日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:飛鳥時代

歴史の人物たちの肖像画・・・あの偉人の肖像画な別人だった??

聖徳太子・・・

syoutokuこちらは法隆寺が持っていたもので、長年、最古の聖徳太子像だとされてきました。
しかし、近年では、疑問が持たれています。

この絵の最古の文献は、平安時代後期の学者・大江親通の「七大寺巡礼私記」によると・・・
この肖像画に描かれているのは聖徳太子で、古代中国・唐の人によって描かれたものだ、とあります。
しかし、現代になって検証してみると様々なことがわかってきました。
冠と衣装・・・これらは、飛鳥時代のものではなく奈良時代のものです。
これにより、描かれているのは奈良時代の人物では??
さらに、この肖像画に装丁されていた絹地に川原寺とあったので、もともとは奈良県明日香村にあった川原寺のものだったという説が浮上・・・!!
川原寺とは、第38代天智天皇が建立したといわれる寺院です。
そのため、この肖像画は、聖徳太子ではなく天智天皇に関わりの深い藤原氏の誰かでは・・・??といわれています。

聖徳太子と確証がないため、「伝聖徳太子像」と書かれています。



takaujiこの肖像画は、足利尊氏??
かつて教科書では、室町幕府初代将軍足利尊氏とされていました。
しかし、現在は尊氏としては乗っていません。
どうして肖像画ではないとされたのでしょうか?

問題となったのは、花押です。
この花押は、尊氏の嫡男・2代将軍足利義詮のもので、子が父親の頭上に花押を据えることはありえません。

さらに、ざんばら髪で刀を抜き、折れた矢を背負う姿が征夷大将軍に相応しくない・・・この肖像画は尊氏ではないとされました。

では誰なのか・・・??

武具に書かれた家紋は、高氏の家紋です。
このことから、子肖像画は、高師直かその息子の師詮といわれています。

では実際の尊氏は・・・??

takauji2

神奈川県立歴史博物館に尊氏の肖像画があります。

頭には兜をかぶり、背負う矢も折れていません。
これは、江戸時代の模写本で、原本は残っていません。
室町時代にこの絵の原本となった絵のことについて書いた記述が残っています。

そこには、尊氏が紺色の”おどし”を着ていたという記録が残っています。
そしてこれがそれにあたるのではないか?といわれています。
さらに、この絵の左上に”尊氏”の文字があります。
これによって尊氏像であることがわかります。


では原本はいつごろ製作されたのか・・・??
延文三年とあるので、その頃・・・1358年頃かと思われます。
延文三年は、尊氏が亡くなった年に当たります。
追善供養のために、2代将軍義詮が製作を企画したものかと思われます。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング

聖徳太子 実像と伝説の間/石井公成【合計3000円以上で送料無料】

価格:2,420円
(2019/11/25 11:39時点)
感想(0件)

元祖日本のリーダー足利尊氏/天美大河【合計3000円以上で送料無料】

価格:1,320円
(2019/11/25 11:41時点)
感想(0件)

聖徳太子: 実像と伝説の間

新品価格
¥2,376から
(2016/8/11 07:31時点)



日本の紙幣に7度も肖像を使われた人物・・・それは偉人中の偉人・聖徳太子です。
遣隋使を派遣するなど、古代の日本に仏教を広まる礎を築いた人物とされていますが・・・
近年、その存在が疑問視されています。
聖徳太子は架空の人物なのでしょうか・・・??

6世紀末から7世紀にかけての飛鳥時代・・・奈良にあった大和政権が日本を動かしていました。
そこで数々の業績をのこした偉人が聖徳太子です。
が・・・その聖徳太子にいろいろと疑惑が出ています。

①架空の人物ではないのか・・・??
聖徳太子の記述が初めて出てきたのは、死後100年ほどたった「日本書紀」(720年)です。
そこには、冠位十二階、憲法十七条を定めた人物と記載されています。
これは、当時の政権の中枢の藤原不比等たちが創作されたもので、聖徳太子も架空の人物ではないか?というものです。

虚構説について・・・
日本書紀における聖徳太子が、数多くの粉飾、脚色に覆われていることは事実ですが、モデルとなった人物がいたのではないか??という見方が主流となっています。
そのモデルは・・・推古天皇を補佐していた人物で、推古天皇の甥にあたる・・・用明天皇の第二皇子とされています。
しかし、その正式名称はわかっていません。
日本書紀にも聖徳太子というという記述はなく、厩戸皇子、東宮正徳、上宮太子、皇太子、上宮厩戸豊か聡耳太子・・・など、様々な名前で記されています。
聖徳太子という名が出てくるのは、日本書紀が偏されてから30年ほどたった奈良時代の漢詩集「懐風藻」が最初です。
聖徳とは、日本書紀の「玄なる聖の徳」から来たと考えられ、その意味は「王位にはつかなかったが王と同じ徳を持つ」という意味です。
そして、聖徳を持つ皇太子・・・「聖徳太子」が一番ふさわしい・・・となったのです。

②肖像画は聖徳太子ではない・・・??

かつての1万円などの肖像画の元となったのは、聖徳太子の姿を描いた最古の画として伝えられている絵です。

が。。。日本らしくない服装から、唐人ではないか?、百済の阿佐太子ではないか?とされてきました。
ところが1980年代、奈良市の遺跡から手掛かりの木簡が発見されました。
この木簡の裏には、日本の役人の姿が書かれており、その姿があまりにも似ていることから、法隆寺の人物画が8世紀に書かれたもので、日本人であることが判ります。
つまり、法隆寺の人物画は、飛鳥時代には書かれていないものの、奈良時代、信仰のために聖徳太子をイメージして書かれたと思われます。

③超人伝説は本当なのか・・・??
日本書紀によると、聖徳太子と言えば・・・
馬屋の前で生まれる。
生まれたばかりで言葉をしゃべった。
一度に10人の訴えを聞き分けた
未来を予言した

こうした超人伝説はどうして生まれたのでしょうか??

聖徳太子には・・・「上宮 厩戸 豊聡耳」という長い名前がついていました。
この名前から、紡ぎ出されたものと思われます。

聖徳太子を神格化したのは・・・皇太子の理想像を作り上げたかったからではないか?と思われます。
皇太子はどうあるべきか??と、聖武天皇のお手本を示すためだったのかもしれません。

日本が倭国と呼ばれていた6世紀末、奈良地方では、有力な豪族たちによる連合政権が形成され、その盟主として大王が中心にいました。
当時はまだ明文化された法律も、官僚制度もなく、政治は、大王、皇族、豪族などの話し合いで行われていました。
そうした中、聖徳太子は推古天皇の補佐役となり、当時の有力豪族・蘇我馬子と協力し合いながら、政務に励んでいました。
しかし、その頃の日本は外交において難題を抱えていました。
当時は、朝鮮では、高句麗、百済、新羅、任那と別れており、高句麗、新羅、百済の三国の争いが続いていました。
そのため、鉄の産地として日本と深い関係にあった任那が新羅に併合されてしまったのです。
このままでは鉄の供給が断たれてしまう・・・!!
倭国は三度にわたり、朝鮮半島遠征を試みますが・・・芳しい成果は得られませんでした。

そこで、政策を変更!!
当時中国を統一した隋に近づくために、使者を送ることを決めます。
新羅に対して、倭国が働きかける。。。
新羅が隷属している隋に直接働きかける。。。
と、考えたのです。

当時の朝鮮半島の国々は、隋と属国関係にありました。
支配者である隋に働きかけて、任那から撤退させようとしたのです。

600年遣隋使を派遣
しかし・・・この目論見は大失敗!!
「隋書」倭国伝によると・・・
隋の役人が日本の国情を尋ねたところ、日本の使者は・・・
「倭王は天をもって兄となし 日をもって弟となす
 夜明け前に政務をとり、日が昇ると政務を停止し 後は弟に任せる」
意味不明な説明に、隋の文帝は「道理ではない」と、あきれてしまいました。
帰国した使者からの報告に聖徳太子は、
「我が国は国の制度も整っていない後進国だ。
 これではまともに隋と外交交渉することもできない」
この最初の遣隋使の失敗によって、国づくりを急ぐ必要があったのです。

どうして隋に認めてもらえなかったのだろうか・・・??
国内体制の整備に取り掛かります。
603年大和朝廷内・小墾田宮に遷宮
ここは、外国からの使者を迎えるいい場所となりました。
これがのちの天皇の御所の原型となりました。

当時の氏姓制度は、蘇我(氏)臣(姓)馬子・・・と、大王から授けられた姓によって決められていました。
臣・連を最上位に、姓によってランク分けされた世襲制でした。
そのため、どんなに優秀な人物でも姓が低ければ、上には立てなかったのです。
このことについて隋は・・・”頭には冠はなくただ髪を両耳の上に垂らしている”と、蔑んでいました。
隋では役職に応じた官位がさだめられ、冠を付けた正装で職務を行っていました。官位制度です。
もちろん出世は実力次第です。
日本もこれを見習うべきだ!!
と、冠位十二階を定めます。
さらにこれら冠は、姓ではなく、個人の功績や実力によって与えられることとなりました。
隋に認められるために・・・!!

604年憲法一七条の制定。
そこには聖徳太子が理想とした国づくりの理念が書かれており、当時生まれたばかりの官人たちへの批判が書かれていました。
さらに、社会秩序を作り出す礼の重要性を説きます。
憲法一七条には、儒教・法家など外来思想が採りいれられていました。
中でも国の中心に置いたのが仏教でした。
こうして国内の制度を作り上げ、隋との交渉に臨んだのでした。


実際の聖徳太子は・・・??

聖徳太子は574年頃、用明天皇の二番目の皇子として生まれます。
将来を嘱望されていた皇子でしたが、家庭環境は複雑でした。
父・用明天皇と母・穴穂部間人皇女は異母兄弟で、さらに用明天皇が587年頃崩御。
母親が用明天皇の第一皇子・多米王と再婚。
母親が兄の妻となってしまったのです。
母の近親結婚に悩んでいた・・・とも言われています。
しかし、これは当時、当たり前のことでした。

用明天皇が亡くなると、後継者擁立を巡って蘇我馬子と物部守屋との対立が表面化。
馬子は物部派の穴穂部皇子を殺害!!
さらに物部守屋を討伐!!
実権を握った蘇我馬子が皇位につかせたのが聖徳太子のもう一人の叔父・崇峻天皇でした。
が、崇峻天皇も馬子によって暗殺されてしまいました。
次々と同族の死が・・・聖徳太子は悩んでいたようです。

601年に斑鳩に宮殿を移す用意を始めました。
聖徳太子が斑鳩に移ったのは・・・??
新しい職務の遂行のためでした。
斑鳩は、当時都があった飛鳥と難波津の中間にあたる場所で、龍田道、大和川・・・交通の要所でした。
ここに拠点を置けば、外国の情報をいち早く手に入れることが出来る!!ということです。
斑鳩への移住は、外交に専念するためだったのです。

607年小野妹子を使者とする第二次遣唐使を隋に派遣します。
その頃の隋の皇帝は、煬帝へ変わっていました。
煬帝は権力をほしいままにしていた暴君・・・その煬帝へ、国書を・・・小野妹子に託します。
隋書倭国伝によると、派遣の理由は・・・
「仏教復興に勤めている天子様にご挨拶するとともに、我が国の僧侶たちに仏教を学ばせたい!!」
煬帝が目にしたのは・・・
「日出づるところの天子、書を日没するところの天子にいたす、つつがなきや。」
煬帝はこの一文で・・・
「蛮夷の書は礼儀をわきまえていない!!」と、あきれ返ったと伝えられています。
”天子”は一人しかいない!!無礼極まりないということです。
その結果、小野妹子に国書を渡し、裴世清を日本に遣わします。

聖徳太子は政務にまい進しながら、仏教研究にも力を注ぎます。
「聖徳太子建立七大寺」は・・・四天王寺・法隆寺・法起寺・広隆寺・中宮寺・橘寺・(葛木寺)・・・

622年聖徳太子は斑鳩で亡くなったとされています。
2月21日妃の膳部菩岐々美郎女死去。
2月22日聖徳太子死去・・・
流行り病だった可能性があります。
お墓は、叡福寺北古墳と推定されます。



↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

聖徳太子 [DVD]

新品価格
¥4,010から
(2016/8/11 07:32時点)

聖徳太子 全5巻完結セット(文庫版)

新品価格
¥3,559から
(2016/8/11 07:32時点)

遣唐使 阿倍仲麻呂の夢 角川選書 / 上野誠 【全集・双書】

価格:1,944円
(2015/11/12 14:51時点)
感想(0件)


「天の原
  ふりさけ見れば春日なる
   御蓋の山にいでし月かも」

この句を異国の地で詠んだのは、望郷の歌・・・この作者は阿部仲麻呂です。
遣唐使として唐にわたり、二度と日本の土を踏むことなく生涯を終えました。

仲麻呂が生きた時代は、追い立てられるように強い国家を作ろうとしていました。
遣唐使たちが唐から最新の政治制度や文化を持ち帰っていました。

仲麻呂は唐の都・長安で遣唐留学生として学んでいました。
その後、日本人で初めて唐の官僚に抜擢されます。
時の皇帝・玄宗の側近に・・・!!

しかし、日本に戻るのが遣唐使の役目・・・どうして仲麻呂は帰らなかったのでしょうか??
異国の地でどんな活躍をしたのでしょうか??

それは、日本の外交、国際情勢と密接につながっていました。
仲麻呂が直面した東アジア世界とは・・・??

645年に建てられた奈良県桜井市にある安倍文殊院は、安倍一族の氏寺です。
安倍一族は飛鳥時代から朝廷に仕えた中級貴族でした。
文殊院の周囲一帯は一族が住んだ場所でした。
701年、仲麻呂はこの場所で生まれたとされています。

文殊院には、仲麻呂の像が祭られています。
仲麻呂は幼いころから学問に秀で、遣唐留学生に選ばれたのは十代半ばでした。
大きな期待を背負って・・・
安倍一族の興隆は、朝廷での活躍・・・修行を終えたら日本へ戻って出世することが大きな目標でした。
遣唐使は出世の大きなチャンスだったのです。
717年の遣唐使に選ばれ・・・総勢557名・・・その中には吉備真備もいました。
一行は4隻の船に・・・すし詰め状態でした。
717年春・・・仲麻呂は日本を出発・・・。

造船技術、航海技術も未熟で、沈没することもあったこの時代・・・遣唐使はまさに命がけでした。
そうまでした唐に赴く理由・・・

当時の日本は、強烈な危機感に襲われていました。
663年の白村江の戦い・・・朝鮮半島での戦いで、日本は唐・新羅の連合軍の前に大敗を喫します。
このままでは、国の存続は危うい・・・
ということで、唐との外交関係の立て直しと、強力な中央集権国家の樹立を急務としました。
その時・・・モデルとしたのが、東アジアの最強国・唐の国家体制でした。
遣唐使の任務は、最先端の政治制度や文化を輸入すること。
中でも最大の使命は、律令を学び取ることでした。
律令は、中国の代々の王朝が作り上げてきた国家の基礎となる法律のことです。
律=刑法、令=行政法に値します。
戸籍制度、官僚制度・・・日本は唐の律令を学びながら、独自の律令を作っていきました。

701年大宝律令完成。
しかし、律令を使いこなすことには不安があったようです。
実際の唐を見て、体験することを必要としたのです。

国づくりのための知識と経験の蓄積・・・安倍一族の隆盛・・・
多くの使命を背負い、4か月後に唐の都・長安へ・・・
次の遣唐使船が来るのは20年後・・・専門分野に分かれて勉強します。
圧倒的に優秀だった仲麻呂は、日本人として初の太学に入学!!
ここで、儒教を専門的に学びました。
儒教を学ぶことは、律令には欠かせない・・・
法律の理想や理念は、儒教によって形作られていました。
それを理解しなければ、律令は運用できない・・・!!
学び終えた仲麻呂・・・しかし、遣唐使船まではあと10年ほど残っていました。

そして異例の・・・日本人として初めて唐の官僚となります。
最初についたのは校書・・・宮廷の蔵書の誤りを正すことでした。
エリートが最初に任官するポジションでした。
順調にエリート街道を・・・31歳で左補闕となります。
左補闕は、玄宗皇帝と行動を共にし、政治の行き過ぎがあった場合にいさめるという・・・まさに皇帝の側近でした。
仲麻呂が順調に出世できたのは、多くの人脈を持っていたこと。
そこには、王維や李白もいました。
宮廷では、漢詩の才能が不可欠で・・・仲麻呂はたぐいまれな才能だったようです。

15年・・・遣唐使の枠を飛び出して、活躍する仲麻呂!!

733年遣唐使 唐に到着!!
自分が学んだものを日本にもたらす時がやってきました。
しかし、日本には帰国せず、唐に留まることにしました。

「親孝行のため、皇帝陛下に帰国を申し出た
 しかし、許されなかった。
 父母の恩に報いようとしても、我が人生に残された日はあるのか。
 もはや、予想することすらできない。」
 
仲麻呂は、玄宗に帰国を申し出るも、許されなかったのでしょうか?
中国の書には・・・
「阿倍仲麻呂は、中国の文化を好んだため、日本へは帰らず、玄宗皇帝のそばで出世した。」と書かれています。
自分の意志で帰らなかった・・・??


唐に留まる道を選んだ仲麻呂・・・。
その後、仲麻呂は、玄宗の側近として東アジアをまたにかけた外交官のような働きをします。
734年、遣唐使・吉備真備・平群大成が帰国の途に就きました。
が・・・平群大成の船は、暴風雨で今のベトナムに漂着します。

なんとか生き残った平群は1年後に長安に戻り、日本に帰りたいと訴えました。
次の遣唐使を何年も待つのではなく・・・渤海を通して帰国できるように取り計らう仲麻呂。
そしてこの計画を許してくれた玄宗。。。
739年平群大成は帰国することができました。

53歳で秘書監にまでのぼりつめます。
秘書監とは、国家の重要文書を管理する組織の責任者です。
文人官僚としてのトップについたのです。


752年遣唐使到着・・・。
遣唐使・大友古麻呂による争長事件が起こります。
それは、皇帝に挨拶をする朝賀の儀で起こりました。
唐の官僚をはじめ、唐に朝貢する国々の大使たちが年に一度の外交を行うために、大迷宮へやってきました。

古麻呂は唐に異議を申し立てます。
続日本紀によると・・・
「昔から新羅国は日本国に朝貢している国でございます。
 ところが新羅国が上席になっております。
 我が日本国は、それより下位であります。
 これは道理に合わないことでございます。」と・・・。
席順は・・・新羅が東側の1番、日本は西側の2番でした。
古麻呂は、新羅より下座であることはおかしいと訴えたのですが、その背景には日本の外交政策がありました。

当時、東アジアの外交は、絶対的な力を持つ唐が中心で、唐は自らを世界の中心とし、周辺諸国を臣下とし、朝貢を要求していました。
日本も唐に対して朝貢を行っていました。
しかし・・・天皇を頂点とする集権国家を目指していた日本は、国内では日本こそが世界の中心であるとしていたのです。
そのため渤海や新羅に対して朝貢を要求し、日本が上位であるという姿勢を貫いていたのです。
日本では世界の中心は天皇・・・だったのです。
しかし、国際外交ではいかがなものかな事でした。

この古麻呂の主張は受け入れられ・・・席次は入れ替わります。
古麻呂は国に帰ってからこのことを誇らしげに語ったと言われています。
丸くおさまったのは、仲麻呂の仲介があったからなのでしょうか??
事件のあと・・・玄宗皇帝は古麻呂たちに特別待遇を与えます。
皇帝のための経典を収めた三教殿や、政府の重要書を収めた府庫へと案内させ・・・その案内人が仲麻呂でした。
外国使節には与えない待遇を見せたのは、仲麻呂に対する皇帝の信頼があったからでしょう。
仲麻呂を通して日本に対して親近感があったのでしょう。
唐と日本の架け橋となった仲麻呂・・・。
結局古麻呂が示したダブルスタンダード外交が、大きな国際問題となることはありませんでした。

仲麻呂が玄宗の側近をしていた時代、唐は安定し人々は太平の世を謳歌していましたが・・・
745年玄宗が、絶世の美女・楊貴妃を迎えると、右腕・李林甫に政治を任せてしまいます。
強大な力を持った李林甫は、敵対勢力を次々と粛清・・・
反発した者たちが李林甫を追放!!
権力闘争が巻き起こりました。
752年遣唐使が長安に到着。。。
仲麻呂は、日本への帰国を玄宗に申し出ます。
唐に来て36年・・・どうしても帰りたい。。。
玄宗は仲麻呂に対し・・・帰国を許します。
どうして、国内が混乱の中、帰国を許したのでしょうか??

李白や王維が来た盛大な送別会で仲麻呂が謳った歌に・・・
「今まさに皇帝陛下の命を身に受けて唐を去ります。」とあります。
受けた命・・・それは、玄宗皇帝から天皇に向けた国書を託された??

王維が仲麻呂に送った歌に・・・
「敬問の詔を懐に携えて 君は旅立とうとしている
 金簡玉字のごとき尊き教えの書が
 今遥かなる国 日本に伝えられようとしている」
とあります。

金簡玉字は、道教の書・・・道教の教えを仲麻呂に託して日本に伝えようとしたと思われます。
道教は、儒教、仏教と並ぶ中国三大宗教の一つで、不老長生を目指すことで信仰を集めてきました。
道教に心酔していた玄宗が、それを近隣諸国に広めることで権威を広めたかったのかもしれません。

そして仲麻呂は・・・753年唐を出発・・・日本へと旅立ちます。
沖縄についたものの・・・天候のために漂流し、ベトナムへ・・・。
長安には、仲麻呂は遭難し、死んでしまったという連絡が届きました。
友人の詩人・李白な、声をあげて泣き、漢詩を作りました。
「君を乗せた一層の船の帆の影は、遠い遠い日本へ去っていった。
 そして明月のごとく明るい君は、碧い海に沈んでしまった。
 今、深い悲しみに満ちている。」
 
ところが、仲麻呂は生きていました。
命からがら1年かけて長安に戻ります。
しかしさらなる過酷な運命が・・・

755年安禄山の乱。
安禄山は、15万の大軍で長安を占領しました。
756年玄宗は、身の危険を感じ、蜀へと逃れます。
ここに玄宗の太平の治世は終わりをつげ・・・唐は、緩やかな衰退の道をたどるのです。

そんな中、仲麻呂は唐の官僚として生き続けていました。
最後の仕事は・・・766年鎮南都護に就任。
770年・・・異国の地で壮絶な人生を終えるのでした。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ

【中古】 長安物語 光と影の皇帝玄宗 / 伴野 朗 / 徳間書店 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:258円
(2015/11/12 14:54時点)
感想(0件)

このページのトップヘ