日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:熱田神宮

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防のすべて (サイエンス・アイ新書)

新品価格
¥1,188から
(2016/7/15 05:45時点)




日本最大の湖・琵琶湖・・・
その東に残る430年前の城跡・・・聳えていたのは、戦国時代の覇王・織田信長の安土城でした。
今や幻となった安土城・・・革命的な城でした。

織田信長が初めて城を手に入れたのは、1544年、11歳の時・・・父・信秀から尾張・那古野城をもらいました。
18歳で家督を継ぐと、清須城に居を移し、尾張を統一!!
新たに小牧山城を築くと、織田家の宿願だった美濃攻略を果たしました。
この後、金華山山頂に岐阜城を築き、近江・北陸にまで勢力を拡大していきました。
次々と居城を移していった信長ですが、当時の戦国大名は、一つの城を居城としているのが常でした。

信長が居城を次々と移した理由は・・・
領地が広がれば広がるほど、国境地帯、紛争地帯に駆け付けるのが難しくなります。
領土の広がりに限界が来るのです。
その時その時、一番BESTなところに自分が動いていく・・・合理的、効率的だったのです。
そんな信長が、天下取りの為に新たに築こうとしたのが安土城でした。

建設地としたのが、近江にある標高199mの安土山でした。
選んだ理由は・・・
当時の信長は、尾張・美濃が基盤でした。
京都を抑えることが重要で・・・近江・安土はその中間にあったのです。
しかも、琵琶湖に接しているために、交通の便が良かったのです。

1576年1月中旬より安土城の普請が始まりました。
惣奉行として重臣の丹羽長秀を指名!!
長秀は、ほとんどの戦いに参加し、現場での統率力に長けていました。
朝廷や豪商たちとの折衝・・・政治経済の手腕もあり、信長から全幅の信頼を得ていました。
長秀はまず、仮御座所を建設。
基礎的な工事を行いました。
工事には、畿内・尾張・美濃・伊勢・三河・越前・若狭の武士と領民を動員し、京都・奈良・堺から職人たちを呼びました。
当代一流の技術者たちによる前代未聞の築城工事となりました。
革新的な安土城・・・築城かしいから僅か1か月で信長は居城を移しています。
城づくりの常識を覆した安土城!!
その革新的なものは・・・

石垣
それまでの城の土台は、土塁が一般的でした。
そこから石の城へ!!常識を一変させたのが信長でした。
一番最初に石垣を作ったのは、小牧山城!!
小牧山城以前は、石垣はありませんでした。
自然石を積み上げた野面積みですが、段々に積んで大きな石の城に・・・
これが、信長の城づくりの原型で、のちに安土城に生かされることとなります。

岐阜城では金華山から切り出した石で、より強固な石垣を作っています。
その集大成ともいえる石の城が安土でした。
1573年4月1日四人の石奉行が任命されました。
好んで使われたのが、琵琶湖の沿岸の湖東流紋岩でした。
きめが細やかで固く、石垣に適していました。
安土山から6キロ圏内で切り出したと考えられています。
「昼夜 山も谷も動くばかり」と言われるほどの空前の大工事でした。
大きな石を使うのは力の象徴でした。

しかし、空前の石垣工事には事故も多く・・・
ルイス・フロイスは「日本史」に・・・
「特別大きな石を6.7千人で引き上げていたところ、石がずり落ちて、150人以上が下敷きとなった」と書いています。

膨大な人員と時間と、犠牲を払って作られた石垣は、4年で完成・・・
それは、城郭全体に及ぶ壮大なものでした。
堅固な守りを固めたその石垣は、今も見ることが出来、高いものでは10mをゆうに超えます。
信長の家臣たちは、築城の技術を身に着け、石垣の城を作り上げていきます。
近代城郭の常識となっていきました。

堅固な安土城・・・
本丸の黒金門から信長の居る天守までは、巨石を積んだ石垣が、折れ曲がった厳重なものとなっていました。
しかし、大手道という真っすぐな180mの道があります。
敵に攻めてくれと言わんばかりの大手道・・・。
それは、正親町天皇の行幸を計画していたからだと言われています。
ところが、最後まで真っすぐではない・・・
ではどうして真っすぐな道だったんでしょうか??
大手道の周りには、家臣たちの家が建っていました。
家臣の居住エリアを攻めやすくして、信長との差を見せつけようとしたためと言われています。

1577年天主の建造が始まりました。
大工の棟梁には尾張時代から信長に仕え、熱田神宮の宮大工でもあった岡部又右エ門が任ぜられました。
8月24日に柱建て、11月3日には屋根葺きが行われたことから、工事は急ピッチで進められたことが判ります。
そして、1579年、安土城天守の外装がようやく出来上がりました。
地上6階地下1階の7階建て、最上階までの高さは30m以上、今の10階建てのマンションに相当したと言われています。
さらに平成元年からの発掘調査によると、金箔の瓦が発見されており、天守は豪華絢爛だったことが判ってきました。
派手好みな信長らしく、最上階の6階は、全体に金箔が張られ、屋根にも金の鯱が、5階は鮮やかな朱色に塗られていました。
5月吉日、この天主に信長は移り住みます。
戦国時代には櫓を作る建築技術はありましたが、御殿の役割はありませんでした。
城が武士の権力の象徴となった瞬間でした。

城の内部もまた、豪華なしつらえが・・・
立て板張りに黒漆の高級な書院造で、動植物や仏教世界、中国の故事などを題材とした障壁画が書かれていました。
中でも虎の障壁画は、当代随一の画家・狩野永徳とその弟子たちです。

1579年5月、安土城に居を移した信長は、主だった家臣たちを城下に呼び寄せます。
しかし、住み慣れた尾張や岐阜からの強制的な引っ越しによって、問題が起きます。
家臣の多くが故郷に妻子を置いて単身赴任していたからです。
彼らは慣れないひとり暮らしに困惑し、火を出してしまうこともありました。
当時の武士は、先祖伝来の土地を離れるという考えが出来なかったので・・・
信長は、故郷の家を焼いたり、壊したりして強制的に来させたりしています。

この時信長は、武家屋敷の建設と共に、安土城城下町を建設しています。
戦国時代、城はあくまでも軍事施設であり、生活の場ではありませんでした。
なので、城下町の発展もありませんでしたが・・・信長は、城下町を作りパイオニアとなっていきます。
信長は、城下町が経済の中心となることを重視した大名で、関所などを撤廃し街道を整備、それまでの街道を付け替えて、安土を経由するように変えています。
旅人は、安土で宿泊する決まりを設け、近江国での馬の売買を安土のみとしました。
安土にやってきた者は、誰でも商売をしていいという楽市楽座を制定。
これらの政策によって、城下町には人が溢れ、瞬く間に経済的な発展を遂げていきました。
信長が作り上げた近世城下町は、後世へと受け継がれていくことになります。

どうして天主5階は8角形でなければならなかったのでしょうか??
5階内部の装飾は・・・柱に金の龍、天井にも龍、壁にも龍があります。
中国の皇帝を連想されるシンボルの龍。
信長が龍のモチーフを利用したのは、日本の天皇を超える存在、中国の皇帝のような存在をイメージしていたようです。
安土城を建てた頃は、官位をすべて返還しており、実力で「天下布武」を進めていました。
本能寺の変直前も、太政大臣、征夷大将軍、関白・・・すべてを断っていました。
なので、すでに天皇を超えた存在だと思っていた可能性があります。
信長にとって安土城は、これから先のビジョンを示すシンボルだったのです。

信長の野望は、御幸の御間からも見受けられます。
天皇が安土城に行幸に来た際に使われるであろうこの場所・・・
信長の座主・天守よりはるかに低いところにありました。
これは、自分が現人神より上だということを周囲に見せつけるためだったと言います。
八角形の場所は、本来神聖な人を迎える場所とされていました。
天守5階の八角形は、信長が神であるということを示すためだったのです。
1581年9月、安土城は、5年以上の歳月をかけて完成!!
それは、信長の城づくりの集大成であり、天下人としての理想の城でした。

安土城天主台跡には、その柱を支えていた礎石・・・
天主台の大きさは、南北30m、東西25m、です。
また、南北20間(42メートル)、東西17間(35.7m)ともいわれています。
これこそが安土城最大のミステリーです。
もともと天主は、天主台と同じくらいかそれより小さいはず・・・なので、これでは天主がはみ出してしまいます。
懸け造り・・・清水寺のように柱を外側に出して支えていたと思われます。
天主台西側の礎石の列が、懸け造りのためのもののようです。
天主1回には、舞台となる「懸け造り」があり、そこから信長が現れる・・・
圧倒的な権力を見せつけるようになっていたと思われます。

豪華絢爛な天主・・・史上空前の城で・・・
1581年7月15日、城を数千ものちょうちんでライトアップ!!
盂蘭盆会で見せたサプライズ!!
闇夜に浮かぶ、壮麗な城・・・誰もが信長の存在を恐れ、称えたに違いありません。

天主は後に天守となります。
天の主は信長だけ・・・そういったためだと言われています。
天の主・・・誰の下にもつかない唯一無二の信長・・・独創的な信長の安土城は、その後の城郭建築の常識となっていくのです。

信長の夢の城・安土城・・・
地上6階地下1階・・・神となり、新しい時代を作ろうとしていた信長・・・
しかし、1582年6月2日、明智光秀の謀反によって、その夢は潰えるのです。
その13日後・・・主を失った安土城もまた、炎に包まれます。
火をつけたのは、信長の次男・織田信雄とも、光秀の娘婿・明智秀満ともいわれています。

深窓は未だ闇の中・・・安土城は、多くの謎を残したまま、夢幻の城となったのでした。
僅か9か月の事でした。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

日本の城 ―透視&断面イラスト

新品価格
¥3,024から
(2016/7/15 05:45時点)

よみがえる安土城 (歴史文化ライブラリー)

新品価格
¥1,836から
(2016/7/15 05:46時点)

一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史(SEIBIDO MOOK)

新品価格
¥1,365から
(2013/6/10 05:53時点)




織田信長は、桶狭間の奇襲攻撃において、熱田神宮の神殿に願文を納め、戦勝祈願したと言われています。

神宮の門を出ようとしたその時、二羽の白鷺が、敵方向へ向かって旗先を飛び去って行きました。
これを見た信長は、熱田神宮の加護を示す吉兆と断じ、家来を奮い立たせました。

これは、信長の作戦にのっとって、熱田神宮の大宮司が一芝居打ったのだとか。

だって、信長は、信じていないでしょう?神を!!

でも、このおかげで、家来たちは怯えを払い、士気を鼓舞して戦うことが出来ました。

このように、戦場は、生と死の極限状態の世界です。
侍たちは、常に、死と背中合わせに生きているのです。
これを払拭するために、理屈を超えた神秘的な、呪術的なものに縋ろうとしました。

そう、勝つことが出来るなら、どんなものにでもすがりつき、縁起を担いだのです。


出陣にあたっては、大将は様々な儀式を執り行いました。
代表的なのが、「三献の儀式」
出陣の門出を祝う酒の肴として、三つ重ねの盃と一緒に、三方に乗った打鮑(打つ)・勝栗(勝つ)・混布(喜ぶ)が大将の前に置かれます。
つまり、「打ち勝って喜ぶ」と縁起を担いだのです。

この祝い酒を飲み終えると、右手に弓をとり、左手に軍配を開きもち、「えいえい」と勇ましく叫び、兵が「おう」と声を和して応じました。


また、出陣の3日前から正室・側室をはじめ、女性を近付けることは禁忌とされていました。
女性に接すれば、未練が残り、精力を消耗し、戦場での働きに差支えがあるからです。

出陣の日取りは、吉日を選び、凶日とされる往亡日は避けられました。
往亡日とは、文字通り、亡びに往く日のことで、陰陽家は、春は7、14、21日、夏は8、16、24日、秋は9、18、27日、冬は10、20、30日がこれに当たりました。

方角は、死者を北枕にするところから、北を避け、出陣の方角を東、または南に当たるようにしました。

大将は、顔が東か南に向くように床几に腰を下ろし、武具も同様に置きました。


なんて忙しいんでしょう。あせあせ(飛び散る汗)
ほんとに戦ってる???

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

徹底図解 戦国時代―一族の存亡を賭け、目指すは天下

新品価格
¥1,470から
(2013/6/10 05:54時点)




史上最強カラー図解 戦国時代のすべてがわかる本

新品価格
¥1,575から
(2013/6/10 05:54時点)


このページのトップヘ