日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:明治維新

大型船が頻繁に行きかう東京湾の玄関口・浦賀水道・・・
幕末、ここで日本を揺るがす大事件が起こります。
1853年6月3日、突然4隻の大きな船が現れたのです。
黒船来航です。
当時、和船の総トン数が100tだったのに対し、黒船(蒸気船)の総トン数は2500t・・・25倍の大きさです。
この黒船の来航をきっかけに、およそ260年続いた江戸幕府が崩壊へと進むこととなります。
日本の歴史を大きく変えた出来事でした。
どうしてアメリカは極東の小さな島にやってきたのでしょうか?
幕末の日本はどう映ったのでしょうか?

太平の 眠りをさます 上喜撰
       たった四杯で 夜も眠れず

”上喜撰”という緑茶と、蒸気船をかけています。
そしてたった四隻で幕府は不安で眠れない様子を揶揄した歌です。

アメリカ側でもそんな記録が残されています。
マシュー・ペリーは、アメリカから4隻の船で浦賀にやってきました。
蒸気船のサスケハナ号とミシシッピー号、そして2隻の帆船です。
艦隊は全部で63門の大砲を装備、臨戦態勢を布きながらを進め、午後5時ごろ浦賀沖に錨を下ろしました。
初めてみる日本・・・ペリーの第一印象は・・・

「投錨の直前に天候は晴れ上がり、富士山の高い頂がますますくっきりと見え、内陸部に広がる群峰よりはるかに高くそびえていた」

ペリーにとっても霊峰富士は強烈な印象だったのです。
ペリーが遠路はるばるやってきた目的は二つありました。
①アジア諸国と貿易をする拠点を作る
②捕鯨船の補給基地を作る
この時ペリーにはもう一つ重要な任務がありました。
アメリカ大統領の親書(国書)を日本に渡す任務です。
鎖国を続けてきた日本に、どうやってアメリカの要求をのませるのか?
ペリーは事前の日本の情報から日本人の特性を掴み、幕府との交渉方針を決めていました。

「排他的に振る舞い、気難しい人物を演じれば演じるほど、形式と礼儀を重んじる日本の人々は、こちらの目的を尊重するようになるだろう」

ペリーが浦賀に停泊すると、すぐに浦賀奉行所の船が近づいてきました。
そして役人のひとりがいきなり横断幕を広げたのです。
そこには当時ヨーロッパの公用語だったフランス語で「艦隊は撤退すべし!」と書かれていました。
もちろんアメリカ側も意味は理解していましたが、毅然とした態度をとっていたいペリーはこれを無視!!
しかし、幕府役人はなかなか引き下がりません。
ひとまず役人を乗船させ、部下のコンティ大尉を通してこう告げます。

「われわれはアメリカ合衆国大統領から、幕府将軍に宛てた親書をしかるべき役職の人物に受け取ってもらいたい」

ペリーは幕府の役職にある人物と会うことが交渉の近道だと考えたのです。
しかし幕府役人は・・・

「異国との交渉は、長崎でしか行えない
 親書は長崎で渡してもらいたい」

別の異国船が来航した際、この言葉で体よく追い返した例がありました。
今回も、帰ってもらおうとしたのですが・・・それを聞いたペリーは激怒!!
幕府役人を追い払ってしまったのです。
そしてここから全く開国する気のない幕府と、何としても国交を結びたいアメリカとの長い戦いが始まるのです。

黒船を見ようとたくさんの人々が浦賀に詰めかけます。
中には見物人相手に商売をする人も・・・
望遠鏡の貸し出し、船での黒船見学ツアーなどです。
ペリーの似顔絵も販売されました。

この時繁盛したのが武具師・・・
江戸幕府始まって以来、武具を使うことがなかったので、多くの旗本、御家人たちは持っていなかったのです。一斉に武具を買いに走りました。

ペリーはいきなりやってきたのではなく・・・幕府は事前にペリーが来航することを知っていました。
諸外国との交易・交流を制限する鎖国政策をとっていた幕府は、取引場所を長崎の出島に限定し、相手はオランダと清国とのみ交易をおこなっていました。
そして、その見返りとして彼等から欧米列強に関する情報を得ていたのです。
当初は開国を求めてやってくる他の欧米列強に対し武力での排除を行っていましたが・・・
1842年清国がアヘン戦争でイギリスに敗れ、不平等条約の締結を強要されたという情報を得ると、大きく方針を変換・・・
1842年薪水給与令を出し、外国船に燃料や水を与え、穏便に帰ってもらうように指示を出していました。
アヘン戦争のころから、欧米列強の武力に脅威を感じ始めています。
”ペリー来航”の情報も、お蘭だから事前に知らされていました。

「アメリカ合衆国が艦隊を派遣し、交易をおこなうために日本へ渡来するとの事、司令官は当初オーリックというものであったが、ペリーなる人物に交代したようだ」

この風説書がオランダより幕府の手に渡ったのが1852年7月でした。
ペリーがアメリカを出発したのが10月でした。
ペリーがアメリカを発つ3か月も前に、オランダを通じてアメリカが通商を求めてやってくることを掴んでいたのです。
しかし、幕府は何ら手を打つことができませんでした。
当時の将軍は12代将軍徳川家慶・・・病気がちだったために老中首座・阿部正弘が政務を行っていました。
当然阿部は、オランダからの報告を聞いていましたが、この年・・・1852年5月22日江戸城西ノ丸御殿が焼失・・・。
再建工事に莫大な費用が掛かるために、軍費にお金を割くことが難しかったのです。
この頃、外国の情勢に詳しい薩摩の島津斉彬と会談した阿部は、こんな事を漏らしています。

「もしアメリカが来ても、なるだけ穏便に済ませ、長崎へ行ってもらうしかない」

そしてペリーが実際にやってきました。
阿部の指示通り、長崎へ行ってもらうようにしますが・・・拒否されてしまいます。
さらにコンティ大尉はこう脅してきました。

「浦賀でしかるべき役人が大統領の親書を受け取らなければ、我々は武装して江戸城へ向かう」

対応した浦賀奉行所・香山栄左衛門は・・・
「船の中は、緊迫した状況であり、アメリカ側は皆殺気立っていた」

幕府はようやくアメリカが本気だということに気付いたのかもしれません。
戦争は避けなければ・・・ようやく幕府は親書を受け取ることに・・・。

1853年6月8日・久里浜・・・6日目・・・アメリカ大統領の親書の受け渡しが行われました。
幕府は江戸湾の警備を行っていた彦根藩・川越藩などの藩兵を5000人配置!!
対してアメリカ側は武装した水兵300人!!
幕府の代表としてペリーを出迎えたのは、浦賀奉行の戸田氏栄と井戸弘道・・・
この時の様子をペリーは・・・
「戸田、井戸の両候は、初めから最後まで銅像のように動かず、一切言葉を発しなかった」
この日はあくまで親書を受け取るだけ・・・
余計なことを言わないように釘を刺されていたのかもしれません。
双方無言の中、13代アメリカ大統領ミラード・フィルモアの親書が日本側に渡されました。
そこには・・・
①友好的な国交を樹立し、通商条約を定める
②難破船やアメリカ船の船員の救助と保護
③蒸気船の燃料と水・食料の補給
それを渡したペリーは・・・
「来年の4月か5月にふたたび来日するので、その時に親書に対する返答を聞かせてもらいたい」
そう言い残し、アメリカがアジアの拠点としていた清国の広東へと向かったのです。
どうしてペリーはその場で交渉しなかったのでしょうか?

幕府はなるべく時間稼ぎをし、はぐらかし、アメリカを諦めさせようと考えていました。
幕府のペースに巻き込まれることを避け、効率よく時間をおいての交渉で決着しようとしたのです。

あっけなくペリーは去りましたが、阿部正弘は再びやってくるペリーにどう対応するのか?頭を悩ませていました。
すると阿部は、驚きの行動に出ます。
親書を一般に公開し、大名から庶民に至るまで広く意見を募ったのです。
時代が大きく動いていました。
全国から約800通の建白書が寄せられました。
一番多かった意見は、「アメリカの要求を拒絶し打ち払う」という案でした。
200年以上守ってきた伝統を崩したくない・・・
しかし、積極的に開国し、アメリカとの貿易で得た利益で軍備を強化するという意見もありました。

1635年、3代将軍家光の時に、「大船建造の禁」によって幕府も軍艦を所有できていませんでした。
阿部は、諸大名に対し大型船の建造を許可し、オランダへ軍艦を発注しています。
しかし、ペリーがやってくるまで9か月!!
ペリーが再来航するまでに強化できた軍備は、品川沖に台場を建設するぐらいでした。

幕府はアメリカン関する情報収集にも乗り出します。
土佐藩士の中浜万次郎を江戸に呼び、旗本格として登用しました。
ジョン万次郎で知られる中浜は、漁船で漂流後、アメリカで10年間暮らし、ようやく帰国したばかりでした。
万次郎は・・・
「アメリカはかなり前から日本と親睦を持ちたがっていました。
 メキシコとの海上戦でわずか4時間ほどでアメリカ側が勝利をおさめた」
などと、開国を進言!!
更に幕府は長崎奉行を通じてオランダ商館の館長クルティウスにも助言を求めます。
「アメリカの要望を一切無視したならば、戦争に発展しかねない
 試しに一港だけ開いてみたらどうか」
多方面から様々な意見を聴取した幕府老中・阿部正弘でしたが、いかにアメリカの要求をはねのけることが難しいか・・・痛感するばかりでした。

1854年1月16日・・・ペリーが再び来航!!
幕府は焦ります。
ペリーの予告では、4月か5月との事だったからです。
そこにはペリーの思惑がありました。
前回の来航直後、12代将軍徳川家慶が亡くなっていました。
そこで、その混乱に乗じれば、用意に条約締結に持ち込めるのでは?と考えたからです。
前回の来航後、ロシアも日本に開国を迫っていたので、他の列強国を出し抜いて、有利な条約を締結したいとも考えていました。
アメリカが要求したのは三つ・・・。
①友好的な国交を樹立し、通商条約を定める
②難破船やアメリカ船の船員の救助と保護
③蒸気船の燃料と水・食料の補給

日米両国の国益をかけた戦いの前に、水面下で駆け引きが始まりました。
この時ペリーは、長い航海で持病のリウマチが悪化・・・体調を崩していました。
それを聞き付けた幕府は、お見舞い品として大根800本、人参1500本、鶏卵1000個などを届けています。
対してアメリカ側も、幕府役人らを船に招待・・・
西欧料理や酒を出してもてなしました。
アメリカは船に生きた鶏、羊、イタリア人シェフまで乗せていました。
万端の準備をしていたペリー・・・。
食事でもてなすことで、友好的なムードを作り出そうとしたのです。

こうして当日を迎えましたが・・・両者が激突します!!
アメリカ代表のペリーに対峙したのは江戸幕府応接掛筆頭・林大学頭!!
冒頭、林は3つの条件のうち、難破した船員の救助と保護は承諾します。
そして石炭、水、食料の補給も承諾!!
しかし、両国間で通商を結ぶのは、国の決まりで出来ないと断固拒否!!
この時幕府側は、全てを拒否するのは難しいと考え、受け入れを最小限に止めるという方針に転換していたのです。
しかし、それを聞いたペリーは態度を豹変!!

「貴国は難破船の救助を行わないうえ、海岸に近づこうとしただけで発砲してくる
 さらに、漂着した外国人を罪人同様に投獄している
 貴国が国政を改めないならば、我々は戦争も辞さない覚悟である」

林を揺さぶろうと過去の非人道的な行為をあげて責めます。
しかし、林は動じません。

「外国船に発砲していたのは一昔前の話であり、漂着民に対してもオランダを通して長崎の出島から返還している」と、理路整然と反論!!
さらに通商に関しては・・・
「自国の産物で十分に事足りている」
と、きっぱり拒否したのです。
すると驚いたことに、ペリーは通商の要求をあっさりと取り下げてしまいました。
どうして・・・??
自分達の要求をすべて飲ませようとしたものの林大学頭らが手ごわいのを見て、方針を転換したのです。
全部を処理しなくても、国交樹立を最優先して段階的に通商を認めさせようとしたのです。
こうして日米の間で、ひとまず合意に至りました。
大筋では合意したものの、交渉はまだ終わりません。

日本にやってきたペリー・・・
日本のはじめて目にする日本の風俗や文化に驚きます。
ある時町の銭湯へ・・・驚愕!!
男女とも入り乱れて混浴!!
「日本人は道徳心に優れているのに、その道徳心に疑いを感じざるを得ない」

さらに既婚女性のお歯黒にびっくり仰天!!
「妻がこんな歯をしていたら、夫はものも言わず逃げ出してしまうだろう」

一方で日本人に器用さに感心します。
町で売られていた浮世絵のち密さとユーモアに感嘆!!
焼き物の磁器や漆器の優美な形と洗練されたデザインに魅せられます。

日本人がひとたび欧米諸国の技能を知ったならば、近い将来強力なライバルとなるだろう

日米の交渉は大詰めを迎えていました。
アメリカの蒸気船の燃料である石炭と水、食料の補給などをどの港で行うのか??
幕府は、当面は長崎で行い5年後に別の港を追加することを提案します。
それに対しペリーは・・・

「本来の趣旨を理解されていないようだ」

アメリカが日本に目をつけた主な理由は、太平洋航路の中継地点としたいからです。
太平洋に面していない長崎は、その狙いから外れているので、納得できるものではありませんでした。
ペリーはここでこんな申し出をします。
「大統領の命により運んできた土産の品々を贈呈したい」
献上品は、全部で140種類に及びました。
なかでも幕府の一港が目を見張ったのが、1/4モデルの蒸気機関車と、モールス電信機でした。
アメリカ側はそれらを実演してみせ、日本側を大いに驚かせます。

「日本人はいつでも異常な好奇心を示し、それを満足させるのに、画集国からもたらされた発明品の数々は恰好の機会を得た」

幕府も負けじと贈り物をします。
米と酒・・・ここで50人もの力士を導入し、1俵60キロもある米俵を片手に二俵づつ、計4俵担いで運ばせて・・・力士の怪力ぶりを見せつけます。
力士たちの巨体と怪力に、ペリーたちは圧倒されます。

「偉大な筋肉は、ヘラクレスのよう彫像のごとく、隆々と盛り上がっていた」

すると予期せぬ事態が・・・傍らでこのパフォーマンスを見ていた水兵が、力士に勝負を挑んだのです。
この思わぬ日米対決に、周囲は大興奮!!
しかし、勝負は一瞬でつきました。
そして力士は水兵に向かってこう言い放ったのです。

「強さの秘密は、日本の美味い米と美味い酒じゃ」

日本が大いに面目を施した瞬間でした。

北太平洋で操業を行う捕鯨船の補給基地に数カ所、清国と結ぶ太平洋航路の補給地として会談を行っていた横浜周辺を含め他に数カ所開港することを要求します。
幕府は、当面は長崎で、5年後にもう一つ追加することで押し切りたいと考えていました。
アメリカの要求を飲めば、長崎で取引をしているオランダも同じ要求をしてくるに違いない・・・!!

しかし、ペリーは執拗に林に食い下がります。
音を上げた林は、「もはや自分の裁量では決められない」と江戸へ戻り、幕閣たちに伝えたのです。
すでにペリーが再来して1か月がたっていました。
長期にわたる交渉に疲れたのか、これ以上拒むことは不可能と感じたのか、結局幕府が折れ、「箱館・下田」を開港すると通知。
ペリーもそれを承諾し、ようやく合意に達したのです。

「この湾にきてわずか5週間・・・
 この国と、この国の人々から大きな信頼を勝ちうることができた」

そしてペリーは日本側に感謝の意を示すためにおよそ70人の幕府役人を招待し、豪華な料理、バンドの演奏にダンス・・・役人の中には酔っぱらってペリーと肩を組む者もいたほど和やかでした。
こうして締結された日米和親条約(1854年3月3日)でしたが、その中には今後日本が他国とこれ以上好条件で条約を締結した場合、その内容が自動的にもアメリカにも適用されるという・・・アメリカに最恵国待遇を与えたのです。

そして黒船の来航は、およそ260年続いた太平の世を揺り起こします。
尊王上運動を誘発し、明治維新へと繋がりました。
ペリー来航から14年後、江戸幕府はついに大政を奉還します。
もしペリーがやって来なかったら・・・??
明治になるのはもっと時間がかかったかもしれません。

日米交流の扉を開いたマシュー・ペリー・・・日米和親条約締結からわずか4年後、アメリカで63歳で死去・・・。
ペリーが日本から持ち帰ったものが、今もアメリカに残されています。
初代大統領ジョージ・ワシントンの功績をたたえるために建てられたワシントン記念塔・・・この一部に幕府からアメリカに送られた伊豆下田の石が使われています。
日本とアメリカの友好の証として・・・!!

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

ペリー提督日本遠征記 (上) (角川ソフィア文庫)

新品価格
¥1,469から
(2019/6/24 20:49時点)

開国の使者 ペリー遠征記 (角川文庫)

新品価格
¥734から
(2019/6/24 20:50時点)

【送料無料】 田原坂 【DVD】

価格:5,962円
(2018/12/18 08:31時点)
感想(0件)



明治10年2月・・・九州の地でその後の日本の行く末を決める戦いが始まりました。
西南戦争です。
立ち上がったのは、明治維新最大の英雄・西郷隆盛です。
そのもとには、政府に不満を抱く士族が3万集まりました。
迎え討つのは、最新の装備をした平民の新政府軍!!
一進一退の戦闘が繰り広げられます。
死者1万3000!!どうして日本人同士が戦い、殺し合わなければならなかったのでしょうか?

すべての始まりは、西郷と共に幕末を戦い抜いた男たちの因縁でした。
新政府軍を率いたのは山縣有朋、不平士族の急先鋒・桐野利秋、男たちは、明治政府の大改革・徴兵制を巡って衝突します。
日本の未来をめぐる男たちの戦いのドラマとは・・・??
西南戦争最大の謎・・・反対していた西郷がどうして挙兵したのか??
西南戦争の真実とは・・・??

明治10年1月29日、西南戦争の引き金となった事件が起こります。
鹿児島にある新政府軍の火薬庫を20人の士族が襲撃します。
襲撃の目的は・・・新政府軍の武器弾薬を強奪することでした。
その知らせを聞いた西郷は「しまった」と、ただ一言つぶやいたという・・・。
どうして、薩摩士族は暴発したのでしょうか??
そして、西郷がしまったとつぶやいた真意とは・・・??
西南戦争はなぜ起こったのか・・・??

襲撃事件以前、日本は異様な雰囲気に包まれていました。
明治9年10月24日、熊本で「神風連」を名乗る士族200人が挙兵!!
今の知事に当たる熊本県令が殺害されます。
その3日後、福岡県・秋月で士族230人が蜂起!!
さらに翌日、明治維新の中心となった長州の萩で300人の士族が挙兵!!
いずれも短期間で鎮圧されたものの、日本中で士族の不満が爆発していました。
原因は、政府が急速に進める近代化政策です。
そこでやり玉に挙がったのは、かつて武士と呼ばれていた士族でした。

明治6年、政府は徴兵制を導入し、士族が独占していた「軍事」を平民に開放します。
真の近代国家になるためには、身分に寄らない国民軍を作らねばならない・・・そう、政府は判断したのです。
自分達の誇りを奪われ、燻る士族たち・・・そんな中、士族たちの視線は鹿児島にいる一人の男に注がれていました。明治維新最大の功労者・西郷隆盛です。
薩長同盟を成立させ、幕末の勢力図を塗り替えた抜群のリーダーシップ・・・
戊辰戦争を勝利に導いた軍事指導者としての才能。
新政府に比類のない存在だった西郷は、明治6年、急速な近代化に異論を唱え、下野していました。
故郷鹿児島に戻って隠遁生活を送っていましたが、影響力は健在でした。
西郷が立てば全国の不平士族が呼応する!!明治政府を危機に追いやることも不可能ではないとみられていました。
西郷は、鹿児島で設立した私学校には、西郷を慕う薩摩士族が集まっていました。
薩摩士族は、維新の立役者だった自分たちが政府にないがしろにされていると憤りを感じていました。
中でも反政府の急先鋒だったのが、桐野利秋。
もともと貧しい下級武士だった桐野は、西郷に認められ、明治新政府の陸軍少将となります。
士族としての誇りを人一倍持っていました。

桐野が政府に不満を募らせる・・・それは、日本の国防に対する強い危機感でした。
この頃日本は、諸外国との間に多くの問題を抱えていました。
北の大国ロシアと樺太・千島の領土問題、朝鮮との武力衝突、清国との間には台湾出兵問題、琉球の帰属問題・・・。日本は、いつ戦争になってもおかしくない緊張状態でした。
外交軍事に精通していた桐野は、徴兵制に基づく平民の軍隊では日本を守れないと考えたのです。
日本の南と北の防衛を確かなものにするまで、徴兵制に依存するのは桐野は反対だったのです。

桐野と志を同じくする士族が、続々と西郷のもとへ・・・!!
その数、1万3000人にのぼりました。
この動きを最も恐れていたのは、新政府の陸軍TOP・山縣有朋でした。
山縣と西郷・桐野は、戊辰戦争を共に戦った盟友でした。
明治政府の大改革・徴兵制を巡っては、浅からぬ因縁がありました。
明治5年、山縣は徴兵制の導入を強く主張し、政財界の説得を行っていました。
そんな時、山縣にスキャンダルが・・・。山縣が陸軍に出入りする商人・山城屋に無担保で公金を貸し付けていたことが発覚します。
徴兵制に反対していた陸軍少将・桐野は山縣を激しく糾弾します。
追いつめられた山縣・・・この時、救いの手を差し伸べたのが西郷でした。

西郷は、日本だけが士族・サムライたちだけで軍事力を持つのは世界の流れからしてだめだと思っていたのでしょう。
徴兵制は望ましくないかもしれないが、承諾を与えたのです。
日本のために徴兵制を容認した西郷・・・しかし、その後の政府は西郷の想いを大きく裏切るものでした。
明治9年廃刀令公布・・・士族たちはサムライの証である刀を奪われます。
さらに・・・秩禄処分・・・士族への給料の廃止を決定しました。
士族たちは、誇りだけでなく、生活の安定をも失うのです。
不満を募らせる士族たち・・・その反乱を恐れ、先手をとろうとしたのが新政府の陸軍TOPの山縣でした。

明治10年1月下旬・・・新政府は汽船・赤留丸を九州に送ります。
狙いは鹿児島にあった陸海軍の兵器工場・・・その中核施設は集成館。
薩摩藩の時代から、製鉄や造船に取り組んだ日本の産業革命の遺産です。
西南戦争当時は、近代兵器の製造拠点となっていました。
記録には、最新式の銃の弾薬を1日に3000発作ることができたとあります。
山縣は、こうした兵器工場が反政府勢力のある鹿児島にあることを危険視し、武器弾薬を運び去ろうとします。
この行動が、薩摩士族の激しい怒りを誘うこととなります。
武器の機械・設備の購入資金は薩摩の士族たちの拠出金から賄われていました。
武器製造機械は自分たちのものだという意識が強かったのです。
それを政府が持ち出すのは泥棒だ・・・という怒りです。
薩摩士族は新政府軍の火薬庫を次々と襲撃!!
士族の反乱を恐れた政府の行動が、かえって彼らを暴発させることに・・・。
火薬庫襲撃事件の知らせを受けて桐野はこうつぶやきました。
「 いまや 皆の激しい怒りは、 矢の弦をはなれ 、剣の鞘を脱した。抑えようにも抑えられぬ・・・」と。

不平士族の期待を一身に集めていた西郷は・・・「しまった・・・」とつぶやいたといいます。
西郷は・・・挙兵に賛成していたのか否か??
「しまった・・・」とは・・・??

西郷は、政府の打倒という気持ちはなかったとは言えません。
その根拠は・・・相次ぐ士族反乱に当たって親友に宛てた手紙・・・
その中で西郷はこう書き記しています。
”一度相動き候わば 天下驚くべきの事をなし”と。
この一文に、政権打倒の意志が込められている??
西郷が「しまった」というのは、明治10年2月の段階で立ち上がらざるを得なくなったことが「しまった」という解釈です。
西郷は、もう少し時間をかけて自分に有利な状況が到来するのを待っていたのです。

いずれ新政府と対決するが、今は時期ではない・・・

それが西郷の真意だったとしても、士族たちを見捨てることはできませんでした。
2月3日、事態はさらに悪化します。
新政府の密命を受けた警察官が士族たちに捕まったのです。
目的は何か??厳しい尋問が行われました。

「西郷の刺殺・・・」

警察官は、激しい拷問の末に西郷暗殺計画を自白します。
2日後の2月5日、西郷以下私学校の面々が、今後の方針を決める大会議が行われました。
以外にも士族たちの検討策は穏健なものでした。
①西郷ら幹部のみが上京し、問いただす
②西郷を認める明治天皇の力を借り、西郷の安全を確保したうえで政府と交渉
いずれも実現すれば、戦争を回避することができたはず・・・。
冷静な意見が検討されていたのです。
その流れを変えたのが、桐野利秋でした。

慎重論は一掃され・・・
1万人を超す若者が、今の政府は悪い・・・変えなければいけないという思いを持っていたら、西郷は英雄を通り越して絶対的な神様となります。
その中では、”敗ける”ということを思いつかないのです。
桐野が檄を飛ばした後、士族たちは熱狂の渦に巻き込まれます。

「何も言うことはなか・・・
 おいの体、おはんらに預けもんそ・・・!!」by西郷隆盛

西郷は最後、自分の体をお前たちに預けるとだけ言ったといいます。
西郷は、何を考えているのかわからないところがあります。
100%説明しないのです。
そして、明治10年2月15日、西郷率いる13,000人の士族が出陣しました。
最初の目標は、新政府軍の拠点・熊本城・・・。
西郷たちは、後戻りのできない戦いに進んでいくのです。

戦場となった熊本城は、九州の新政府軍を統括する熊本鎮台司令部がありました。
2月22日早朝、薩摩軍が一斉攻撃をかけます。
この時、桐野達は新政府軍を打ち破るのは時間の問題だと思っていました。
しかし・・・予想外の反撃をうけ、突破することができません。
西南戦争の初戦・・・熊本城の戦いは、薩摩軍の手痛い敗北に終わりました。
何が勝敗を分けたのでしょうか??

攻撃の3日前・・・薩摩側から熊本鎮台に送られた文章には・・・

「熊本鎮台の兵隊は、西郷大将の前に整列し、その指揮を受けるように。」

西郷はいまだ陸軍大将の地位にあり、鎮台の兵士に命令できる立場にありました。
しかも、熊本鎮台のNo,2樺山資紀中佐は、西郷と同じ町内で生まれ、戊辰戦争を共に戦った男でした。
樺山が寝返れば、戦わずして熊本城下を進軍できる・・・
そう薩摩軍は踏んでいました。
しかし・・・樺山は西郷が私的な理由で挙兵したとして厳しく非難、徹底抗戦の構えを・・・!!
薩摩軍にとっては予定外のことでした。
指揮官の桐野利秋は事態を楽観視していました。
桐野が熊本城を簡単に落とせると思っていたのには理由がありました。
そもそも薩摩は派戊辰戦争を勝利に導いたつわものばかり・・・
伝統の白兵戦術に加え、銃などの近代兵器・・・
さらに、長期戦の準備も万端でした。
兵器工場だった鹿児島の集成館は、薩摩軍の武器弾薬の製造拠点に・・・
士族の戦闘能力に加え、武器弾薬にも不安のない薩摩軍。
対する熊本鎮台の兵士は、徴兵制によって集められた平民たちでした。
樺山もその戦闘経験の乏しさを嘆いていました。
しかも、熊本鎮台の兵力は2500!!
桐野達は自分たちの敵ではないと考えていました。

しかし、戦いは薩摩軍の目論見通りには進みませんでした。
山縣は薩摩軍の動きを察知し援軍を送っていました。
戦闘が始まった2月22日には、すでに東京からの援軍が熊本城に到着していました。

どうして山縣は先手を打つことができたのでしょうか??
それは当時の先端技術・・・モールス電信機でした。
明治2年に東京横浜間で開通し、全国に電信網を・・・!!
九州の情報をすぐに手に入るように体制を整えていたのです。
電柱を立てる手間を短縮する為に、街道の松の木に電線を引きました。
電信を使い、熊本から東京まで僅か1時間足らず・・・
政府軍は薩摩軍の動きをリアルタイムで掴むことができていました。
更に政府は・・・大量の兵士を戦地に送る輸送インフラの整備にも取り組んでいました。
東京から熊本に援軍に向かった者たち・・・
西郷が兵をあげる4日前の2月10日に東京の千代田区を出発。
新橋横浜間を汽車で53分、横浜から海路・・・
2月14日、西郷たちが挙兵した時には、瀬戸内海の広島沖にいました。
この回路の輸送を担当したのは、岩崎弥太郎率いる三菱でした。
三菱は7万人に及ぶ兵士、大量の弾薬・食料の輸送を引き受けました。
西南戦争の戦費・4156万円のうち三菱の輸送船に支払ったのは299万円!!
実に7%の戦費を輸送にあてました。
2月17日午後4時・・・長崎に到着!!
そして、20日正午過ぎに熊本城に入城します。
この時、まだ薩摩軍は熊本城から10キロ離れたところにいました。
熊本城は当初の2500人に援軍900人が加わり、総勢3400人で薩摩軍を迎えることとなりました。

新政府軍は、薩摩軍を迎えるにあたり、綿密な改造を施していました。新政府軍の将校のひとり・・・乃木希典・・・後の日露戦争・旅順攻略の司令官・・・若き日の乃木が作成した熊本城攻防戦の地図には・・・
砲台が四方ににらみを利かせ、策で囲まれた防御陣地・・・銃を持った歩兵が待ち構えていました。
近代的な要塞として造りり替えられていた熊本城・・・改造は細部にまで及んでいました。
防御陣地の石垣の一部が取り壊され斜めにしていました。
地形を利用して歩兵の狙撃場所を作ったのです。

戦争の始まる3日前に新政府軍が自ら火を放ったとされています。
幕末から高い建物は大砲の目標になるので、邪魔だという判断です。
目立つ天守はない方がいいということで焼いたというのが有力です。
薩摩軍を迎え討つためならどんな犠牲をもいとわない覚悟の新政府軍・・・
2月19日には城下町に火を放ちます。
射界の清掃・・・薩摩軍を攻撃する為に邪魔な建物を焼き払い一掃したのです。
戦後、家を焼かれた人々が熊本県に訴訟を求めて書類を提出しています。
焼かれた家の数は9000軒。
新政府軍は、民衆に犠牲を強いても万全の態勢をとったのです。
なりふり構わぬの防御計画に寄って難攻不落の熊本城。
桐野が甘く見ていた新政府軍の兵士たちは、熊本城に立てこもり、粘り強く抵抗します。
薩摩軍は戦闘の始まった22日の夜に早くも方針の転換を迫られます。

政府軍の援軍が北から接近中との情報を得た薩摩軍は、3000の兵を熊本城に残し、主力は北上することを決定します。
熊本鎮台は自分たちに従う筈だという見通しの甘さ・・・たとえ戦闘になっても勝てるという奢り・・・
西南戦争の初戦・・・熊本城の攻防は、薩摩軍の手痛い敗北に終わりました。
熊本城で大敗を喫した薩摩軍、その後の戦局はさらに混迷を極めていくこととなります。
負けたことで、東京へ北上するという本来の目的が達成できなくなってしまいました。
挙兵の在り方、それ自体がここで打ち止めになってしまうのです。
この戦争は、薩摩軍が守りに回ってしまうと、何のための戦いになるのか・・・??
本来の目的と、戦争そのものが乖離する・・・その転機となったのです。

度重なる敗北で、東京に至る道を絶たれた薩摩軍・・・根本的な戦略転換を迫られていました。
薩摩軍が目をつけたのは、熊本城の北にある田原坂・・・
西南戦争で最大の激戦が行われた場所です。
小高い丘が連なる田原坂は戦略の要所で、大地の中央を全長1.6kmの道が熊本城へと続いています。
戦うこと17日間・・・両軍の死者3500人!!
どうしてこれほどまでの犠牲を出すこととなったのでしょうか?
それは、政府軍の指揮官・山縣有朋の誤算から始まりました。
2月25日、新政府軍を率いる山縣が九州に上陸します。
薩摩軍が田原坂に陣を張ったと知った山縣は、更なる援軍を待ってから攻めるという慎重策をとります。
その脳裏にあったのは、全国の不平士族の動向でした。
新政府軍が万にひとつも敗れれば、全国各地で反乱がおこる・・・!!そう考えたのです。
しかし、この慎重策が裏目に出ます。
3月4日、援軍を得た山縣は13,000の大兵力で田原坂の攻撃を命じます。
しかし、そこに待ち受けていたのは薩摩軍の激烈な反撃でした。
新政府軍の兵士が次々と倒れていきます。
薩摩軍は新政府軍が援軍を待っている間に、堅牢な陣地を築いていたのです。
熊本城を救援する為に兵隊・物資・大砲を熊本城まで運ぶ場合、通す道が田原坂しかなく、政府軍にとっては生命線の道を薩摩は寸断していたのです。

今までは、この田原坂の戦いは一本道をめぐる攻防戦だと思われてきました。
しかし、最新の調査から違った実像が見えてきました。
従来戦場とは思われなかった場所からたくさんの薬きょうと小銃弾が発見されています。
全部で3000点も・・・。
調査の結果、薩摩軍の陣地は田原坂全体に広がっていました。
田原坂の戦いは、一本道ではなく、大地全体をめぐる壮絶な攻防戦だったのです。
巨大な要塞と化した田原坂・・・新政府軍は一本道を避け、大地の斜面を登って攻撃しようとします。
しかし、いかなる攻撃もききません・・・

”賊は、天然の要地に土塁を築き、我が軍の死傷者は非常に多い
 生還する者はまれである”

この不利な状況を覆すために策は・・・??
新政府軍は、別動隊を編成し海路で吸収沿岸を南下、薩摩軍の本拠地・鹿児島を襲撃したのです。
九州沿岸の制海権は、新政府軍・海軍のTOP・川村純義中将が握っていました。
船で自由自在に軍を動かすことができた新政府軍・・・
攻撃目標は、薩摩軍の武器弾薬製造拠点の集成館でした。
政府軍はここから主力兵器であるスナイドル銃の弾薬製造機械を強奪します。
スナイドル銃は元込め銃で、その弾薬は精密な製造機械がなければ作ることが困難でした。
弾薬の製造機械を奪われた薩摩軍は、止む無く旧式のエンフィールド銃を使うこととなります。
その弾丸は、戦場で拾った弾を溶かして作ることができました。
問題は銃の砲身から火薬を入れ、弾を押し込む前込め銃だったのです。
スナイドル銃に比べ、はるかに手間がかかりスピードが低下しました。
新政府軍は、輸送インフラで国内外からスナイドル銃の弾薬を集め、九州に送り込みます。
物流について圧倒的に優位に立った新政府軍!!
田原坂の戦いで使った銃弾は1日30万発にのぼりました。
しかし、その後も薩摩軍の堅固な陣地を攻略することはできませんでした。

新政府軍の苦戦の理由・・・それは、標高100メートルの田原坂の高さでした。
薩摩軍の陣地のすべてが見通せないので、正確な砲撃ができません。
さらに、戦いの最中の天気は殆どが雨・・・
近代戦のやり方として・・・大砲を打ち込んで相手を怯ませ、兵対が突撃していく・・・。
しかし、どこに敵の陣地があるかわからないので、むやみやたらに撃ってしまう・・・
結局、肝心なところに当たっていないので、兵隊が攻め込んで行ってもすぐに逆襲されるのです。

泥沼の様相を呈する田原坂の戦い・・・新政府軍は戦局打開のために田原坂を見下ろせる場所を必死に探します。
それが、田原坂の南西にある横平山です。
横平山の標高は、田原坂より40m高い144m!!
薩摩軍の陣地も一望することができます。
新政府軍は横平山を攻略しようとします。
どこに兵を配備して、どこから攻めれば効率的か・・・??

3月9日、物量に任せ力推しで、横平山にいる薩摩の陣地にとりつこうとする新政府軍・・・
迎え討つ薩摩軍はサムライの本領を発揮!!
両軍が入り乱れる白兵戦!!
士族の猛攻の前に平民の新政府軍は成す術もありません。
苦戦を強いられた新政府軍・・・政府の脳裏に浮かんだのは、戊辰戦争を勝利に導いた英雄・西郷隆盛の影でした。
新政府軍の密偵の報告書には・・・
「賊軍の様子が整然としているのは、西郷自身が指揮を執っているからだ」と。

実は西南戦争を通じて、西郷が最前線で指揮を執ることは殆どありませんでした。
カリスマ西郷に身に何かあれば、寄せ集めの薩摩軍は求心力を失い瓦解する・・・それを恐れ、遠く離れた本陣にいました。
戦場に出てもいない西郷に怯え、足並みがそろわなくなってきた新政府軍・・・士気の低下は顕著でした。

3月11日、手詰まりとなった山縣に、提案が持ち込まれます。
西南戦争には、正規軍とは別に6,700人の警察官が動員されていました。
山縣に持ち込まれた提案は・・・士族出身の警察官で薩摩軍の白兵戦術に対抗しようとするものでした。
この頃、警察官の多くは物資の輸送や警備など、軍の後方支援に充てられていました。
戦いに参加できずに忸怩たる思いの警察官には、特別部隊の結成は、渡りに船の提案でした。
しかしその一方、平民主力の軍隊を目指して来た山縣には受け入れがたいものでした。
封建身分を前提とした武士を新たに組み込むのは、どうしても慎重にならざるを得ない・・・!!

3月11日に行われた総攻撃も失敗・・・ことここに至り、山縣は決断します。
集められたのは100人の士族出身の警察官でした。
その武器は、現地で急遽集められた日本刀ただ一振り・・・。
抜刀隊の誕生です。
そして、3月14日、抜刀隊が戦線に導入されます。
驚くことに、抜刀隊の多くは薩摩出身の士族でした。
彼等は、西郷というカリスマに命を預けるのではなく、警察官として政府に忠誠を誓う道を選んだのです。
薩摩士族同士が殺し合う死闘・・・政府の記録は戦いのすさまじさをこう記しています、

”抜刀隊は、一斉に突撃して勢いよく賊の陣地に入り、たちどころに8、9人を倒した”

抜刀隊は薩摩軍と互角以上に渡りあい、新政府軍は息を吹き返します。

3月15日、新政府軍は横平山の攻略に成功!!
しかし、抜刀隊の被害も甚大でした。
死者33人、重傷者50人・・・傷を負わないものはいないという惨状でした。
武士として、身を捨てて忠義に生きる・・・死に場所を常に意識する武士でした。
維新から約10年経って、再び日本刀で戦いの場所に行くことを、身の誉と考えた人々も、決して少なくなかったのです。

3月20日、降りしきる雨の中、田原坂の最後の決戦が・・・!!
午前6時、新政府軍の猛攻撃が始まりました。
見晴らしのいい横平山を占拠することで、薩摩軍の全体像を把握した新政府軍は、田原坂の南から回り込みます。
居を突かれた薩摩軍の防衛ラインは、一気に崩れます。
17日間の激闘の末、新政府軍は田原坂を征したのです。
両軍の死者は併せて3500人、山縣の誤算から始まった西南戦争最大の激戦・・・田原坂の戦い・・・。
新政府軍にとって、多大な犠牲と引き換えとなった苦すぎる勝利でした。

抜刀隊を組織する時に大切なこと・・・
ひとつは薩摩藩内のことがあります。
薩摩藩の士族は、鹿児島城下に住む城下士と、地方の郷村に住む外城士がありました。
伝統的に対立をしていました。抜刀隊に参加した警察官には外城士が多く含まれていました。
結果的に、私学校に行ったのは城下士・・・西郷の周りにいるのは城下士。
外城士は、東京に行って警察に入る・・・外城士は、城下士憎しということもあり外城士の中から抜刀隊を編制すると、西郷軍の主力をなす城下士に対する日ごろの怒り・・・
もう一つは、戊辰戦争の負け組の東北諸藩の兵隊たち・・・
そういった人々が、抜刀隊に志願していきました。
いろんなものがないまぜとなっていたのです。

敗北が続き、もはや勝利を見通せなくなった薩摩軍・・・
田原坂の死闘から3週間後の4月14日、熊本城に新政府の援軍が入り、54日ぶりに包囲網が解かれました。
しかし、九州各地で拡大する戦火・・・。
どうしたら戦いをやめられるのか・・・??

西南戦争の最終局面・・・山縣の目的は、薩摩軍の総大将・西郷を捕らえることにありました。
新政府軍は、薩摩軍を追いつめるため、九州全土に通信網をはっていました。
後れを取った薩摩軍は、新政府軍の追撃を受けながらも転戦し、延岡に・・・!!
遂に西郷を捕捉した新政府軍・・・!!

薩摩軍の兵力は3500!!全盛期の1/10でした。

”官軍に降参する者は殺さず”というビラが・・・!!
薩摩軍は、兵士の逃亡、降伏が相次ぎ、軍としての体裁が整わなくなってきていました。
8月15日、延岡の和田越で新政府軍の総攻撃が始まります。
薩摩軍の陣頭に立っていた西郷・・・。
そこで目にしたのは、徴兵制によって動員された平民たちの戦いぶりでした。
半年間にわたる実戦で鍛えられた新政府軍。
薩摩士族を前にしても怯まない、精強な兵へと変わっていたのです。

「こいでもう・・・日本も大丈夫じゃ・・・」

西郷はそうつぶやいたといいます。
8月16日、西郷はついに薩摩軍の解散を宣言します。
戦争中、常に傍らに置いていた犬を山に放つと、少数の味方と共に、新政府軍の包囲網をかいくぐり、山中へと行方をくらませます。
当時の西郷の声望、人気の高さを考えたら、逆転があり得るかわからないという恐怖が新政府軍にはありました。
あまりにも西郷の存在が大きすぎる・・・。
西郷の死を本当に確認するまでは、逆転されるという不安は、政府関係者にはあったのです。
西郷の居場所を掴めない新政府軍は、九州全土を捜索します。

しかし、西郷の行方は一向にわかりません。

消息を絶ってから2週間後の9月1日、情勢は大きく動きます。
すでに政府軍の占領下にあった鹿児島に西郷があらわれたというのです。
西郷は、300の手勢を率いて、新政府軍の陣地を突破、町の中心部にある城山に立てこもりました。
鹿児島で終止符を打つことが、西南戦争の締めくくりの場・・・。
今度こそ、西郷を取り逃がすまいと、4万の大軍勢で包囲網を敷く山縣。
西郷たちが潜伏していた城山の洞窟・・・すでに死を覚悟していた西郷と、その命を何としても救いたい部下たち・・・
決断の時は迫っていました。

9月23日、薩摩軍の幹部2人が西郷の助命嘆願のため、新政府軍を訪れます。
二人に対応したのは、海軍トップの川村純義。
川村は薩摩出身で西郷の親戚にあたりました。

しかし・・・
「賊名をもって征討なす!!」と述べ・・・こう漏らしました。
「西郷とは兄弟のごとくし
 家族はこちらにあり 
 心を残さず、潔く降伏してほしい」と。

潔く降伏してほしい・・・家族の面倒を見る・・・それが川村のメッセージでした。
川村の言葉を聞いた西郷は一言こうつぶやきました。
「回答はいりもはん。」
川村の降伏勧告を断った西郷・・・その西郷にもう一通の手紙が届けられました。
送り主は山縣有朋・・・かつて戊辰戦争を戦った盟友・・・。
西郷に宛てこう書き記しました。

「願わくば、あなた自身の手で命に決着をつけ、両軍の死傷者を救ってほしい」

山縣が西郷に求めたのは自決でした。

無益な戦いを回避してほしいと・・・!!

自決というのは、当時の軍人にとって名誉のある死でした。
西郷を思う気持ちは山縣にはありました。
手紙の最後をこう結んでいます。

「何卒、私の心中の苦悩を察してほしい
 涙をふるって これを記す」

西郷は、山縣の手紙を読み終わると、それを大事に懐にしまったといいます。

そして9月24日早朝、新政府軍による城山への最後の攻撃が始まりました。
西郷の選んだ道、それは部下たちと突撃することでした。
そして・・・被弾!!
倒れた西郷を桐野が介錯しました。
その後、桐野も西郷の後を追うように戦死しました。

西郷隆盛の死によって、7か月にも及んだ西南戦争は幕を下ろしました。

西南戦争は何をもたらしたのか??
いくら士族集団が精鋭を揃えていても、武器を持っていても、最終的に近代戦では勝てない・・・。
士族の退場がどんどん促されていきます。
国民軍に転換していく大きなきっかけとなりました。

西郷の死は・・・??
西郷は、西南戦争で悲劇的な死に方をします。
元々西郷は国民的人気があった上に、レジェンド・・・伝説になっていく。
昔から国民に愛される条件がそろっていました。
西南戦争が終わると、西郷はなぜか反政府の英雄となっていました。
虚像を庶民が作り上げて、「西郷さん」という親しみを込めて呼び始めることで、だんだんと国民的な英雄になっていくのです。

西郷隆盛はすべての期待の星・・・
政府に対して物申したい人にはそのことに対する象徴。
自由を言いたい人も、西郷さんを担ぐ。
多くの立場の人が、西郷隆盛こそ英雄というのは、未完であるための一つの結果です。
いろんな人が、西郷に自分の思いをかき込むことができる・・・。

サムライが大きな顔をしていた封建体制が、西郷軍の敗北で終わり、それに伴い中央集権国家が成立しました。
そして・・・仁義に忠実な武士道精神が滅んでいくようになるのです。
日本人の在り方が、この戦争による西郷軍の敗北で消えていく・・・合理的なものの見方が幅を利かせていく時代になっていくのです。

南洲墓地・・・西南戦争で命を落とした薩摩軍の将兵2023人が葬られました。
サムライたちの魂を導くようにそびえる西郷の墓・・・
その傍らに、寄り添うように桐野利秋が眠っています。

西南戦争のあと、政府内で確固たる地位を築いた山縣有朋は、軍の強化に邁進します。
「軍人勅諭」には・・・
軍人が絶対な忠誠を誓うのは天皇ただ一人。
国家の危機に際しては、進んで命を投げ出し犠牲となることが理想とされました。
徴兵制による国民軍の成立によって、諸外国と戦う準備を整えた日本・・・
この後、山縣ら軍の首脳部は、日清、日露の戦争を主導していくこととなります。

ラストサムライ・・・西郷隆盛の死を超えて、富国強兵への道をひた走った日本・・・
近代国家となるために何を得、何を失ったのか?
その問いは、今の私たちに突き付けられています。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

明治維新という過ち・完結編 虚像の西郷隆盛 虚構の明治150年 (講談社文庫) [ 原田 伊織 ]

価格:928円
(2018/12/18 08:32時点)
感想(1件)

明治維新とは何だったのかーー世界史から考える【電子書籍】[ 半藤一利 ]

価格:1,620円
(2018/12/18 08:33時点)
感想(0件)

大政事家大久保利通 近代日本の設計者 (角川文庫 角川ソフィア文庫) [ 勝田政治 ]

価格:950円
(2017/8/4 06:12時点)
感想(0件)



明治4年(1871年)7月14日、日本史上屈指の大改革が断行されました。
およそ、270年にわたり地方の領主だった藩が姿を消し、中央政府が治める県が置かれました。
廃藩置県です。
これにより、日本の政府権力は中央政府に一極集中することになりました。
この廃藩置県は、藩主への事前通達はなく、僅か6日の間に実行された電撃作戦でした。
実行の最後の決断をしたのが、維新三傑のひとり・大久保利通でした。
しかし、大久保は廃藩置県をするかどうか、最後まで悩み続けていました。
出来たばかりの明治政府は、経済力、軍事力ともに決定的に不足し、成功させる実力がなかったのです。
無理矢理断行すれば、諸藩は反発・・・日本は再び血みどろの内戦状態になるかもしれない・・・
躊躇すれば・・・海外からの脅威に立ち向かえないかも・・・??
どちらをとってもいばらの道でした。

薩摩藩、長州藩を中心とする新政府軍と旧幕府軍が戦った戊辰戦争・・・。
およそ1年半の激戦の末、新政府軍が勝利を治めました。
幕府に代わって新しい国づくりを担うこととなった新政府軍の中心となったのが薩摩藩だった大久保利通でした。
その真っ先の課題は・・・中央政権でした。
アジアでの西洋列強の植民地化から日本を守るために、天皇のもと、国を一つにまとめる必要があったのです。
しかし、大久保の前には大きな壁が。。。全国に270あまりある藩でした。
それぞれの藩は、財力や兵力をそれぞれ保有し、それらはすべて藩主のものでした。
中央集権を推し進めるためには、財力や兵力を新政府に集めなければなりませんでした。
長州藩出身の木戸孝允と共に出した案は・・・
版籍奉還(版・・・土地、籍・・・人民)・・・まずは、土地と人民を天皇に返上させようと考えました。
しかし、版籍奉還は、藩主にとっては、既得権を喪失すること・・・諸藩が素直に応じる保証はない・・・。
大久保出身の薩摩藩の反応次第では、血みどろの戦いになるかもしれない・・・。

薩摩藩は、集成館事業を行っていました。
当時の日本の最先端の軍事工場で、大量の木炭を燃料に、大砲づくりを行っていました。
西洋式の産業技術を研究し、大砲や火薬の製造、軍艦の整備なども行っていました。
その結果、薩摩は明治に入っても、強大な軍事力を持っていたのです。
もし明治政府の強引な政策に薩摩が反発すれば・・・またもや戦乱に??
たくさん残る氏族の不平が反乱の元になる事を新政府は恐れていたのです。
薩摩をはじめとする諸藩を刺激せずに穏便に改革を進めるためにはどうすれば・・・??
土地と人民を返上させ、再交付をにおわせることにします。
さらに土地と人民の返上を迫られる藩主には、魅力的な役職を・・・知藩事です。
天皇が任命する地方長官のことで、地方を支配する権限はこれまでと変わらない上に、天皇のお墨付きが就くので、大きな名誉なことでした。
大久保たちの狙いは見事に当たり、版籍奉還に魅力を感じた藩主たちはこれに応じるのでした。
その結果、大きな反発もなく、土地と人民は天皇が所有するものに。。。
大久保たちは、少しずつ江戸時代からの地方のあり方を変更し、中央集権の第一歩に成功したのでした。

政府の発言力を強め、影響を全国に及ぼすためには、強力な後ろ盾が必要・・・!!
大久保は、薩摩藩の力に目をつけます。
カリスマ的な西郷隆盛、藩に絶大な影響力を持つ島津久光。。。
二人を新政府に参画させようと試みました。

1870年1月、大久保は、自ら説得のために鹿児島へ・・・
逆風は覚悟していたものの、新政府への風当たりは予想以上のものだったのです。
久光の説得は難航・・・政府の中央集権に協力すれば、県独自の力が失われてしまう・・・。
久光は、大久保の意見に全く耳を貸しませんでした。
親友・西郷隆盛に至っては、大久保たち新政府を痛烈に批判!!
西郷は、政府の腐敗ぶりに不信感を抱いていたのです。
高額な月収を取り、かつての大名屋敷に我が物顔で住んでいるが、何の成果も揚げていない・・・これでは、泥棒と同じである・・・と。。。

地方のやり方を重視する側からみると、政府のやり方は間違っているのではないのか・・・??
天候不順の上に、政府は財源確保のために、容赦のない取り立てを行っていました。
ふるさと薩摩の痛烈な拒絶・・・
そこで、強制的に藩制を制定。。。
財政のうち・・・10%=知藩事の給料
         18%=軍事費(うち9%は政府に上納)
         72%=藩の運営経費
政府の統制を強化しようとしたのです。

ところが・・・激しく拒絶したのは薩摩藩でした。
薩摩の代表は、鹿児島へ帰ってしまいます。
更に大事件が・・・薩摩藩士の横山安武が、政府の批判を書状に認めて自害!!
これが世間を騒がせ、さらに政府への風当たりがきつくなります。
そして、国外にも衝撃を与えます。

大久保は、再度薩摩藩を説得しようと試みます。
1870年12月、再び鹿児島を訪れます。
さらに関係は悪化していました。
ところが・・・薩摩藩は意外な・・・政府への協力を約束したのです。
西郷隆盛の新政府への参画、3000人の薩摩藩士族たちが御親兵として供出されることが決まりました。
どうして薩摩藩は態度を変えたのでしょうか??
御親兵・・・御親兵の生活費は、政府が保証することで、薩摩藩の財政負担が軽くなったのです。
戊辰戦争から帰ってきた士族たちは、やることもなくくすぶっていました。
彼らに新しい役割を与えると・・・沈静化もされる・・・一石二鳥のことでした。
大久保は、政府と薩摩藩双方に、メリットのある方法を見つけ出したのです。
薩摩藩の協力を得た新政府は、中央集権化に向けて大きな力を得ることに成功したのです。

強力な後ろ盾を得たにもかかわらず、なかなか先に進めません。
中央集権に向けての改革と関係のないところで、大久保と木戸が激しく対立。
大久保は、政府の組織改革を提案・・・しかし、木戸は大久保の案を激しく批判していたのです。
その上、政府の人事案においても二人は対立!!
度重なる対立に、大久保は爆発寸前・・・!!

「動かすべきを動かさずして、動かすべからざるを御動かし、ムチャクチャの御裁断
 なにぶん今日の姿にては、奮発する気も全く失せ果て申し候」

両者の対立はひと月ほど続き、政府は分裂の危機を迎えていました。
その結果、中央集権に向けた改革は置き去りにされてしまいました。

そのことで、大久保が追いつめられる悪循環が発生します。
軍事運営の現場に近い中級官僚による突き上げが始まったのです。
彼らは、政府内の混迷で中央集権が棚上げされることで、軍事・経済の改革が止まることに危機感を強めていました。
今すぐに廃藩置県を断行しなければ・・・!!
そうすれば、廃藩置県を行えば、中央集権が一気に進む??
もし、廃藩置県が断行されれば、藩は無くなりその兵力と財源は国のものとなる・・・これを天皇の命令の元に一気に・・・!!
木戸孝允、井上馨がこれに共鳴!!
そして、まさかの西郷隆盛までもが廃藩断行に同意したのです。
中央集権が足踏みのまま、現状でいる事には西郷も限界を感じていたのです。

「私情においては忍びがたいが、廃藩は天下の世運であり、この流れは最早、人の力では止めることができない」

木戸と西郷、廃藩断行に同意し、残るは大久保のみ・・・
西郷は意見を求めますが・・・ゆっくりと慎重に進めるべきだと考えて来た大久保にとっては、青天の霹靂でした。
どうする・・・??

中央集権が進まぬ今、無策でいては、国の存続すら危うくなってしまう・・・!!
大久保はついに決断します。
「篤と熟考 
 今日のままにして瓦解せんよりは、寧ろ大英断に出て瓦解いたしたらん」
大久保は廃藩置県断行に同意する決意を固めたのです。
7月9日・・・早速断行に向けた密議が・・・出席者は、大久保をはじめとする薩長出身の一部の官僚たちでした。
この計画は、明治維新に貢献のあった諸藩や岩倉具視にさえ知らされることはありませんでした。
実行に当たっての懸案事項は・・・諸藩からの反発!!
井上馨は・・・
「多少の動揺はあると覚悟せねばならぬ
 その時は、兵を用いる必要が生じるかもしれない
 その覚悟はよろしいか」
西郷は・・・
「兵は、我々が引き受ける」
場合によっては血が流れても仕方がない・・・軍事力の行使もやむ負えない・・・。
大久保も不退転の決意で大改革に臨むことになりました。

1871年7月14日、諸藩の知藩事に対し、廃藩置県の勅令が下ります。
天皇の命令という強制力を伴った通達でした。
その結果、全国に260余りあった藩はすべて廃止・・・。
県が置かれることになりました。
密議からわずか6日・・・疾風迅雷のごとくの電撃作戦でした。
急転直下の改革劇に諸藩は・・・??

大久保たちの心配をよそに・・・反発は起きませんでした。
どうして廃藩置県を素直に受け入れたのでしょうか??
廃藩を積極的に受け入れた藩もあったのです。
七戸藩は・・・東京からはるか遠方にあり、不毛の土地がおおく、年貢もあまり集まらない・・・。
このうえは七戸藩を排し、他藩の管轄下に入れて欲しかった。。。
廃藩置県になると、借金は国が肩代わりしてくれました。
抵抗があったものの・・・名より実をとった藩が多かったのです。
廃藩置県を受け入れると・・・知藩事は収入が保障され、安定した生活が得られます。
華族の称号が与えられる・・・武士から見たら、憧れの公家と同じ称号がもらえる。。。
反対する理由はありませんでした。
渡りに船だった可能性も・・・??
多くの知藩事たちが、廃藩置県を厳粛に受け止めるように藩士たちに説いています。

私情を捨て、日本という国に報いる・・・
明治の人は流血を避け、中央集権を成し遂げる重要性を一人ひとり深く理解していたのです。
大久保は、この時の心境について何も残していません。
この反応をどのように受け止めたのでしょうか??
明治政府は悲願だった中央集権の実現に成功し、これを足掛かりに地租改正、徴兵令と、改革が進み、日本の近代化が一気に幕をあけます。



↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

大久保利通と明治維新 (歴史文化ライブラリー) [ 佐々木克 ]

価格:1,836円
(2017/8/4 06:12時点)
感想(0件)

近世日本国民史 明治三傑 西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允【電子書籍】[ 徳富蘇峰 ]

価格:540円
(2017/8/4 06:13時点)
感想(0件)

レンズが撮らえた幕末明治の女たち

新品価格
¥1,728から
(2017/2/18 06:03時点)



かつてアメリカでBrilliant Womanと呼ばれた女性がいました。
彼女の生きた時代は文明開化に沸く明治初期。
陸蒸気にガス灯・・・急速に進む西洋化。
その象徴として作られたのが鹿鳴館でした。
毎夜行われる舞踏会・・・そこで鹿鳴館の華と言われたのが陸奥亮子でした。
夫は剃刀大臣と言われた陸奥宗光。
日本政府の悲願、不平等条約改正を成し遂げた第8代外務大臣です。

東京銀座七丁目・・・金春通り。
かつてこのあたりは弁柄格子の芸者屋が軒を連ねる花街でした。
幕末には武士達、明治維新後は新政府高官が御贔屓。
深川・柳橋をしのぐ勢いだったとか・・・
そんな花街の売れっ子芸者が亮子でした。
彼女が芸者となったのは貧しさゆえでした。

亮子は幕末の1856年11月、江戸に生まれました。
父は播磨国龍野藩の200石取りの藩士・金田蔀、母・添機。
しかし、母が金田の正妻でなかったために、亮子たちは父と暮らせず、母、姉の三人で貧乏に暮らしていました。
昼は町家の娘に踊りを教え、夜は裁縫・・・
生活のために、母は必死で働きましたが、ついに倒れてしまいました。
亮子は江戸藩邸に住む父に懇願します。
しかし、亮子たちが父からの援助を受けることはありませんでした。
母の病は一向に回復せず・・・困窮していく一家三人・・・。
見かねた近所の人が亮子の勧めたのが、芸者屋への年季奉公でした。
9歳と幼い亮子でしたが、来る日も来る日も、掃除洗濯、炊事とこき使われ・・・その合間に、踊り、三味線、江戸小唄などを叩き込まれます。
芸事の師匠たちは気が荒く、怒られたり竹の棒でたたかれたり・・・
それでも母と姉のために、亮子は耐えました。
そして時代は明治に・・・1871年(明治4年)。。。
16歳となった亮子は芸者・小鈴としてお座敷デビューします。
小鈴の名は、その美貌と共に知れ渡り、瞬く間に銀座一の芸者に・・・。
しかし、花街に染まることはなく、身持ちが固く、男嫌いの意地を通しました。
そんな彼女がただ一人心を許した相手は・・・後に外務大臣となる陸奥宗光でした。
陸奥は、1844年、紀州藩士の六男として生まれますが、15歳で脱藩。
江戸に出ると幕臣・勝海舟の知遇を得て、坂本龍馬の海援隊に加わります。
貿易で手腕を発揮する陸奥を龍馬は高く買っていました。
「(刀を)二本差さなくても食っていけるのは、俺と陸奥だけぜよ」by龍馬

明治になると・・・陸奥は、新政府の重鎮・岩倉具視の推挙の世って、外国事務局御用掛となります。
当時、日本は大きな外交問題を抱えていました。
幕末に結んだ欧米との不平等条約の改正に苦心していました。
治外法権の撤廃、関税自主権の獲得・・・それが、明治政府の悲願でした。
海援隊時代に貿易を担当して交渉になれていた陸奥は、政府の期待の星だったのです。
亮子と出会った頃、陸奥は神奈川県令となっていました。
上客のひとりとなった陸奥・・・男嫌いで身持ちの堅い亮子・・・
1872年5月二人は結婚。
この時、陸奥29歳、亮子17歳でした。

陸奥は亮子と出会う3か月前に前妻を亡くしていました。
3歳の広吉、2歳の潤吉という二人の子供がいました。
結婚の翌年、亮子は長女・清子を出産。
18歳にして3人の子供の母となったのです。
さらに陸奥の両親とも同居。
姑は気難しく、元芸者の亮子を気に入りません。
特に食事の作法、味付けにはうるさかったとか・・・。
ひたむきに尽くす亮子ですが・・・順調に出世していた陸奥が投獄されてしまいます。
1874年1月、新政府の状況に不満を抱いていた陸奥は、辞職し野に下ります。
薩長が幅を利かせている新政府では、紀州藩の陸奥は肩身の狭い思いをしていました。
日本人という観念だった陸奥・・・薩長が政治を独占しているので、政治が滞っていたのを厳しく批判しています。
1875年政府に戻りますが・・・元老院議官という有名無実なポストでした。
そんな中、西南戦争が勃発!!
鹿児島の私学校の生徒が、西郷隆盛を擁して挙兵!!
薩摩対官軍の1万人以上の死傷者を出す大激戦となりました。
この西南戦争に乗じて土佐の立志社も挙兵を企てているという噂が・・・立志社は、板垣退助を中心とする自由民権運動の政治結社です。
そこに、陸奥も通じていたのです。
立志社社員たちが次々と逮捕されている中、捜査の手は陸奥にも・・・!!
今日か、明日か・・・??ついに・・・
1878年6月10日、立志社の政府転覆計画に加担している疑いで逮捕されてしまいました。

夜を徹して厳しい尋問が行われていると・・・
陸奥は、結核を患っていたので、いつ、再発してもおかしくありませんでした。
尋問は夏になっても続きます。
陸奥が禁固5年の計を受け、山形監獄に送られた後も、亮子の心労は尽きません。
食事に毒を盛られるのではないか・・・??

そのため、陸奥は、監獄の食事にはほとんど手をつけませんでした。
山形の知人が差し入れるものを食べていたのです。
収監された翌年、もちと黒砂糖が振る舞われたときも、周りの囚人たちが食べて、毒がないのを確認してからようやく手を付けたと言います。
この時、亮子は子供三人と姑を抱え、東京で陸奥の友人宅に世話になっていました。
女子供では危ないということで、あらかじめ、陸奥が手配していたのです。
姑と子供たちの面倒を見ながら、日用品を送る日々・・・
しかし、山形は遠く、面会に行くことはできません。
結婚して6年・・・夫のいない生活をどう生きていくのか・・・??
それを支えたのは、夫からの獄中からの手紙でした。

亮子は知人の紹介で出会った後藤又兵衛に陸奥の世話を頼みます。
山形監獄の近くで旅館をしていた後藤は、食事や日用品の差し入れなど、陸奥の世話をしてくれました。

そんな中、監獄で火災が発生!!
亮子のもとに、陸奥が焼死したとの知らせが・・・!!
しかし、これはデマで・・・1879年11月、伊藤博文によって、安全な宮城監獄に移送されました。

1883年1月4日、特赦で放免される陸奥。8か月の刑期を残してのことでした。
帰ってきたとき・・・ひどくやつれ・・・しかし、僅か1年で亮子に家族を託し外遊に・・・!!
その理由は・・・
①自由民権運動に巻き込まれるのを避けるため
②欧米諸国の憲法や行政を学ぶため
2年5か月もの外遊・・・その間陸奥は、亮子に50通以上の手紙を認めています。
ついに夫が帰国!!
初代内閣総理大臣に就任していた伊藤博文の知遇を得て外務省に出仕。
それに伴い、亮子は華々しく社交界にデビューします。

その3年前に1883年、国賓や外交官を接待するために、日本初の迎賓館・鹿鳴館が完成。
外務卿である井上馨が日本政府の悲願である不平等条約改正に向けて国の威信をかけて作りました。

鹿鳴館で夜ごと開かれる舞踏会で、主役はきらびやかに着飾った女性たちでした。
当時のドレスは・・・バッスルスタイル。
見た目は優雅ですが、コルセットなどつけたことのない日本人にはとても窮屈なもので、動くたびに苦痛が伴いました。

欧米人に嘲笑されながらも、鹿鳴館の華と言われた女性たちもいました。
井上武子、戸田極子、陸奥亮子もその一人でした。
イギリスの外交官アーネスト・サトウは・・・
「陸奥の二度目の夫人は、若くて大変な美人。
 涼しい目と素晴らしい眉だ。」
サトウは25年間、日本にいましたが、容姿を褒めた女性は亮子だけです。
しかし、舞踏会が条約改正につながることなどなく・・・鹿鳴館を舞台にした井上の外交は、西欧諸国の顔色を窺うだけの媚態外交と言われるまでに・・・
1887年井上馨外務大臣を辞任。
鹿鳴館も、国辱的建物として歴史の表舞台から消えていきました。

鹿鳴館外交失敗の代わりに、条約改正の大役を任せたのが陸奥宗光でした。
1888年5月20日、陸奥宗光は特命全権公使としてアメリカ・ワシントンに赴任することに・・・。
その使命は、日本の悲願である不平等条約の改正でした。
治外法権の撤廃と関税自主権の獲得でした。
亮子は長女の清子を伴い宗光について渡米!!
ワシントンに着くや否や、当時のクリーブランド大統領に謁見。
特命全権公使妻としての生活が否応なしに始まりました。
公使館では夜ごとパーティー。要人の訪問は、数か月で1200回!!
精力的に社交活動を行う亮子。
ドレスを着こなし、その気品ある姿は若々しく・・・娘とは姉妹のようだったと言います。
現地の新聞にも・・・陸奥夫人は、最も美しい日本人女性と書かれました。
亮子は人気者となり、国務長官や政財界の名だたる家々に招かれます。
しかし、亮子がアメリカでもてはやされたのは美しかっただけではなく・・・その教養からでした。
新聞を隅々まで読み、読書を欠かさず・・・
陸奥は、近いうちに自分が政治の要職に就くであろうと思っていました。
なので、亮子に社交界に出ても引けを取らないように、多くの教養を身に着けさせようと思っていたのです。
宗光の期待に応えようと、一生懸命勉強の日々を送っていたのです。
①完璧な英語を習得していた。
②日本の文化の奥深さを紹介した。
琴を披露し日本の魅力をアピール、日本の文学も英訳。。。
毎日2時間英訳をしていたそうです。
日本が文明後進国でない事・・・日本が外国と対等に渡り合えるということを証明しようとしていました。
日本公使館の内装も、和装にし、日本をアピールしていました。

まさにbrilliant!!
当時のアメリカの新聞でも絶賛され、社交界の華となっていきます。
陸奥は、条約改正に向けて、盛んに駆引きをしていました。
1888年、メキシコと対等な修好通商条約を締結。
日本にとって初めての対等の通商条約となりました。
帰国後・・・第二次伊藤博文内閣外務大臣となった陸奥は・・・
1894年イギリスとの条約改正に成功!!
これを突破口に、アメリカ、ロシア、ドイツ、フランス・・・と、条約改正を実現!!
不平等条約を結んでいた15か国すべてと条約改正を成し遂げることとなります。

夫婦は道連れの旅人・・・亮子は夫を支え続けたのでした。
1895年6月、亮子38歳・・・
高熱を出して倒れた宗光の療養のために、大磯の別荘に移り住みます。
陸奥は、その翌年に外務大臣を辞任。
波乱にとんだ亮子の人生で初めての穏やかな時間でした。
夫と二人、ハワイでも療養・・・しかし、陸奥の体調が回復することはなく・・・
1897年8月24日、54歳で亡くなります。
そして陸奥の死からわずか3年、亮子は後を追うように亡くなります。
1900年8月15日、45歳という若さで下。

陸奥は遺書を残しています。
「お国のために尽くすことだけを考えていたので、財産というものを残してやれなかったが、 多少の遺産を残すことができたのは、内助の功によるものが少なからず。」

そこには亮子に対する深い感謝と愛情があるように思います。
強く美しく前を向いて・・・愛する夫を支えたいという純粋な気持ちだったのでしょう。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

幕末明治 時代を変えた女たち

女たちの明治維新 (NHKブックス)

新品価格
¥1,026から
(2017/2/18 06:04時点)

警察手眼 (NDL所蔵古書POD)

新品価格
¥1,296から
(2016/7/7 05:28時点)




全国に26万人いる警察官。
警視庁は、東京都を管轄する警察組織です。
警察は、我々の安全と秩序を守ってくれます。
が・・・現在の組織になったのは、今から150年前!!
しかし、警察官として最初に採用されたのは、博徒などのならず者や浪人たちでした。
悪化していく東京の治安に西郷隆盛が採った策とは・・・??
西郷から治安維持を任せられたのは、川路利良でした。

江戸時代の治安は、町奉行・与力・同心・岡っ引きなどによって守られていました。
しかし、江戸幕府が崩壊し、明治となると・・・
江戸は東京となり、近代化を推し進める新政府は、旧幕府の制度を廃止していきます。
そんな中、町奉行所までもが消滅し、東京の治安は悪化の一途をたどっていました。

1870年イギリス人暗殺事件が起きて・・・町奉行所に代わるものの必要性を感じた政府。
この時、首都の治安を任されたのが、新政府の重鎮・西郷隆盛でした。
西郷はどのようにして治安回復を行ったのでしょうか?

まず、薩摩藩などから兵を出させ、市中の取り締まりをする”取締”という役職を作ります。
しかし、つきたがる者もなく・・・人数合わせのための博徒や浪人などが含まれていました。
治安を守るどころか、権力を振りかざすようになる取締・・・益々治安が悪くなっていきます。

ヨーロッパ留学から帰国した弟・従道。。。
「フランスにはポリスっちゅうもんがありもうしてな
 こいはほんに便利なもんでごわした」
そして、ポリスは、市民の保護や町の警備、犯罪の摘発を行う仕事だと教えました。
西郷は、早急にポリス制度を導入しなければ・・・!!
1871年取締→邏卒とし・・・かつて武士で、のちに士族となった身元の確かな者たちを中心に採用することにしました。
この士族の起用には、首都を守る以外に、失業した武士の補償ということもありました。
この人事を任されたのが、役人だった川路利良でした。
1834年薩摩国にうまれた川路は、藩の与力として江戸勤番となりました。
様式の銃と出会い、西洋の兵器を学ぶようになります。
1864年禁門の変で功績をあげた川路・・・その後も西郷に引き立てられ、1871年には東京府典事に就任・・・西郷は恩人でした。

そんな西郷から川路は、邏卒候補を探してくるように命じられます。
「身体強健にて 品行方正な薩摩郷士1000人を鹿児島より徴集してくるように。。。」
そして、川路1000人、西郷が1000人の薩摩の下級武士を探し、他の藩の士族1000人と合わせて3000人が邏卒として集められました。
この時、江戸を守っていた与力や同心たちも採用されています。
1872年8月23日、邏卒は国の司法省管轄となります。
地方警察が、国家警察となりました。

「警察手眼」で川路は・・・
「警察とは、国家の治療薬であり良民を保護し、内国の気力を養うもの」としています。
そんな信念のもと、川路は、近代警察づくりに邁進していきます。

しかし、問題は山積み・・・

①邏卒内のいじめ
特に深刻だったのが、薩摩藩内での間でした。
邏卒の中には、薩摩藩時代の上級武士で、天皇の護衛だった近衛兵となっていた陸軍省のエリートも含まれていました。
しかし、その扱いは、下級武士出身の邏卒と同じものでした。
エリートだった邏卒は不満を解消するように、同じ薩摩藩の邏卒にいやがらせを繰り返します。
近衛兵に絡まれてもただただ我慢!!そうなると、近衛兵出身の邏卒たちは刀を振り回し始める始末・・・。
下級武士出身の邏卒たちはいつも泣き寝入り・・・
職を辞し、国に帰るものもいました。

川路は、再三陸軍省に掛け合いますが・・・埒があきません。
結局、非番の邏卒を見張りに回らせます。

②組織の改革
江戸時代は、警察機能と司法機能が同じ奉行所管轄でした。
そのため、警保寮も司法省のもとに置かれていましたが、それでは公平さが失われるということで、西洋と同じように、警察と司法の分離を主張!!
1874年警保寮は、内務省管轄の東京警視庁となりました。
これが本格的な日本の近代警察の誕生でした。

しかし、再び問題が・・・邏卒たちが次々と辞めていきます。
政府内で起きた征韓論が原因でした。

鎖国していた朝鮮に門戸を開かせようとする征韓派(西郷隆盛・板垣退輔・江藤新平)と反征韓派(大久保利通・木戸孝允・岩倉具視)らが対立!!
その結果・・・論争に敗れた西郷らが下野してしまいました。
これに伴い、西郷を慕う邏卒たちが次々と辞表を出していきました。

警察官のうちの1/6が辞職してしまいました。
この時、川路もまた下野するのではないのか??と言われていましたが、この後始末に奔走!!
すると、川路は西郷に世話になっておきながら、信義を知らぬ薩摩の面汚し!!と、たたかれることとなります。
しかし、川路は・・・
「ポリスは、人民を守るのが役目でごわす。
 政争の道具ではありもはん。」
強い意志で、理想を貫き警視長に就任!!

組織改革に全人生をかけるのです。
しかし、260年続いた江戸幕府の警察機能を、短期間で近代警察にかえることは並大抵のことではありませんでした。

東京警視庁は、新たに10の階級制度を設けます。
邏卒は巡査、4階級に分けられました。
当時の給料は、大警視の川路が350円。
一番下の四島巡査で4円でした。
川路はこの巡査に対する決まりを作っていきます。

警察手帳
日本最初の警察手帳は「手帳取扱心得」
明治7年8月巡査全員に配布され、常時携帯されることとなります。
その中には、所属と階級、氏名・・・紛失した場合は、厳しい処分が待っていました。
十手に変わって棍棒を採用!!
警部以上は刀を携帯できたのですが・・・これを、サーベルに替えます。
日本の近代警察を作っていきます。

町の治安を守る巡査は過酷・・・12時間勤務で、
昼番・午前8時~午後8時
夜番・午後8時~午前8時の二交代制。
警察署に当たる屯所と交番が勤務地でした。

その仕事内容は・・・
巡行・立ち番・待機でした。
巡行・・・屯所から出て交番までを30分間警邏する
立ち番・・・交番の前後左右100歩を1時間歩きながら警邏する
別の道を30分帰って・・・巡行後に1時間待機。
これを3人でローテーションでやるのです。
しかし、勤務が明けてもゆっくりと休みことが出来ず・・・1時間ごとに起こされます。
巡査たちは極度の睡眠不足に・・・!!
さぼるものも出てきました。
不正を最も嫌う川路は・・・
「夜も昼も眠ることなく、職務に専念せよ!!」
そして、巡査の不正を取り締まる見廻り役警部を作ります。・・・彼らはオバケと呼ばれ恐れられました。
「警察官は臨戦態勢を維持せよ
 寝ても覚めても警察官であれ!!」by川路

巡査の中には、昔の岡っ引きのような人もいました。
彼らは素行も悪く・・・同じように教育し、市民の信頼を得るために・・・!!
西洋との差を縮めるために・・・!!


文明開化は町に混乱をきたしていました。
明治になり郵便制度が出来、郵便箱が設置されます。
しかし、人々はこれをゴミ箱と勘違いし、ゴミを入れていきます。
これに対処するのが巡査でした。
裸同然で歩いている人、川にごみを捨てている人、家のカギを閉めていない人・・・注意しなければなりません。
新しい時代に翻弄される人々を指導しました。


川路率いる東京警視庁が、本格的に活動しだしたころ・・・不平士族の反乱がおきます。
江藤新平の佐賀の乱を皮切りに、不平士族の反乱がおきたのです。
どうしてこのような反乱が・・・??
江戸時代の武士は、藩から俸禄を得て暮らしていました。
しかし、明治となると、大名や武士階級が廃止され、大名を華族に、家臣を士族としました。
1187年3月、節の魂である刀を取り上げる廃刀令を発布。
8月にはそれまで保証されていた俸禄まで無くしてしまいました。

当時、明治政府は、公家、大名、武士たちに旧来通りの家禄、維新の時の賞俸禄を支給していました。
しかし、国家財政への負担が多く・・・秩禄処分にし、一定の額のみの支給としたのです。
収入が急になくなる・・・多くは警察官となりますが、あぶれていきます。
商売は全く上手くいきません。
武士としてのプライド、特権を失った人々・・・明治維新のために戦ったのに・・・どうして!!
旧官軍の間で反乱が各地で起こります。

各地で起きた不平士族の乱に立ち向かったのが、川路率いる警察官たちでした。

西郷は鹿児島に戻り、私学校を開いていました。
そんな西郷もまた・・・1877年2月15日教え子たちに担がれて蜂起!!
西南戦争勃発!!
この時内務卿の大久保利通は、すぐさま川路に鎮圧にあたらせます。
警察のトップだった川路は、陸軍少将も兼任し、陣頭指揮を執ることとなります。
しかし・・・大きな恩のある西郷との戦い・・・!!
川路は故郷に帰るのでは・・・??
「私情においては、まことに忍びない事であるが、国家行政の活動は1日として休むことは許されない。
 大義の前に、私情を捨てて、あくまで警察に献身する。」by川路
警察官として西郷とたたかう道を選ぶのでした。

そんな川路の懸念は・・・??
反乱軍は、示現流の使い手が多く、戦いにも慣れている・・・
刀を抜いて襲い掛かってくるはず・・・
武士出身の警察官はともかく、陸軍は農民出身者が多く・・・刀の使い方には不慣れでした。
戦いが始まると、川路の不安は的中!!
反乱軍に圧倒され、陸軍は次々と敗走!!
このままでは負ける!!
指揮官・川路は危機!!
そこで新兵力・警察抜刀隊の編成でした。
目を付けたのが、東北の士族たちでした。
旧会津藩士などを警察抜刀隊に採用し、復しゅう心を利用しました。
命を懸けて西南戦争に立ち向かっていく警察抜刀隊!!

川路も別動隊を率いて戦います。
3月20日、追い込まれた反乱軍は総崩れ・・・
9月24日、西郷隆盛が自刃するのです。
西南戦争は、政府軍の勝利に終わりました。
川路は、勲二等日重光章を授与されます。
しかし、同じ薩摩藩士を死に追いやった大久保と川路に対する非難の声は、世間はもとより政府内にあっても厳しいものでした。
しかし、誰よりも悲しんでいたのは自らの手で朋友・西郷を葬ってしまった大久保利通と恩をあだで返した川路達自身でした。

川路の生家が暴徒化した民衆によって打ち壊され、川路の親族というだけで親類たちが7人も殺され、首を晒され・・・川路は人知れず泣いたと言います。
1878年5月14日大久保暗殺!!
政府のトップが殺されたという非難は、あらかじめ暗殺に対する備えがなかったということで川路に・・・!!
すり減る川路の神経・・・
大久保の葬儀が終わると、新しい内務卿・伊藤博文に辞表を提出するものの・・・却下されてしまいました。

大警視となって5年目の1879年、川路は再びフランスへ・・・
西南戦争後の警察制度の再警備に向けて・・・!!警察官僚の育成方法を学ぶために・・・!!
しかし、心身ともに疲弊しきっていた川路は、病にむしばまれていました。
わずか4か月で無念の帰国・・・。
その5日後、川路は46歳という若さでこの世を去るのです。

人民の秩序と安全を守る優秀な近代警察を作る・・・
命がけで全うしようとした川路・・・その警察人生はわずかに8年間でしたが、その情熱と功績は計り知れないものがあります。

警察手眼に書かれています。
「警察官の精神は全て、人々を慈しみ援助すること以外にないであろう。」
「人民と接するときは、まるで子供に接するように懇切に徹しなさい。」
それは、川路がパリで観た理想の警察官の姿でした。



↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

大警視・川路利良―日本の警察を創った男

中古価格
¥980から
(2016/7/7 05:28時点)


警察を読む、警察を観る この警察モノが面白い!【文春e-Books】






このページのトップヘ