付会社の格付能力は信用できるの??
住宅バブル崩壊後・・・
AAAなのに安全ではなかったとアメリカで大問題となりますが・・・
社長は・・・
「格付けというのは意見の表明にすぎません」
と、言ったといいます。
買う方の自己責任によるものだというのです。

そんなことがあったので、格付する会社を格付する会社が必要だ!!と言われるようになってしまいました。

が・・・その当時は、格付会社の通りに世界中の人々が買っていったのです。
バブルがはじけると・・・担保価値が下がり・・・住宅価値が無くなり・・・買い控えが・・・
借金が返せなくなる人が続々と出てきたのです。

そうして、サブプライムローンで破たんしたというところがたくさん出てきました。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村
社会・経済 ブログランキングへ

心をつなぐニュース [ 池上彰 ]

価格:1,028円
(2014/11/4 15:36時点)
感想(22件)

国際問題がわかる!世界地図の読み方 [ 池上彰 ]

価格:1,404円
(2014/11/4 15:36時点)
感想(11件)

ここがポイント!! 池上彰解説塾 1

新品価格
¥1,080から
(2014/10/28 15:15時点)



リーマンショックとは???

キーワードは、債権の証券化です。

リーマンショックは・・・
2008年にアメリカの大手投資銀行リーマン・ブラザースが経営破たんしたことに始まります。
もともとリーマンという3人のユダヤ人兄弟がドイツからアメリカに来て会社を興しました。
そして・・・金融業界に乗り出したのです。

2007年にアメリカで住宅バブルが崩壊しました。
ローンの焦げ付きが原因です。
これによって、金融業界に不安が広がり、リーマン・ブラザーズの前にも「ベア・スターンズ」という証券会社が経営破たんしています。

小さな金融機関は、経営状態が悪くなると大手の金融機関がまるごと買収して救済しますが・・・リーマン・ブラザースは大きすぎたので、買収できなかったのです。

あんな大きな証券会社ですら潰れてしまった・・・
他の証券会社、投資会社は???金融機関は???

公的資金を使って救済する???

その公的資金を使うことを政府が否決した結果・・・
翌日からニューヨーク株式市場の大暴落が起こったのです。
奈落の底に落ちる経済・・・
それにびっくりした議員たちは救済法を成立させますが、時すでに遅し・・・
世界中に広まってしまいました。

つまり、リーマン・ブラザーズが潰れたからではなく、潰れた後処理をきちんとできなかったことが世界経済の不安定をもたらしたのです。

1929年ニューヨーク株式市場の株価大暴落のときも、その直前にアメリカでは住宅バブル・住宅ブームがありました。
住宅バブルがはじけたことで株価の大暴落が起きたのですが、この時は、共和党のフーバー大統領で・・・
民間に政府は口出ししない・・・という方針だったので、深刻化していったのです。
フーバー大統領の共和党に対する不満が高まって・・・
そして、民主党のルーズベルトが大統領となり、ニューディール政策が行われたのです。

このリーマン・ショックも、2008年ブッシュ大統領の共和党のもとで深刻化し、アメリカ国民は、共和党ではダメだ・・・民主党でなければ!!ということで、民主党のオバマ大統領が当選したのでした。

次のバブルが2020年の東京オリンピック???

日本の場合は、証券会社と銀行の二つに分かれていますが、アメリカの場合は、証券会社・投資銀行・商業銀行の3つに分かれていて、リーマン・ブラザーズは、このうち投資銀行に当たります。
この投資銀行は、一般の預金者からではなく、金融のプロからお金を集めて運用します。

リーマン・ブラザースがやっていたのが債権の証券化・・・サブプライムローンです。
が・・・
”普通なら借金できないような人にも高い金利でお金を貸します!”という考え方です。
つまり、クレジットカードで払えなかったり、住宅ローンを返せなかった人に対しても高金利で貸そうという仕組みなのです。

マイホームを諦めていた人たちが住宅ローンを借りてマイホームを建て始めました。
需要と供給で、土地の値段が上がり、その土地を担保にすればより多くのお金を借りることができるようになります。・・・
住宅ブームがおきてきました。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。



にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

(042)世界史で読み解く現代ニュース (ポプラ新書)

新品価格
¥842から
(2014/10/28 15:16時点)



池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇

新品価格
¥1,620から
(2014/10/28 15:16時点)










このページのトップヘ