日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:高杉晋作

長州藩 [ 時空旅人編集部 ]

価格:1,620円
(2015/6/29 05:25時点)
感想(0件)



あ~、テンションあがりませんね・・・この題・・・。
ほんと、こんなのは昼ドラでやってほしい。。。

前回・・・壊滅的に負けてしまった長州・・・敗戦の責任を負ったまま・・・京都へと向かう玄瑞がいました。
攘夷実行に奔走する玄瑞。
お・・・桂さんもいる。。。
でも・・・最重要人物・孝明天皇いないわ・・・。

hana











・・・そんなことを教えてもらっていなかった文・・・。
またもや、晋作の妻・雅からの情報でした。
ま・・・そこが一番可哀想だな・・・。信頼してもらえていないというか・・・。

そして・・・辰路は薩摩藩のスパイとして、玄瑞の情報を探ります。

なんと・・・ひとりで旅立った玄瑞のもとへ・・・長州の志士たちが京都へやってきました。
そして、みんな・・・大きな歴史の渦に巻き込まれていくのです。

みんなが戦いに協力する中、敏三郎も奇兵隊に参加すると言い出しました。
晋作が誘ったのです。
って、玄瑞よりも頼りになるよ・・・晋作。。。

hana2











さすがに・・・「せわあない」では済まない母。。。

が・・・結局、敏三郎は奇兵隊に参加します。
もちろん史実でも志願はしていますが・・・本当だったのかなあ。。。
そんな敏三郎を文が送っていきます。


玄瑞は、三条実美らに働きかけ・・・尊王攘夷派をまとめ御上による大和行幸を実現させようとしていました。
晋作は・・・下関で砲台を造り・・・調練を行っていました。

下関に着いた敏三郎と文。

そこで京で一大事が起きたことを晋作の口からきくのでした。

「久坂を助けに・・・!!」

そう・・・八月十八日の政変ですね。
お・・・薩摩の旗、会津の旗に萌えるわ・・・。

って・・・この八月十八日の政変・・・重要ポイントですが、本当にややこしくて・・・
よーく考えないと理解しにくいんですが・・・
このやり取りをやってくれないのね・・・。

hana5












天子様に銃を向けてはならないと、伊之助に踏みとどまることを命じられる奇兵隊・・・。
すでに、七卿をこちらに迎えて再起を図るというのですが・・・
玄瑞は責任もので切腹かも?と、心配するとか、晋作が奇兵隊総督を免じられこの危機に藩の政に参加するように言いつけられるのですが・・・。

こんな一言で済ませて良いのか・・・。
「七卿落ち」のシーンは無いのか・・・??
待ってるんですけど・・・。

敏三郎を置いて、萩に帰る文がそこにはいました。

hana3










お・・・京では・・・来島又兵衛も登場してきました。
玄瑞にとっての鬼門さんです。

杉家では、敏三郎の手紙に喜んでますが・・・

もっと七卿落ちを・・・!!

最後の決断の時・・・
ここで本当の幕末ドラマを!!
おにぎりや男女のあれこれではなく・・・ここをやってほしかった。

史実とされているのは・・・
妙法院の中で一番大きな建物である宸殿上段の間に着座した七卿・・・
協議の末、長州に落ち延びて再起を図ることを決めました。
苦渋の決断を締めくくるかのように、玄瑞は即興の今様を歌います。
その歌は、「七卿都落舞歌」と題され名作と呼ばれているのです。
すんごいドラマチックなんですが・・・ドラマ的にもしびれるほどの絶好のシチュエーションなんですが・・・。
やってくれません。

長州藩士・阿久根に利用され捨てられた辰路と傷心の玄瑞。。。
辰路の苦労話・・・必要ですか??
神社のおみくじの話必要ですか??
七卿落ちは・・・??

hana4










ふたりのねんごろシーン・・・要らないんですが。。。

「俺はサイテーじゃ・・・」by玄瑞。

サイテーなのは、こんなことを書いてる脚本なんじゃ・・・
やってくれよ!!「七卿都落舞歌」!!
久坂玄瑞、一世一代の見せ場だったんだから・・・!!


で・・・いきなり久米次郎養子の話を手紙でよこしてくる玄瑞。。。
帰ってきたのに京都に戻るという玄瑞。

妻として迎える文は・・・一言相談してくれてもいいのに・・・みたいなことを愚痴っとります。

「俺を見んな・・・京の女と情を通じた。。。」by玄瑞。

やっぱり・・・副題はこの事だったんだ・・・。

悔いる玄瑞がそこにはいました。

って・・・お国の事は??
松陰先生は、私事より国事を大事にしたんだよ
ほんとう吃驚。

個人的には、京に集まった志士たちは、女遊びも盛んだったといいます。
ま、土方歳三がモテてモテて仕方がないと、実家の手紙に書いたのは有名ですが、玄瑞もモテモテだったといいます。
あのお顔の局長・近藤さんもモテモテだった。。。というか、そんなカッコいい男と粋な女が集まっていたんだと思うのです。

ま、玄瑞が文を愛していたか?はよく判りませんが・・・
辰路とのことは、どこまで後ろめたさを感じていたのかは分かんないですよね。
時代が時代ですからね・・・だいたい、遊郭が公然とあった時代です。
個人的には、全く感じていなかったんじゃないかとさえ思えます。
文的には・・・ここで知ってしまうということは、後々”子供がいた”という事実のインパクトも無くなっちゃうんじゃないかと、これからの筋書きに心配を感じます。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

  

吉田松陰と長州の志士たち

価格:579円
(2015/6/29 05:25時点)
感想(0件)


奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新 [ 落合莞爾 ]

価格:1,944円
(2015/6/29 05:26時点)
感想(0件)



【匠刀房】 人気のリアルな模造刀! 幕末 武士 長州藩士 奇兵隊 高杉晋作 拵 大刀 NEU-033 【代引きOK】

価格:7,780円
(2015/6/19 17:11時点)
感想(0件)




お久しぶりの「花燃ゆ」です。
テンションが上がらなかったのは、体調が悪かったから??
それとも、松陰先生不在の後遺症・・・??

そう言えば、長井雅樂の死はやったんだろうか・・・??

1863年5月10日、久坂玄瑞らによって攘夷が決行され・・・幕末の動乱へと進んでいきます。
??下関事件だよね・・・??

勝った勝ったと大騒ぎの長州藩!!
そこにいるのは、またもや握り飯を作っている文さん。
そして・・・

hana2











「お文もきれいじゃ・・・」by玄瑞
などと言って膝枕なんかしていますが・・・。
京都行って要らんこと覚えたん??みたいな玄瑞です。
ま、ほんと、思うんですよね。
この夫婦、どこまで仲が良かったかは知らないですが・・・
今風の夫婦っぽく書くなら、芸妓は必要ないし、芸妓をだすなら昔の感じにしないと・・・ねじれて来ちゃってます。

そんな悠長なことしてたら6月・・・アメリカ・イギリス・フランス・オランダが大砲ぶっ放してきました。

爆風で怪我人が・・・!!
「せわあない・・・」と震える手で怪我人の手を握るの文ですが、そんなことでは治らないんだよ!!
ああ・・・「ならぬことはならぬ!!」と、キリッと言っていた八重を思い出してしまいました。
そう・・・今まで我慢してきていましたが、「せわあない」で済まないこともあるんです。。。

大筒をぶっ放したことが原因で、こんな惨事になったと・・・手のひらを返したように人々は怒るのでした。

「帰った方がええ・・・!!」by玄瑞

ですが、きっと史実では下関に来ていないだろうなあ・・・。

萩に戻った文・・・父・兄は、海岸に沿って土塁を築いていました。
そう・・・外国からの攻撃は、萩にも来るかも知れない・・・!!

軍艦も、報復攻撃で砲台も壊滅状態!!
そして町も・・・。
責任は久坂にとらせる・・・??

窮地を脱するには、異国を見てきた高杉晋作の意見を取り入れる!!と・・・。
そうせい公の前で控える玄瑞のもとへやってきたのは晋作。。。

「付け焼刃の軍艦、大砲の増強では西洋のそれにはとても追いつきませぬ!!
 今までの戦い方では到底異国には敵いませぬ。
 
 正面からは勝てぬ相手・・・。
 ならば、奇策を持って戦う兵を作ります。
 名付けて”奇兵隊”!!」by晋作。

身分を問わず兵を募る!!
それが奇兵隊!!
長州の男たちを皆、決起させ、長州を守る!!
いよいよ奇兵隊の登場です。

寅次郎の遺志をついでの草莽崛起・・・奇兵隊総督となった高杉晋作。
玄瑞は自分の指揮でなくなったので、テンションダダ下がり・・・。

下関に行く晋作について・・・
「では、久坂たちの援軍になってくださったのですね。」と、お気楽な文に対して・・・

「援軍?このたびの無残な負け・・・
 久坂様に、もはや戦は任せられんから、代わりに対象を務めるために行かれたんじゃありませんか!!」by雅

う~ん・・・当たってますよ。。。
この2人、ボケとツッコミでいいコンビになりそうです。
が、こんなことは男側で話を進めた方がいいのでは・・・なんて思ってしまいます。
だって・・・女は嫉妬や勘違いも多いかな??なんて思うから。。。

でも・・・いつも渦中に・・・家中にいる文、鈍感というか・・・
ここにきても夫の立場、わかんないのかしら・・・??
あげまんにはなれませんよ。。。


台場造りをしようと父上や兄上に申し出る文。。。
亀も、母上もやるそうな・・・。

女子が沿岸防備に参加するなんて・・・ありえないことをやり始める文。。。

「私はやります!!だれにどねなことを言われようと・・・」by文

テンションダダ下がりの玄瑞を尻目に”奇兵隊”が結成されます。

hana4













下関の海を守るために・・・!!
身分を問わず、志を同じくする者たちの集まりでした。

お~、緊張感のない中、女達の「お台場」造りが始まりました。
「女子台場」です。


hana













って、着物がないから参加できない・・・などと、女心を出すところもなんだか緊張感がないわ~~~
着物を椋梨美鶴に借りに行くのもなぁ・・・
なんだか必死さが伝わらないのよ・・・。

おまけに高杉小忠太に、どんな着物を着て行ってもいいと許可をくれと進言しに行きます。
「女子の性でございます」by美鶴
前代未聞だという小忠太に、息子・晋作の奇兵隊に比べれば・・・なんて言い出す美鶴・・・
奇兵隊と一緒にしないでください。。。

こんな感じに毛利家奥御殿聡取締の老女・園山までもが出てきて働くのでした。

このお話は、史実ですが・・・ちなみに、絹も着て良いことになっていたんだって・・・
着飾りたいのは今も昔も女子!!
まさにファッションショーのようになってしまって、藩では風紀が乱れるといい顔をしなかったとも言われています。
おまけに、晋作⇒雅の手紙には、「おまえは行くな!!」みたいな文面が残っているとも言われています。
一生懸命命を賭けている男を横目に、アホな女子には成り下がるな!!ということだったのかもしれません。

百姓たちにも銃の使い方を教える晋作に対して・・・
京に上るという玄瑞・・・攘夷を実行するために!!

「現実を見ろ!!認めんか!!
 おまえは異国に負けたんじゃ。」by晋作

「ああ・・・負けた。
 大砲は壊され、船は沈められ、町が焼かれた!!
 何人も無残に死んだ!!
 長州の者が殺された。
 俺は負けたんじゃ。。。完膚なきまでに!!

 お前こそ、寄せ集めの百姓、町人数十人ぽっちで何ができる??どう守る??どう勝つんじゃ???
 やらんにゃいけんじゃろ!!
 無謀じゃろうと、見込みがなかろうと、捨て駒になろうと!!
 この命、なげうって国を動かさんにゃならんじゃろ??

 俺は京へ行く!!」by玄瑞

意固地になってますね・・・玄瑞・・・。

反対する晋作と・・・袂を分かっての出発でした。

「死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし!!
 生きて大業の見込みあらば、いつでも生くべし!!
 
 松陰先生はそう言われた・・・
 久坂・・・俺はこの奇兵隊で必ずや大業を成す!!
 俺は死なんぞ!!

 死ぬなよ・・・。」by晋作

良いですね・・・このシーン。。。少年漫画的で。
そんな晋作が萩に残っているからこそ、京に上ることが出来るのね。
なんて思ったりもしますが、どうでしょうか??

今回はこの最後のシーンに尽きるかなあ・・・
やっぱりこれからの戦いの世界にカッコいいお龍(龍馬の奥さんね)や山本八重子以外はちょっとなぁ・・・。
そうでないなら、当時の女性らしく夫を立てて忍んで欲しいなあ・・・。


四か国連合艦隊に歯が立たなかった大砲。はこちら
奇兵隊150年 奔走する幕末最強集団はこちら


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

[DVD] 時代劇スペシャル 奇兵隊

価格:4,892円
(2015/6/19 17:11時点)
感想(0件)

高杉晋作と長州

価格:2,160円
(2015/6/19 17:12時点)
感想(0件)

「志」が人と時代を動かす! 吉田松陰の人間山脈 (青春新書インテリジェンス)

新品価格
¥961から
(2015/5/29 21:17時点)


松下村塾メンバーの中で・・・高杉晋作・久坂玄瑞・吉田稔麿と共に「松下村塾の四天王」といわれる男、入江九一です。


kuiti















要潤さんが演じてくれています。
が・・・この「よ」の写真を出して良かったのか・・・??

だって九一は・・・寡黙で・・・「誠に才知これあり、忠義の志厚く感心のもの」と松陰から高く評価された男だったから。。。こんなおちゃらけていいの・・・??

萩藩の足軽・入江家の長男として萩で生まれた九一は・・・13歳で藩の下役に就きます。
松下村塾に足を突っ込んだのは、21歳の時。。。弟の和作(野村靖)も松陰の門下生でした。

松陰が獄に投じられると、松陰の指示を受けて弟一緒に奔走します。
が、松陰の”老中・間部詮勝暗殺計画”の実行隊として・・・藩に投獄されてしまいました。

kuiti3













松陰死後も獄にとらわれ続けますが、玄瑞の指導で勉学に励みます。
釈放されたあと・・・玄瑞のもと、村塾メンバーの中心となっていきます。
その後、藩から尊王攘夷の志を賞賛され、士分の待遇へ昇格。姓も許されます。

その年、晋作の「奇兵隊」創設に加わり、参謀となり、その後も国事に奔走し・・・
1864(元治元)年、萩藩の復権を目指した「禁門の変(蛤御門の変)」では上京藩士の幹部として活動、参謀を務めましたが、戦の中で重傷を負い、公家の鷹司邸で自刃。満27歳でした。

kuiti2
志士として・・・その後の活動が期待されていたのに、志半ばで無念の死を遂げた志士のひとりです。

これから中心メンバーとして目立ってくるのかしら??
でないと、玄瑞と一緒に死んじゃうから・・・出番が・・・!!


と、もっと目立ってもいいキャラクターの入江九一なのです。
ドラマでは、まだ・・・いえいえ、全く存在感なしなんですけど・・・。
なので、今後、どんなふうにお話に絡んでくるのか気になりますね。


楽しみにして待ちましょう。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

吉田松陰門下生の遺文―襖の下から幕末志士の手紙が出た

中古価格
¥1,290から
(2015/5/29 21:18時点)

松下村塾の人びと―近世私塾の人間形成

新品価格
¥7,020から
(2015/5/29 21:19時点)

吉田稔麿 松陰の志を継いだ男 (角川選書)

新品価格
¥1,836から
(2015/5/27 05:44時点)



吉田稔麿・・・普通の人にはあんまり馴染みはないかもしれませんが・・・
新選組好きにはたまらない宿敵です。

tosimaro

この人も、とがったイメージがありますが・・・
「花燃ゆ」ではかわいい瀬戸康史くんが演じてくれています。

個人的には(↓)こちらの狂気な稔麿さんのイメージが強いのですが、ま、こちらはマンガ・アニメですから・・・。


tosimaro2















実際には瀬戸君の方がホントなのかもしれません。

名は栄太郎⇒23歳の時に稔麿と改名しました。
高杉晋作、久坂玄瑞、そして吉田稔麿を称して松陰門下の三秀(入江九一を入れて松下村塾 四天王)と呼ばれています。


吉田稔麿は、萩藩松本村新道に足軽・吉田清内の嫡子として生まれました。
安政3年11月、松陰主宰の松下村塾で最初の塾生である増野徳民に連れられ、松下村塾の門を叩き、門下生となります。
なので、松下村塾初期メンバーの一人です。

松陰は・・・特に親愛の情を示した稔麿には「無逸」という字(あざな)を付け、同じく「無」がつく字を付けられた増野徳民、松浦松洞と共に「三無生」とも言われています。
無駄口を利かず、謹直重厚な人物でした。

松陰は稔麿を「足下の質は非常なり」「才気鋭敏にして陰頑なり」「久坂玄瑞の才能は自由自在で妨げるものは何もない。高杉晋作は陽頑、つまり頑固さが表に出るが、稔麿の陰頑というのは、心に秘めた強い意志を持っている。それは人により安易に動かされるものではない」と高く評価したといいます。

ドラマでもそうでしたが・・・松陰に下獄の命が下されると、家族・親族一門を守るために師の元を離れました。松陰が江戸送りになるときも、合わせる顔がないと・・・隣家の塀の穴から見送ったとの逸話が残されています。

松陰死後も、暫く志士としての活動を控えていたものの、脱藩、京で行なわれた松陰の慰霊祭にも参加するようになります。

文久3年(1863年)6月、高杉晋作の創設した奇兵隊に参加。
7月には「屠勇隊」を創設。
8月の朝陽丸事件(幕府の軍艦を襲撃)では始末を任され、烏帽子・直垂姿で船に乗り込み、説得に成功します。

彼の名前が轟くのは・・・元治元年(1864年)6月5日の池田屋事件。
池田屋の会合には稔麿も出席していましたが、一度屯所に戻るために席を外します。
 しばらくして戻ると新撰組が池田屋の周辺を取り囲んでいて・・・吉田は奮闘の末、討ち死にするのでした。

 最近の説では、長州藩邸に戻っていた吉田が脱出者から異変を聞き、池田屋に向かおうとするも加賀藩邸前で会津藩兵多数に遭遇し討ち死にした、とも・・・
池田屋で襲撃を受け、事態を長州藩邸に知らせに走ったが門は開けられる事無く、門前で自刃したという話もあります。
稔麿の最期については諸説ありますが、それだけ魅力的な人物だったのでしょう。

ドラマとしては、今はあんまり出番はないですが・・・また帰ってきますよ。
お楽しみに。。。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

池田屋事変始末記 吉田稔麿の最期 (新人物文庫)

「志」が人と時代を動かす! 吉田松陰の人間山脈 (青春新書インテリジェンス)

新品価格
¥961から
(2015/5/27 05:45時点)

感化する力 ―吉田松陰はなぜ、人を魅きつけるのか

新品価格
¥1,620から
(2015/5/27 17:12時点)


「松陰、復活」??なんと、気になる副題ですが・・・。
こんなんでいいのか・・・??って思っちゃいますが、どうでしょう??

前回、長州藩を背負って立つ覚悟を見せた玄瑞・・・。
お蔭で、攘夷に方向転換しようとする長州藩なのですが・・・
ここら辺、今まで思想も分らないcheapな玄瑞とそんなに関わりのなさそうに見える周布様・・・
なんで藩存続の大事を、こんなにも簡単に変えてしまうのか・・・??
話が読めない私です。

実際の周布政之助は、財政再建、軍制改革、殖産興業・・・いろいろ改革派として頑張って、桂小五郎や高杉晋作を重用しています。
つまり・・・前回いきなり玄瑞が「長州藩を背負って立つ覚悟です!!」と、啖呵を切りましたが、そこに来るまでには、周布政之助とのパイプもしっかりしていたので・・・=いきなりの親密な関係ではないのです。

攘夷を殿に訴える周布政之助・・・そうせい候もそうせい候だし・・・破約攘夷へと舵を切ることになった長州藩なのでした。

でもって・・・久坂の謹慎も解かれます。
個人的にはこんなに簡単に、謹慎にしたり、解いたり・・・??ですが、そこらへんは藩が混乱していたからなのかなあ・・・。

晋作も上海から色んな意味で、お土産を持って帰ってきました。

hana2















カバン・ハンカチ・鉄砲・・・
そう・・・藩に黙って軍艦一隻買って帰ってきたのです。

上海から帰ってきた晋作は、諸外国の脅威を感じているのか、攘夷!!攘夷!!攘夷!!と、そうせい候に進言しましたが・・・。
国内にいた玄瑞や稔麿とはちょっと考え方が違ってきたみたい。
足元を固めるべきか?攘夷を進めるべきか??
伊之助も攘夷に向けて発進したようです。

芸妓の辰路・・・長州藩士・久坂玄瑞が気になるようす・・・。

hana3

















辰路の仲立ちで三条実美に会えたようです。。。
三条実美の・・・口の中にあるおできを治してあげる玄瑞・・・。
さすが、医者・・・??

って、既にこんなふうに三条実美に接近できるなんて・・・それもまたなんでこうなったのか・・・。
ここら辺はごちゃごちゃして分りにくいので、もっと政治的に教えてほしいところです。
それとも、そんなこと気になるのはわたしだけ・・・??

伊之助は、玄瑞の”破約攘夷”を徹底させるために、長州領内・・・支藩を奔走中!!
しかし、なかなか受け入れてはもらえません。。。

hana4












その頃・・・松下村塾では子供たちがお勉強をし始めていました。
そのお世話をする杉家の人々。。。
みんな、松陰の本を読みたいのだという。。。

兄の言葉をみんなに伝えることが。。。
兄が許されるということ・・・というけれど、そんな許されていない感、全くなかったんですけど。。。
伊之助も動いてくれたので、山鹿流吉田家再興が叶うことに。。。

藩士ひとりひとりに話し合いを設ける伊之助・・・

辰路・・・玄瑞に旦那様になってくれるように申し入れます・・・
勤王の志士のために!!と、名を挙げたいというのですが・・・。
甲斐性はないと断る玄瑞です・・・が、実際の玄瑞はモテモテです。

そんな辰路・・・芸妓ではなく普通の恰好をして、いつものお座敷へと・・・そこには長州を探る男がいました。
薩摩藩士かな・・・??
さすが京女、腹黒いわ~~~!!


おお・・・
もう、焼き討ちはじめようとしています。
さすがテロリスト!!
おまけに言いだしっぺは伊藤利助・・・そう、伊藤博文・・・初代内閣総理大臣なんですけど・・・。

計画が狂っているので気に入った晋作・・・。
賛成しかねると行かないという玄瑞に、絶対参加を強要する晋作です。

ここは、もっとカッコよくかけたんじゃないかと思っています。
少年漫画みたいにね。
だって、反発しあっていても心の底では信頼して繋がっている余韻を味わいたいのよ・・・。
なのに、叫んでばっかりのふたり。。。
もっと、ニヤッってしても良かったんじゃないかしら・・・??

本当はね・・・玄瑞は、無謀な計画を実行するよりも、同志団結し、藩を動かし、正々堂々と攘夷を実行したかったみたいで・・・
そこは危ないふたり・・・斬るか斬られるかの激論を交わしたのです。

hana1












でも・・・そこはやっぱり絶対参加!!
玄瑞も寅次郎の亡霊に付きまとわれてるみたいで・・・結局参加。。。

ところで・・・井上門多は・・・??
この焼き討ち事件には、結構重要ポストとして居るはずなんですけど。。。
発案者は伊藤博文みたいな感じに描かれていましたが。
もしかして・・・松下村塾メンバーじゃないからドラマではハブられてんの・・・??

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村


幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

世外井上馨 近代数寄者の魁 (宮帯茶人ブックレット)

新品価格
¥1,944から
(2015/5/27 17:09時点)

攘夷の幕末史 (講談社現代新書)

新品価格
¥778から
(2015/5/27 17:11時点)

このページのトップヘ