日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:鄧小平

昭和編1昭和二十年代 戦争と復興 (池上彰の現代史授業――二十一世紀を生きる若い人たちへ)

新品価格
¥1,728から
(2014/9/11 07:49時点)


毛沢東は、大躍進政策の責任をとって国のTOPを劉少奇に譲ります。

ryuusyouki
















=毛沢東の求心力が低下していくのですが・・・


outakutouこれに危機感を抱いた毛沢東は、権力を奪い返そうとします。
その運動は、常に革命が必要である!!
自分達こそが革命である・・・!!

毛沢東が権力を奪い返そうという運動・・・
この時に使ったのが、毛沢東の個人崇拝です。
”毛沢東語録”を作り、毛沢東の言葉を一冊の本にまとめました。
”毛沢東がいかに偉大であるか”という一大キャンペーンです。
そして毛沢東が始めたのが文化大革命です。
「権力を取った者は腐敗していく。
 常に革命が必要である。
 それまでの権力者を打倒することが大事である。」
というものです。

つまり、劉少奇など、毛沢東が権力を失って、代わりに権力を取った連中を打倒しようというものです。
常に国家の新陳代謝が必要であると説いたのです。
その為には、若いものが年寄りを打倒しなければならない!!
”紅衛兵運動”が盛んになりました。
koueihei
















”紅”=革命のシンボルである”赤”・・・つまり、共産主義を守る兵隊のことです。
このような運動が、高校生・大学生を中心に始まりました。

文化大革命のスローガンのひとつに”造反有理”というものがあります。
「反逆には道理がある」というもので、今の秩序をひっくりかえすというものでした。

毛沢東語録を振りかざしていれば、とがめられることはない!!という事態となったのです。
何をしようとも、警察も一切手を出さない!!ということになってしまいました。

「学校で試験をすること自体が反革命である」
=白紙で答案を出すと高く評価される

「革命をしなければならない時に授業をやっている場合ではない」
=全国の学校が全て止まる

毛沢東語録に真理が詰まっているので、これだけ読めば後は一切学ぶ必要がない!!
ということで、1960年代に全国の学校が閉鎖され、学生は読み書きを含めた教育を受けなかったのです。
その人たちは今、50代・60代の人たちです。
文化大革命の影響で、今でも読み書きの出来ない人たちがたくさんいるのです。


当時北京の警察では、
「紅衛兵が人を殺してしまっても取り締まってはならない」
という通達が出ました。

紅衛兵同士の殺し合いが全国各地で起こっていきます。
さらに当時の幹部たちは、紅衛兵によって吊るし上げにあっていくのでした。
その結果・・・毛沢東による権力の奪い返しが成功するのです。

毛沢東は権力が手に入ると・・・紅衛兵たちが邪魔になってきました。
中国経済も停滞し、失業率が非常に高くなります。

毛沢東は・・・
「お前たち学生は、インテリ・知識人である
 知識人は本当の意味での革命家ではない
 地方に行って、労働者・農民に学べ」
ということで、都市部の学生・・・若者たちを全国の農村地帯に追いやるのでした。
これを下放といいます。

文化大革命によって何百万人の人が亡くなったのか?それははっきりしません。

ただ・・・大躍進政策や文化大革命によって
「うっかり御上の言うことを信用したらろくなことはない」
ということが刻み込まれてしまったのでした。

tousyouhei毛沢東が亡くなった後、経済の立て直しが始まりました。
中国が発展する政策をするのが鄧小平。

生産責任制で農業を立て直します。
中国は社会主義で、土地はすべて国有地・・・”人民のもの”。
しかし、それぞれの農地について・・・
自分の担当の農地で作ったものは、自由に処分をしていい」と決めます。

農家の人たちがみんな働き始めました。
飢餓状態が解消していきます。
農家が豊かになっていき・・・”万元戸”という言葉ができました。
年収が1万元を超える農民(大金持ち)のことです。
ここから大金持ちが出てきます。

そして、改革開放政策によって、社会主義の仕組みを改革しようとします。
鎖国状態だったものを・・・海外からの投資を認めるのです。

そんな鄧小平の求めたモデルが日本でした。
鄧小平は、日本の経済状況を見て衝撃を受けていたのです。
大躍進政策や文化大革命の間に、こんなにも差がついてしまった・・・!!

で・・・できたのが、社会主義市場経済なのです。
社会主義とは、国が計画を立て、国有企業でマーケットを通さずに全ての経済活動を行うものです。
市場経済とは、生産や消費をマーケットに任せ、自由な経済活動で発展するというものです。
社会主義なのにマーケットに任せる・・・??

つまり、政治は共産党独裁体制を、経済は資本主義をとなるのです。

「共産党にさえ逆らわなければ自由に金もうけをしろ」というのが、今の中国のやりかたなのです。

自由な経済をやれば何が起きるのか・・・?
”自由”や”民主主義”といった思想も入ってきます。


結果的に中国のやり方に矛盾が起きてきます。
学生たちの民主化運動が始まるのです。

この民主化運動への対応が、指導者たちの運命を左右します。

koyouhou















学生たちの民主化運動が起きた時、国家主席だったのが胡耀邦。
胡耀邦は、1980年代に改革指導者として国民から支持されていましたが、学生の民主化運動に同情的でした。
厳しく取り締まらなかった結果・・・責任をとらされて失脚します。
胡耀邦は日本の当時の首相・中曽根康弘とも仲が良かったのですが・・・
罪状のひとつに「親日的である」ということも挙げられたのでした。
=うっかり日本と仲良くすると、胡耀邦の二の舞になるのでは??
という恐怖感も出てきました。

tyousiyou胡耀邦、その後を継いだ趙紫陽の裏には鄧小平がいて、闇将軍のような”最高実力者”となっていました。
国の役職にはつかないものの、”共産党中央軍事委員会主席”だったのです。
これは、中国の軍隊=共産党の軍隊なので、軍を動かす最高責任者ということです。

学生たちは「胡耀邦は学生運動に同情的な人だった。 改めて功績を認めて欲しい。」という運動を始めます。
影の権力者たちは抑えようとしますが・・・趙紫陽も学生たちの民主化運動に同情的になって・・・
厳しく取り締まりませんでした。
で・・・天安門に学生たちが集まってくるのでした。

天安門で・・・「胡耀邦を認めて欲しい」「民主化したい」というお願いの平和的な集会でした。
鄧小平はこれを許せず、徹底的に取り締まるのです。
それが天安門事件で、趙紫陽も失脚していくのでした。

koutakuminn


その後鄧小平があとにつけたのが江沢民でした。
1989年総書記・1993年国家主席に・・・。

江沢民が鄧小平から言われたことは・・・
「改革開放政策は進めろ、しかし学生たちの民主化運動は抑え込め!!」というものでした。

江沢民が「中国共産党を愛しましょう」という運動をはじめ、「いかに日本がむかし悪いことをしていたのか」を徹底的に教えるのです。

愛国運動が反日運動になっていくきっかけが、天安門事件でした。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

豚と一緒にお小遣い稼ぎ♪Point-BOX

池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇

新品価格
¥1,620から
(2014/9/11 07:50時点)

おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書 431)

新品価格
¥842から
(2014/9/11 07:51時点)

心を高める、経営を伸ばす新装版 [ 稲盛和夫 ]

価格:1,050円
(2014/2/5 13:28時点)
感想(6件)



モラル無き中国式商い・・・
中国で新手の商売として流行っているのが・・・
携帯やスマホの予備のバッテリー。。。500円~800円です。
使い捨てではなく、再充電できるのですが。。。
中身は乾電池と砂。。。
重さをごまかすために、砂を入れているのです。
悪質な模造品でした。

モラル無き商売・・・
中国の人々は、仕方ないと思っているようです。
中国では詐欺まがいの商売がたくさんあるそうで。。。騙される方が悪いのです。
みんな自分の利益しか考えていません。

①低・・・品質・モラルが低い
②偽・・・偽物
③劣・・・品質が劣っている

この3つが中国ビジネス商品を表すキーワードとして語られています。
羊肉・・・実はキツネ・ネズミ
地溝油・・・下水道の油を再生した安物の食用油。
おから工事・・・手抜き工事のことで・・・
橋だけで、2007年~5年間で37件も起こって、182人が亡くなっています。
とにかくお金儲けだけを考えている・・・拝金主義なのです。
きっかけは鄧小平。
30年前に社会主義に市場経済を取り入れました。
先富論。。。”先に富むことが出来るものから富め”という方針でした。
このチャンスに、一気に金もうけに走ったのです。

経済発展を続けてきた中国には、拝金主義がはびこっていました。
そんな中国で・・・もう拝金主義は止めようという会社が出て来ました。
そこに大きな影響を与えているのが日本のカリスマ経営者だったのです。

成長に陰りが見え始めた中国で、未だにGDPが成長著しいのが成都。
その成長を牽引しているのは不動産業。
しかし、ここにも拝金主義が横行して・・・
仲介手数料以外に・・・不動産業者によって売り手・買い手に二重価格を掲示し、差額を抜き取っていました。

伊誠地産・・・2004年に設立。店舗は約300店舗、社員は6000人です。
この会社は・・・昔は拝金主義でした。。。
売り手買い手にウソがばれ、抗議の電話が殺到するようになります。
どうしていいか分からなくなったとき出会ったのが、”心の経営”の稲盛和夫でした。
京セラを創業、KDDIの設立に関わりました。
経営破たんしたJALを任され2年で再生、経営手腕は素晴らしく、日本では経営の神様と尊敬する人もおおいのです。
"誠心誠意"”真心”という心の在り方が、人生や経営についていかに大切か・・・!!
そんなことを説いています。
中国の書店では、この稲森和夫氏の本が大人気・ベストセラーです。

成功方程式は・・・
人生・仕事の結果=能力×熱意×考え方

稲森氏の言葉です。

不透明な取引の流れをガラス張りにします。
誠心誠意を徹底すると、お客さんの信頼を得ることが出来ます。
業績はアップしていきました。その数字は驚異的!!

この稲森哲学の神髄は・・・???
心の鏡が純粋で、邪念のないものでなければ真理を見つけることは出来ない。
”人間として何が正しいのか”という言ってんで物事を判断するのです。

①人間として正しいことをする
②ウソはつかない
③利他の心

この3つが稲森氏の経営哲学です。

稲森氏は、運動会やコンパも大切にしています。
人と人とのコミュニケーションを大切にして、会社をひとつにまとまるからです。

”昭和の経営”が世界に影響しています。
他にも世界的に注目されているのが・・・
社歌・社訓・社是です。
何かまよたっときには、ここに帰ろう!!というのです。

グローバル金融の時代となり、”会社は誰のモノか?”と、言われますが、”経営者がまず考える第一は社員が幸せかどうか”だそうです。

東洋では、仏教や儒教の考え方が浸透しているので受け入れられやすいということもあります。
東京で行われた就職セミナーでは、外国人がたくさんいました。
”個人主義”よりも、日本式の”家族主義””助け合い”が受け入れられているようです。
稲森氏の「盛和塾」は、欧米にも受け入れられ・・・アメリカでもその哲学が学ばれています。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれえると嬉しいです。
にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ


利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか ドラッカー、松下幸之助、稲盛和夫からサンデル、ユヌスまでが説く成功法則 Purpose Engineering

価格:1,680円
(2014/2/5 13:29時点)
感想(0件)

天安門広場が血に染まった。。。
「池上彰の現代史講義」です。

池上彰のそうだったのか! &講義の時間シリーズ2013(既9巻)

新品価格
¥14,700から
(2013/6/12 14:39時点)




毛沢東の死後、大躍進した中国ですが、毛沢東の亡き後、中国を立て直したのが鄧小平でした。鄧小平は、文化大革命で毛沢東により失脚させられていました。というのも、鄧小平は、経済体制や経済制度にこだわらず、国民を豊かにすることを一番にとらえる現実主義者でした。イデオロギーを重視する毛沢東よって地方に追いやられていたのです。しかし、その才能は毛沢東も認めていたので、死なないように気配りはされていました。

中国を立て直すためには必要な人材だと認められていたのです。

1976年毛沢東死亡。これにより江青、張春橋、姚文元、王洪文の四人組は失脚。裁判にかけられます。江青は、文化大革命を推進し、権力を専横したとして、執行猶予付きの死刑判決を受けます。改心したら、許してくれる・・・。というものです。が、自殺を図ります。

1977年鄧小平が復活し、中国の改革、建て直しを図ります。開放路線の始まりでした。

鄧小平の政策は
1978年人民公社の解体。「生産請負制」を導入しました。
土地は国有地ですが、農地を農民一人ひとりに分け、収穫したもののうち、余ったものは自分のものにして良いとしたのです。こうすれば、自分達で食べたり、売ったりできます。中国の食糧不足は解消されました。

中国をもっと豊かにするため、実験的に1979年~80年「経済特区」を作ります。
これは、1979年

深圳 - 香港に隣接する。
珠海 - マカオに隣接する。
汕頭- 華僑が多く、海外との交流が密接である。
廈門 - 台湾の対岸に位置する。

この四ヶ所に限り、外国が進出しても良い、資本主義化しても良い。というものでした。次々に投資し、工場が進出しました。いきなり資本主義化は出来ないまでも、大成功でした。
このように、鄧小平の考え方は、「先富論」先に豊かになれる人から豊かになればいい、と言うものでした。

1992年、社会主義市場経済論を打ち出します。市場経済とは、需要と供給によって値段が決まるというものです。社会主義とは、もともと計画経済(5カ年計画)で、エリートが計画し、値段も決めていたのですが・・・。資本主義そのものの市場経済を受け入れました。でも、主義、考えは、国がコントロールするという変わった形が出来上がりました。

つまり、社会主義経済論は、共産党が手綱を握って、みんなが豊かになればいい。というものでした。世界的には意味不明でしたが・・・。

一生懸命働けば、給料が良くなる→買う→経済が良くなる→働く。。。と、上手く回り、経済の急成長と繋がりました。

中国が建国以来ずっと取り組んでいるのが人口政策です。

1953年6億0193万人でした。
1957年、北京大学学長・馬寅初が、「新人口論」を発表します。
これは、生産不足・食糧不足を補うために人口を抑制する必要がある。というものです。毛沢東はこれを厳しく批判し、馬寅初は大学を追われ、軟禁されます。生めよ増やせよで・・・。大躍進政策で多くの人が餓死していたのに、人口は増えていました。

1979年毛沢東の死後、軟禁を解かれ、「一人っ子政策」が始まるのです。
全国に16万人の計画出産責任者を置き、監督チェックを入れました。人口目標が定められ、2人目3人目ができた場合、本人ばかりか責任者も罰せられました。

圧力がかけられ、中絶が一般化します。
しかし、農村では働き手である男の子が欲しい・・・。女の子は生まれなかったことにしよう・・・。となります。中国には56もの民族がいて、少数民族には一人っ子政策は適用していませんが、出生率は5.8人だったのが、現在では1.8人になりました。男女の比率が極端で、女100人に対し、男118.58人です。これは、人為的なことが無い限り有り得ないことです。

20歳~45歳まで、男性が3000人余っていて、結婚相手がいなくなるそうです。

おまけに、人口のピラミッド、人口比率が変わり、若年層が抑制され、高齢者が増えており、今では65歳以上が1億人、深刻な社会問題になっています。

中国には年金制度は無く(もともとは国有企業だったから)、農家の人は特に貧しく深刻化しています。年金制度が充実する前に、超高齢化社会になってしまうことでしょう。

2002年、「一人っ子政策」を認める法律が出来ます。今年子供を産んでもいいよ。と、行政が介入し、発表するのです。
子供は「小皇帝」となり、わがまま一杯に育った子供がたくさんいます。そうなると、就職してもすぐ辞めたり、親が文句を言うようになります。

人民解放軍お得意の人海戦術がとれなくなり、おまけに親が文句を言うので鍛えられないのだそうです。結婚してもすぐに離婚。という人が増えています。

だからか、一人っ子同士では2人産んでも良いとなりましたが、依然として一人っ子政策は続いています。


かつては食べることが精一杯だった人が、学力がついて視野が広くなり、大学生を中心に民主化運動が高まります。

1986年12月民主化運動が始まります。もともとは、学食の食事を良くしろ!などの他愛も無いものでしたが、改革運動に発展します。胡耀邦(黒幕は鄧小平)が総書記にときでした。
のが、この胡耀邦、学生達に同情的だったため、鄧小平を含む保守派が反発し、やめさせます。胡耀邦、ときに72歳、理由は若すぎるから。でした。

この自分達に同情的だった胡耀邦を追悼しようと学生達は天安門広場へ・・・。総書記は趙紫陽のときです。
この時、何故天安門か?
1989年5月中ソの和解後、ソ連のゴルバチョフがセレモニーのため中国を訪問しようとしていました。いつもは報道がシャットアウトでしたが、この時ばかりは中国も一大イベント、中ソ和解の歴史的瞬間を世界に発信しようと、世界的にメディアが自由な取材を認められていました。

これを学生は利用しようと考えたのです。
5月17日、民主化運動を進める学生100万人が天安門広場へ集まりました。全国では1000万人に達したと言われています。
趙紫陽は、6月にお忍びで天安門広場へ向かい、涙ながらに「集会はやめてほしい」と、訴えます。そうして、この趙紫陽は失脚します。この時、秘書として行動を共にしたのは、温家宝でした。趙紫陽が失脚したにも関わらず、温家宝はどう立ち回ったのか、残っています。

6月4日、天安門事件勃発。人民解放軍の戦車、装甲車が弾圧・制裁を加えます。民主化が武力によって押しつぶされた瞬間でした。

しかし、この天安門事件を検証した結果、一人も殺されていなかったことがわかります。学生のリーダー達が軍の責任者と話し合い、突入する直前に、学生達は撤退していたのです。
このリーダーの一人がノーベル賞をとった劉暁波なのです。当時、劉暁波は、ニューヨークで研究活動をしていましたが、帰国して学生に寄り添っていたのです。

しかし、他の地域では、多数の死者が出ました。しかし、学生の親達は、国に反抗した手前、殺されても、どこにも言っていくところはありませんでした。

この事件はすぐさま世界のテレビ局が放送しました。

こんな事があって、学生達の愛国心を育てようとします。時代は、趙紫陽から江沢民に変わっていました。

民主化運動をしないように、学生達に愛国教育を徹底します。
これは、「愛党教育」共産党を愛するというものでした。かつて、日本軍と戦って、人民を解放したのは中国共産党だ!!という教育です。そうなると、必然的に「日本がいかに悪いことをしていたか」という反日教育になっていったのです。

国民は、思想はどうであれ、文句を言わずに金儲けしよう。と言うことになり、経済が発展するのです。

ヨーロッパでは、貧乏から脱して豊かになると、言論の自由がしたくなり、軍は倒され、民主化されるのが普通だと思われていました。当然、共産党の支持基盤が揺らぐだろうと思われていましたが、未だに共産党勢力です。

報道は、中国共産党宣伝部が、毎日通達を出します。今でも、政治・共産党に対しては、報道の自由は認められていません。だから、反対に、中国政府の幹部は、国民がどんな世論を持っているのかがわかりません。世論の動向がわからないのです。

幹部は、インターネットの書き込みを見て探ります。3万人10万人はいるといわれるサイバーポリス。24時間体制で、ありとあらゆる批判を見つけては、削除をしています。

香港では、民主活動家が、このサイバーポリスよりも早くサイトを見つけてはコピーし、ミラーサイトを作る。。。これが、拡散して、西側諸国に伝わっています。鉄道事故のことも、このような形でインターネット報道されました。

中国は、経済は発展しているのに共産党。という不思議な国家になりました。
次のトップは、習近平。妻の彰麗媛は、人民解放軍の将校で、専属の国民的歌手(日本で言うなら美空ひばり)です。
中国共産党代表大会で総書記に選ばれる予定です。

この習近平、父はかつての副首相、失脚を余儀なくされ、息子である習近平も反動学生として苦労します。

中国には

共青団と、太子党(二世)が対立しています。
共青団は、「李克強」・太子党は習近平を推して、対立していましたが、この権力闘争の末・・・。
今のままで行くと、習近平が国家主席で、李克強が首相になるのではないかと思われます。

ちなみに、習近平を推したのは江沢民。
李克強を推したのは胡錦濤、李克強は昔、小沢一郎の家にホームステイしていました。ΣΣ( ̄◇ ̄;)!

中国は今、まさに勃興期。海軍力、空母・・・。かつてのポルトガル・スペイン・オランダ・イギリス・米国・日本も・・・そうだったように。

今中国は大きく発展していますが、経済的には厳しくなってきています。21世紀前半は中国ですが、後半はインドかも知れません。
1962年、中印戦争などをして、敵対して、お互いに相手を警戒しています。

ああ・・・。やっぱり中国は何もかもスケールがでかい!!でした。


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


このページのトップヘ