日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:自由民権運動

明治天皇は在位中、北は北海道から南は鹿児島まで全国巡幸を繰り返しました。
学校や工場など訪れたところで多くの人々と接した天皇・・・そのわけは、新政府を率いた大久保利通たちの戦略でした。
幕末動乱のさ中、14歳で即位となった明治天皇・・・その存在は、まだ全国に知られていませんでした。
無名の青年君主を、新しい日本を導く天皇としてあまねく知らしめる・・・
巡幸は、人々の心にどのように印象付けたのでしょうか?
そしてどのように受け入れられていったのでしょうか?

幕末の動乱・・・明治維新・・・天皇は大きな時代の流れに飲み込まれていきます。
1868年鳥羽伏見の戦いで旧幕府勢力に勝利した新政府は、新しい国づくりに着手します。
この時、大久保、西郷、木戸らが構想したのは、天皇を中心とした国家でした。
しかし、そこには乗り越えなければならない壁がありました。
当時、多くの国民にとって、天皇は遠い存在だったからです。

京都では、行事もあり、御所もあるので天皇の存在は当然でしたが・・・
普通の人々に天皇の存在は知られていません。
かなり茫漠としたもの・・・江戸では天皇は神様のような存在だったのです。

江戸時代、天皇は御所の外にはほとんど出ませんでした。
民衆の抱く天皇には、多くのばらつきがありました。
そこで、天皇の存在を知ってもらう必要がると感じた大久保は・・・

”天皇が玉廉の中にいて、公卿にしか会えないのでは、民の父母であるという天から授かった職掌を達成できない
 外国においても、帝王は国中を歩き、万民を慈しむものである”

新しい時代の天皇は、人々に姿を見せる西洋の君主になるようにと、大久保は考えました。
1868年、大久保たちは、天皇を御所の外に出すことから始めました。
3月大坂行幸、7月東京行幸を計画します。
天皇はその求めに応じ、9月20日、京都から東京へ出発。
道中、民衆とのふれあいを楽しみます。
そして20日後の10月13日、江戸城へ到着。
東京では大勢の人々が天皇を祝福。山車が繰り出され、2日間にわたるお祭り騒ぎ・・・
ひとまず新政府は、京都以外の人々に天皇をアピールすることに成功しました。
そして、東京は西洋諸国に倣って文明開化!!
そして、天皇自身が新時代にふさわしい天皇になることを求め始めます。

天皇のイメージチェンジ・・・
明治神宮には、明治天皇が明治5年に着用した燕尾服と帽子がが残されています。
帽子には鳳凰の刺繍、ボタン掛けの上着は、菊唐草紋の刺繍で覆いつくされています。
金の糸をふんだんに使った豪勢な作り・・・

tennou

天皇の軍服は、主に儀式などで使われたと思われます。
黒羅紗の地に金モール・・・天皇は20歳の時、この軍服を身にまとい、カメラの前に・・・

明治天皇の代表的な肖像写真です。

白粉やお歯黒を落とし、ひげを蓄え、威風動堂な姿・・・
江戸時代の天皇とは全く違う天皇が誕生したのでした。



明治天皇は、全国巡幸で訪れた先々で、花瓶や茶碗などを下賜しました。
それらは、大切に保管され、人々は後々まで天皇のことを語り継いでいきます。

権威や徳の大きさを印象付けるだけが巡幸の目的ではありませんでした。
群馬県では新町の中心にあった工場を視察しています。
巡幸の前年に作られた工場に、明治天皇は1時間滞在しています。
この工場、明治10年にできたときは屑糸紡績所でした。
この紡績所で屑糸をリサイクルし、生糸を作っていたのです。
ここは、大久保や岩倉らが新たな外貨獲得を目的として建設した政府肝いりの工場でした。
もともと群馬には、フランスの技術を導入し、輸出用の生糸を生産していた富岡製紙工場がありました。
この製糸場に近く、屑糸が手に入りやすいため、屑糸紡績所を作ったのです。

明治天皇は全国巡幸で、工場をはじめ近代化の象徴とされる施設を多数訪問しました。
学校、地方行政を担う庁舎、天皇ができたばかりの施設を視察することで、文明開化や殖産興業を図ったのです。



巡幸は、人々が明治天皇を広く知ることだけではなく、天皇自身が為政者としての自覚を促すきっかけになったといいます。
天皇に日本の隅々までご覧いただきたい・・・日本はこれだけ広くて、これだけいろんな地方がある・・・
豊かなところもあれば、そうでないところもある・・・それも含めて日本だ・・・ということを、新しい時代の天皇として知っていただきたい・・・。
巡幸を通じて、君主としての自覚が生れてきたのです。
巡幸なくして、意識の変革はなかったのです。

1878年・・・明治11年5月、事件が発生!!
大久保利通暗殺!!
赤坂上御所に向かう途中、紀尾井坂でのことでした。
実行犯たちは斬奸状を起草して、明治政府を糾弾!!

現在の法律は天皇の御威光でもなく、人民の意見を取り入れて作られたものでもない。
要職にいる一部の官吏の独断によるものである。

この事件を契機に、宮中で天皇の在り方を変えようとしていた勢力が動き出しました。
中心となったのが、熊本藩出身の儒学者・元田永孚や土佐藩出身で新政府の参議も務めた佐佐木高行・・・侍補と呼ばれる側近たちでした。
侍補は明治10年に天皇の補佐・指導を目的として宮内省に置かれた役職で、天皇の傍に仕えながら、政治や道徳を教え、相談を受ける役割を担っていました。
天皇が主に学んだのは、元田の意向を反映した書経や詩経・・・儒学の古典でした。
侍補たちは、天皇を「徳」を備えた聖人君子にしようとしたのです。
大久保が暗殺された直後、侍補たちは、かねてからの構想を実行に移しました。
大臣・参議による専制を批判し、天皇が政治の実権を握る天皇親政を進めるべきだと言ったのです。

薩摩・長州の一部の人間が牛耳り、陛下の意向を無視して進められている・・・
このままだと天下の人心に不平が起こり、政府要人を狙った暗殺事件が再び起きるかもしれない・・・
今こそ、古代中国の聖人君子のように徳を備えた聖人君子となり、天皇親政を実現しなければっ!!

明治天皇は涙を浮かべて奏上を聞き、侍補たちに同調しました。
自ら政治に介入する動きに出ます。
当時空席となっていた工部卿に佐佐木高行を推薦。
しかし、それは天皇親政を恐れた太政大臣・三条実美らに認められず、実現できませんでした。
天皇親政運動の結果としては「天皇の政治的意思は内閣が担う。もう侍補は要らない」となったのです。

政府の外でも動きが・・・地方の士族や豪農を中心とする自由民権運動です。
国民の自由や権利の拡大を目指した政治運動で、国会開設と憲法制定を要求しました。
国民主体の政治を目指しました。
運動の過激化を防ごうとした政府は、明治14年、9年後の国会開設と憲法制定を表明します。
憲法の制定作業に本格的に取り組むことなります。
この動きの中心となったのが、大久保亡き後政権の中枢にいた伊藤博文でした。
当時、政府よりも早く民間では様々な憲法案が発表されていました。
議会優越、天皇大権・・・天皇の廃位を求めるモノまで・・・天皇を憲法の中でどこに位置付けるのか??
憲法制定の中核を担った伊藤は頭を悩ませていました。

そんな中、明治15年3月、伊藤は憲法調査のためにヨーロッパへ。
そしてウィーンで重要な人物と出会います。
ウィーン大学の法学者ローレンツ・フォン・シュタイン教授です。
伊藤はこの講義を受け、感銘を受けます。
シュタインの教えは、君主に一定の統治権を認めつつ、行政を中心に据えることで君主や議会の横暴を止めるというもの。
当時ヨーロッパの新興国だったドイツ・プロイセンの考え方・・・立憲君主制でした。

明治16年8月、構想を固めて伊藤博文帰国。
政治に復帰した伊藤は宮中改革を進めますが・・・
そこに直面したのは、自らの意思を反映できずに政治への意欲を失った天皇の姿でした。
たまりかねた伊藤は、明治18年8月、三条実美に書簡を認めます。
政務に熱心でない明治天皇への嘆きが率直に書かれています。

天皇の知らないところで、大臣たちが全てを決めているという現状・・・。
明治天皇に立憲君主としての在り方をどう理解してもらうのか??
伊藤の苦悩は深かったのです。

明治天皇にどのようにして憲法を学んでもらうか・・・伊藤には秘策がありました。
「澳国スタイン博士講和録」・・・伊藤と同じくシュタイン博士の講義を受けた人の記録です。
侍従の藤波言忠は幼いころから宮中に出入りし、天皇の信頼も厚い学友でした。
伊藤は当時ヨーロッパで滞在していた藤波に目をつけ、ヨーロッパでシュタインのもとで憲法を学び、帰国後明治天皇に進講することを要請します。
藤波はおよそ1年にわたりシュタインの憲法を徹底的にたたき込まれ、天皇の立憲君主としての心構えまで学んで帰国しました。
明治20年に始まった進講は30回以上、4か月に及んだといいます。
憲法を熱心に学ぶ明治天皇・・・。

藤波は、立憲君主の仕組みを工夫を凝らして説明し、天皇を助けます。
何から何まで自分が統治するのではない・・・法律の中にあるのが天皇である!!
明治21年春まで続いた進講によって、明治天皇は憲法の中に規定されている自らの役割を理解し、理解を深めていきました。
伊藤の目論見通り、天皇は新しい立件国家に相応しい君主へと成長したのです。

明治21年6月、憲法草案について最後の審議が行われました。
天皇の諮問機関として設けられた枢密院・・・1か月にわたり伊藤を議長とし、皇族や大臣が参列する中、激しい議論が行われます。
憲法の制定に深い関心を示す天皇の姿・・・明治天皇は一度も欠かすことなくご臨席されます。
夏の暑い時に、長時間の難しい議論もじっと聞いていられる・・・根気のいることでした。
明治22年2月11日、大日本帝国憲法発布。
新築された宮殿で、天皇御隣席のもと、盛大な式典が催されました。
憲法で天皇はどう位置付けられたのか??
第1条・・・萬世一系の天皇これを統治す・・・天皇家が日本の統治権を担うことを宣言。
その一方、第4条で天皇の統治権は憲法の条規により・・・憲法の従うことが明記されました。
立憲君主として憲法の制約を受ける天皇の役割を明確に規定した憲法となりました。

皇居前広場・・・憲法発布の前に式典公開のために整地された敷地です。
宮殿での発布式を終えた明治天皇と皇后は、馬車に乗ってパレードを行いました。
皇居前広場は、多くの民衆で溢れ、憲法発布を祝いました。
喜びの声は、東京から各地へと広がります。
幕末維新の動乱のさ中に即位した明治天皇・・・
それから22年・・・近代日本の立憲君主として国民の前にその姿をようやく定着したのでした。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

明治天皇の世界史 六人の皇帝たちの十九世紀 (PHP新書) [ 倉山 満 ]

価格:993円
(2019/4/8 21:08時点)
感想(1件)

歴史読本2012年12月号電子特別版「明治天皇100年目の実像」【電子書籍】[ 歴史読本編集部 ]

価格:514円
(2019/4/8 21:09時点)
感想(0件)

歴史雑学BOOK 図解 「坂の上の雲」から見た明治人の生き様 (ローレンスムック 歴史雑学BOOK)

新品価格
¥1,050から
(2013/6/19 16:52時点)


板垣退助???
あ~「板垣死すとも自由は死せず

自由民権運動の・・・板垣さんです。
私の中ではどちらかというと、明治維新の方が記憶にありますが、彼もまた、幕末を生きた人です。

itagaki八重の桜では、加藤雅也さんです。


元の姓は、乾・・・乾退助です。

岩倉具視さんに言われていましたね。
「今日より板垣の姓に・・・」
みたいなことを。。。

ホント、お金をかけずにずるいわね、岩倉さん。。。
って思いながら見てたんですが・・・
ホントに岩倉具視がそう言ったわけでもないでしょう・・・。

こちらの被り物。
”毛付き陣笠”と呼ばれます。
指揮官ないし将校級の身分の武士が着けるものです。

薩摩⇒黒熊、長州⇒白熊、土佐⇒赤熊です。
だから、板垣さんは赤です。

昔々、家康がこのヤクで出来た”毛付き陣笠”がお気に入りで・・・鎖国後も輸入して大切に溜めてあったものだそうで。。。
こちらのものは、江戸城無血開城の際に、幕府から巻き上げたものです。。。

この板垣さん、この戊辰戦争時、東山道先鋒総督府参謀でした。
家は土佐藩・馬廻りで、禄高は220石。
吉田東洋の系統で、後藤象二郎とは親しく・・・その関係で容堂公の側近を務めていました。
しかし・・・後藤象二郎から土佐勤皇党に傾いて行きます。
勤皇党には参加しませんでしたが、考え方を支持していました。
って・・・もしかして卑怯???

勤皇党の武市半平太が切腹させられたことを機に、勤皇運動からより武力討伐の方向に進んでいきます。
あ~ここら辺は、龍馬伝思い出しちゃいます。。。

藩の軍事面の改革を行うも、公武合体を考えている容堂公から煙たがられ・・・側近から離れてしまうことになります。。。
土佐勤王党の流れをくむ隊士を集めた迅衝隊総督として土佐藩兵を率い、東山道先鋒総督府参謀として従軍し・・・とっても活躍し、1000石を賜ることになります。

官軍の将でありながら、会津藩士たちの名誉回復に努めています。
維新後もいろいろな重要ポストについて、活躍される方です。
今戦っている人たち・・・特に会津の人々は死んでいっちゃうわけですが・・・
維新後も生きている板垣退助。
八重の桜ではどんなふうに生きるのか、楽しみにしています。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

幕末・明治(日本史) ブログランキングへ

板垣退助―国民参加の政治をめざして (よんでしらべて時代がわかるミネルヴァ日本歴史人物伝)

新品価格
¥2,625から
(2013/6/19 16:50時点)


人物日本の歴史・日本を変えた53人〈7〉

新品価格
¥2,940から
(2013/6/19 16:51時点)


BS歴史館です。揺れるハート

堂々たる日本人―知られざる岩倉使節団 (祥伝社黄金文庫)

新品価格
¥600から
(2013/6/10 13:15時点)




「国民が、国家に対して”万歳”と呼ぶ言葉を覚えたのも、確かこの時代から始まったように記憶している。」By.永井荷風。

1889年2月11日、日本で大日本帝国憲法が発布され人々はお祭り騒ぎとなりました。

「憲法発布」を「絹布法被」と間違え、天皇から豪華な贈り物を頂ける・・・というデマまでありました。

しかし、明治維新からそれまでの20年、長く険しい道のりでした。
なぜなら、日本が国家の骨組みは何かを探す、大漂流時代だったからです。


新しい国のかたちを探して海外へ出た「岩倉使節団」。

庶民の間でも白熱した憲法談義が盛んでした。
私擬憲法は、50以上、庶民も国家づくりに夢を描きました。
国家が近かった時代、誰もが近代国家にならなければ!!と、思いつめていました。
それが、脱亜入欧の第一歩だったからです。

「憲法がないと、西洋に認められない!!」
アジアで初めて憲法を生み出そうという気概がありました。
体裁を整えて猿まねをするのではなく、自分たちで・・・!!


1853年ペリー来航に対し、幕府は対応しきれなかった。。。このままでは駄目だ!!
と、近代化とぺーりー来航が、憲法のきっかけとなりました。
そして、この憲法こそが、”国のかたち”だったのです。

1868年の明治元年、京都御所では五箇条の御誓文が高らかに宣言されました。

第1条「広く会議を起こし万機公論に決すべし」

しかし、開かれた国家ビジョンは見当たらず・・・

1871年11月12日、横浜から船が・・・欧米14か国を回る新政府の切れ者が46人出発しました。
代表は「岩倉具視」
目的は、不平等条約の改正と、政治経済・教育などの視察でした。

岩倉使節団 誇り高き男たちの物語 (祥伝社黄金文庫)

新品価格
¥1,100から
(2013/6/10 13:16時点)



そこには、31歳の伊藤博文もいました。
伊藤は、この旅で近代国家のビジョン、とりわけ憲法の大切さを知ることになるのです。

1871年12月6日、アメリカのサンフランシスコに着きます。
初めて西欧の文化を目の当たりにします。

1872年1月21日に、ワシントンで民主主義の心臓部となる議会を見学、議論の飛び交う議会に衝撃を受けるも・・・

「議員を公選し、法律を多数決で決めるのは、一見実に公平に見える。
 しかし、上下院の議員全員が、最高の秀才たちではありえないから、大議論ののちに多数決で決めれば、上策が採用にならず、下策がとられることが多い。
 これからは、全て共和政治の残念なところだ。」

と、分析しています。


使節団はその後、イギリスを経てヨーロッパ大陸へ。

フランスは、パリコミューンの混乱が冷めやらず混乱の中、自由と権利を与えすぎた民衆の恐ろしさを実感します。

3つの大国を巡って1年、憲法を見いだせないままドイツへ・・・。
オットー・フォン・ビスマルクとの出会いに衝撃を受けます。
このビスマルク、出遅れた新興国ドイツを率いて、フランスとの戦争に次々と勝利していました。
そのビスマルクの語った国際政治の本質とは・・・?

「国と国との関係は、”万国公法”という国際ルールに基づいている。
 しかし、そんな約束事は絵空事にすぎない。
 大国は自分に利益がある場合は”万国公法”に従うが、ひとたび不利と見ればたちまち軍事にモノを言わせてくる。」


この”万国公法”とは、19世紀後半に尊重された国際ルールです。
そこには、国際紛争が発生した際の取り決めや、和平交渉のやり方が書いてありました。
日本はこれを近代国家の証と考えていました。

しかし、ビスマルクはこれを一笑し、植民地化の進む中、”万国公法”=ザル法にすぎないと言ったのです。

「国際社会で小国が主権を守るためには、国家を強くしなくてはならない。」
そのためにはまず・・・
「国民意識」を養わなくてはならない。
近代国家に相応しい国民を作るためには憲法がやはり必要だ!!
日本の憲法作りはここからスタートしました。
ビスマルクの言葉に目を覚ましたのです。

そして、その憲法の必要性をベルギーで見出します。
ベルギーは、世界で初めて立憲君主制の成文憲法を制定した国です。
こんな小さな国が、大国に挟まれながらも独立国としてやっていけているのは憲法があるからだ!!

日本にはまだ、国民という意識がまだない。。。
しかし、ベルギーは、主君と国民が一体となっている!!

憲法の重要性を確信して帰国した彼らを待っていたのは、新政府の分裂でした。
朝鮮との外交問題を政治の中心課題とした西郷・板垣に対し、岩倉らは国力の充実こそが最優先・・・。
と、対立し、日本各地で反乱がおきます。反乱を起こしたのは、江戸時代の特権階級、特権を無くした武士達でした。

政府はかろうじて鎮圧したものの、憲法起草にかかる余裕がありません。
そんな政府をしり目に、庶民の間に広まった思わぬ動きがありました。

仕掛け人は、西郷と共に新政府を離れた板垣退助でした。
1874年板垣退助は、民選議員設立建白書を政府に提出。
国民が、政府に参加できる議会の設立を、政府に要求しました。
武力でなく、言葉の力とそれを支持するものの数で、政治を動かそうとしました。

自由民権運動の始まりでした。

さらに、自由民権運動は、人形芝居にもなりました。
そう、国民たちが憲法づくりを始めたのです。
当時の人は目的意識が強く、明治元年から5年、アメリカに渡った留学生だけで、官民併せて500人以上いました。具体的な国づくりを自分たちで考え始めます。

時は、憲法創作時代へ。。。
先刻で書かれた私擬憲法、その数55。
最も革新的だったのが、高知の「東洋大日本国々憲案」。
これは、板垣退助と一緒に自由民権運動をしていた植木枝盛の手によるものです。

その特徴は第72条、自由権利を侵害された場合、国民は政府の転覆を図り、新政府を建設できる武力による革命が出来る権利を主張しています。


さらに注目される憲法は、日本帝国憲法、通称五日市憲法です。
驚いたのは、その見識の高さ。
様々な国民の権利が204条にわたって成文化されています。
例えば・・・
教育は父兄にとって免れない責任とする=子供の教育の権利を主張しています。

昭和43年に発見された五日市憲法。
書いたのは、五日市の小学校教諭、千葉卓三郎。
千葉は、宮城県生まれ、幕臣として戊辰戦争に参加。負けた後、医学、政治学、宗教と学び、五日市へ。。。
五日市は、自由民権運動が根付いた地域でした。

そして、五日市の中心的存在へ・・・。
明治14年五日市憲法が生まれました。
そこには、
「日本国憲法第11条・国民は、全ての基本的人権の享受を妨げられない。」と、似たようなことが書かれています。

全国各地で私擬憲法が作られました。
日の目を見ることはありませんでしたが。。。


当時の最大の関心は、政治でした。
そして、それぞれの村には、”知”を受け止めて発信できる人がいました。
リーダーたちも凄いが、民も考えて・・・手をのばせば届く政治でした。
幕府が倒れるという激動を見てきた国民にとっては、政治が近かったのです。

明治14年の政変で、この”私擬憲法ブーム”がそらされてしまいました。
西郷、木戸、大久保がいなくなり、まとめることが出来なくなってしまった政府。

そんな中、明治政府の中心人物となった伊藤博文が、自由民権運動を抑え込むために、10年後の国会開設を約束しました。しかし、憲法はまとまっていません・・・。

国会開設に必要な憲法。しかし、憲法の起草は固まっておらず・・・
1882年伊藤は憲法調査の為に渡米します。

ベルリンでは・・・ビスマルクが議会の猛反対にあっていました。
これを見て悩む伊藤。。。
「ある国の憲法をそのまま翻訳するのは難しいことではない。
 しかし、その国の実態と共にこれを見なければ、本当の政治体制を知ることは出来ない。」


日本にあった憲法を探し始めました。
そして、ウィーン大学の法学者、ローレンツ・フォン・シュタインの講義に夢中になりました。
国家の運営の中での憲法の役割は・・・
国家とは、人格を持つもので、
人間は自我・意思・行動で生きているが、
国家は君主・立法・行政で生きています。

そして、立法の根本原理が憲法で、安定した国家運営は行政によって成り立っているというものでした。

つまり、どんなに良い憲法を作っても、政治運営がうまくいかなければ、意味がないということ。
よい政治運営を求めるならば、”行政”を固めることが必要だということです。

1年半後に帰国した伊藤は、1885年12月22日内閣制度を制定。
行政を先に行い、自ら初代内閣総理大臣となりました。
立法と行政は、国家の両輪だということに気づいたのです。

日本初の国家ビジョンが出来ました。
4年後に開かれる国会。しかし、未だに憲法はありません。

1888年夏、伊藤は別荘で憲法の起草にかかります。
たたき台を作ったのは、井上毅。
「夏島草案」からは、伊藤の執念が読み取れます。

伊藤の執念①
井上毅のたたき台にはなく、伊藤が付け加えた条文があります。
「天皇ハ諸大臣ノ輔弼ヲ以テ大政ヲ施行ス」
内閣が天皇を補佐して責任を負うとして、行政の強化を図りました。
このことで井上毅と対立。井上毅は、行政の独立は強すぎるとしたのです。
これは修正され、
「国務各大臣ハ、天皇ヲ輔弼シ、其ノ責ニ任ス」=第55条となりました。


伊藤の執念②
1888年6月草案について枢密院で最終審議。
明治天皇の下、議長は伊藤。白熱したのは・・・
第二章臣民の権利義務について・・・でした。
森有礼は、臣民の権利義務など書く必要はない!!
しかし、伊藤は・・・
憲法創設の精神は、第一に君権を制限し、第二に市民の権利を保護することにある。
そうしなければ、君主専制国になってしまう。
臣民が如何なる権利をもち、如何なる義務を持つか明記することは、憲法の骨子なのです。
と主張し、そのまま残されました。

兵役の義務・納税の義務と一緒に、制限されてはいたものの、法の下の言論・集会・結社の自由が明記されました。

1889年2月11日大日本帝国憲法発布。
日本は近代国家へと踏み出します。

伊藤の意気込みは、「憲法を絵に描いた餅にはしない!!」ということ。
アジアの国にはまだ憲法のない時代。アジアを背負った大実験だったのです。


伊藤は、最初は行政重視だったが、いずれは民中心の政治へとシフトしていきたかったようです。

1907年の憲法改革で・・・
”統帥権”の独立を防ごうとしたと言われています。
そう、あの統帥権です。。。

統帥権を、内閣のコントロールの下に置こうとしていました。


大日本帝国憲法というと、昭和の戦争との関係が非難されます。
しかし、憲法の名に値する憲法で、帝国憲法下でも、民主政治が行われていたといっても過言ではありません。


政治が近かった時代のお話です。はたして今の世の中は、政治が近くにあるのでしょうか?

↓ランキングに参加しています。
↓良かったら、ぽちっと応援お願いします。黒ハート


にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

幕末・明治(日本史) ブログランキングへ

欧米から見た岩倉使節団 (MINERVA日本史ライブラリー)

新品価格
¥3,570から
(2013/6/10 13:16時点)


このページのトップヘ