日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:鉄砲

鉄砲伝来の日本史 火縄銃からライフル銃まで

価格:3,045円
(2013/11/18 14:27時点)
感想(0件)


シリーズ日本のインパクト第1弾です。

戦国時代、強き者だけが残る下剋上の日本に・・・
衝撃の鉄砲伝来です。
1543年種子島にもたらされました。
しかし、新兵器は、1年後に複製、大量生産を行い、一大軍事大国となるのでした。
大量の鉄砲は、戦いを・・・武士の常識を変えていきます。

まず・・・鉄砲を使うと、死傷者の数が爆発的に増えます。
弓は修練が要りますが、鉄砲はそうではないので、民衆が鉄砲を手にして参加できるようになりました。
そしてお城も、鉄砲に対してどう戦うのか?というふうに造られるようになったのです。

1543年種子島に漂着したポルトガル人が伝えました。
と、思われてきました。
しかし、最近、鉄砲を伝えたのは・・・
ポルトガル人と一緒にいた中国人だとも言われています。

”鉄砲記”には、その名を”五峯”としています。
日本に鉄砲を伝えたのは、倭寇だというのです。
超大国の明、海禁政策を行っていて、国が貿易を独占していました。
しかし、15世紀後半に貿易が衰えてきます。
その中、密貿易を活発に行ってくるようになったのが、倭寇なのです。
彼等は武力で東アジアを支配するようになります。
莫大な利益を得ていきます。
そして、もっとも成功した倭寇のリーダーが”五峯=王直”でした。

この頃大航海時代となり、ポルトガルがアジアに侵攻。
1511年マラッカを占領。
陶磁器、生糸を求めて、明への進出を図りますが・・・
当時の明は、朝貢貿易・・・周辺国が、中国皇帝に貢物をして返礼を受けるという貿易でした。
威信は保ちたいけどお金は払いたくない明。。。
明との貿易交渉に失敗し、マラッカから先に進めなくなったので・・・倭寇を利用しようとなったのです。

王直の船にポルトガル人が乗って、密貿易で金を儲けようとしたのです。
そしてこのタイミング???
時はまさに戦国時代・・・激しい戦いが繰りひろげられていました。
種子島時尭は、鉄砲の利用価値に気付き、2丁を金・2000両で・・・現在の1億円で購入します。
この鉄砲が多きなインパクトとなっていくのでした。

日本人で初めて鉄砲を手に入れた種子島時尭。
時尭が戦国の世を変えていきます。

「これと同じものを作ってみよ!!」

銃身、カラクリ、ネジ・・・

命じられたのは種子島の刀鍛冶。。。

1年後・・・国産鉄砲が完成しました。

種子島には砂鉄がありました。
そこには製鉄のベースがあり・・・鉄砲を作るにはいい土地でした。
噂が広まり・・・戦国大名たちはこぞって手に入れようとします。
島津貴久、織田信長、上杉謙信・・・

そこにいち早く目を付けたのは、東洋のベニス・・・堺の商人たち・・・会合衆でした。
どうすれば鉄砲を大量生産できるのか???
それは、部品互換方式。
部品を同一規格で分業し・・・最後に組み立てて完成させることにしました。
当時世界では、ひとりの作り手が、一つ一つ作り上げていく時代でした。
世界に先駆けた分業大量生産だったのです。

その産業基盤は古くからあり・・・畿内では、産業革命が早くから起こっていたのです。
大量生産によって、鉄砲大国となっていく日本。
1550年代に30万丁・・・ヨーロッパの保有数を上回っていた。。。
ヨーロッパへ逆輸出されたともいいます。

まさにモノづくり日本だったのです。

30年がたち・・・戦国時代の戦を変える決定的な戦いが起こります。

1570年の石山合戦です。
天下布武の信長に立ちはだかったのは、本願寺・顕如。
天下統一を阻む一番の強敵でした。
石山本願寺を攻めた信長・・・苦戦して10年もかかります。
その原因は・・・大量の鉄砲の銃弾だったのです。

数千丁の鉄砲をもっていたと思われる石山本願寺。。。
信長も足を撃たれたとか・・・。
どうして本願寺が大量の鉄砲を扱うことができたのでしょうか?
そこには謎の傭兵集団が・・・
雑賀衆。。。
それまでの常識を覆し・・・個人の技量には頼らない鉄砲の連射。。。
鉄砲を取り換えて、取り換えて・・・チームワークで連射をしていました。
これを利用して弾幕を張っていたと思われます。
そして・・・徹底的なゲリラ戦法を使っていました。
隠れて狙撃し、撃ったら逃げる・・・名誉を重んじる武士には出来ない芸当でした。
雑賀衆は・・・武士ではなく、漁業や農業を行っている民衆でした。

紀州は・・・守護大名の力の弱い惣国でした。
小さな独立国家が多かったのです。
雑賀衆はその、自衛組織だったのです。

雑賀衆に煮え湯を飲まされた信長・・・
石山本願寺を落とすことは出来ずに・・・和平を結ぶこととなります。
雑賀衆の戦法は、信長に大きな影響を与えたと言えるでしょう。
これ以後・・・鉄砲足軽隊の比率が大きくなっていきます。
信長は・・・天下統一へと突き進んでいったのでした。
兵農分離も進んでいきます。

鉄砲に対抗するために、城の造りも変化していきます。
今のお城の形となったのです。
難攻不落と言われたのが大坂城。
大坂の陣はこの城が舞台となりました。城VS鉄砲の究極の戦いとなったのです。
堀の幅が10mから20mへ。。。
3重の堀となります。
石垣には、屏風折れ。
櫓や壁には狭間が作られ・・・城壁や門も鉄板で覆います。
秀吉の大坂城は、鉄砲を想定して作られており、世界的にも屈指の要塞でした。

徳川家康は・・・
大筒鉄砲を近江で作ります。射程距離は1㎞以上。
2㎞まで届く鉄砲さえ製造させています。
生きているうちに豊臣を倒す!!
でも、大筒の玉をどのようにして命中させる???
鉄砲を改良します。
弾道計算を重ね、鉄砲を作り上げていきます。

冬の陣の火蓋が!!!
徳川側は、城から800m離れた備前島から大筒鉄砲で攻撃!!
城の中枢部に着弾させ。。。
さらに大砲を・・・!!!昼夜構わず撃ち込まれます。

豊臣方は、怖れをなし講和に・・・夏の陣でなすすべなく徳川の勝利となるのでした。
鉄砲伝来から70年・・・戦乱の世は終焉を迎えたのでした。
鉄砲が戦国を終焉させ・・・新しい徳川的な秩序を作りだしたのです。

太平の世となって・・・
しかし、鉄砲保有数は世界トップレベルでした。
どうして戦乱のタネとならなかったのでしょうか?
3代将軍家光は・・・軍役を細かく定めています。
5万石では150丁、10万石では350丁。。。
既定に満たないものは処罰されます。

民衆も鉄砲所持を認められ・・・鑑札が発行されます。
世界初の銃規制でした。
狩り・害虫駆除に使われ・・・戦いに使われることはありませんでした。
平和を求める気持ちが強かったのです。
喧嘩両成敗・・・つまり紛争を武力で解決してはならない・・・
圧倒的な武力を誇示する江戸幕府の中。。。武器がシンボル化していきます。

戦国のすさまじい時代を潜り抜けてきたからこそ!!という英知だったのかも知れません。

今回は雑賀衆が出てくることもあって、和歌山市出身の津本陽さんが出ていました。
84歳でもとってもお元気そうでした。

和歌浦出身の津本陽さんも雑賀衆???
その近くで生まれた私も雑賀衆の末裔かもしれません。
が・・・一番速かった時でさえ・・・50mを10秒以上かかる私は、すぐに死んじゃうんだろうな。。。

いつも3月の末には(雑賀)孫一まつりがおこなわれ。。。
コスプレ・・・甲冑をつけた人たちが、町中を練り歩いてくれます。

ホント、この頃が一番和歌山に活気があったかも???


孫一まつりはこちら
孫一まつり②はこちら
孫一まつり③はこちら
↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれえると嬉しいです。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

【新品】【書籍・コミック 新書・ノベルス】戦国鉄砲・傭兵隊 天下人に逆らった紀州雑賀衆

価格:798円
(2013/11/18 14:28時点)
感想(0件)

図説・日本武器集成―決定版 (歴史群像シリーズ)

新品価格
¥2,100から
(2013/7/23 10:44時点)

鉄砲は、戦国時代に種子島に伝わりましたが・・・
実は、戦国時代末期、日本は世界で有数の鉄砲保有国となっていました。

わずか13年で全国に30万丁の鉄砲があったと言われています。
大名たちは、キリスト教とともに・・・こぞって鉄砲を手に入れたのです。

特に鉄砲が勝敗を決した戦いとして名高いのは、1575年織田信長が3000丁の鉄砲部隊で武田勝頼を破った「長篠の戦い」で、この頃になると、30万丁を越えていたと思われます。

そんなにたくさんになった鉄砲。徳川の太平の世にはどうなったのでしょうか???
各藩は、10万石で350丁・・・など、石高に応じて既定の数の鉄砲をを常備するように義務付けられていました。
また民間でも、猟など盛んに鉄砲が用いられていました。

1687年5代将軍綱吉が、「諸国鉄砲改め」を行いました。
それによると、各藩とも何千丁という鉄砲が民間に行きわたっていたようです。

島原の乱の時には、鎮圧のために約2000人が出兵した筑前秋月藩の黒田家は、鉄砲218丁を携えていました。
幕府は鉄砲だけではなく、オランダから20門の大砲を買い、西国の諸大名に数門の大砲を提供さ、原城を攻撃させました。

幕末、大塩平八郎の乱においても、砲術家の大塩は大砲を用いて・・・対する幕府側も大砲を用いています。

そう、江戸時代にもたくさんの鉄砲があったのです。
しかし、太平の世なので、実践に使われた回数は少なく・・・
そのせいで、技術的進歩もなく、幕末には西洋に後れを取ってしまうことになるのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ

歴史雑学BOOK 図解 武器・甲冑全史 日本編 (ローレンスムック 歴史雑学BOOK)

新品価格
¥1,050から
(2013/7/23 10:44時点)

図説日本合戦武具事典

新品価格
¥3,990から
(2013/7/23 10:45時点)

3月25日この日曜日和歌山市にある本願寺鷺森別院を中心に、「第8回孫市まつり」がありました。


出発点は和歌山城一の橋から。黒ハート

和歌山城は、こんもりと緑茂る虎伏山(とらふすやま)に白亜の天守閣がそびえています。

和歌山城は、天正13年に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりです。
その築城を担当したのが、築城の名人藤堂高虎で、本丸・一の丸を造りました。

まず、秀長の城代として桑山重晴が入り、慶長5年(1600)には、関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長が入城。

そして、元和5年には徳川家康の第10子・頼宣が入城し、紀州55万5千石の城となり、以来、水戸・尾張と並び、徳川御三家のひとつとして、長い歴史を刻んできました。

和歌山城の石垣には、紀州特産の青石(緑泥片岩)が多く使われています。

しかし、現在の天守閣は、和歌山大空襲で天守などの指定建造物11棟すべてを焼失、戦災後の昭和33年に鉄筋コンクリートで再建されたものです。

そんな和歌山城がこちら。

DSC_0740.jpg

鉄砲隊で有名な雑賀衆。鉄砲の音と共に出発です。黒ハート
DSC_0703.jpg

和歌山城の一の橋を出発して和歌山城内を歩きだします。
DSC_0686.jpg

甲冑をきた雑賀衆が歩き出しました。黒ハート
DSC_0687.jpg
背中ののぼりには、「雑賀孫六」「雑賀孫八」「鈴木重秀」「土橋盛重」とか・・・exclamation&question書いてありました。

雑賀衆は・・・
紀ノ川下流域に拡がる一帯を本拠とする地域連合惣的な集団の総称です。

戦国期には優れた水軍と多量の鉄炮を持ち、その高い戦闘力から「雑賀を制する者全国を制す」と呼ばれるほどでした。

雑賀衆の構成は、五緘(からみ)と呼ばれる雑賀荘・十ヶ郷・宮(社家)郷・中郷・南(三上)郷の各惣から成り、それぞれに統率者が存在し、合議制による自治を進めていました。

また、雑賀衆は一枚岩の強固な団結により織田信長と戦ったと思われがちですが、実際はそうではなく、実に複雑な行動をとっています。

DSC_0694.jpg
よそから手作りの甲冑を作って参加している人もいました。

DSC_0695.jpg
で、こちらは有名な「六文銭」・真田幸村の赤備え。
この赤備え、もとは、武田の騎馬部隊が使っていました。最強騎馬軍団です。黒ハート

武田の赤備えが強すぎたため、「赤備え隊=精鋭部隊または最強部隊」というイメージが諸大名の間で定着
したので。。。

その武田の遺臣が仕えたのが井伊直政。直政も、これにあやかって、自分の部隊を赤備えとして編成しています。

井伊の赤備えは小牧・長久手の戦いで先鋒を務めて奮戦し、井伊の赤鬼と呼ばれ恐れられました。
以後幕末に至るまで井伊家の軍装は足軽まで赤備えをもって基本とされていました。

そして、真田の赤備え。

大坂夏の陣において真田幸村が編成しました。

敗色濃厚な豊臣氏の誘いに乗って大坂城に入った幸村の真意は、恩賞や家名回復ではなく、徳川家康に一泡吹かせてもって、真田の武名を天下に示す事だったと言われています。

武田家由来の赤備えで編成した真田幸村隊は、天王寺口の戦いで家康本陣を攻撃し、三方ヶ原の戦い以来と言われる本陣突き崩しを成し遂げ、「真田日本一の兵 古よりの物語にもこれなき由」と『薩摩旧記』(島津家)に賞賛される活躍を見せました。


つまり、最強に与えられる「赤備え」なのです。

DSC_0691.jpg
そしてこんな人たちも。るんるん

あーこには、「ママも一歩間違えばこんな感じだったんだよ。あせあせ(飛び散る汗)」と、紹介しました。が、あそこまではじけられるなんて、ちょっとうらやましい。黒ハート

そして隊列は和歌山市駅へ。。。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

このページのトップヘ