日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:本能寺の変

500円クーポン発行中!大河ドラマ 利家とまつ 加賀百万石物語 完全版第壱集 DVD-BOX 全7枚セット

価格:19,440円
(2018/11/19 23:23時点)
感想(1件)



戦国時代、戦いに明け暮れ野望と裏切りが渦巻くイメージですが、天下への野心よりも、家族や親友との絆を大事にし、生き抜いた武将がいました。
前田利家です。
利家とまつは、戦国一のおしどり夫婦と言われ、加賀100万石の礎を築いていきます。
しかし、その道のりは決して平たんなものではありませんでした。

戦国指折りの勇敢さで知られる前田利家・・・
しかし、気が短く、我を忘れる欠点がありました。
怒りのあまり、主人の前で人を切り殺してしまうことも・・・!!
しくじりばかりだった若き利家・・・しかし、周りの人望を集め、大名として加賀100万石の礎を築いていきます。

そんな利家を支えた3人は・・・??
最強の上司・織田信長、風雲児だった信長は、型破りな利家を可愛がりました。
そして一国一城の主となってからは、信長に倣って豊かな国づくりを推し進めていきます。

最愛の妻・まつ、敵の大軍を目の前にしてしり込みする利家を叱ります。
時には夫の代わりに自ら交渉・・・その内助の功とは・・・??

そして親友・豊臣秀吉。
秀吉は、貧しい時代から苦楽を共にした仲間で、家族ぐるみの付き合いでした。
利家は、そんな親友と天下を争うのではなく、あえて家臣の道を選びました。
秀吉も、利家こそが最も大切な家臣と認めていました。
豊臣政権のナンバー2として、加賀100万石の豊かさと華やかな文化の礎を築いた前田利家。
しかし、秀吉の死後、巨大な敵が現れます。

織田信長に仕えた十代の頃、利家は手の付けられない乱暴者でした。
派手な身なりで町を練り歩き、喧嘩となれば喜び勇んで駆けつけます。
利家たちは傾奇者と呼ばれ、周りからはみ出し者として白い目で見られていました。
そんな利家が、天下統一を目指す信長の家臣として活躍、慰霊の大出世を果たしていきます。

1537年、前田利家は尾張国・荒子村の領主の四男として生まれます。
幼名は犬千代。
1551年、14歳の頃、尾張の大名・織田信長に仕えることになります。
暴れ者の利家にとって、戦は格好の場でした。
初めて戦場に出たとき・・・初心者は先輩武者がつきっきりで指導することになっていました。
しかし、利家は先輩の指導を無視し、真っ先に敵陣に斬り込んで首をとってしまいました。
これに驚いた信長は、「肝に毛が生えているようじゃ」と言ったといいます。
以来、利家は戦に出るたびに、武勇伝を作っていきました。
身長182センチで筋骨隆々の利家は、それまでの倍の6メートルを超える槍を自在に操り、”槍の又左”と恐れられました。
そんな利家を信長は、幼名の犬千代から犬、犬!!と、可愛がったといいます。
信長は、部下をよく見ていました。
利家は自分と同じやんちゃなところのあるタイプを見て、面白い男だと思ったのです。
そして利家には「信長様だから、俺を使ってくれる」という強い信念がありました。

1558年、21歳の時に結婚。
相手は、9歳年下のまつでした。
利家とまつは幼なじみで、幼くして父を亡くしたまつは、4歳の頃前田家へ。
乱暴者の利家でしたが、いつもまつのことを気にかけていました。
利発でお転婆なまつと利家は相思相愛だったといいます。
結婚の翌年には長女が生まれ・・・何より利家は家族を大切にしました。

そんな幸せからどん底に落ちたきっかけは、髪をかく道具”笄(こうがい)”でした。
ある時、利家の笄を、信長に仕える茶坊主が盗んだのです。
利家は信長に処分を願い出ます。
しかし、信長は些細なことから茶坊主を処分せず、それどころか仲間からは・・・

「たかが髪かき道具一つ、傾奇者のくせに情けない!!」

と噂され、遂には盗んだ茶坊主にまで馬鹿にされてしまいました。

「なぜ、盗まれた自分が笑い者にされねばならぬのか??理不尽な!!」by利家

遂に利家は、信長の前で茶坊主を斬ってしまいました。

余りの乱暴ぶりに怒った信長は、
「犬を討て!!」
死罪にしようとします。
その後、家臣の懸命の嘆願で死罪は免れたものの、利家は織田家から追放されてしまいました。
浪人となった利家は、家族を残し、一人放浪生活・・・
食べ物を得るのも一苦労・・・この頃の生活が、利家の金銭感覚に大きな影響を与えました。

「ともかく金を持てば、人も世も恐ろしくは思わないものだ。
 金がなければ、世も人も恐ろしくなるものだ。」by利家

なんとか信長の家臣に復帰したい信長・・・しかし、おいそれと許してくれるはずもない・・・
利家は驚くべき行動に出ます。
勝手に戦場に出て、織田軍として戦ったのです。
ここで利家は、敵方の強者の首をいくつもとり、大手柄をあげます。
当時、名誉挽回の近道は、戦で目覚ましい働きをすることでした。
利家は、体を張って信長の信頼を得、家臣に復帰したのです。

この頃利家は、生涯の親友と出会います。
織田家の家臣となっていた後の豊臣秀吉です。
年齢も近い二人はすぐに意気投合!!
秀吉とおねの仲を取り持ったのは、利家とまつだったともいわれています。

1569年、32歳の時、前田家の当主だった兄が隠居、兄が次の当主に義理の息子を指名しましたが、それに信長が”待った”をかけます。
「利家という実弟がおるであろう。
 利家に譲るがよい」by信長
この一言で、当主は利家に決まり、祝の席が設けられました。
この時、利家の武勇を褒めていた客人たちが、そんな利家を蔑ろにするとは・・・と、兄の悪口を言いはじめます。
すると利家は、強い口調で言いました。
「兄を謗れることで称えてくれる心遣いはありがたいが、そのようなお世辞は無用にしていただきたい。」by利家
褒めたつもりの客人たちは、利家に唖然としたといいます。

この頃信長は、破竹の勢いで領地を拡大していました。
天下統一への道をひた走っていました。
1575年、38歳の時、長篠の戦い!!
最強の武田の騎馬隊を封じるには、膨大な鉄砲を用いて絶え間なく攻撃を仕掛けるしかない!!
この戦で利家は、戦術の要・鉄砲隊の指揮隊長を任されました。
信長の思惑は的中し、利家たちは大手柄を立て、戦を勝利に導きました。

1581年、利家44歳の時、これらの功績から能登国を与えられます。
はみ出し者が、信長に取り立てられ、一国一城の主にのし上がったのです。

1582年、45歳の時に利家に大きな転機が・・・主君・信長が、家臣・明智光秀の謀反に斃れたのです。
本能寺の変です。
仇である光秀を討ったのは、親友の秀吉でした。
秀吉はこの功績で、信長の後継者争いに躍り出ます。
裏切りが当たり前の戦場で、器用に立ち回る才能は利家にはありませんでした。
利家は秀吉から絶大な信頼を寄せられ、政権のナンバー2になるのです。
どうして右腕になり得たのでしょうか・・・??
信長の死後、後継者を決める清須会議が開かれます。
幼い跡継ぎを立て実質的な当主の座を狙う秀吉VSあくまでも織田家を守ろうとする柴田勝家・・・
両者は激しく対立します。
その間で板挟みになる利家・・・
勝家は利家の上司であり、かつて信長を怒らせてしまった時に死罪から救ってくれた大恩人、秀吉は親友・・・家族ぐるみの付き合いでした。
11人の子供を授かった利家とまつは、四女・豪を養女に出すほどでした。
恩義をとるか、友情をとるか・・・苦渋の決断でした。

1538年、46歳の時、賤ケ岳の戦い!!
悩んだ末に利家は、恩義をとり勝家側として出陣します。
ところが戦闘が開始すると、利家は戦場から撤退するのです。
自分の城に引きこもってしまいました。
勝家に味方するも、秀吉を攻めることができなかったのです。
利家の撤退により、一気に秀吉軍の優勢に傾きます。
結果、勝家は敗走!!

この時、秀吉は勝家が敗走する途中、利家の城に立ち寄っています。
利家にその本心を聞こうとしたのです。
しかし、利家は部屋に籠って出て来ません。
秀吉に会わせる顔がない・・・??
このままでは本当の敵となってしまう??
危機感を抱いたまつは、秀吉にこう言います。
「このたびのご戦勝、おめでとうございます。」秀吉の価値をたたえることで、利家が敵対したのは本意ではないと伝えたのです。
すると秀吉は、
「豪姫も立派に大きくなっておるぞ。」と、まつの想いに気付き、娘の話に花を咲かせます。
最後に秀吉は言いました。
「勝家を討つため、利家殿のお力添えをといただきたい。」by秀吉
まつはこの申し出を、利家に相談することなく承諾します。
そして、利家に勝家を討ちに出るように促したのです。

まつが、利家に対し、これからは秀吉と一緒に・・・むしろ、秀吉の下で働いた方がいいという・・・
女性の目でそれまでの秀吉の信長から抜擢された動きを見ていて、信念を持っていたのでしょう。
戦は、秀吉軍の圧勝に終わります。

1583年、46歳の時、二国(加賀・能登)を与えられ、居城を金沢城に移します。
最大のライバルを倒した秀吉は、残る敵対勢力と戦い、天下人への道を歩んでいきます。
秀吉に味方する利家にも戦いの火の粉は降り注ぎます。
秀吉の敵・かつての同僚・佐々成政が攻めてきたのです。
成政は利家とは何かにつけて反目していました。そう・・・笄事件の時も・・・!!
成政は、末森城を攻撃してきました。
積年の恨みを晴らすとき!! かと思いきや、利家が向かったのは机でした。
兵の数を計算します。
浪人時代にお金で苦労した利家は、大軍を動かすのにいくらかかるかを計算するのが常でした。
その間にも、成政の勢いで、末森城は落城寸前・・・!!
ところが、成政より兵の数が少ない利家は、ぐずぐずと計算するばかり・・・
遂にまつはこう叫びます。
「この度は、この金銀をお持ちになって槍をお突きになるのが良いでしょう。」byまつ
日頃、兵を蓄えるより蓄財に熱心だった利家・・・そんなに金銀が大事なら、金銀に槍を突かせたらよいでしょう。と、強烈な皮肉で尻を叩いたのです。
この檄で目を覚ました利家は、数で勝る成政軍をなんとか撃退し、城を守ったのです。
やがて、秀吉軍の火星に寄って、成政は降伏!!
夫の影日向となって働いたまつの愛情を、利家は裏切ることはありませんでした。
1585年、48歳の時、越中国を与えられ、三国を領有することとなった利家。
加賀100万石の礎となっていきます。
1590年、53歳の時、秀吉は関東を支配下に・・・天下統一!!
天下人となった秀吉は、益々利家を頼ります。
利家が任されたのは、主に大名間の調整役です。
利家は、裏表のない人物として、暑い信頼を寄せられていました。
秀吉配下の諸大名で、こんな会話がなされたといいます。

「位も石高も、利家は家康より低いけれども、5倍も人望があり、城中でも、道中でも、人々に敬われている。」

己の信じる道を進んできた利家の真っ直ぐな生き様が、秀吉政権の右腕として欠かせない存在となっていたのです。

現在でも名勝・兼六園、加賀友禅、輪島塗・・・見事な工芸品・・・北陸には加賀100万石の文化が息づいています。
その礎を築いた利家は、領国経営で卓越した手腕を発揮します。
加賀100万石の国づくりの秘密とは・・・??
1585年、48歳の時、利家は北陸3か国の強大な領地を得ました。
金沢に入った利家が初めに行ったのは・・・
「まずは、検地をおこなう
 そして、正確な石高を見定める」by利家
性格な検地こそ、領国経営の基礎。
これは織田信長を真似たものです。
前田利家は、経済の重要性をかなり認識していました。
前を走っていた、信長や秀吉を真似ています。
そして細かい検地をおこないました。
それを支えたのは、利家の得意・そろばんでした。
普段から携帯用のそろばんを持ち、米やお金の収支を計算していました。
そして、このそろばんを使う部署を作ります。
御算用場と呼ばれる経理専門の部署です。
最盛期には150人もの武士が、この加賀の経理を取り仕切りました。
年貢や支出を計算し、合理的な領地経営、無駄のない経営を行いました。

利家が経済に関心を持つようになったのは、浪人時代と言われています。
信長から追放され、酒を煽っては喧嘩の日々・・・ある時、熱田神宮の神職の基に身を寄せました。
神職に書庫に閉じ込められた利家は、こう言われます。
「強いばかりが人の道ではない。
 中国や日本の古い書物を読みなさい。」
このことがきっかけで本を読むようになり、国づくりに大いに役立てられました。
利家は後に勉強の大切さを述べています。

「武道ばかりを重んじてはいけない。
 文武二道の侍は まれだか よくわきまえて良いものを探し出しなさい。」by利家

本の重要性を終生持ち続けました。

信長に大きく影響を受けた利家の国づくり・・・しかし、信長を見習わなかったこともあります。
それは、家臣を監視する目付を置かなかったことです。
当時の大名家では、目付を置くことが当たり前でしたが、利家は家臣たちがお互いの監視をすれば疑心暗鬼になると、目付を置かなかったのです。
信長と同じく、家臣たちに強い忠誠心を望んだ利家・・・しかし、その方法は、信長とは真逆で、家臣たちに温かく接することでした。

利家は、自ら家臣たちに手紙の作法を教えます。

「どんな書状でも、筆先で相手を満足させることが大事。」

豪快な見た目からは感じることのできない細やかな心遣いで周囲からの人望を集めていきました。
こうした利家の下で、豊かな文化を花咲かせていったのです。

どうして金沢で和菓子作りが盛んになったのでしょうか?
それは、信長の影響・・・茶の湯です。
茶の湯を嗜んだ利家・・・和菓子作りは茶の湯には欠かせません。

1598年8月、利家61歳の時・・・。
天下人・豊臣秀吉が死去・・・
この時、次の天下を狙える人は二人いました。
徳川家康と前田利家です。
しかし、利家が自ら天下をとろうとすることはありませんでした。
どうして、天下のナンバー2を貫いたのでしょう。
秀吉は死ぬ間際、利家や家康を始め諸大名を枕元に呼び、遺言を託しました。

「どうか、くれぐれも息子・秀頼のことを頼む。
 私が死んだ後は、家康が政治を取り仕切り、利家が秀頼の世話役となって成人するまで面倒を見てやってほしい。」by秀吉

秀吉に後を託されたものの、利家も病に伏せることが多くなってきていました。
1599年元日、京都・伏見城に病をおして赴く利家。
そこで、7歳の秀頼と共に諸大名の新年のあいさつを受けます。
秀頼の世話役という役割を忠実に努めようとしました。
そして、秀頼を大坂城に移すという遺言を実行しようとします。
しかし、それに反対する人物が・・・徳川家康です。
諸大名の中でも家康の官位と石高は群を抜いていました。
天下は実力のある者の持ち回り・・・次の天下人を狙っていました。
秀頼の権威が高くなることを恐れた家康は、

「そう急ぐことでもない
 4月か5月でいいではないか」by家康

しかし、利家はこの意見をはねつけます。

「もう、ご遺言を忘れたのか??」by利家

正月10日、遺言通り、秀頼を大坂城に移す利家。
そこでも、秀吉の意志を忠実に守ろうとしました。
それを無視して、天下人への道を着々と進んでいく家康。
秀吉の遺言で禁じられていた大名同士の婚姻を行い、徳川の勢力拡大を図ります。
家康の行動を受け、豊臣派と徳川派に分かれて対立します。
一触即発!!
家康はいずれ自分に反対する勢力と戦いをも辞さない思いはあったようです。
天下への野望をあらわにする家康に対して、直談判を決意する利家!!
単身、家康の屋敷に乗り込もうとします。
息子が一緒に行くと進言すると・・・

「家康が我らを斬らぬということは、百にひとつもあろうはずはなく、斬るのが必定
 そんな時、そなたは兵を据え置き、出陣して、弔い合戦を行い、勝利を得ようと思わんのか。」

利家は己の命と引き換えに、家康を攻めて豊臣家を守ろうとしたのです。
しかし、言えた巣の態度は・・・利家を盛大にもてなし、ごもっともと受け入れたのです。
当てが外れた利家ですが、家康の口約束を得ただけで帰ることになってしまいます。
その2週間後・・・利家の病状が悪化・・・
利家を慕う大名が大勢見舞いに来る中、意外な人物がやってきます。
徳川家康でした。
昔から一緒に、信長、秀吉の下で苦楽を共にした仲間のひとりとして病気見舞いに出かけたのです。
豊臣政権を守るために、一生努力してきた前田利家に敬意を表すという意識がありました。
家康の訪問から1か月後・・・
1599年閏3月3日、前田利家死去・・・享年62歳でした。

利家の最期を悟ったまつはこう語りかけました。
「あなたは若い頃から多くの戦いに出て、多くの人を殺めてきたから、後生が恐ろしい。
 ですから、この経帷子をお召しになって下さい。」
しかし、利家は断ります。
「これまでに、多くの敵を殺してきたが、理由なく人を殺したり、苦しめたことはないから、地獄に落ちるはずがない。
 もしも地獄に行ったら、閻魔を相手にひと戦してくれよう。
 かえすがえすも秀頼さまのことをお頼み申す。」by利家

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

500円クーポン発行中!大河ドラマ 利家とまつ 加賀百万石物語 完全版第弐集 DVD-BOX 全6枚セット

価格:19,440円
(2018/11/19 23:23時点)
感想(0件)

西郷どん完結編 NHK大河ドラマ・ガイド

価格:1,188円
(2018/11/19 23:24時点)
感想(1件)

ここまでわかった! 明智光秀の謎【電子書籍】[ 『歴史読本』編集部 ]

価格:810円
(2017/10/12 22:51時点)
感想(0件)



「わが敵は本能寺にあり!!」
主君を裏切った悪人??
光秀の実像はあまりよくわかっていません。
が・・・どうして主君を討つことになったのでしょうか?

本能寺の変の後、光秀が味方を集めようと各地に送った書状が見つかりました。
この発見で、どうして光秀が信長を討つことになったのか??に関心が集まりました。
もともと長い間浪人生活を送っていた光秀・・・そんな彼を、一国一城の主としたのが織田信長です。
信長のもとで、光秀は裁縫をいかんなく発揮します。
朝廷との交渉、戦場での活躍・・・まさに信長の右腕といえる存在でした。
いわれたことをきっちりこなす理想的な部下・・・とんとん拍子の出世でした。
しかし、光秀は突如、信長に反旗を翻します。

怨恨説、野望説、四国説、前途悲観説、黒幕説・・・真相はいまだ闇の中・・・。

天下の謀反人の真の姿とは・・・??

京都府亀岡市・・・かつて、明智光秀の居城・亀山城がありました。
町では光秀の功績を称え、毎年祭りが行われます。
もともと農家が点在する場所に、光秀が城を築き、城下町として発展させたのです。
織田信長のもとで成功を手にした光秀・・・しかし、信長に仕え始めたのは41歳の時でした。
その年で、どうして信長を主君と仰ぐようになったのでしょうか?

光秀は戦国時代を迎えていた1528年美濃国明智城主の子として生まれました。
その後、美濃国は下剋上でのし上がった斎藤道三が治めるところとなり、土岐明智家も道三に仕えることに・・・。
ところが、光秀29歳のころ・・・
斎藤道三の息子・義龍が兵を挙げ、道三を討ったのです。
そして、道三の家臣だった明智家も攻撃を受けます。
1556年、29歳の時に明智城落城・・・光秀は城から逃れます。
以来、再び明智家を再興することが、光秀の使命となります。

光秀は主君を探し、何年も諸国を渡り歩きます。
「再び我らの領国を手にするためには、力ある主君に仕えねばならぬ。」by光秀
しかし、生活は厳しく、食事にも事欠く始末・・・

そんなある日、客人をもてなすことになって困り果てた光秀・・・。
しかし、豪華な料理が・・・!!
客人の帰った後、妻に聞くと・・・長く美しかった煕子の髪を売って客をもてなしていたのです。
光秀は生涯側室を持つことはなく、煕子を大切にしたといいます。
子宝にも恵まれ、光秀の三女は、後の細川ガラシャ・・・関ケ原の戦いの際に、人質になる事を拒み、死を選んだことで有名です。

放浪生活の末、越前の朝倉義景に仕えることに・・・
すでに戦国の世、武田信玄、上杉謙信、新興勢力の織田信長も台頭しつつありました。
ある日、光秀が仕える朝倉家に、思いもよらない人物が・・・後に室町幕府の第15代将軍となる足利義昭です。
当時の室町幕府は、有力大名に牛耳られていて、足利家に何の実権もありませんでした。
義昭は、復権を望んでいました。
そこで、昔から将軍家と関わりのあった朝倉家に支援を求めてきたのです。
この時光秀は、足利義昭の家臣・細川藤孝と出会います。
二人は意気投合し、強い信頼関係で結ばれます。
足利義昭の意向を知りながら、主人・朝倉義景はなかなか動こうとしません。
遂に光秀は、細川藤孝に切り出します。

「残念ながら、朝倉家には義昭公を京に上らせ奉るほどの武力も、気力もござりませぬ。
 もっと強い力と、果敢な意気に燃えた大名を求めねばなりませぬ。
 尾張の織田信長さまがおよろしかろう。」by光秀

光秀は、仲介役として信長の元へ・・・!!
二人が対面したのは、光秀41歳、信長35歳の時でした。
信長は光秀の申し入れを承諾します。
足利義昭を将軍に就かせ、その権威を利用しようとします。
こうして信長は、義昭を擁し、京へ上ります。
1568年、上洛
義昭は室町幕府第15代将軍に・・・!!
そして光秀は、朝倉義景のもとを去り、足利義昭と織田信長に仕えることになるのです。
両属といって、二人から禄をもらっていたのです。

信長と出会った光秀は、その後、織田家臣団のTOPに上り詰めます。
信長は光秀をこう評しています。
「明智光秀の働きは、天下に誇れるものである。」
どうして信長の信頼を勝ち得ることができたのでしょうか?

信長に仕えることになった光秀は、重要な役職に抜擢されます。
京都奉行です。
都の治安維持や朝廷や公家との交渉を行う要職です。
光秀は歌会や茶会を開いては、公家たちの要望を聞きだしていきます。
貴族は、各地に荘園を持っていましたが、応仁の乱以降、武士に侵略されたその公家や調停の荘園を取り戻す仕事もやっています。
公家と光秀は親密になっていきます。

1570年、朝倉義景討伐!!

しかし、同盟関係にあった近江の浅井長政に裏切られ挟み撃ちに・・・!!
撤退することさえ難しい、信長最大のピンチに、光秀は秀吉と共に金ヶ崎の退き口と呼ばれる武功を挙げます。
撤退する軍の殿を担い、見事撤退させたのです。
続いて信長が取り掛かったのが比叡山焼き討ちです。
当時、武装していた比叡山は、戦国大名さながらの一大勢力で、信長と対立していました。
しかし、寺院や仏像を焼き、僧侶を殺すことに家臣の多くは二の足を踏みます。
そんな中、光秀は、信長の命に忠実に従います。
光秀は、比叡山を壊滅させます。
こうした光秀の働きを、信長は評価します。
そして、比叡山に近い近江・坂本に5万石の領地を与えるのでした。
光秀はここに坂本城を築城し、念願の城を手に入れるのでした。
信長の家臣の中で、一国一城の主となった最初です。
明智城の落城から17年・・・ついに光秀は、明智家再興の悲願を達成したのでした。

信長に仕える一方で、足利義昭にも仕えていた光秀・・・しかし、厳しい選択を迫られることに・・・
将軍・義昭を飾りとしか考えない信長に不安を募らせた足利義昭が挙兵!!
光秀が選んだのは信長でした。
戦いに敗れた義昭は、京都から追放され、室町幕府は事実上の滅亡!!
室町幕府を滅ぼした信長は天下統一へ・・・!!
そして、48歳の光秀に新たな命が・・・!!
丹波攻略!!
丹波国には、堅固な山城が点在し、信長をはじめ、多くの戦国武将が攻めきれずにいました。
その丹波攻略を命じられた光秀!!
しかし、他のものの援軍も命じられ、各地を転戦します。
1576年、過労によって・・・陣中で病に倒れます。
それでも復帰を果たした光秀は、5年がかりで丹波攻略をします。
信長は光秀を絶賛!!
「明智光秀の働きは、天下に誇れるものである。」by信長
光秀は、攻略した丹波29万石を加増。
元々の5万石とで34万石の大名に!!
信長につかえて12年・・・信長の右腕となった光秀なのでした。

信長は次々と支配地域を拡大!!
1582年、最大のライバルだった武田氏を滅ぼします。
天下統一に大きく近づいた信長・・・
しかし、その数か月後、本能寺で討たれることとなるのです。

どうして光秀は、信長に反旗を翻したのでしょうか?
様々な説があります。
黒幕説も・・・
・朝廷黒幕説
天下統一目前の信長は、朝廷に対し不遜な態度をとるようになっていました。
そこで朝廷が光秀をそそのかし、信長を討つように仕向けたというものです。
・幕府黒幕説
信長に追われ毛利家に滞在していた足利義昭が、後ろで糸を引いていたと言うものです。
・秀吉黒幕説
本能寺の変の後の素早い行動は、事前に光秀の動きを知っていたからというのです。

光秀自身の決断??
・四国説
四国統一を目前にしていた長宗我部元親。
信長と同盟関係にあり、その仲を取り持ってきたのは光秀でした。
しかし、一方的に信長が元親との同盟を破棄!!
領地を差し出すように命じます。
光秀は面目丸つぶれ・・・信長は四国討伐を決意!!
本能寺の変の当日、四国征伐軍が出陣予定だったのです。
光秀がこれを阻止しようとした??
・怨恨説
ポルトガルの宣教師が人々から聞いたところによると、口答えをした光秀を、信長が足蹴にした。
この理不尽な仕打ちに恨みを抱いた・・・??
・前途悲観説
この頃信長は、息子たちなど身内を重用するようになっていました。
一方で、織田家に長年仕えてきた家老二人を、最近目立った働きがないと追放!!
そして、光秀にも信長の命令が・・・
現在の領地・近江と丹波を手放し、山陰地方(出雲・石見)に移れと言うもので・・・しかも、その二つは毛利家の領地・・・実力で奪えというものでした。
この時、光秀は55歳・・・将来への不安が心を占めます。
「人を道具としてしか見ておらぬ・・・」
・野望説
本能寺の変の4日ほど前、毛利出陣のための戦勝祈願を神社でしています。
翌日、この神社で連歌会がありました。
その時光秀が詠んだ歌は・・・
「時はいま 雨が下しる 五月かな」
時は土岐明智家、雨が下は天下、しるは治める・・・
つまり、今こそ自分が天下を治める時だ!!という解釈です。

果たして、光秀の真意は・・・??

1582年6月1日・・・
この時、信長の主だった家臣たちは京都から遠く離れたところで戦っていました。信長は、僅か100人の手勢と共に、本能寺に・・・!!
光秀は、毛利攻めをしている秀吉の援護に向かうために、夜8時ごろ、丹波・亀山を出発!!
光秀の決意を知るものは僅かな者だけ・・・

「我が敵は、本能寺にあり!!」by光秀

一万を越える軍勢が、本能寺に攻め入ります。
ただならぬ物音に起きた信長は、謀反を知ります。
「相手は、何者・・・??!!」by信長
「明智光秀にございます!!」by家臣
「是非に及ばず・・・!!」by信長

信長は自害し、亡骸は、炎に包まれたのでした。

信長を討った光秀は、天下をとろうと動き始めます。
しかし、光秀の天下は僅か11日・・・後に三日天下という言葉が生れるほど、あっけないものでした。
光秀は、何を読み違えたのでしょうか?
信長、長男・信忠を討った光秀は、安土城へと向かいます。
我こそが天下人という立場を示すためでした。
しかし、信長の家臣によって、安土城への橋が落とされます。
止む無く光秀は坂本城に戻りました。
橋の復旧には3日かかりました。
その間に、各地の大名たちに書簡を書き続けます。

「信長父子の悪逆は、天下の妨げ、討ち果たし候」

信長を討ったことを知らせるとともに、協力を要請します。
3日後、橋が復旧し、光秀は安土城に入城!!
しかし、ここでも足が止まります。
光秀は朝廷からの使者を待つことに・・・。
天下人として朝廷からのお墨付きをもらおうとしたのです。
待ちに待った勅使が来るまで、3日間待ちます。
朝廷からの公認を得た光秀。
一安心ですが・・・気がかりは書状を受け取って集まってくるはずの武将たちがなかなかやってきません。
原因は、秀吉の策略でした。
本能寺の変が起きたとき、秀吉は京都から200キロ離れた備中高松城に!!
毛利勢と睨み合っていました。
信長が討たれたことを知ると、迅速に行動に出ます。
毛利勢に信長の死が伝わらないようにし、停戦!!
そして、各地の武将に書状を送ります。
「信長さまは、無事に切り抜けられた!!」
遺体が見つかっていないことをいいことに、生きているというニセ情報を流したのです。
そして、猛スピードで京都へ・・・中国大返しです。
稀に見る強行軍で、1日で70キロの日もありました。
光秀は完全に秀吉に出遅れ、協力を得られず孤立していきます。
かつての盟友・細川藤孝にも断られてしまいました。
ガラシャを細川家に嫁がせていたのに・・・藤孝は出家をしてしまいました。

いよいよ秀吉の軍が迫ってきました。
上京の途中で兵が加わり、2倍以上になった秀吉軍!!
6月13日、山崎の戦い!!
光秀の軍1万VS秀吉3万6000以上!!
圧倒的な兵力の差に、勝負は短時間でつきました。
そして光秀は、落武者狩りをしていた農民に命を落としたのです。
享年55歳。。。

ながい放浪生活に耐えた苦労人。
家族を大切にしたよき夫。
恩をアダで返した逆臣!!

かつて光秀が治めた近江坂本にある寺には一通の書状が残っています。
光秀が戦で亡くなった家臣を弔うために供養米を収めたときのものです。
当時、部下である家臣を弔うのは、珍しい事でした。
一人一人の名前、同じ量の供養米・・・身分の分け隔てなく、家臣を平等に弔った光秀・・・
中には苗字を持たない低い身分の者もいました。
天下の謀反人といわれた男の素顔は、ようやく光が当たり始めたばかりです。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

もしも信長殺しが明智光秀ではなかったら・・・「敵は本能寺!」暁の空に響く智将光秀の叫び。【電子書籍】[ 潮美瑶 ]

価格:323円
(2017/10/12 22:52時点)
感想(0件)

明智光秀が織田信長を殺した理由は、野望説、怨恨説、黒幕説のいずれでもない。【電子書籍】[ 潮美瑶 ]

価格:323円
(2017/10/12 22:52時点)
感想(0件)

ここまでわかった! 明智光秀の謎【電子書籍】[ 『歴史読本』編集部 ]

価格:810円
(2017/8/28 15:08時点)
感想(0件)



1582年6月13日、天下分け目の決戦が行われました。
明智光秀VS羽柴秀吉・・・山崎の戦いです。
合戦は僅か数時間・・・圧倒的な秀吉に、光秀は敗北しました。
本能寺の変で天下人・織田信長を討ちながら、10日余りで秀吉に敗北・・・。
後世、三日天下と揶揄されることに・・・
しかし、光秀の動きは緻密な作戦に基づいていた・・・??

戦国史上最大の事件・・・本能寺の変!!
この変は、光秀の緻密な作戦のもとに遂行されました。
1582年5月29日、織田信長は、僅かな供周りと共に安土城から本能寺に宿泊・・・
6月1日午後5時ごろ・・・光秀は1万3000の兵と共に、居城である亀山城を出陣!!
毛利攻めを行う中国方面軍・羽柴秀吉の加勢を命じられたためです。

当時、信長の家臣団は5つの方面軍に分けられており・・・
関東方面軍・・・滝川一益
北陸方面軍・・・柴田勝家
四国討伐軍・・・織田信孝
中国方面軍・・・羽柴秀吉
近畿方面軍・・・明智光秀
信長の傍で大軍を擁しているのは光秀ただ一人でした。

午後9時ごろ・・・光秀は重臣を集め、謀反の決意を語ったと言います。
光秀は信長襲撃に当たり、緻密な作戦を立てていました。
戦国時代の京都攻略は容易なものではなく・・・
というのも、町のあちこちには堀があり、櫓門、木戸門もありました。
応仁の乱以降、戦乱の巷となった京都は、要塞都市と化していたのです。
そのため光秀は、先陣にあらかじめ木戸門を開けさせておいて、軍勢が通りやすいようにしていました。
そして・・・
6月2日・・・午前4時ごろ!!信長に気付かれることなく、本能寺を取り囲んだ光秀は、一斉攻撃をかけます。
ルイス・フロイスによると・・・

”明智の兵たちは、門に達するとすぐに中に突入した。
 こうした裏切りを予想していなかったため、抵抗する者はなかった。
 信長は切腹したと言う者もあれば、邸に火を放ち死んだと言う者もあった”

戦いは僅かな時間で終わったものの・・・光秀の作戦は続きます。
次の標的は・・・本能寺の近くにいた信長の嫡男・信忠です。
織田家の家督は、既に信忠に譲られており、持ぶただが織田家の代表であり、信長の正統な後継者でした。
光秀は僅か1時間ほどの戦闘で、信忠を討ち取ることに成功!!
電光石火の早業でした。
信長が滅び、後継者もいない・・・そんな状態を作り出した光秀とは・・・??

光秀の出自は定かではなく、早くから後に室町幕府15代将軍となる足利義昭に仕えていました。
その後、信長に能力を見出され、比叡山焼き討ちを指揮し、様々な戦場で手柄を上げ、近江の要衝・坂本錠を任されるほどになります。

1575年光秀は、丹波攻めの総指揮官に抜擢されます。
都のある山城と接する国・丹波・・・山と盆地が入り組んだその土地は、統治が極めて難しく・・・
丹波平定は、中国の覇者・毛利攻略の足掛かりでした。

武将・光秀はどんな人・・・??
標高356m、周囲8キロに及ぶ巨大な山城・黒井城は、重臣・斎藤利光に命じて大土木工事を行った城です。
この城は、外枡形が2つ重なっていて、まさに光秀は築城名人です。
ルイス・フロイスも・・・光秀は勇猛な武将で、築城技術に精通していたと書いています。
羽柴秀吉やほかの武将と競い合っていたので、光秀もほかの有力武将に負けないお城を造る・・・そんな思いはありました。
緻密な作戦で成功した本能寺の変・・・光秀にとってそれは、天下をとるための一歩にすぎませんでした。

本能寺の変の後の光秀は素早く・・・
6月2日午後1時ごろ・・・光秀は今日を出立し、近江に向かって進軍します。

光秀の戦略
①近江平定
軍事的な地盤を固めます。
中国方面軍の秀吉に対抗する備えは、中川清秀をはじめとする摂津の武将達。
もともと光秀配下のために、味方に付く可能性が高いのですが、問題は近江。
北には柴田勝家、南には徳川家康が・・・近江を抑えることは光秀にとって生命線でした。
光秀は、居城・坂本城に入るとすぐに攻略を開始・・・
秀吉の長浜城や、美和長秀の佐和山城を攻略し、近江を平定し終えたのが6月4日。
6月5日・・・安土城に入城!!
近江を抑えることは、織田政権の継承者である証拠だったからです。
この光秀の軍事行動は、近江近辺の大名たちの若狭・武田元明や大和・筒井順慶を味方に付けます。

②朝廷工作
6月7日、光秀は朝廷の勅使を、安土城に迎えます。
光秀にとって朝廷を味方につけることは最重要課題でした。
主君・信長を討った光秀には大義名分がありません。
そこで光秀は朝廷に、治罰の綸旨を求めたのです。
朝敵追討という大義名分を得ることによって、光秀は官軍となるのです。

③外交(調略)
さらに光秀は、上杉、北条、毛利、長宗我部などに敵対する大名たちに密使を派遣、連携を依頼しました。

④庶民対策
光秀は今日の人々の税を免除するなど、人心収攬に努めました。
2017年、愛知県で発見された記録には・・・
「信長親子が死亡して、人々はそれに拍手し、天下が定まったと喜んだ」とあります。
光秀は勇士。
光秀は、天下人の地位を盤石にするための期間を50日、100日と見積もり、そのうちに、近国を平定しようとしていたのです。

完ぺきと思われた光秀の戦略・・・しかし、落とし穴が・・・!!
毛利との和睦交渉を成立させた秀吉が、光秀を討つべく進軍開始・・・!!
世に言う中国大返しです。

本能寺の変以降、天下取りに向けて次々と手を打ってきた光秀・・・
そんな光秀にほころびが生じます。
光秀の配下であり姻戚関係でもある丹後の大名・細川藤孝が協力を拒否。
藤孝は信長の死を知ると、髷を切り謹慎を表明していました。
摂津の武将たちも去就を明らかにしておらず、光秀は書状で説得をしています。

6月9日・・・
安土から京に戻った光秀に驚愕の知らせが・・・!!
秀吉軍がすでに姫路まで戻ってきている・・・!!
光秀と同じく、秀吉も諸国の武将に書状を送っています。
中川清秀宛ての手紙によると・・・
「今日から知らせをもたらした者が、確かに言っています。
 信長さま、信忠さまは窮地を脱したとの事・・・」と。
つまり、信長は生きているとニセ情報を流し、味方に付けようとしたのです。
秀吉を迎え討つべくどのように戦略を立てるべきか・・・??

山崎で戦う・・・??
京の玄関口・山崎は、天王山と淀川に挟まれた狭隘な場所・・・
西から来る軍勢は、体勢を崩し細長くならざるを得ない。。。
山崎の周辺の光秀本陣は・・・恵解山古墳。
巨大な前方後円墳でした。
発掘された戦国時代の堀跡は・・・
幅4メートル、深さ2メートルの堀は、長さ400mに及ぶと考えられています。
戦国時代には、古墳は陣になったり、お城に造り替えたりされることが多かったのですが・・・
周辺一帯を陣地として構築し、秀吉軍を迎え撃った様子が伺えます。
こうした堅固な陣地を構築することで、秀吉に一歩先んじることができる・・・。

それとも大坂の織田信孝を討つべきか??
秀吉が信孝を担ぐと、弔い合戦の大義名分となってしまう・・・!!
信孝を討つと、秀吉の大義名分がなくなり、摂津の大名たちも味方になってくれるかも・・・??

信長と信忠を討ち果たした光秀・・・しかし、信長の次男・信雄は伊勢、三男・信孝は大坂に・・・信雄は、四国の長宗我部討伐のために1万5000の兵を率いていました。
しかし、本能寺の変が起きると、各地から集められた兵が逃走、信雄は大坂に取り残されていたのです。
光秀は信雄討伐を考えていた??
秀吉の書状には・・・
「大坂に信孝さまがいるため、光秀は河内へ兵を乱入させ、早くも大坂を取り巻いて、信孝さまを切腹させようという風聞がある・・・」とあります。

信孝討伐のために、大坂に兵を向わせるのなら兵力が分散される・・・
更に、秀吉とそこで野戦となれば、勝敗はどちらに転ぶかわからない・・・
陣地を構築し、山崎で秀吉を迎え討つべきか、大坂に向かい信孝を討つべきか・・・??
光秀に選択の時が近づいていました。

6月9日、光秀、下鳥羽に出陣!!
信孝を討つために、大坂に向かおうとしていました。
しかし、この時光秀の作戦に破たんが生じました。
光秀に加勢したはずの筒井順慶が参陣を拒否・・・すでに、順慶は秀吉と通じていたのです。
一方秀吉は、姫路城を出陣し、東へ・・・!!
秀吉の動きを察知した光秀軍は、急いで山崎に向かいました。
交通の要衝として栄えていた山崎は、街道沿いに栄えた自治都市でした。
しかし・・・ここで不利な情報が光秀を待っていました。
光秀があてにしていた摂津の武将たちが秀吉に味方したというのです。
光秀軍1万余り・・・対して秀吉軍は3万数千となってしまいました。
大軍に対して三成はどういう作戦を立てたのでしょうか??
西は天王山と淀川に挟まれた狭隘地・・・南は3つの川が集まる湿地帯・・・。
秀吉軍より先に山崎に入った光秀軍は、小泉川を防衛ラインとし、大山崎の出口に陣を構えました。
これによって、天王山は無力化されたことになります。
また光秀は、淀城や勝竜寺城を後詰とし、防御を固めます。
秀吉軍は陣形が取れず、細長くならざるを得ない・・・
光秀は、大軍の利を封じたのです。
この時点での光秀の迎撃作戦は、秀吉を上回っていたと考えられます。

一方、秀吉の陣営は、歓喜に包まれています。
大坂の信孝が合流したのです。
秀吉は信孝を迎え、顔を合わせると涙し、いつまでも大声で泣き続けました。
信孝を味方に迎えることで、秀吉は弔い合戦という大義名分を得たのです。

光秀VS秀吉・・・決戦開始は、6月13日午後4時ごろ・・・
光秀の予想通り、大山崎の狭い隘路で秀吉軍は長くならざるを得ません。
光秀軍の猛攻で、秀吉軍の先陣は後退・・・狭い道に兵が溢れ大混乱に・・・!!
光秀軍は攻勢を強め、戦いは光秀の思い通りに展開していました。
このまま戦っていけば、秀吉軍は崩れ、勝利を手にすることができる・・・??
ところが、秀吉軍の別動隊が湿地帯を抜け、光秀軍の側面をついたのです。
子の奇襲によって、光秀軍の左翼が崩れ、勢いに乗った秀吉軍が、光秀本陣に迫ります。
この時、光秀は前線に向かおうとしますが・・・家臣に制せられます。
激闘は数時間で終了・・・。
再起を図るべく、近江の坂本城を目指した光秀。
しかしその途中、落武者狩りに襲われて、命を落としたと伝えられています。
光秀の天下取りは、ここに終わったのです。

京都の北にある慈眼寺には、光秀の木像が伝わっています。
力強い武将の姿は、これまでの光秀のイメージを覆すものでした。
敗者となり、謀反人の烙印を押された光秀・・・その真実は、歴史の深い闇に葬られたのです。



↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

明智光秀が織田信長を殺した理由は、野望説、怨恨説、黒幕説のいずれでもない。【電子書籍】[ 潮美瑶 ]

価格:323円
(2017/8/28 15:09時点)
感想(0件)

明智光秀の密書 歴史推理小説 (ノン・ポシェット) [ 井沢元彦 ]

価格:555円
(2017/8/28 15:09時点)
感想(1件)

思いがけない血とは?織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、果たしてだれの子孫が天下に残ったのか?30分で読めるシリーズ



戦国乱世・・・たった一度だけ・・・天下人同士・・・秀吉と家康の直接対決が小牧・長久手の戦いでした。
江戸時代聖地となった小牧山城・・・家康公・御戦勝の地として山番を置いて一般人が入ることを禁じました。

”家康の天下を取るは
 大阪にあらずして関ケ原にあり
 関ケ原にあらずして小牧にあり!!”

小牧・長久手の戦い・・・
家康方1万7000VS秀吉方10万!!
さらに秀吉は、家康討伐に王手!!
これを打開してどうやって逆転する??

昭和2年戦地・小牧山で、天皇統監のもとに行われた陸軍大演習・・・
小牧・長久手の戦いを教訓に、平地決戦の戦術が行われました。
それは・・・そこに日本戦士に残る戦略の数々があったからです。

農民からものすごい勢いで成り上がった羽柴秀吉。
秀吉は18歳の頃、信長に仕えました。
敵を味方に引き入れる調略の才能を発揮し、数々の敵を織田家に引き入れます。
その実力を主君・信長に認めさせました。
武勇がものを言う戦国時代にあって、独自の方法で異例の大出世をするのでした。

海道一の弓取りと言われた徳川家康。
武家の名門・松平家に生まれるも、長い人質生活を送り、厳しい武家社会で育ちました。
やがて当主となって織田信長と同盟(清州同盟)を結ぶと、以後その関係を固く守っていきます。
戦場における家康軍の活躍は目覚ましく、信長軍に幾度となく貢献しています。
家康は信長の理不尽とも思える要求にもこたえながら、信長の天下取りを支えました。
全ては領国を守るために・・・!!

全く違う道を歩んできた二人・・・

1582年本能寺の変勃発!!

天下統一を前に織田信長が命を落としました。
この事態に、二人はそれぞれの想いで動いていきます。
秀吉は明智光秀を討ち、柴田勝家を倒し、織田家中での存在感をゆるぎないものに・・・!!
信長の次男・織田信雄を利用し、信長の跡目争いに参加。

家康はあくまでも同盟者として中立を守ります。
家康は目線を東へ・・・甲斐・信濃を手中に収めていきます。
しかし、秀吉の勢いには及びませんでした。

秀吉の大坂城築城・・・それは天下取りを狙うという事・・・。
織田家の当主・信勝の利用価値が無くなっていきます。
秀吉は、信勝を制圧しようとしていきます。。。
そこで、家康が立ち上がります。
同盟者として信勝を助ける!!
この時、秀吉の所領22か国に対し、家康の所領5か国!!
国力の差は歴然としていました。

家康にあったのは、”織田家を守る”という大義名分のみ!!
1584年3月8日、信雄と合流すべく、家康は伊勢長島城へ出兵!!
すると・・・翌3月9日秀吉出陣命令!!
秀吉VS家康!!小牧・長久手の戦いが始まろうとしていました。

1584年3月・・・小牧・長久手の戦い!!
兵力だけで言えば秀吉の圧倒的優勢に変わりはありません。
そんな家康の戦略とは・・・??

外交戦略・・・
家康は戦端が始まる前に、全国に書状を出し、協力を求めます。
目を付けたのが中国の毛利と四国の長曾我部。。。
しかし、その狙いは、秀吉によって阻まれます。
既に毛利を仲間にしていました。
秀吉は毛利から来ていた人質を無事に返したことで味方としたのです。
人たらしの天才!!秀吉!!

家康の思惑は外れ、味方となったのは長曾我部のみ・・・
しかし、いくつかの勢力は家康につき・・・
全国の勢力が秀吉派と家康派に分かれ・・・緊張関係が始まりました。

秀吉は近江・坂本城へ・・・家康は清須城へ・・・
戦う地は伊勢・・・??

秀吉の調略・・・秀吉は、家康・信雄方の池田恒興・森良可を調略し・・・二人は犬山城を占拠!!
秀吉は、池田恒興に、家康に勝てばその家康の領地を与えると約束していました。
このピンチに家康は・・・??
逆転の一手!!急遽、清州を出発し、犬山城へ進軍!!
それは、敵よりも早く小牧山城を占拠するために・・・!!
小牧山城は、織田信長が築いた城で、近世城郭のルーツと言われています。

小牧山城を押さえたことで、家康軍は、犬山城から出てきた秀吉軍を食い止めることに成功!!
その巧みな陣取りを秀吉は重く受け止めていました。
「あの山を家康に取られては、味方の勝利は心もとない。」by秀吉

秀吉は、自ら前線へ・・・!!
兵力圧倒!!
3月28日、大軍をもって着陣!!その数10万!!
一方、家康は1万7000!!

家康は、秀吉が到着するまでの数日間で小牧山城の改修を敢行!!
秀吉の想像を上回るものに仕上げていきます。
巨大な土塁で小牧山城を囲う家康!!
秀吉軍の攻撃を予想したものでした。
東側に4つの砦を築き、それによって約4キロの防御線を築きます。
小牧山城の家康に降参の文字はありませんでした。

完全な膠着状態に・・・!!
状況は熾烈な頭脳戦へ・・・!!
持久策??積極策・・・??

秀吉は兵力で圧倒する方法を首尾一貫させて・・・さらに増兵をしていました。
しかし・・・10万もの兵糧を用意できるのか・・・??
九鬼水軍も用意し、兵力を増す秀吉!!

その頃家康は・・・。
堅固な要塞を確保すれば勝てる・・・??
寄せ集めの秀吉軍、長期戦になれば、織田家の武将たちが内部崩壊するかも・・・??
しかし・・・調略に成功していれば多方面から攻撃されるかも??

それならば、兵の質はこちらの方が上!!
敵が増える前に各個撃破していけば何とかなる・・・??
こちらには三河武士に加え、武田の遺臣たちがいる!!

どうする・・・??

両軍が膠着状態で半年・・・決断の瞬間が迫っていました。
秀吉が積極策に出ます!!
難攻不落の小牧山城から、家康の領国・三河への直接攻撃に変えたのです。
それは、家康を城の外へおびき寄せる陽動作戦でした。
家康の退路を完全に断つ!!
1584年4月6日秀吉、別動隊2万5000を三河へ派兵!!
その2日後には家康を監視!!
そして4月9日、長久手まで進軍し、家康方の城へ攻撃!!

秀吉の詰めの一手がさされたのでした。。。
しかし、ここで予想外のことが・・・別動隊に襲い掛かる軍勢が・・・!!
それは、小牧山城にいるはずの家康軍でした。
電光石火のごとく、長久手の敵勢に攻め込んでいきます。

小牧山城から20キロのところに突然現れた家康軍、大将自らの襲来!!
兵たちは慌てふためき・・・森長可討死、池田恒興討死・・・秀吉軍は敗走してしまいました。

家康軍の大勝利!!

完ぺきだった秀吉の作戦をどうやって破ったのでしょうか?

家康は陽動作戦の情報を掴んでおり、小牧山城を離れ・・・それは、秀吉の別動隊と同じ日でした。
密かに秀吉勢に近づいて攻撃!!
秀吉のお株を奪う電撃戦でした。

想定外の奇襲・・・情報による勝利でした。

何もかもが後手に回った秀吉。。。
家康はこの勝利を最大限に利用し、形勢逆転を図ります。
自らの勝利を各地に知らしめ、秀吉を追いつめようとします。
一方秀吉は、戦略の立て直しを求められたのでした。
確実に家康を追いつめる方法を・・・!!


と、続くのでした。




↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

決戦!本能寺

新品価格
¥1,728から
(2016/6/10 22:11時点)

歴史秘話FILE VOL.1 (ぶんか社ムック)

新品価格
¥880から
(2016/6/10 22:11時点)

決戦!本能寺

新品価格
¥1,728から
(2016/4/30 08:16時点)




戦国最大のミステリー・・・”本能寺の変”
天下統一を目前に、非業の死を遂げた織田信長。
信長がどうして明智の謀反に気づかなかったのでしょうか??

1579年長篠の戦いで武田勝頼を破り、その3年後武田家が滅亡・・・信長は、日本の領土の半分を手にしました。
天下統一を目論む信長は、重臣たちを全国に配置!!
北陸には筆頭家老の柴田勝家、中国地方は羽柴秀吉、関東は滝川一益、近畿は明智光秀。
1582年5月29に備中高松で毛利軍と対峙していた秀吉から援軍要請がありました。
安土城を出発した信長は、その日のうちに京都に入りました。
出立までの数日、定宿としていた本能寺に!!

この時、信長に随行した家来150人のうち、武術の心得があったのは小姓・森蘭丸らわずか30人ほどでした。
これらは、信長の家臣の精鋭たちが各国で戦いの真っ最中だったことで、信長が無防備であったということではないようです。

当時の本能寺は、現在の本能寺より南西に600mのところ。
大きさも格別で東西140m、南北270mもある大寺院でした。
平成19年の発掘調査によって、本能寺には強固な門や石垣があり、四方には深い堀もあったようです。
本能寺は、城郭、要塞の昨日のある寺でした。
他に、信長がわずかな人数しか連れていなかった理由は、すでにこの時点で信長に逆らうものがいることは予期しておらず、約1km離れた明覚寺に嫡男・信忠が500の兵を置いていました。
安全・・・まさか、光秀が反旗を翻すなど思いも取らなかったのです。

この時信長は、朝廷より太政大臣・関白・征夷大将軍らの官職に任ぜられることになっていました。
三職推任と呼ばれるもので、朝廷も信長の力を認めているという証でした。
もはや京都に敵なし!!信長はこの時、自分が襲われるなどとは思ってもみませんでした。
6月1日、本能寺から20キロ離れた丹波亀山城から秀吉の援軍の準備を行っていました。
だれも・・・謀反のことは知りませんでした。
家臣には「信長さまが、わが軍の装備を確かめたいそうだ」と、言います。
謀反の計画がばれれば許されない!!
そして、用心に用心を重ねて本能寺へ・・・
1582年6月1日午後6時・・・
光秀軍1万3000を引き連れて、丹波篠山城を出発!!
本能寺へと向かったのでした。

どうして信長はこの大軍に気付かなかったのでしょうか??
2時間後、野条で軍議を開いた光秀。
呼ばれたのは、側近中の側近わずか数名で・・・謀反の意を告げます。
危惧する声の上がる中・・・光秀の決心に、最後は道を同じくすることを誓います。
野条・・・篠村八幡宮は、足利尊氏ゆかりの地です。
尊氏と光秀には共通点がありました。
明智家は、美濃国・清和源氏の流れをくむ土岐氏の一族で、尊氏もまた同じ源氏でした。
尊氏は慕っていた後醍醐天皇に謀反を起こしたことで有名ですが、その決意を固めたのが篠村八幡宮だっやのです。
部下たちに起請文を書かせます。
日付が変わった6月2日0時ごろ・・・沓掛に・・・。
光秀は、全員に小休止・食事をさせ・・・天野源右衛門に「不審者を見つけたら、構わず切り捨てよ!!」と命じます。本能寺に向かっていることを知られないように、怪しいものはみな切り捨てよということです。
この時、天野は農民まで斬りつけたと言われています。
本能寺まであと5キロ・・・戦の用意をさせます。火縄銃も・・・!!
謀反を知らない兵士たちがざわめきますが・・・
「今日より我が殿(光秀)は天下様にお成りになる。
 下々の者、わらじ履きの者たちまで勇み喜ぶがよい!!
 手柄の次第によって、処遇の高下を決めよう!!」と言われるのでした。

秀吉の援軍という大義名分を利用した光秀の周到な策だったのです。


本能寺の変から400年以上・・・怨恨説、信長自滅説、野望説、ノイローゼ説、朝廷守護説、救世主説、人間性不一致説、突発説、黒幕説、内通露見説、信長自殺説、信長不死説・・・いろいろ言われてきました。時代を超えて人々を惹きつけてきました。

野望説の根拠は・・・3日前に呼んだ句・・・
「ときは今 あめが下しる 五月哉」です。
どうして謀反を起こしたのか・・・??

長く伝えられてきたのは①怨恨説です。
江戸時代に書かれた「川角太閤記」に書かれています。
が・・・江戸時代に書かれた作品で・・・信長のイメージは冷酷非道となっていました。
信長=悪役というイメージ先行でした。
信長譜代の家臣でない光秀は、斎藤道三に仕えていましたが、勢力争いに巻き込まれ離散・・・放浪の末に、越前の朝倉義景に仕えます。身分は足軽でした。
転機があったのは1565年、京を逃げてきた足利義昭に信長を紹介する役目をすることとなりました。
帰蝶の母が明智の家系で、いとこ同士・・・その縁を頼ったようです。
権力を握るためにも足利家と近づきたいと思っていた信長は、橋渡し役の光秀を取り立てて自らの家臣に!!
光秀は、知識人で才覚に優れていたので、翌年には京都の政務についています。

1575年交通の要所である丹波国の攻略を4年がかりで平定!!
信長は、「丹波国での光秀の働きは、天下の面目を施した」と言われています。
褒め称え、光秀に丹波国29万石を与えたのでした。
足軽から一国の主にまで取り立ててくれた信長に対し、
「瓦礫のように落ちぶれていた自分を召し出し、そのうえ、莫大な人数を預けられた
 一族家臣は、子孫に至るまで信長さまへの御奉公を忘れてはならない。」
光秀がこれを書いたのは・・・本能寺の変の1年前のことでした。

②黒幕説
光秀の黒幕として一番有力視されているのが足利幕府15代将軍・足利義昭です。
義昭は、信長の後ろ盾があっての将軍でした。
なので、実権は信長が掌握!!
業を煮やした義昭は1573年兵を挙げますが・・・制圧され、京から追放されてしまいました。
それでもあきらめられない義昭は、旧知の仲の光秀に謀反を持ち掛けた??

③家康共謀説
信長の家康暗殺計画を光秀が利用したという説ですが・・・。
家康は、信長と20年にわたって同盟関係でした。
この頃から三河を手に入れようと思っていた信長・・・
家康を本能寺に招いて光秀に討たせる??というものです。
これに対して信長の横暴さに耐えかねていた光秀が共謀して本能寺で家康を待っていたところを討ったというものですが・・・
信長にとっても家康にとってもお互いが大切なパートナーであったことには間違いありません。
勝つという見込みのない物に、家康は挑戦しません。

そしてさらなる新説が・・・。
本能寺の変の直前、長曾我部元親と光秀の重臣・斎藤利光との間で書かれたものです。
④四国・長曾我部問題説
1575年10月、阿波国・三好氏と対立していた信長は、四国統一を目指していた土佐の長曾我部元親と同盟を結びます。
この時の取次役は光秀!!
信長は元親に約束します。
「四国における勢力圏の展開は、元親の手柄次第にせよ」
信長という強力な後ろ盾を手にし、破竹の勢いで勢力を拡大!!
阿波のみならず、四国を平定しようとしていました。
しかし、この勢いに危機感をいだいた信長は・・・
「本国の土佐と阿波の南半国は安堵するが、讃岐と伊予は召し上げる!!」としました。

元親はこれを一度は拒絶するも、光秀の説得もあり承知しました。
しかし、信長は、すでに準備していた四国征伐を中止せず、三男・信孝に出陣を命じます。
予定日は1582年6月2日!!まさに、本能寺の変の当日でした。
この四国征伐を阻止するために、本能寺の変を引き起こした・・・??
この手紙そのものには、元親の苦悩があり、光秀の取りなそうという苦しみもあります。
一つの要因となりますが・・・。

⑤信長横暴阻止説
本能寺の変当日に、光秀が旧知の武将に宛てた手紙には・・・
「信長の悪虐は、天下の妨げ・・・討ち果たし候。」とあります。
悪虐??
信長は気性が激しく、目的の為ならば非道な行いも厭いませんでした。
刃向かうものは実の弟でも抹殺!!
義理弟(浅井長政)家滅亡!!
比叡山焼き討ち!!
石山合戦!!
人々が恐れおののきます。
そのうえ、信長は権威のために、天皇家の皇子を養子に迎え、朝廷との関係を強めます。
が・・・天皇家にも横暴な態度を・・・
天皇が決めていた暦、年号・・・これは、陰陽師・安倍晴明の子孫に当たる土御門家が制定した”宣明歴”が使われていました。
しかし、信長は、尾張を中心に流布していた尾張暦を勝手に使っていたのです。
二つの暦の決定的な違いは閏暦・・・。
この頃は、1年が354日の太陰暦でした。
3年に一度閏月を設けて暦のずれを直していました。
本能寺の変が起こった年も閏月です。
新年のはじめを閏1月にする宣明歴と、年の終わりを閏12月信長の暦では新年が変わってきます。
ここで、朝廷と対立したのです。
京都で公家との交流も盛んだった光秀は、公家たちの不満を耳にしていました。

時まで支配しようとしていた信長・・・!!

正親町天皇から誠人親王に譲位させ。。。
養子にしていた誠人親王の第五皇子を新天皇とし、天皇の義父として君臨しようとしていたようです。
常識人だった光秀にとっては、目に余るものがあったのです。
もう一つ許せなかったのは・・・織田氏は藤原でしたが、ある段階から平氏を名乗っています。
源氏の光秀にとって、兵士を名乗る信長が天下を取るのは許せなかったのかもしれません。
そう、幕府を開いた源義朝・足利尊氏は源氏直系なのです。

平氏が天下を取るのなら、それは阻止しなければならない・・・??
1582年5月29日、秀吉の毛利攻めの援軍として出発し、京・本能寺に宿泊!!
信長の京での目的は、茶の湯に傾倒していた信長が、これまで信長が集めてきた茶器を公家たちにお披露目することでした。

本能寺の変の1日前の6月1日・・・
信長は、本能寺に公家や僧侶など40人ほどを招き、茶会を催し、持ってきたいくつもの茶器を披露します。
ご満悦の信長は、陽が落ちるとそのまま酒宴へ!!
そこには、近くの寺にいた長男・信忠もいました。
親子は久しぶりに酒を酌み交わします・・・これが、最後とも知らず・・・。

信長が床に就いたのは、日が変わったころ・・・。
酔いしれたせいか深い眠りに・・・しかし、6月2日午前4時!!
京に入った光秀軍が本能寺を取り囲みます。
光秀軍1万3000に対し、信長軍150!!
静かな夜は、一転、修羅場と化したのでした。
喧騒で目を覚ました信長は、下々の者が喧嘩でもしているのだろうと楽観していたようです。
しかし、森蘭丸から謀反を知らされると・・・「是非に及ばず!!」と、弓をとり、次々と敵を迎え撃ちます。
しかし、肘に深手を負ってしまい・・・「もはやこれまで!!」覚悟を決めて本能寺に火を放ち、自害するのでした。

その後、光秀たちは懸命に信長の遺体を探しますが・・・髪の毛一本すら探すことが出来なかったのです。
信長の遺体は何処へ・・・!!
火災によって燃え尽きてしまった・・・??
木造建築が燃え尽きるのは1000℃、人骨が完全に燃え尽きるのには1600℃以上必要です。
この時の火災だけで完全に燃え尽きたとは考えにくいのですが・・・。
信長の家臣が持ち去ったのか・・・??
しかし、周りは光秀の兵1万3000!!そんな余裕はなかったはずです。
信長の遺体はどこへ消えてしまったのでしょうか・・・??

遺骨一本さえ残っていない・・・その手掛かりは本能寺にありました。
信長は、鉄砲を重用し、種子島→堺の豪商を介して、鉄砲や火薬を入手していました。
そして信長は、戦に大量の鉄砲や火薬を使っていました。
その保管先の一つが本能寺だったのです。
そのため、当時の本能寺には、多くの鉄砲や火薬を置く保管庫があったと思われます。
敵に自分の首をとられないために・・・遺体を晒さないために・・・
大量の火薬に火をつけ爆破!!
跡形もなく吹き飛ばしたのではないか??とも言われています。

1582年6月2日信長自害!!


人間五十年  下天のうちを比ぶれば
                  夢幻のごとくなり


短くはかない人生を、天下取りの野望に向かって突き進んだ信長・・・49年の壮絶な生涯でした。



↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

本能寺の変 秀吉の陰謀 (祥伝社黄金文庫)

新品価格
¥691から
(2016/4/30 08:16時点)


本能寺の変 つくられた謀反人 光秀

新品価格
¥1,728から
(2016/4/30 08:17時点)



このページのトップヘ