日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:杉百合之助

会津藩VS長州藩 (ワニ文庫)

新品価格
¥741から
(2015/5/9 10:07時点)



GWを挟んで久しぶりの「花燃ゆ」更新です。
お話は前半のクライマックス・・・いよいよ松陰が江戸に送致となります。。。

hana4

















玄瑞が萩に帰ってきました。
ホッとしたものの、寅次郎の一件で文は気が動転していて・・・
書物を探し出しました。

「兄上を元の姿に戻す本が、このどっかに・・・きっとあるはずです!!
 旦那様となら、きっと見つかります!!」

違和感大有りの発言・・・
手元にある本を読んであの頭になったのですよ・・・たぶん。。。
戻ったばかりの玄瑞は、優しく一緒に探してくれます。
ここも違和感・・・。
現代風な対等夫婦に書かれているようなところが、違和感なのかなあ。。。
当時の夫は、こんなに優しかったんだろうか・・・
それとも、文の気がきつかったのかしら・・・

”吉田寅次郎御吟味の筋、これあり!!”

江戸からの召喚状が、長井雅樂によってもたらされました。
小田村伊之助も、周布政之助も、高杉晋作も・・・みんないろいろ頭をよぎります。
寅次郎の命・・・藩の行方・・・

兄・梅太郎によってこの事は、寅次郎の耳にも入りました。
どちらかというと・・・寅次郎は清々しいような気持に見えます。
「江戸送りの段、謹んで承りました。
 ありがとうあんした。」
 ひとつだけお願いがあるんですが・・・」
自分の肖像画を描いて欲しいという寅次郎。

まるでお別れのようじゃね・・・
と、杉家の女たちはまたもやお目出度い。。。

叔父上や父上は・・・その意味が解っているようで・・・
じたばたする文・・・寅兄の方が見苦しいという文。。。
そうか・・・??

ここら辺の脚本が、浅はか・・・??

「われらは・・・われらを生きねばならん・・・ 
 たとえ・・・寅次郎を亡くしたとしても・・・」by百合之助

そうだよね・・・その意見の方がまっとうなんだと思う。
当時の武士の世界では、理不尽な死に方をした人なんてたくさんいたと思うのです。
寅次郎のように、老中暗殺なんかを考えているなんて・・・本人はもとより、藩もお取り潰しなんじゃないの・・・??って思うのです。
文一人がどうすることもできないし、その”じたばた”よりも、”いさぎいい”のが武士なんじゃないのかな・・・??

そして・・・あの肖像画が描かれるのでした。

syouin
野山獄では・・・心も決まったのか、江戸で幕府の者たちを前に、自分の意見を・・・思うところの全てを言えることの喜びに打ち震えている寅次郎・・・。

草莽崛起・・・思う存分主張できる・・・!!

家族のもとへ一度返してほしいと伊之助のもとに頼みに行く梅太郎と文・・・
でも、許してはもらえず・・・
でも、主人公・文と、野山獄の番・福川犀之助のおかげで帰ってきました。


文目線で書かれていますが・・・この事については、長州藩もほんと、心配だったようです。
だって、江戸に行って寅次郎が何を主張するのか・・・ドキドキ・・・そこが心配だったからです。
最悪の場合は・・・藩のお取り潰し・・・
長州藩としては、このままひっそり野山獄につないでおくのが一番いいと思っていたかもしれませんね。

兄・寅次郎を迎えに来たのは、兄を憎んでいた寿でした。

「旦那様の言いつけでございます。
 杉家には、すでに知らせが行っております。
 皆、首を長うして待っております。

 兄上の妹であることが嫌でした。
 兄上を誇りに思えと迫る父上も母上も叔父上も文も・・・何もかも大嫌いでした!!

 ・・・小田村に嫁がせてくれたんは、兄上でした。」by寿

お・・・良いですね、このシーン。。。寿。。。
自分の子供を兄・寅次郎に見せ・・・ここで別れるという。。。
いつも思っていたのですが、この寿の感情が普通だと思うのです。
きかん坊な兄・・・どむならな兄なんですから。。。

杉家に帰ってきた寅次郎・・・
家族との何気ない時を過ごす寅次郎がそこにはいました。

hana3













「長崎から帰った時も、脱藩してこっそり萩に戻った時も、こうして流してあげましたね。
 ・・・
 今度はどねえな話を聞かせてくれるんだろうねえ・・・
 江戸で流行の芝居の話やろうか。。。
 粋じゃという火消の話・・・そうそう、女子の話もそろそろ聞きたいもんじゃねえ・・・
 聞かせてくれますね。。。」

「・・・・・・・・・・・・はい・・・必ず・・・必ずお聞かせいたします。
 それまでどうぞ・・・末永く達者で。。。」

本当は、涙、涙のお別れ感動シーンなんですけどね。。。
なんで泣けないんだろうか・・・滝さんのせいなんだろうか。。。

でもって・・・
hana2













「お話があります。。。」と、寅次郎を逃がそうとする文。。。
そうなることで、杉家や福川殿、ひいては徳川幕府に対する長州藩の立場・・・何にも考えていない文なんです。
これは・・・ちょっとねえ・・・
今風過ぎるというか・・・
当時は個人というよりも、もっと主君や家を大事にしたと思うんですよね・・・。
私が少女漫画が嫌いなのは、タイタニックみたいに、自分や恋人が助かる為に全てを正当化しているようなところなんです・・・。
どちらかというとこの時代、少年漫画のように大義名分のために戦って・・・
女性はそれに従っていたと思うのですが・・・私が男尊女卑過ぎるんだろうか・・・。

で・・・けっこう蚊帳の外だった玄瑞も、最後のお別れをするのでした。
そして・・・塾生が寅次郎を囲んでの講義が始まるのでした。

不安だ・・・寅次郎がいなくなって・・・どうやってこの作品の芯が・・・ぐだぐだになっちゃいそう

野山獄へ戻って・・・高須久子との別れ・・・
私は私でいられるじゃろうか・・・
ここが弱い寅次郎なので、一番人間らしかったかもしれません。

高須久子の事は同志??とも言われています。
なので、心を許せる人だったのかもしれませんね。

1858年5月25日・・・寅次郎が萩を立つ日は雨となりました。
    
寅次郎が移送中の画像と共に・・・??楽しくお食事中の杉家が・・・
早くね??と思いつつ・・・そうだ・・・あの杉家の違和感はここだったんだ・・・と確信しました。
そう・・・だれも泣かないし、取り乱さない・・・”せわあない”とニコニコ精神がおかしいんだ・・・!!

普通、息子が江戸送致なんかになったら、顔で笑っていても苦しんでもがいている風がもっと書かれてもいいのに・・・。
いつも笑っている仮面家族っぽいところだったんだ・・・。


「帰らじと
   思ひさだめし旅なれば
     ひとしほぬるる 涙松かな」by吉田松陰

そして・・・いよいよ井伊と対決です!!

ほんと・・・寅次郎が死んじゃったらどうなるんだろう・・・このドラマ。。。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

日本を超一流国にする長州変革のDNA (双葉新書)

新品価格
¥896から
(2015/5/9 10:07時点)

高杉晋作と長州藩―維新の大業を成した時代の寵児を超ビジュアルに解説 (双葉社スーパームック CG日本史シリーズ 19)

新品価格
¥1,008から
(2015/5/9 10:08時点)

吉田松陰一日一言

新品価格
¥1,234から
(2015/5/7 10:08時点)



「花燃ゆ」総集編??

このGWにあわせてか・・・松陰の死にあわせてか・・・「花燃ゆ」の総集編がやっていました。
??総集編って、いつも年末にやってるよね??
なので、打ち切り??なんて話も噂されていますが・・・。
ちょっとびっくりしましたが・・・籾井会長のトップダウンなんでしょうか??

hana























個人的には、最近の花燃ゆは面白くなってきたかな??と思います。
杉文がメジャーでないとか、いろいろ言われていますが、井上真央ちゃん、とっても頑張っていると思います。

ほんとびっくりしました。
GWの主婦ということもあってみてないんですけどね。。。

ドラマでは吉田松陰が死んじゃいましたが、もっと思想的にカッコよく描いて欲しかったなあ・・・とは思います。
ほんと、思想は何処??のテロリストでしたから・・・

本当に、テロリストだけだったりして・・・
でも、今回の大河ドラマの主人公の兄なんだから、もう少し思想的にカッコよく書いてくれてもいいんじゃないの??

ま、この時代、若くして命を落とす志士=若いので、ドラマメンバーもあれぐらいの歳で間違いないのですが・・・
やっぱりドラマとしての重みとなると違うのかなあ・・・なんて思ったりなんかして。。。
ひとりひとりの演技は良いと思うのですが・・・若手の演技力か・・・
お話はなかなか面白いんだけれど、主人公が女性ということもあって、おにぎりなんか出てくると現実味があるというか・・・引き戻されちゃうというか・・・
ぐいぐい引き込まれないところが駄目なのかなあ・・・

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

吉田松陰――久坂玄瑞が祭り上げた「英雄」 (朝日新書)

新品価格
¥778から
(2015/5/7 10:08時点)


吉田松陰の女子訓

新品価格
¥1,404から
(2015/5/7 10:09時点)



吉田松陰『留魂録』 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)

新品価格
¥1,512から
(2015/4/30 10:18時点)




安政の大獄・・・井伊直弼は、反対派の人々を次々と処罰していきます。
井伊の右腕・間部詮勝の暗殺を企てる吉田寅次郎・・・それが藩のお偉いさんにばれて、再び野山獄へ・・・!!

かなり偏屈になってきた寅次郎・・・。
相変わらず・・・玄瑞や晋作に檄文を送るように文に言ってますが・・・
それって、獄に繋がれてるんだから、送らなかったら良いのにね??と、素直にそう思いますよ。。。
家族で、寅次郎の命が大切なら・・・。

おお・・・井伊直弼は、本当に貧乏くじです。
幕府で・・・お正月に一番最初にお汁粉をいただけるのは、井伊家だそうで。。。
さすが、徳川恩顧な譜代大名です。
後の世が徳川の世ならば、そんな極悪人にされなかっただろうにね。。。

hana1


















梅田雲浜が拷問にあっている中・・・
玄瑞と晋作のもとに、師匠・寅次郎から檄文が届きました。

間部詮勝を討てと・・・!!

晋作は、間部一人を殺したところで何も変わらないと、冷静な判断。
小五郎に釘を刺され、玄瑞も同じ意見でしたが・・・
寅次郎へのその返事は・・・

hana2














「間部老中要撃策、拝読いたしました。
 先生のお覚悟、感激に堪えません。
 しかし今、義の旗を立てて決起することは、容易なことではございませぬ。
 今はどうか、胸中の志をお抑えください。
 時をお待ちください」

ん~、なんて、日本的なお手紙・・・建前と本音がちゃんとできてる。。。
その手紙に絶望する寅次郎。


その頃、伊之助のもとには・・・塾生たちが抗議に訪れていました。
藩の諸悪の根源は、伊之助ではないのか?
塾を潰したのは、伊之助ではないのか??と。

「寅次郎は、投獄されて当然。
 村塾は潰されて当然。
 そうは思わんか・・・??
 野村靖、寺島忠三郎、品川弥二郎・・・
 血気盛んは若者の特権じゃが、君らは一度でも老中暗殺の是非を、自分の頭で考えたか?
 猿でももちいと頭を使うぞ・・・!!

 前原一誠・・・君は日出村の出じゃな・・・。
 君にとって守るべきは、日出村であり、その民ではなかったんか??
 ならば、幕府の老中を暗殺することで、目出村の民がどう飢えから救われる??

 玉置彦介・・・お父上の文之進さまは寅次郎の兵学の師じゃ・・・
 実の息子として、あの天才と比べられるのはさぞかし辛かろう。
 猛々しいことをやってのけようとするのは、お父上に認められたいんか。

 亀太郎、君は魚屋というより素晴らしい絵描きと聞く。
 絵筆を刀に持ち替えて、人を殺すだけの意味が君にはあるんか??
 
 入江九一・・・君が、口数が少ないわけが俺には分るぞ・・・
 君は江戸を見てきた・・・この連中がいかに世間知らずか・・・本当は解っておるはずじゃ・・・

 君らがお祖るるに足らんのは、この中のひとりとして己の本心から動こうとしとる者がおらんからじゃ!!
 まことに何かを成そうとするものは、世間を知り、人を知り、藩という組織の動かし方を知ろうとするもんじゃ!!
 そういう人間が、君らの中から現れた時、藩は君らを初めて恐れ、その声を聞くじゃろう・・・!!」by伊之助。

伊之助の言葉に・・・ぐうの音も出ない塾生たち。。。


その頃玄瑞と晋作のもとへ寅次郎の文が届きました。
憤慨し・・・「絶交するしかない・・・!!」という文が。。。
いや・・・激しい性格なのはわかるのですが・・・なんとも、松陰先生の志をもっと明確に出してくれないと、ただの我儘でやりたい放題になってしまっている・・・。
そんな寅次郎の文に悩まされるふたり・・・。

そして・・・杉家にも、江戸の小五郎から手紙が届くのでした。
そこには・・・塾生たちと寅次郎との手紙を止めさせるようにと書かれていました。

伊之助も、小五郎もみんな・・・寅次郎のことを思っていろいろ動いてくれているのに・・・
杉家の人たちは・・・文は反対なの・・・??
そこらへんの感覚がおかしい・・・って思っちゃうのは私だけ??
藩から・・・硯と筆を没収される寅次郎・・・ここら辺は当たり前だと・・・
だって・・・どこをどう切ってもテロリスト・・・。

hana3














塾生たちに届いた寅次郎からの手紙には・・・
江戸に向かう敬親公を京の伏見で待ち伏せし、そのまま天子様のおられる御所へお連れして、攘夷決行のお許しを願い出る・・・という伏見要駕策でした。

失敗したら死罪・・・それを覚悟の上でやれという・・・

「誰が・・・行く・・・??」

二の足を踏んでしまう塾生たち・・・この頃はやっぱりまだまだ普通の人間だったのね。。。

吊るし柿の差し入れを持ってきた文に・・・「久坂君からの手紙は・・・??」なんて寂しそうに聞く寅次郎・・・。
だってあなた・・・絶交したじゃない・・・。
みんなに手紙を送ってから1か月もたつのに返事が来ない・・・不審がり落ち込む寅次郎・・・

どうして自分の気持ちを・・・志を理解してもらえないのか・・・??
野山獄で、悩み苦しむ寅次郎。。。

誰もいかないので・・・弟・敏三郎が行くと、野山獄にやって来ました。
自分は寅兄を信じる!!味方だ・・・!!と。
自分の声が届かないことが苦しい・・・!!と。。。その寅次郎の想いは、口がきけない自分にはよく分る・・・!!と言っているようでした。

が・・・??寅次郎・・・自分の弟だったら駄目なんかい・・・??

その頃・・・杉家では、寅次郎のために家族の手紙を書きだしました。。。
って、、、呑気ですよ。。。
寅次郎がいる悲壮感、全くなしの杉家なのでした。ほんと、亀さん、よく耐えてるよね~~

決断しようと集まってきた塾生たち・・・
九一は、わが家には男が二人いる・・・という理由だけで伏見要駕策を決行しようとします。
止める弟・・・自分が行くという。
松陰先生との付き合いは、自分の方が長いから・・・
「兄上・・・行かしてつかあさい!!」
とめる妹・すみ。。。

弟・野村靖が脱藩して京へと向かいました。
寅次郎の伏見要駕策を決行するために!!

すみは文を罵ります”うそつき!!”と。
兄上たちが、危険な目に遭っている・・・
「このままじゃ・・・あんたの兄上に殺される!!
 お願い助けて・・・!!」
そりゃあ・・・そうだ。。。
脱藩なんて・・・

そして・・・ここにも・・・
「助けてください!!」by一誠
伊之助に助けを乞う前原一誠がいました。
京都で騒動を起こす前に・・・!!

野山獄に寅次郎を訪ねてきた文・・・
伊之助と共に・・・野村の事を伝えにやってきたのです。
そして・・・藩から追っ手が出たことを知り、入江九一が自首してきたことも。。。

二人とも、策の首謀者は自分だと・・・兄弟とも、岩倉獄に繋がれることになるだろう。。。と。

で、なんで、硯と筆と持ってくんねん・・・!!
「寅兄の字が好きです。」
??そんなん、どうでもいいやろ・・・??
命賭かっとんねん・・・

そして・・・泣きながら・・・寅兄は人を救っている??すごい人だから・・・ただ帰ってきてほしいというのでした。
英雄になんかならんでええから、ただの兄上として。。。

「酷なことを言うのう。。。
 それは、僕の人生ではない。

 文、兄は死にたいんじゃ。
 こねな僕でも、死んで見せれば・・・心を動かして立ち上がる人間もおるじゃろう。
 僕がそうして見せなければ、どれだけ待ったところで志を持った者たちが、決起することは・・・永遠に来ん!!
 僕はもう・・・死ぬことでしか、生きられん・・・!!」

「お前の死に場所は、こねえな所じゃない・・・。
 顔をあげろ!寅次郎!!」by伊之助

「いつになろうと君は、僕を止めることしかできん。
 死ねん人間だからじゃ!!
 君も、久坂たちも。。。
 ”死ぬ覚悟はある、じゃが無駄死にはせん・・・”
 そげなことは嘘じゃ。。。
 ”時が来る!!今ではない!!”
 そう言い続けて、何を成すこともなく人生が終わるんじゃ・・・!!
 声をあげん者の・・・声が届かん者の気持ちは解らん!!
 事を成さん者に、失敗した者の気持ちは解らん!!

 伊之助!!
 いつだって、お前は、はたで見物するだけじゃ・・・。
 おまえなど友ではない。。。!!
 口先だけは立派なことを言うて、何の行動も成すせず・・・。
 そういう人間を、ぼくは最も憎む!!

 ・・・僕も同じじゃ。。。
 僕は僕を憎む!!
 何の役にも立たん!
 世のため、人のために・・・なんも・・・!!

 僕には真心が足りんのじゃ。
 僕の至拠は伝わらん!!
 その証拠に・・・僕はいっつも間違うた。
 僕は何を成した?!
 全て失敗じゃ。
 猛々しいことをすると・・・口では言うといて、何を成すこともできん!!
 ・・・何も成せずに生きることが・・・恐ろしいんじゃ。。。」by寅次郎

牢獄で・・・怒り狂う寅次郎。。。
そこには・・・呆然とする伊之助と・・・泣き崩れる文がいました。

う~ん・・・ほんと、この門下生たちも含めた家族は、寅次郎に対して優しいというか・・・。
この時代・・・命よりも大切なものがあったんだろうか・・・?
なんて思うのですが、それを言うと、幕末に戦った人みんなそうなので・・・。

例えば、試衛館(新選組)のみんなは、多摩の農民なんですが、将軍様の御膝元ということで、何かがあれば馳せ参じる覚悟をもって、農業をしながらも剣術の稽古に励んでいました。
そんな人たちが幕府のために戦う!!そこにはまさに”義”とか”誠”があって・・・
そう思う私には、すぐにピストルに飛びつく坂本龍馬が解んないんですが・・・。
吉田松陰も、このドラマだけを見ていると、駄々っ子のテロリストみたいに見えてしまいます。
「君の志はなんだ??」と、門下生には聞いているのに、その門下生が命を懸けるほどの魅力を寅次郎に感じないというか・・・。

「僕には真心が足りんのじゃ。
 僕の至拠は伝わらん!!」と言っていますが・・・
ドラマ的にお茶の間にも伝わっていませんよ。。。
これでは危険なテロリスト以外の何ものでもないし、実際もそうだったのかもしれません。
個人的には悪者化している井伊直弼が気の毒というか・・・。


ま、この時点で、寅次郎をみんな躍起になって止めていたのも事実なんですが・・・。
ほんと、野山獄につないで取り合わなかったらどうなっていたんだろう・・・??
みんな、優しすぎます。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

新品価格
¥1,620から
(2015/4/30 10:18時点)

感化する力 ―吉田松陰はなぜ、人を魅きつけるのか

新品価格
¥1,620から
(2015/4/30 10:19時点)

人はなぜ勉強するのか―千秋の人 吉田松陰

新品価格
¥1,080から
(2015/2/4 11:52時点)




通称・杉百合之助さん・・・杉常道さんです。

”花燃ゆ”では長塚京三さんが演じてくれています。

sugi
杉百合之助は1804年2月23日生まれ。
父は、長州藩の給通組士・杉常徳(杉 七兵衛)でした。

1824年に、杉家の家督を相続し、1825年に児玉太兵衛の養女・滝を迎えました。

家格は無給通組・・・つまり下級武士上等・・・で石高は僅か26石と極貧の武士でした。
なので普段は農業もしてて生計を立てて・・・7人の子供を育てました。

1828年、長男・杉梅太郎(杉民治)が誕生。。。
1830年、記録御次番役に就任。
そして・・・1830年8月4日には、ついに・・・次男・杉寅之助(のちの吉田松陰)が誕生するのです。
この時、杉百合之助は26歳でした。

1835年、呉服方に就任。
この年・・・弟・吉田大助が死去したため、吉田家(家禄57石)の家督を、次男の杉寅之助(吉田松陰)に相続させたのでした。

hana4
でもって・・・1839年、大河”花燃ゆ”の主人公・・・次女・杉 寿が誕生するのでした。

松陰が許された時に、塾をすることを薦めたのは父・百合之助でした。
そして・・・松下村塾の主催者となった松陰の・・・最初の生徒となったのも、この父・百合之助と長男・梅太郎でした。


吉田松陰が入獄する際に・・・

 「家君(かくん)欣然(きんぜん)として曰く(いわく)
  一時の屈(くつ)は万世(ばんせい)の伸(しん)なり、いずくんぞ傷まん(いたまん)」

吉田松陰が処刑される直前に歌った句。
 「親 思う心にまさる親心今日のおとづれ何と聞くらん」

と贈っています。 

 
1859年5月、吉田松陰が江戸護送になると、杉百合之助も責任を問われ、藩職を罷免。。。
この時、杉百合之助は55歳。
1860年に家督を長男・杉梅太郎に譲ります。
1863年・・・藩政改革で長州藩士として復職し、百人中間頭(ちゅうげんがしら)兼盗賊改方となっています。
1865年3月、辞職してほどなく死去。62歳

こう見ると・・・本当に松陰に振り回された一生ですよね。。。
ま、親なので、子に振り回されるのは当たり前でしょうか・・・??

写真でも本を懐に入れていますが、読書の好きな・・・
長塚さんが演じると・・・ほっこりなお父さんな感じがしますが、寡黙で、めったに笑顔を見せない厳格な父親でした。
子供たちの教育にはとても熱心で、松陰の勤勉さや、一途な性格は父から受け継いだと思われます。

これからも苦悩する日々が続きますね・・・百合之助さん。。。
頑張って

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村


幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

吉田松陰と松下村塾の秘密と謎

新品価格
¥1,404から
(2015/2/4 11:52時点)

幕末三國志―日本の歴史を大きく変えた長州藩・薩摩藩・佐賀藩

新品価格
¥3,024から
(2015/2/4 11:53時点)

逆境をプラスに変える 吉田松陰の究極脳

新品価格
¥1,620から
(2015/2/3 14:41時点)




お~~~いきなり寅次郎が黒船に乗り込んでしまったところから始まりました。

hana













寅次郎、すんごい顔して密航していますが・・・この件は・・・もう終わり・・・??
ちなみにこの密航を企てるに当たっても・・・
下田に潜伏して密航の機会を待っていました。
ここだけでもいろんな話が作れそうですが・・・
OPが終わった瞬間にこの始末。。。

hana5











あ~、もしかすると、この作品の最大の見どころかも知れないのに・・・??
寅次郎は下田から江戸に送られ・・・伝馬町の牢に入れられてしまいました。

おお・・・怒り狂っている文之進が、佐久間象山(八重の桜)に見えてしまう。。。
ここでもプチ混乱発生。。。
最近のドラマで思うのですが・・・”人気がある”と、どこでも使うということ。。。
やっぱりその役が抜けきってからの新しい役をしてほしいの。。。

長州の家族は・・・寅次郎に翻弄され・・・色々な想いを感じていました。
まあねぇ・・・まだまだ小さい文にはどうすることもできないことなのですが・・・だからこそ、もっとガッツリ描いてほしい。。。

とりあえず、責任をとって腹を切ろうとした梅太郎に・・・
”おまえさま・・・
 お帰りになられてからずっとせわしかったんで、言いそびれちょりました。。。
 「おかえりなさいませ」
 よう・・・お戻りになられました。
 ほんに・・・ご苦労さまでございました。”

”ん・・・”

梅太郎と亀・・・このシーンが良かったですね。

これぞ、武士の妻って感じです。
言葉にしなくてもわかるってところが、控えめで・・・でも”自害するかどうか”追求しないところが優しくてとっても良いです。
日本人的ですよね。

「寅次郎は長州の宝ぞ・・・」という敬親。。。これ一辺倒で突っ走るんだろうか・・・??

お・・・
「初めから述べてみよ。。。」と、番所で寅次郎が企てた密航について話し出しました。
やってくれるんだ・・・良かった。。。

1854年・・・下田に来たペリーの船、ポーハタン号に乗り込みます。
小舟に乗って同行するのは、一番弟子の金子重輔。
目的は・・・敵を知るために・・・!!

ちなみにこの時、ペリーは熱心なこの青年たちに感激し、連れていきたいと思っていました。
が・・・条約も締結し、幕府に対して波を立てるのもどうかなあ・・・??と思ったので・・・
懇願する寅次郎と重輔を・・・
”大目に見てあげてね”と、幕府に引き渡したのでした。

で・・・やっぱりこの国の行く先を愁いでいた寅之助。。。
国禁を犯し・・・処罰されるのを覚悟で番所に名乗り出たのでした。


お・・・伝馬町の牢で・・・罪人相手に説教し、粋がっている寅次郎ですが・・・
当時は牢名主がいて・・・お金を包まないと駄目でした。
そう・・・牢名主にお金を包んだら厚待遇だったの。。。
最初、お金を持っていなかった寅次郎は・・・最下層に置かれたそうですが、江戸藩邸から金子を用意してもらってなんとか頑張れたと言われています。

ま・・・この牢でも講義したっていうから、ほんと日本の行く先ばっかり考えてたんでしょうね。

萩では・・・トラブルばっかりの杉家に冷たい人々。。。
文は・・・なんだか父・百合之助の様子がおかしいことに気付き・・・。
もうすぐ生まれてくる寿の子に駕籠を作ってくれるように頼むのでした。

hana3

















何を考えている??百合之助??

そして・・・
寿は男の子を出産・・・篤太郎の誕生でした。
お・・・まさに赤ちゃんです・・・かわいい。

そこに帰ってきたのは小田村伊之助・・・寅次郎の知らせを・・・国許での蟄居を伝えに”杉家”に帰ってきたのです。
寿も”杉家”で暮らせばいいのに・・・。
生まれた子供よりも寅次郎の心配をする伊之助・・・。
でも・・・寿に会いに行っていないことより、寅次郎が伊之助に思われて幸せだと喜ぶ母・滝っておかしくない・・・??

公儀に許されて帰ってきたとはいえ・・・
寅次郎は国禁を犯した大罪人・・・長州藩としてはどう裁く・・・??


そして父・百合之助は何を想う・・・??
って・・・父が孫に会いに行ったり、孫に書物をやると言ったり、孫にお守りをあげたり・・・
フラグはたくさん立っているのに、なんでみんな分かんないかなあ・・・。
父の本心を!!

そう・・・気付いたのは文のみ・・・
って、滝さんお気楽すぎないかい・・・??

そのくせ、父は文に・・・寅次郎を支えて守れという・・・
そうか・・・滝さんが当てにならないからか・・・??

寅次郎は・・・野山獄につなぐというお達しが出ました。
そして・・・父・百合之助には、育役を続けよというお達しが。。。
父上の切腹願いは差し戻されたのです。

「生きてつかあさい」は長兄と・・・父だったのよね。。。
だって、寅次郎は自業自得・・・。

帰ってきた寅次郎は野山獄に・・・身分の低い金子は岩倉獄へと収監されました。
hana2













あんなに旅に出るのが好きな子だったのに・・・みたいなことを滝さんが言って・・・
そんな兄のために書物を運ぶという文。。。
ほんと、助かっただけでもありがたいのに、やっぱちょっとずれてますよね。。。

gokuこの野山獄と岩倉獄・・・

どうしてできたのか・・・??
昔・・・岩倉さんが酒に酔っぱらって野山家に斬り込んでしまいました。

で・・・長州藩は野山家に岩倉孫兵衛を幽閉・・・斬首の刑にしました。
が、喧嘩両成敗ということで、両家はお取り潰し、屋敷は没収され・・・
牢獄として活用したのでした。

ちなみに、斬り込んだ岩倉側に非があるので、士分の者を収容する場合に上牢・野山獄、庶民を収容する場合に岩倉獄となったのです。


寿が・・・
野山獄からは帰ってこれない・・・みたいなことを言っていましたが・・・。
実はこの野山獄、寅之助が入った時は全部で11人・・・士分は2人だけで、他の9人は家族の申し出によって借牢されたものでした。

そして寅之助の場合も・・・
渋々百合之助が借牢届をだして・・・それを藩が受ける形になっていました。

”入ったがさいご出ることのできない牢”は、家族から申し出て無期限に入牢させられる・・・そこに”出られない”があって・・・

拷問は無く、囚人同士の交流有、親族も出入り自由、差し入れ自由・・・ただ・・・刑期の終わりのない希望のない生活をしていたのです。

ただ・・・岩倉獄の環境は劣悪で・・・着物や食べ物も満足に支給されていませんでした。
もともと江戸から搬送されてくる間に体調を壊していた金子・・・この岩倉獄で無念の死を遂げています。

とりあえず・・・ガンガン行く寅次郎に怒ることなく、責任をとってやろうという・・・本当に甘い人たちの集まりですね。
怒り狂っていますが、文之進おじさんの方が正しいよ・・・きっと。。。
怒っても、怒っても足りないことをやっているのだから・・・松陰先生は。。。

なんか、突っ走って・・・突っ走って・・・
あと5年・・・ほんともうすぐ死んじゃいますよ・・・。
松陰先生。。。
でも・・・文さんはなんと大正10年まで生きるそうなので・・・
これぐらいのペースでないと駄目なのだろうか・・・??

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村


幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

新品価格
¥1,620から
(2015/2/3 14:41時点)

野辺に朽ちぬとも 吉田松陰と松下村塾の男たち (集英社文庫)

新品価格
¥713から
(2015/2/3 14:41時点)

このページのトップヘ