日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:関ヶ原の戦い

オールカラーでわかりやすい!戦国史

新品価格
¥864から
(2016/4/6 13:11時点)



私たちが魅了する名城・・・それはかつて、戦国大名が、意地とプライドをかけて築いたものでした。
強く賢く勝ち抜いた者たちが主・・・勝者・・・城は、成功の証でした。

広島城・・・江戸時代の初め、意地をかけた対立事件が起こりました。
征夷大将軍VS広島城主・福島正則・・・。
福島正則は、猛将と知られた戦国武将でした。
正則は、豊臣秀吉のもとで武功を上げ、天下取りを支えました。
戦国大名として関ケ原の戦いでは、徳川家康に味方し、先陣を切ります。
強い男・福島正則。。。この正則と対立したのが、江戸幕府2代将軍徳川秀忠!!

秀忠は正則よりも18歳年下・・・子供のようなものでした。
対立のきっかけは・・・広島を襲った大雨で、川が決壊!!
広島城の大部分が破壊されました。
正則は、城の修復を実施!!
ところがこの改修工事が大問題に発展します。
広島城改修を知った秀忠は激怒!!
その理由は、武家諸法度・・・城については厳しい決まりがあったのです。
”城を修築する際には、必ず報告しなければならない”のです。

秀忠は、改修工事はこの一文に反するとしたのです。
広島城のほとんどを壊すように正則に言いつけます。
正則59歳・・・苦しい選択でした。
これは、徳川幕府と諸大名の関係を決めた事件といえます。


1582年本能寺の変、天下統一を目前にした信長の死によって、その後継者争いが始まりました。
1583年賤ヶ岳の戦い・・・天下取りへの大きな一歩を踏み出した羽柴秀吉に従っていたのが23歳の福島正則でした。
秀吉に仕え始めたとき・・・石高はわずか200石でした。
この賤ヶ岳の戦いで一番槍の功績をあげ、秀吉に大きく貢献しました。
正則は賤ヶ岳の七本槍として名を上げました。
これが秀吉に認められ、石高は5000石に・・・!!
この後も秀吉の戦場には正則の姿が・・・秀吉の天下とりを支えたのです。
1595年正則は35歳で清洲城主・・・24万石の大名となりました。
清須城は、豊臣政権で特別な意味を持つ城・・・
この城は、正則が城主になる前は、関白の豊臣秀次が城主でした。
そのあとに、正則が入った・・・秀次の跡を受けて、豊臣氏を支える存在である・・・!!
わずか200石の小姓から有力大名へ・・・!!
戦場の実力でのし上がった男・・・それが福島正則でした。

一方、江戸城・・・250万石の大大名の息子として大事に育てられた徳川秀忠。
秀忠の少年時代に秀吉が天下統一を達成しました。
なので、戦を知らないまま成長します。
秀忠は、「父君の御庭訓をかしこみ守らせられ」・・・家康に従順な息子でした。
歳の差は18歳・・・育った時代も環境も違う二人・・・。
時代の流れが二人を手繰り寄せていきます。
1598年天下人・豊臣秀吉死去。。。享年62歳。
豊臣政権は大きく揺らぎ始めました。
跡を継いだのは、わずか6歳の豊臣秀頼。
この天下人を誰が支え、権力を握るのか・・・??
豊臣政権内部で権力闘争が勃発!!
それは、最大の実力者・豊臣秀吉と豊臣政権の実務官僚・石田三成との戦いでした。
数多くの戦いを潜り抜けてきた家康は、正則ら武将の信頼が厚く・・・
三成は、家康を豊臣の敵として糾弾!!
秀頼を守るべく軍勢を集めていました。

秀頼を囲う三成とどう戦うのか・・・??
小山評定で・・・
家康は、自分につくか、三成につくか・・・武将たちに判断させようとします。
その時・・・正則が口火を切りました。
「秀頼公の名を借りて、勝手な振る舞いをする三成を討つべし!!」
豊臣家乗っ取りをたくらむ三成が許せない!!
この猛将の叫びが、武将たちを結束させたといわれています。

しかし・・・正則は小山評定には参加せず、すでに戦場に向かっていたという節が出てきました。
家康が正則に宛てた小山評定6日前・・・7月19日の書状には・・・
「早々の御出陣ご苦労のことです。
 上方で石田三成に何やら不穏な動きがある。
 急いで人数・軍勢を登らせてもらいたい。」
つまり、正則は、小山評定よりも前に、いち早く戦場に向かっていたというのです。
家康は、正則に家康の軍事力の中核として期待していたようです。

1600年9月15日。。。関ケ原の戦い!!
家康の東軍の先鋒は福島正則!!
この時正則は、自らの3倍もの敵を引き付けて戦います。
激闘を続ける福島勢・・・やがて戦況は東軍有利に・・・!!
戦いは半日で決着がつきました。
福島正則・・・40歳、見事に家康の期待に応えます。

一方秀忠はこの時・・・

主力3万を率いて、家康の待つ戦場に向かっていました。
ところが上田で真田の抵抗に遭い軍勢はストップ!!
関ケ原の戦いに間に合わなかったのです。
秀忠の失態・・・歴戦の勇者・福島正則ここにあり!!

1600年11月・・・正則40歳の時、関ケ原の戦いの功績で新しい領地が与えられました。
広島県・・・安芸・備後49万石・・・倍の石高となりました。
広島城は、大きな天守に小さな天守が二つ連なり、規模は当時最大級のものでした。
天下一の城・・・敷地も今よりもはるかに広大で・・・今の広島市の中心部のほとんどが敷地で・・・
防御設備として天然の川を外堀として使い、櫓の数は88、鉄壁の城でした。

ところが・・・衝撃的な出来事・・・徳川家康征夷大将軍に就任!!
これは、正則達大名が、家康に従わなければならないことを意味していました。
1605年家康は、将軍の地位を息子・秀忠に譲ります。
将軍は代々徳川家が継いでいくことを示します。
そして、大名たちの力を削いでいく家康・・・!!

家康は、正則たちに江戸城の増築を命令します。
征夷大将軍の城・・・従わざるを得ない正則・・・!!
それ以外にも名古屋城の普請!!
この城は家康の息子とはいえ、一大名の城の普請・・・侮辱・・・!!
しかし、猛将・福島正則と言えども、他の大名が積極的に手伝う中、正則だけが拒否することなどできませんでした。
豊臣政権から徳川政権への完全なる移行!!

1614年、正則54歳で、家康が豊臣秀頼打倒の兵を挙げます。徳川の政権を確固たるものにするために・・・!!
大坂の陣で家康が諸大名を動員した総数は、およそ20万!!
ところが、そこに福島正則の姿はありませんでした。
江戸に留め置かれたのです。
秀吉や秀頼との結びつきが強かったから・・・
もはや邪魔者と化した正則・・・!!

一方大軍勢の指揮を大将として任されたのが36歳となった将軍・秀忠!!
「秀忠が武家を動員して戦争に勝てるのか・・・??」それが大坂の陣の意味でした。
秀忠は圧倒的な軍事力で秀頼を追いつめていきます。
1615年5月・・・まさのり55歳の時についに、豊臣家滅亡!!
福島正則の唯一の願い・・・秀頼の助命は叶わなかったのです。

天下を手中に入れた徳川親子・・・次の狙いは・・・
大坂の陣終結2か月後・・・1615年7月、武家諸法度発布!!
内容は13か条!!
諸国の城の修理と言えども、必ず報告しなければならない・・・
新しい城の建築は禁止・・・
戦国の世ならば自由にできたことをことごとく禁止したものでした。
戦の時代はもう終わった・・・それを大名に知らしめたのです。
人生をかけた豊臣が滅び、世の中も太平に向かう中・・・猛将・福島正則の出番はなくなりつつありました。

大坂の陣から2年後・・・
1617年、57歳の正則。。。
すでに老境に差し掛かっていましたが、運命の大災害・・・広島が大雨に見舞われます。
城の外堀としていた川が決壊!!
広島城は大洪水に見舞われました。
広島城本丸・二の丸・三の丸・総構の櫓・塀・・・
正則にとって広島城はプライドの象徴!!
元の姿を取り戻すために、城の修築を命じます。
形のそろった石垣は、敵に攻撃されにくい・・・広島城は、さらに守りの堅い城へと生まれ変わり、この改修工事に正則も満足なのでした。

しかし、この改修工事が二代将軍・秀忠の逆鱗に触れるのです。
この修築は、武家諸法度に背いている・・・!!
武家諸法度には城の修築について・・・
”諸国の城の修理といえども、必ず報告しなければならない”
正則の行為は、その条文違反・・・??

秀忠は正則に・・・
”本丸だけはそのままにして、二の丸、三の丸、城の囲いまで残すことなく破却するように!!”
つまり、本丸以外はすべて壊せ!!というものです。
そうなると、防御力はゼロに等しく、広島城は丸裸・・・城としての役割を成しません!!

正則・・・どうする??


正則は、秀忠の側近・本多正純に、城改修の申請をしていました。
にもかかわらず、秀忠が聞いていない・・・??

将軍・秀忠の命令に正則は・・・
正則が崩した石垣は、外からはほとんどわかりません。
防御の重要性のない石垣・・・本丸内部を破壊します。
城の破却を、本丸の石垣と櫓のみとしたのです。
城の一部だけ壊す・・・秀忠の言うように、すべて壊すことなど正則にはできませんでした。

その対立は、日本中に知れ渡ります。またもや戦乱になる??その可能性は・・・??
幕府は有力大名の家臣を呼び出し伝えます。
「福島正則の件は城を壊すことですでに決着した。
 正則を処分することはない。」と。

ところが・・・将軍・秀忠が下した処分は、改易!!
1619年6月2日、正則59歳の時・・・正則から安芸・備後49万石を取り上げ4万石の地へ・・・!!
戦場を駆け巡りのし上がった正則の戦人生は事実上終わりを告げたのでした。

この当時、城割といえば「防御をなくすこと」というのが秀忠の当たり前となっていました。
これからの平和な時代、籠城するような城は必要なかったのです。
戦国の猛将・福島正則が、幕府への対応のまずさで改易となったことは、全国の大名たちを震え上がらせます。
広島城改修事件・・・この事件で将軍の権威は絶対的なものとなって・・・その後、江戸幕府は大名の反乱もなく、250年保ち続けるのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

新品価格
¥1,512から
(2016/4/6 13:12時点)


戦国大名の兵粮事情 (歴史文化ライブラリー)

新品価格
¥1,836から
(2016/4/6 13:13時点)




毛利輝元 傾国の烙印を押された男

新品価格
¥1,944から
(2015/7/22 16:50時点)



関ヶ原の戦い・・・
今から400年前に行われた天下分け目の戦いの、大きな謎。。。
主戦場では東軍・徳川家康と西軍・石田三成が死力を尽くして戦っていました。
しかし・・・南宮山に陣取って静観を決め込んでいたのは西国の雄・毛利家。。。
しかも毛利輝元は西軍の総大将を務めていました。


terumoto

どうして毛利家は動かなかったのでしょうか??
家康が本陣は桃配山・・・南宮山とは峰続きの場所・・・どうして敵の毛利を背にした場所に本陣を置いたのでしょうか?

そこにはそれぞれの選択の連続がありました。

1553年1月輝元は郡山城で誕生!!
その頃、毛利家の実権を握っていたのは、祖父・毛利元就。
戦国時代きっての武将でした。
父の死によってわずか11歳で毛利家を継いだ輝元。
しかし、その実権は、元就が握り続けていました。
おまけに、頭の上がらない叔父がふたり・・・吉川元春・小早川隆景です。
祖父・元就に説教されるうえに、隆景・元春が様々に意見をしてくるので、このままでは身が持たない・・・とも言っています。
実績も経験もない輝元は、指導のもとに動くような存在だったのです。
おまけに家臣も・・・
もともと大きな家ではなかった毛利家・・・異を唱える家臣も多かったのです。
そんな輝元の支えとなったのは、豊臣秀吉でした。

秀吉は、石高に応じて様々な要求をしてきました。
そんな中、家臣の意見を聞くこともできなくなった輝元。。。
輝元は秀吉の命令を自分の権威とすることで、家臣たちを支配していきます。
豊臣政権の意向を理由に、家臣の統制や領国の統治体制を確立させていったのです。
豊臣政権の存続は、輝元の願いだったのです。

40を過ぎて・・・ようやく毛利家のTOPとなった矢先・・・
1598年8月18日・・・秀吉死去。。。
秀吉のカリスマ性で成り立っていた政権が揺らぎ始めました。
家康と三成の対立が始まったのです。

秀吉に、家康と共に秀頼に奉公すると誓っていた輝元・・・。
その一方で・・・三成や奉行たちに対して・・・三成と意を異にする者たちがいれば、三成と話し合う・・・と、約束していました。

ところが・・・毛利家の中にいた吉川広家は、輝元を補佐する立場でありながら、黒田長政と親しい関係にありました。
広家は、徳川と行動を共にするのが良作と考えていたのです。
異なる考えの輝元と広家。。。
秀吉の死去によって風雲急を告げる豊臣政権・・・!!

家康と三成の対立が深まってきます。
1599年前田利家死去!!
ここで大きく時代が動きます。
三成を討とうと細川忠興・藤堂高虎・黒田長政・福島正則らが兵を起こします。七将襲撃事件です。
この事件を利用したのが家康。
長政たちを退かせる代わりに、三成を奉行職を解任し、居城・佐和山城で蟄居に追い込みます。

この時の輝元は・・・??
涙を流し、三成の失脚を悲しんでいました。
そして、家康に対しては・・・「父や兄のように思う」と、起請文を送っています。
家康か??三成か・・・??どうする??輝元!!

家康はさらに・・・同じ大老職だった上杉景勝に謀反の疑いがあると、1600年6月16日、討伐に乗り出します。
関ヶ原の戦いの3か月前の事でした。
上杉が討伐されると、次に家康に狙われるのは自分でなないのか・・・??

輝元の選択は、”三成に味方する”でした。
毛利の外交僧・安国寺恵瓊・・・三成と密会し、輝元を西軍の総大将に担ぎ上げることを決めました。
輝元は、二日で大坂に入ると大坂城にいた家康の家臣を追い出し、西の丸に入りました。
名実ともに西軍の総大将となった瞬間でした。
そして、それを待っていたかのように、奉行は、家康を糾弾する書状を諸大名に発します。
”内府ちがいの条々”です。
家康のこれまでの行動には大義名分がないと、弾劾したのです。
豊臣秀頼に対する反逆者となってしまった家康。。。
上杉討伐を中断して江戸城に戻ります。

輝元・・・家康とどこで戦う・・・??
この時、輝元と三成の間で作戦がたてられていました。
輝元が浜松まで出陣し、進軍してくる家康を3万の兵で迎え撃つ!!
しかし、この作戦には障害がありました。
東海道の大名は、全て家康の味方・・・兵の消耗は避けたい・・・大坂城に止まる??
輝元は・・・家康について出陣している四国の大名の領地を奪おうとしていました。
大坂城に止まり、西国をしっかり押さえることが確かだと判断したのです。

しかし、家康は、西に兵を進める準備をしていました。

大坂城にとどまったまま・・・家康に加担した伊勢国の城攻めに吉川広家を向かわせます。
しかし、ここで広家は手痛い反撃に会ってしまいました。
たった1日で300名以上の死傷者が・・・!!全体の1/10の兵でした。
もともと家康につくべきだと考えていた広家。。。
このタイミングで黒田如水から一通の手紙が・・・??
「家康が大坂に向ってくるでしょう。
 みな、家康に味方するでしょう。
 あなたの考えが第一です。」と・・・。
事実、家康方は岐阜城を落城させ、勢いを増していました。

1600年9月1日、家康・江戸城を出陣!!

吉川広家どうする??

1600年9月7日・・・毛利軍・南宮山に陣を張ります。
その数1万5000!!指揮官は養子の毛利秀元!!
家康は、9月14日・・・3万の軍勢で美濃赤坂に突如現れます。
そこは・・・南宮山からほど近い場所でした。

広家・・・毛利家を守るために、家康に従います。
そして広家は、本田忠勝、井伊直政と和議を結びます。
家康は・・・いささかもおろそかにしない・・・と、毛利の領土はそのままに・・・
それは、関ヶ原の前日の事でした。
通説では、これは広家の独断であるといわれています。
が・・・15日深夜、家康は美濃赤坂から桃配山に本陣を移します。
この桃配山は、南宮山と峰続きで繋がっていました。
つまり・・・毛利軍は徳川軍の背後にあるということになってしまうのです。

momokubari


















直線距離にしてわずか3km・・・家康は毛利に対して軍事的防御もなされていないことから、あまり毛利に対して警戒心がなかったのかもしれません。
そう・・・広家の密約は・・・輝元も承知のことだったのかもしれないのです。

関ヶ原の戦い!!天下分け目の戦いが繰り広げられます。
毛利は「動かない!!」という決断をし、家康の天下は決定的なものとなったのです。
しかし・・・この動かない行動が問題となって・・・10月10日、輝元は、中国8か国から2か国への減封となったのでした。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

NHKその時歴史が動いた傑作DVDマガジン戦国時代編 Vol.10 毛利元就・輝元 (講談社 MOOK)

新品価格
¥1,635から
(2015/7/22 16:51時点)

新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い

新品価格
¥1,404から
(2015/7/22 16:52時点)

★即納可!戦国BASARA2 真田幸村風 六文銭★(小物 コスプレ アニメ ゲーム 道具 コミケ)

価格:3,480円
(2014/4/17 11:24時点)
感想(13件)



 戦国時代最大にして最後の激戦・・・大坂の陣から400年になります。
当時の戦いの激戦地は、現在地中に埋まっています。
豊臣・大坂城の石垣は地中にあり、掘り起こされているのです。

1614年に始まった大坂の陣。。。
徳川家康率いる東軍と、大坂城に籠もる豊臣秀頼軍。。。
激突です。
この戦いで豊臣方にあって最大の活躍をしたのは戦国最後のヒーロー・真田幸村です。
最初の戦い・・・冬の陣の後、堀は徳川方に埋められてしまいました。
幸村は、絶対的に不利な中、決戦を迎えます。
3倍の相手に奮戦する幸村。
獅子奮迅の活躍を見せるものの・・・

しかし、その心は揺れ動いていました。
この幸村の抱えていた葛藤とは???

大坂の陣は・・・1614年大坂冬の陣・1615年大坂夏の陣となります。
判官びいき・・・
真田幸村・・・源義経・・・日本人の好きな人たちです。

和歌山県高野山・・・関ヶ原の戦いで西軍に組し敗北した幸村は、大坂の陣までに蓮華定寺など14年間幽閉されていました。
「ここで朽ち果てるのかも知れない・・・」そう思って過ごしていたかもしれません。
老いゆくわが身を悲しむ手紙も残されています。

しかし・・・秀頼と家康の間に対立が生まれ・・・
方広寺の”国家安康”に呪詛が込められていると、徳川方が糾弾し・・・大坂城の明け渡しを要求しましたが・・・
これを秀頼が拒否・・・!!
開戦へ・・・!!と一気に傾きます。
この背景には・・・徳川方と豊臣方の関係が・・・
領地配分で、徳川方の領地は全国の1/3にすぎず・・・多くは家康の勝利に関わったものの、豊臣系大名の領地だったのです。
幕府を開いたものの・・・秀頼の力を無視できない家康。。。
この時、秀頼22歳、家康73歳でした。

豊臣方は、諸国の大名を勧誘し始めました。
幸村にもその知らせが届いたのです。大金と共に・・・!!
関ケ原の時の戦績を高く評価してもらっていました。
この時、幸村48歳・・・。
幽閉生活から脱出するための最大のチャンスでした。

大坂城は、三方を要害に囲まれ、さらに巨大な総掘りを構えた堅固な・・・難攻不落の城でした。
対する家康は、駿府を出て進軍を・・・上京します。

幸村は・・・大坂城を最後の砦として、場外出撃策を訴えます。
が・・・家老・大野治達に握りつぶされ・・・治長は籠城策を取りました。
戦いの経験がないのに軍議を取り仕切る治長・・・
それを目の当たりにした幸村・・・
それでも、籠城戦に備えて真田丸を作りはじめました。

大坂城を徳川20万が包囲し。。。
対する豊臣方は10万。。。大坂冬の陣の始まりでした。
12月4日、真田丸に徳川の軍勢が襲いかかりました。
幸村は、敵を空堀におびき寄せてから反撃する作戦を展開・・・徳川方に大打撃を与えます。
あまりの被害に、それ以後の城攻めを禁じ、代わりに外交によって大坂城の落とす為・・・和議に持ち込みました。
”大坂城の牢人の罪は問わない
 秀頼の領土は安堵する
 堀を(徳川方と)豊臣方で埋める”

この和議は、家康の謀略ではないか?と思った幸村は、籠城の継続を進言します。
12月19日、大野らは、和議を成立させました。
堀を埋め、年老いた家康がなくなる時期を待つ方が上策だと考えたのです。
しかし、徳川方は、わずか1か月で全ての堀を埋めてしまいました。

さらに翌年・・・和議の条件を無視して、秀頼の国替えか、牢人たちの追放を要求してきたのです。

この時・・・幸村の心中もゆれていました。
長野県に、幸村の現存する最後の手紙があります。
そこには・・・
城内では気を遣うことばかり・・・と書いてあります。
主戦派と慎重派で・・・意見が紛糾している中・・・
家康は遂に、諸大名に陣触れを発するのでした。

再びの戦いは確実!!
しかし、大坂城は裸城同然。。。
徳川方の大軍に対処するのは、一枚岩ではない豊臣方・・・
圧倒的に不利な中、幸村は選択を迫られるのでした。

①大坂城を退去
この時、幸村の兄・信之は、大名となり家康の厚い信頼を得ていました。
おまけに幸村にも、寝返るようにオファーが来ていたのです。
しかし、牢人のわが身を引き揚げてくれ、兵を預け、大戦をさせてくれた秀頼。。。
その恩に背くわけにはいかない。。。

②恭順策を進言???
一大名に転落してまで秀頼公を守る???

③家康と決戦・・・
もはや籠城戦は出来ないので、野戦となるのは必然。
そうなれば、兵の少ない豊臣方は苦戦するだろう。。。
しかし、気さくを以て家康の首さえ取れば!!!

当時の宣教師の世情を映す手紙には・・・
「家康が死ぬと、後を継ぐ秀忠は滅びるだろう。
 秀忠は、大名たちに嫌われているため、政権を得られないだろう」

家康さえ討ち取れば・・・徳川は瓦解する???
しかし、寄せ集めの牢人たちで作戦に祖語が生じないだろうか???

戦の機運が高まる中・・・選択を迫られます。
1615年4月4日・・・家康が駿府城を出発します。
徳川方の大軍が動き始めました。
同じ日に・・・決定的な出来事を・・・
秀頼は軍議でこう宣言しました。
「敵が来たなら合戦し、討ち死にせんと思うなり」
この決意が幸村の心を動かしました。

秀頼が、苦しい自分に誇りある生き方を与えてくれた・・・
その秀頼の為に自分は戦う・・・!!

秀頼が戦いに出れば戦意も上がり、勝てる見込みが増えてくるのですが。。。
そして、幸村は、決戦を選んだのでした。
徳川方15万に対し豊臣方5万。。。
夏の陣が始まりました。
5月7日・・・幸村は作戦を提示します。
それは、真田隊がひきつけている間に、奇襲作戦で徳川本陣を襲うというものでした。
この秘策と・・・秀頼の出陣を強く要請しますが・・・
しかし・・・迂回作戦を始める前に偶発的に戦いが始まってしまいました。
徳川方でも大混乱が・・・裏切りがあったと噂が飛び交っていたのです。
幸村は、この機械に乗じて、最後の突撃を敢行します。
家康の旗本たちはちりじりに・・・
家康は、自害を覚悟したと言われています。
ここで秀頼が出てくれば勝てる・・・!!

しかし、秀頼は、側近たちに諌められ、遂に戦場に出てくることはありませんでした。
幸村の秘策はここに潰えたのです。
消耗していく真田軍・・・敗北は決定的でした。

”秀頼公が出てこなかったことが、豊臣家滅亡につながった”と、徳川方の書物にも書かれています。

幸村が最期を迎えたといわれるのが”安居神社”。

一説には、「手柄にせよ」と敵に首を差し出したといわれていますが。。。

槍で組み合い、討ち取られたといわれています。
堂々と戦って亡くなっているのです。

最期まで戦うことを止めなかった男がそこにはいました。

「真田 日本一の兵」
 
戦国史最大の戦いは・・・幸村は、徳川方にも大きな印象を与えたのでした。
幕府は元号を”元和”と改め、太平の世が始まることを宣言します。
戦いが凄惨を極めたのは、幸村のような牢人や大名への統制が甘かったと考えて・・・
武家諸法度を作り、大名や豊臣残党への統制を強化しています。
大坂の陣の苦い経験が幕藩体制を強化していったのです。

江戸時代中期・・・
幸村の評価が変わっていきます。
「主君に忠義を尽くす」ということが最も武士に求められた時代、それまで永久戦犯だった幸村が、豊臣家に最後まで忠義を尽くした武士の鑑となっていったのです。

戦国ヒーローとして。。。


豊臣家のNo,2 真田幸村~家康を震撼させた伝説の武将~はこちら
炎の突撃!真田幸村 戦国最後の華~菩提を超える勇気~はこちら
真田庵とそば処「幸村庵」はこちら

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

【名将飾り】 真田幸村 10号 高床台 黒消 包貼赤黒彫金虎 【鎧飾り】【鎧兜】【五月人形】【smtb-KD】【point-hot0414】

価格:198,000円
(2014/4/17 11:25時点)
感想(1件)

このページのトップヘ