日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:皇道派

昭和天皇は、晩年、生涯忘れることがなかった出来事を二つ挙げています。
ひとつは、太平洋戦争を終わらせたときの自らの決断、そしてもうひとつは・・・
二・二六事件です。
昭和11年二月二十六日・・・陸軍の青年交渉が部隊1500人を動かし、重要閣僚ら9人を殺害。
天皇中心の軍事政権を目指し、日本の中枢を4日間にわたり占拠しました。
近代日本最大の軍事クーデターです。
83年経った今年、事件を克明に記した最高機密文書が発見されました。
この極秘文書には、事件の第一報から収束までこれまで知られなかった事実が分刻みで記されていました。

陸軍上層部が事件の裏で進めていた策略・・・海軍と陸軍が臨戦態勢を取り、内戦直前だったという新しい事実・・・。
公にされてこなかった天皇の行動・・・。
日本を揺るがし、今なお多くの謎を残す二・二六事件・・・この事件をきっかけに、日本は軍部の力が拡大し、太平洋戦争に突き進んでいきました。
壊滅的な敗戦に至った日本・・・歴史の転換点となったこの4日間に、一体何があったのでしょうか?

昭和20年9月2日・・・太平洋戦争に敗れた日本が降伏文書に調印・・・
その時、日本の代表団の中に一人の海軍の幹部がいました。
富岡定俊海軍少将です。
終戦の時、海軍軍令部の部長だった富岡・・・かれこそ、二・二六事件の文書を持っていた人物でした。
富岡は、海軍の最高機密文書を密かに保管・・・これまで公になることはありませんでした。
これまでは、事件後の陸軍軍法会議の資料が主な公文書とされてきました。
今回発見されたのは、海軍が事件の最中に記録した文書・・・六冊です。
海軍は、極秘の文書には赤い色を使っていました。
作成したのは、海軍のすべての作戦を統括する軍令部でした。
そのトップら海軍の上層部が確認した事実も残されています。
陸軍ではなく、海軍からの資料が残っていたのはとても重要なことです。

2月26日・・・一日目 知られざる事実

降り積もった大雪が、東京の中心部に10センチ以上残っていました。
午前7時・・・海軍軍令部に1本の電話がかかってきました。
警視庁・占領、内大臣官邸・死、総理官邸・死・・・連絡を最初に受けた第一報です。
夜明け前、陸軍青年将校が部隊およそ1500人を率いて決起!!
重要閣僚らを襲い、クーデターを起こしたのです。

後に明らかになる事件の内容を、海軍は発生当初の時点でかなり正確につかんでいました。
首相・岡田啓介は、間違って別の男性が殺害されました。
天皇の側近・斎藤實内大臣、高橋是清大蔵大臣は、銃や刀で残虐に殺されました。
警備中の警察官も含むと9人を殺害、負傷者は8人に上りました。
決起部隊を率いたのは、20代、30代の青年将校たちでした。
陸軍の中の皇道派を支持していました。
政治不信などを理由に国家改造の必要性を主張し、天皇を中心とした軍事政権の樹立を目的として閣僚たちを殺したのです。

しかし天皇は、勝手に軍隊を動かし、側近たちを殺害した決起部隊に厳しい姿勢で臨もうとしていました。
事件を起こしたのは、赤坂と六本木に駐屯していた陸軍の部隊の一部でした。
国会議事堂や首相官邸や国の中枢を武装占拠・・・これに対し、陸軍上層部は急遽設置された戒厳司令部で対応に当たりました。
ここに全ての情報を集めて統制していたのです。

ところが・・・極秘文書から、陸軍以外に海軍が独自の情報網を築いていたことがわかりました。
海軍は情報を取るために、一般市民に扮した私服の要員を送り込んでいました。
戒厳司令部にも要員を派遣・・・陸軍上層部に集まる情報を入手していました。
さらに・・・現場周辺に見張り所を多く設置。
決起部隊の動きを監視し、分単位で記録・報告していました。
海軍がネットワークを張り巡らせ、膨大な情報を得ていたのです。
海軍は事件発生直後からどうしてこのような体制を組めたのか・・・??

海軍は事件発生前から陸軍の一部に不穏な動きがあるという情報を掴んでいたのです。
陸軍の青年将校が率いた決起部隊・・・
天皇を中心とする国家を確立しようとクーデターを企てました。
決起部隊に行動を否定した天皇・・・。
双方の動きをめぐる陸軍上層部と海軍との攻防が始まろうとしていました。

極秘文書には、事件初日にその後の行方を左右する密約が交わされていたことが記されていました。
二つの密約・・・
事件発生直後、場所は陸軍大臣官邸・・・
事態の収拾にあたる川島義之陸軍大臣に、決起部隊がクーデターの主旨を伝えます。
陸軍大臣の回答とは・・・??
川島大臣は、決起部隊に軟弱だと詰め寄られ、彼らの目的を支持すると約束させられていたのです。
決起直後に大臣が、決起部隊の幹部に対して「昭和維新の断行を約す」と、約束しているのです。
これを聞けば、決起部隊は大臣の承認を得たと思うのは当然です。
それ以降の決起部隊の力となってしまいました。
この直後、川島大臣はある人物と接触します。
皇道派の幹部・真崎甚三郎陸軍大将です。
決起部隊が、軍事政権のTOPに担ごうとしていました。
クーデターに乗じて、陸軍上層部の中に軍事政権の樹立を画策する動きが出ていたのです。
一方、別の場所でもう一つの密約が交わされていました。

軍を統帥する昭和天皇・・・事件発生当初から断固鎮圧を貫いたとされてきました。
しかし、極秘文書には、事件に直面し揺れ動く天皇が書かれていました。
事件発生直後、海軍軍令部総長・伏見宮に宮中で会っていました。
伏見宮は、天皇より26歳年上・・・長年海軍の中枢に位置し、影響力のある皇族でした。
その伏見宮にこう問いかけていました。

「艦隊の青年士官の合流することなきや」

海軍の青年将校たちは、陸軍の青年将校たちに加わることはないのか?と。

天皇の問いに伏見宮は・・・「無き用」言上しています。
その心配はないと語りました。

海軍は決起部隊に加わることはないのか・・・不安を抱く天皇の言葉が初めて明らかになっています。
当時まだ34歳だった天皇・・・軍部の中には批判的な声もありました。
陸軍少佐だった弟の秩父宮などが代わりに天皇に担がれるという情報まで流れていました。
軍隊に人気がある秩父宮と高松宮を軍隊が天皇にしてしまう可能性があるのでは・・・という危機感を持っていたのです。
軍隊の中で天皇の威信が確立できていないというのが昭和初期という時代でした。
事件の対処次第では、天皇としての立場も危ないという状況でした。
決起部隊に加わることはないと明言した海軍に対し、畳みかけるように命令をしていきます。

「陸戦隊につき 指揮官は 部下を十分 握り得る人物を選任せよ」

陸戦隊とは、海軍の陸上戦闘部隊です。
艦艇の乗組員を主に形成されます。
万が一、決起部隊に同調する動きが出てこないか・・・天皇は疑心暗鬼になっていました。
天皇は、陸戦隊の指揮官の人選にまで注文します。
この後、海軍の存在が、天皇の鎮圧方針を支えていきます。

決起部隊の目的を支持すると約束した陸軍上層部・・・
天皇に決起部隊に加わらないと約束した海軍・・・
事件の裏で、相反する密約が交わされる中、天皇は鎮圧に一歩踏み出していきます。
天皇は海軍に鎮圧を準備するよう命じる大海令を出します。
天皇が立て続けに三本の大海令を出すのは異例のことでした。

2月27日・・・二日目 海軍の表と裏

極秘文書には戦艦を主とする第一艦隊、第二艦隊の動きが詳細に記録されています。
天皇の命令で大海令を受け、全国に部隊を展開する極めて大規模な作戦でした。
大分の沖合で演習中だった第一艦隊は直ちに動き始めます。
長門など戦艦4隻をはじめ、巡洋艦や駆逐艦、9隻の潜水艦、戦闘機、爆撃機の飛行機隊・・・第一艦隊全体が、東京を目指しました。
鹿児島沖で訓練をしていた第二艦隊は、大阪に急行します。
全国に決起部隊に続くことを海軍は警戒していたのです。

午前8時・・・横須賀から出動した陸戦隊の4つの大隊が東京・芝浦埠頭に到着していました。
これまで陸軍の事件として語られてきた二・二六事件・・・実は海軍が全面的にかかわる市街戦まで想定されていたのです。

この時、陸軍の不穏な動きは広がりを見せていました。
東京を中心とする陸軍の第一師団・・・決起部隊の大半が、この部隊の所属でした。
第一師団の参謀長が・・・
「決起部隊もまた日本人 天皇陛下の赤子なり
 彼らの言い分にも理あり
 決起部隊を暴徒としては取扱い居らず」
と漏らしています。

クーデターに理解を示すかのような陸軍幹部の発言・・・
もし・・・陸軍第一師団が決起部隊に合流したらどうなるのか・・・??
海軍は、陸軍と全面対決になることを警戒していました。

午後2時・・・海軍軍令部の電話が鳴りました。
電話の相手はなんとクーデターを起こした決起部隊でした。
この事実は、極秘文書によって初めて明らかになりました。
決起部隊はどうして海軍に接触してきたのでしょうか?
それは、海軍の内部にも、決起部隊に同調する人物がいたからです。

当時取調べを受けた人物の一覧も残っていました。
宮中顧問官退役(海)中将・小笠原長生・・・天皇を中心とする国家を確立すべきだと常々主張し、皇室とも近い関係にありました。
事件発生直後、伏見宮をたずね、決起部隊の主張を実現するように進言していたのです。
小笠原は、有力な海軍大将らと接触し、働きかけを続けていたことが記録されています。

海軍にまで接触を試みてきた接触部隊は要求してきます。

「よく物のわかる将校一名 来部せられたし」

決起部隊は、モノの分かる将校一人で来るように言ってきます。
これに対し、岡田為次参謀が、課長の命により同部に・・・
決起部隊の司令部でこう語ります。
「君たちは初志の大部分は貫徹したとして打ち切られてはいかがか・・・」
決起の主旨を否定せず、相手の出方を伺います。
この時、すでに天皇の名を受け、鎮圧の準備を進めていた海軍・・・
その事実を伏せたまま、この部隊から情報を集めていきます。

天皇の鎮圧方針に従う裏で、決起部隊ともつながっていたのです。
一方この日、陸軍軍上層部も新たな動きを見せます。
天皇が事態の収束が進まないことにいら立ち、陸軍に事態の鎮圧を急ぐように求めていたのです。

午後9時・・・戒厳司令部に派遣されていた海軍軍令部員から重要な情報が飛び込んできました。
真崎甚三郎大将が、ある陸軍幹部と会い極秘工作に乗り出したという情報でした。
相手は石原莞爾大佐・・・満州事変を首謀した人物です。

二人が話し合ったのが、青年将校の親友を送り、決起部隊を説得させるという計画でした。
この説得によって事態が収束するという楽観的な考えを持っていました。
真崎・・・約70%成功スルモノト観察
石原・・・成功ハ殆ド確實
一方、従わない場合は、容赦なく切り捨てることを内々に決めていました。

海軍は、情勢をより厳しく見ていました。
決起部隊の考えを密かに探っていた海軍の岡田中佐・・・午後10時30分の報告

”真崎ら郡司参事官ノ説得ニ封シテ一部ノモノハ強硬
 尚解決シ居ラズ”

海軍は、決起部隊が説得に応じず深刻な事態に陥る可能性が高いと見ていました。

機関銃下の首相官邸 二・二六事件から終戦まで (ちくま学芸文庫) [ 迫水久常 ]

価格:1,296円
(2019/8/24 09:41時点)
感想(0件)


2月28日・・・三日目 内戦の危機
朝からみぞれが降っていました。
午前5時・・・天皇が出したある命令を巡って、事態は大きく動きます。
決起部隊の行動は、天皇の意思に背いていると断定する奉勅命令です。
直ちに元の部隊に戻らせるよう命じるものでした。
事件発生当初は不安を抱く言葉を発していた天皇・・・
奉勅命令によって、自らの意思を強く示したのです。
しかし、海軍はこの天皇の意思に反する動きを掴んでいました。

11時5分・・・小藤大佐ガ戒厳司令部ヨリカケタル電話ノ傍聴

海軍が傍聴したのは、奉勅命令を決起部隊に伝える役目を担っていた小藤恵陸軍大佐の電話です。
奉勅命令を伝えるために決起部隊と面会してきた小藤・・・この結果を電話で報告している時、海軍軍令部員は傍で聞いていました。
そして、小藤が天皇の重大な命令を決起部隊に伝えなかったという事実を知ったのです。

”奉勅命令ハ師団司令部ニテ握リツブシ居レリ”

決起部隊との衝突を恐れ、奉勅命令を伝えられずにあいまいな態度を取り続けていたのです。
しかし、小藤とのやり取りや態度などから、部隊は奉勅命令を出し自分達を反乱軍と位置付けたことを知ります。
天皇が自分たちの行動を認めていないこと・・・そして陸軍上層部がもはや味方ではないことを確信したのです。
奉勅命令をきっかけに、事態は一気に緊迫していきます。
同じころ、決起部隊と面会を続けていた海軍の岡田中佐は、交渉が決裂したと報告します。

”決起部隊と海軍の関係、交渉の結果は合致することを得ず
 決起部隊首脳部より、海軍を敵とみなす
 海軍としては、直ちに芝浦に待機中の約三ケ大隊を海軍省の警備につかしめたり”

天皇に背いたとみなされ、陸軍上層部からも見放された決起部隊・・・
期待を寄せていた海軍とも交渉が決裂し、敵対関係になり、絶望的な状態に陥ります。
鎮圧に傾く陸軍、そして海軍陸戦隊・・・。
決起部隊との戦いが現実のものになろうとしていました。

全軍にガスマスクを・・・
市街戦で催涙ガスが使われる可能性があるとして、ガスマスクが陸戦隊に配られました。

攻撃準備を進める陸軍に、決起部隊から思わぬ連絡が入ります。
決起部隊の首謀者のひとり磯部浅一が、ある人物との面会を求めてきました。
海軍はこの極秘情報を入手!!

”決起部隊の磯部主計、面会したき申し込み 山下大尉”

陸軍近衛師団の山下誠一大尉でした。
磯部の二期先輩で、親しい間柄でした。
山下がいる近衛師団は、天皇を警護する陸軍の部隊です。
追いつめられた決起部隊の磯部は、天皇の本心を知りたいと、山下に手掛かりを求めてきたのです。
二人が面会したのは文部大臣官邸でした。
天皇のために決起した自分達を、なぜ、鎮圧するのか?
磯部は問いました。
「命令により出動した」by山下
一方山下は、決起部隊から攻撃することになった場合、磯部はどうするのかと問いかけます。
「空中に向けて射撃するつもりだ」by磯部
天皇を警護する近衛師団に向かって発砲することはできないと言った磯部・・・
しかし、鎮圧するというなら反撃せざるを得ないと考えていました。
「我々が攻撃した場合は貴官はどうするのか?」by山下
「断じて反撃する決心だ」by磯部
山下は説得を続けますが、二人の溝は次第に深まっていきます。

「我々からの撤退命令に対し、なぜこのような状態を続けているのか}by山下
「本計画は、十年来熟考してきたもので、何と言われようとも昭和維新を確立するまでは断じて撤退せず」by磯部
もはやこれまでと悟った山下は、
「皇族の邸宅を傷つけないように気をつけろ」
とだけ磯部に告げました。
極秘文書に記録された二人の会話はここで終わっています。

共に天皇を重んじていた二人・・・再び会うことはありませんでした。
説得工作が失敗すれば総攻撃するという陸軍情報部の計画が、現実味を帯びていきます。
天皇に訴える道筋が、次々と絶たれていった決起部隊・・・
自分達は天皇に背いたわけではないと、市民に向け主張し始めます。
極秘文書には、現場の緊迫した状況が書かれています。

決起部隊の拠点・・・料亭・幸楽。
集まった群衆に対し、自分たちは間違っていないと主張していました。

”一日モ早ク悪イモノヲ殺ス
 国民ノ腹ノ底ニアル考ヘヲ 我々カ寛行シタノタ
 上御一人ヲシテ御安神遊サル様
 国家皆様モ安心シテ生活スルコトカ出来ル様ニ 出動シタモノテアル”

天皇と国民のために、クーデターを起こしたと訴える決起部隊・・・
事件の詳細を知らされていない人々の発言も残されていました。

「是レカラ尚国賊ヲヤッテ仕舞ヘ」
「腰ヲ折ルナ」
「妥協スルナ」
「諸君ノ今回ノ働キハ 国民ハ感謝シテ居ル」

2月29日・・・四日目 最後の賭け
午前2時40分・・・安藤・新井両部隊は、秩父宮電荷を奉戴し、行動す・・・。
決起部隊が皇族に接触しようとしているという情報が飛び交い、鎮圧側は大混乱に陥ります。

「安藤大尉の一行が、「トラック」にて東久邇宮邸に向かうとの情報あり
 霊南坂方面にトラック20台・・・
 突破せられざるよう、極力阻止要す」

決起部隊のトラックが包囲網を破ったという情報も入ってきました。
鎮圧部隊は皇族の邸宅周辺に鉄条網を設置、戦車も配備して守りを固めます。

午前6時10分・・・
決起部隊が現れたのは、天皇を直接補佐する皇族の邸宅でした。
陸軍参謀総長・閑院宮です。

氷点下まで冷え込んだ中、決起部隊は閑院宮を待ち続けていました。
閑院宮をを通じ、天皇に決起の想いを伝えることに一縷の望みを託していたのです。
しかし、閑院宮は現れませんでした。
決起部隊は、昭和天皇に決起の本当の意図を理解してもらいたいということで、天皇に近い皇族に接触をしようとしていました。

早朝・・・陸軍はついに鎮圧の動きを本格化させます。
海軍司令部は、周辺住民に避難を指示!!
住民1万5000は、着の身着のまま避難所へ・・・。
武力行使に備え、劇場や学校など頑丈な建物に身を寄せます。
一触即発となった鎮圧部隊・・・そして決起部隊・・・
東京が戦場になろうとしていました。

兵士の多くは、事前に詳細を知らされないまま上官の命令に従っていました。
国会議事堂に迫りくる戦車の音・・・決起部隊は自分達が鎮圧の対象となっていることに気付きます。
引き金をひけば玉が出る・・・どうして撃ち合わなければいけないんだろう・・・。
同じ日本人同士なのに・・・!!

陸軍の鎮圧部隊も、戦地とおなじような感情を抱いていました。
もし撃ち合いになったら・・・??

海軍陸戦隊は、攻撃準備を完了していました。
実行直前だった陸戦隊の作戦内容が極秘文書にありました。

「攻撃目標 内務省 外務省間の道路上の敵
 進撃命令はラッパ符「進め」
 本大隊(陸戦隊)の全部を率い、直ちに出撃し、敵を撃滅す」

この時、第一艦隊は、東京芝浦沖に集結していました。
極秘文書に記された第一艦隊の配置・・・一線に並んだ戦艦・・・世界最大級の主砲を供えた戦艦長門など、第一艦隊は命令を待っていました。
もし、決起部隊との戦闘が始まったら・・・海軍軍令部は、状況次第ではある作戦の実行を想定していました。

「艦隊から国会議事堂を砲撃」

当時、対処に当たっていた軍令部員の名前が残っていました。
矢牧章中佐・・・艦隊が攻撃することになった場合の重大さを証言しています。

「芝浦沖から国会議事堂まで4万メートル飛ぶ・・・
 陸軍(決起部隊)がもし考え違いして「やろうじゃないか」なら・・・千代田区は無くなってしまう・・・」

天皇は、時々刻々と入る情報を聞き取り続けていました。
事件発生から4日間・・・鎮圧方針を打ち出して来た天皇・・・最終版・・・陸海軍の大元帥としての存在感が高まっていました。
午前8時10分・・・戒厳司令部情報・・
ついに、陸軍鎮圧部隊による攻撃開始時刻が決定します。
8時避難完了・・・8時30分攻撃開始・・・!!
攻撃開始に当たり、戒厳司令部がラジオで流したニュースの内容が極秘文書に残されていました。

「戒厳司令部発表
 南部麹町付近に銃声聞こえるやもしれず
 市民は落ち着いて低いところに居てください
 建物などの援護物を利用し、銃声の反対に居るが安全なり」

いつ攻撃が始まるかもわからない中、海軍は最前線で様子を探っていました。
その時、追いつめられていた決起部隊の変化に気付きます。

「10時5分頃、陸軍省入り口に於いて、決起部隊の約一ヶ小隊重機銃二門 弾丸を抜き整列せり
 三十名の決起部隊降伏せり
 
 11時45分、首相官邸屋上の「尊皇義軍」の旗を降せり
 12時20分、首相官邸内に万歳の声聞ゆ」


最後まで抵抗を続けていた決起部隊に海軍は注目していました。
12時40分・・・残るは山王ホテルの250名
指揮官安藤・・・安藤輝三大尉の部隊・・・鎮圧部隊は攻撃を決めました。
最後の指揮官の安藤の一挙手一投足が書かれています。

安藤大尉は部下に対し、君達はどうか舞台に復帰してほしい
最後に懐かしい我が六中隊の歌を合唱しようと自らピストルでコンダクトしつつ中隊歌を合唱
雪降る中に第一節を歌い終わり、第二節に移ろうとする刹那、大尉は指揮棒代わりのピストルを首に・・・
合唱隊の円陣の中に倒れた

14時25分、戒厳司令官より軍令総長あてに、午後1時平定・・・

日本を揺るがした戦慄の4日間・・・
陸軍上層部は、天皇と決起部隊の間で迷走を続けました。
事件の責任は、決起部隊の青年将校や、それにつながる思想家にあると断定・・・
弁護人なし、非公開、一審のみ、の暗黒裁判ともよばれた軍法会議にかけました。
事件の実態を明らかにしないまま、首謀者とされた19人を処刑したのです。
陸軍は、組織の不安は取り除かれたと強調、一方で、事件への恐怖心を利用し、政治への関与を強めていきます。

現に目の前で、何人も斬り殺され、銃で殺される事件を見て・・・
政治家も財界人も、陸軍の言うことに対し、本格的に抵抗する気力を失っていきます。
これが二・二六事件の一番のその後の大きな影響力の最たるものです。

34歳で事件に直面した天皇・・・
軍部に軽視されることもあった中、陸海軍を動かし、自らの立場を守り通しました。
クーデター鎮圧の成功は、結果的に天皇の権威を高めることにつながります。
二・二六事件を通して、軍事君主としての天皇の役割がすごく強くなってしまって、天皇の権威、神格化が進んでいったのです。
二・二六事件後、日本は戦争への道を突き進んでいきます。

高まった天皇の権威を軍部は最大限に利用。
天皇を頂点とする軍国主義を進めていきます。
軍部は国民に対して命を捧げることを望んでいきます。
昭和16年真珠湾攻撃・・・日本は太平洋戦争に突き進んでいきます。
天皇の名のもと、日本人だけで310万人の命が奪われました。
壊滅的な敗戦・・・二・二六事件から、わずか9年後のことでした。

戦後、天皇は忘れられない出来事を二つ挙げています。
終戦時の自らの決断・・・そして・・・二・二六事件。

戦後天皇が、もしこの事件をおもいを持っていたとすれば、これは後の戦争に突き進んでいく一つの契機になった事件・・・自分が起こした強い行動は、戦争に突き進んでしまった要因の一つではないか?と、戦後色々な思いを持っていたのかもしれません。

晩年、天皇は2月26日を慎みの日とし、静かに過ごしたといいます。
二・二六事件を記録し続けた海軍・・・その史実を一切公表することはありませんでした。
どうして海軍は、事実を明らかにしなかったのでしょうか?

極秘情報・・・
海軍が事件前に入手した情報です。
その内容は詳細を極めていました。
2月19日・・・事件発生の7日前・・・東京憲兵隊長が海軍大臣直属の次官に機密情報をもたらしていました。

「陸軍、皇道派将校らは、重臣暗殺を決行する
 この機に乗じて、国家の改造を断行せんと計画」

襲撃される重臣の名前が明記されていました。
襲撃の木城となり得るのは、岡田首相、斎藤内府、高橋蔵相、鈴木侍従長等なりと・・・
そして次のページには首謀者の名前も書かれていました。

香田清定・栗原安秀・安藤輝三

事件の1週間前に、犯人の実名までも海軍は知っていたのです。
海軍は、二・二六事件の計画を事前に知っていた・・・
しかし、その事実は闇に葬られていました。
その後、起きてしまった事件を記録した極秘文書・・・
そこに残されていたのは、不都合な事実を隠し、自らを守ろうとした組織の姿でした。

事実とは何か・・・??
私たちは、事実を知らないまま再び誤った道に歩んではいないか・・・??
時を超えてよみがえった最高機密文書・・・
向き合うべき事実から目を背け、戦争に突き進んでいった日本の姿を今、私たちに伝えています。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

二・二六事件全検証 (朝日選書) [ 北博昭 ]

価格:1,296円
(2019/8/24 09:40時点)
感想(0件)

石原莞爾と二・二六事件 [ 早瀬利之 ]

価格:2,160円
(2019/8/24 09:41時点)
感想(0件)

事件から9日後・・・

廣田弘毅内閣・・・

組閣方針に不安!!と、政治に軍が口を出してきます。

2.26事件で恐怖を抱きつつあった政治は・・・軍を無視できないようになってきていました。

そして、軍には第三勢力、革新幕僚が現れてきます。

中心人物は、陸軍大佐・石原莞爾、陸軍中佐・武藤章。

2.26事件のあと、彼らが行ったのが“粛軍”。

ターゲットとなったのは、軍の重鎮たちでした。

12人いた大将のうち7人までも現役を引退し、残ったのは若い大将たちでした。

以後・・・政治介入を深めていきます。

軍務課が設置され、軍人勅諭は意味をなさなくなっていました。
2261








2.26
事件以後の2年間は、軍が中心となって政治を動かします。

若手の革新幕僚が動かす政治・・・強力な軍事国家へ!!

・・・4か月後に17人の青年将校に死刑判決が・・・銃殺されます。
同じ日に刑務所に収監されたのは、真崎甚三郎・・・罪名は、“反乱幇助”でした。
しかし、これに待ったをかけたのは・・・近衛文麿・・・皇道派を復活させ、軍を牽制しようとしたものだったとも言われています。


19376月総理大臣となった近衛は・・・

真崎問題は、すでに政治問題なり・・・と、無罪工作を押し進めます。

925日真崎甚三郎・無罪。

しかし、軍はもう、誰にも止められませんでした。

というのも、77日には盧溝橋事件が起こっていました。

日本と中国は全面戦争に突入していたのです。

泥沼のような長期戦・・・やがてアメリカと対立し、太平洋戦争へと突き進んでいくのです。


組織とは、反対派があってバランスがとれている・・・
そうなのかもしれません。


歴史 ブログランキングへ

一枚岩だと思われていた青年将校たち・・・

クーデターの目的を共有できていませんでした。

陸軍大臣官邸を占拠した青年将校は、蹶起趣意書を突きつけます。

決起の目的を“天皇の為、奸賊を誅滅”としていますが・・・

青年将校たちの供述には・・・

蹶起趣意書は官邸に来てから読んだ将校たちは・・・

しかし、その目的は、「趣意書の通りであります。」「内容は良くわかりません。」と、答えています。



決行日についても、早急にクーデターを起こさなければならないと思っていた将校と、次期尚早と思っていた将校・・・
4日前に決定します。

改造主義と天皇主義の対立がそこにはあったのです。

昭和維新のもとに決起したと言われていますが、そうではないの?でした。

天皇に認められたら解散してもいい!!と、思っていた人も多かったようです。


青年将校たちの上部工作に深くかかわっていたのが、陸軍上層部でした。

事件を巧みに利用し、自らの権力を拡張しようとする人たちです。

大元帥の天皇を頂点とし、24万人の兵を要した帝国陸軍・・・皇道派(精神主義)と統制派(官僚主義)、2つの勢力がありました。


皇道派は、政財界などの支配を排除し、天皇親政を実現しようとした考え方で、軍隊の多くは皇道派でした。

対抗したのが統制派。

官僚や財閥と提携し、国を挙げての総力戦に向けて強力な軍事国家にしようとしていました。

2.26事件の7か月前、皇道派だった真崎甚三郎教育総監は更迭されてしまいます。

皇道派は厳しい状況に!!
そこで、2.26事件を利用して巻き返しを図ります。


1936226日真崎大将が事件を知らされたのは4時半のことでした。

その3時間後・・・

青年将校を支持するような発言をします。


午後2時過ぎ軍事参議官会議は・・・皇道派が主導権を取ります。

クーデターを容認し、官軍と認めるような文章が青年将校たちに示されます。

これが、穏やかに収まったら手柄となるのは皇道派。


しかし、227日午前250分戒厳令公布、午前820分奉勅命令裁可。。。

その内容は、青年将校たちへの原隊復帰命令・・・青年将校たちの意見を一切受け入れないものでした。


激しい天皇の怒りが・・・!!

「憲法に違背し、明治天皇の御勅意に背き、国体に背き、明徴を傷つけた・・・」

28日早朝、クーデターを鎮圧するために2万人が動員。

クーデターは4日間で幕を閉じます。


このページのトップヘ